$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

会社説明_Update202203

 会社説明_Update202203

株式会社AGE technologiesの採用候補者様向けの、会社説明です。※Update202203

Other Decks in Business

Transcript

  1. 会社説明資料 採用候補者様向け Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc © 2018-2022 AGE

    technologies,inc
  2. 会社情報 1. Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  3. 会社概要 株式会社AGE technologies 東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル B02号室 塩原優太 2018年3月20日 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 35名(業務委託・アルバイト含む)

    そうぞくドットコムの企画・開発・運営・販売 社名 住所 代表者 設立 顧問 従業員数 事業内容 エイジ テクノロジーズ Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  4. 役員陣 CEO CTO COO 人事部長 サービス管理部長 新卒でIT広告代理店のオプトに入社、 Web広告の運用実務を経験。その後 アプリ開発を行うスタートアップを 経て、中小企業の相続・事業承継に特

    化したコンサルティング企業へ入社。 拡大する超高齢社会に起こる課題の 大きさを感じ、2018年、マーク・オ ン(旧社名)を創業。 京都大学卒業後、新卒でTIS株式会社 に入社。社会インフラ企業やウェブ系 大企業でのシステム開発案件に携わ る。その後、受託開発で得た経験をも とに株式会社リブセンスにて、自社プ ロダクトの保守開発に参画。2018 年、当社の創業期から参画し、開発 責任者としてプロダクト開発に従事。 2021年、CTOに就任。 慶應義塾大学卒業後、新卒で三井物 産へ入社。石油の国内外のトレーディ ング・事業開発に従事。その後ヘル スケア領域に転身し、エムスリー、カ ケハシにてエンタープライズ領域の営 業マネージャーとして、複数社との大 型契約を推進。戦略立案、営業活動 最適化など多様なプロジェクトにも 携わる。22年6月、当社へ入社。 レアジョブのCS部署にて、顧客対応 からスタッフ採用、新人OJTまで幅広 い業務を経験。その後、株式会社div では、テックキャンプ転職のCS責任 者として、顧客対応ツールの導入、顧 客対応フローの構築、採用や昇給制 度の構築等、幅広い範囲の業務を経 験。21年11月、当社へ入社。 塩原 優太 黒川 智 岡本 遼也 飯嶋 健一 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  5. 2018年3月の創業から4年半、組織・プロダクトともに拡大期へ突入 沿革 18/3 18/9 19/3 19/9 20/3 20/9 21/9 21/3

    22/9 22/3 © 2018-2022 AGE technologies,inc 3名 3名 3名 3名 6名 6名 11名 17名 26名 35名 OpenNetworkLab優勝 創業 そうぞくドットコム 不動産、正式リリース そうぞくドットコム 預貯金、正式リリース 2億円資金調達 AGE technologiesへ Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  6. MISSION 高齢社会に テクノロジー革命を起こす AgeTech(エイジテック) AGE technologiesは、超高齢社会となった日本に起こる課題をテクノロジーによって 解決し、人生100年時代を支えるNo.1テックカンパニーを目指します。 日本の高齢化率は28%を超え、4人に1人が65歳以上という”超”高齢社会へと突入して います。わたしたちは、少子化と人口減少が同時に加速する日本において、誰もが安 心して暮らせる社会を創るために、医療、介護、予防、住まい、生活サービス、そし

    て相続など、あらゆる分野でのテクノロジー革命を起こします。 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  7. メディア掲載&プログラム採択実績 日本経済新聞 電子版 BSテレ東 NHK 各種メディア掲載やプログラム採択など、Agetech企業として認知を高める NHK「首都圏ネットワーク」でAGE technologiesが紹介されました。 「エイジテック」新興勢がけん引、 クラウドで高齢者支援

    「かんぽ生命 – アフラック Acceleration Program 」採択 国土交通省 「住宅市場を活用した 空き家対策モデル事業」採択 「地方創生SDGs官民連携プラット フォーム 」参画 2021.9.7 2022.7.29 2022.7.2 2021.12.1 2021.10.11 2022.4.20 BSテレ東「世界を変える起業家たち 【Earthshot】」で紹介されました。 国土交通省 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  8. 提供サービス一覧 不動産の相続手続きを、テクノロジーによって効率化するサービス。 戸籍の収集から、書類の作成までが、ネットで完結。 ライフエンディング領域に特化した無料のWebマガジン。 葬儀やお墓、生前対策や終活、資産運用など、幅広く配信。 預貯金の相続手続きを、テクノロジーによって効率化するサービス。 戸籍の収集から、書類の作成までが、ネットで完結。 22年5月 リリース 18年5月

    リリース 20年1月 リリース Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  9. マーケット課題 2. Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  10. 高齢化の影響で国内死亡者数は年々増加、相続マーケットは拡大 市場背景 2020年 2040年 137万人 168万人 出所:令和2年(2020)人口動態統計の年間推計 Confidential © 2018-2022

    AGE technologies,inc
  11. 人が亡くなった「あと」の、相続手続き領域に特化した事業を展開 事業領域の整理 ①(時間軸) 葬儀・法事・法要 相続手続き ` お通V ` お葬T `

    四十九P ` おI ` 仏壇 亡くなる € 不動s € 預貯i € 相続p € 証券・e € 自動車 € 年i € 健康保“ € 公共料i € 免許ƒ € パスポート Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  12. 資産額5,000万以下の”マス層”が持つ課題を、テクノロジーで解決 事業領域の整理 ②(ターゲット) 資産額 5,000万 富裕層 9% 91% マス層 g

    自分で g 信託銀s g 士業 コンサルティング×高単価 テクノロジーによる 効率化で新しい価値提供を → 手間・アナログのまま 単価が低く商売になりづらい… 出所:野村総合研究所「富裕層アンケート調査」(2020年) Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  13. 不動産の相続手続きについて 亡くなった人が所有していた不動産の”名義変更手続き” 年間約500万件 相続をきっかけに名義変更される不動産の数 出所:2020年/種類別 土地・建物に関する登記の件数及び個数(法務省) 所有者 所有者が亡くなる 相続人が名義変更を行う 不動産は誰かの所有物

    相続人 住む場合でも 売る場合でも 発生する手続き Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  14. 相続手続きの課題① アナログな役所での手続き中心で手間。特に戸籍収集作業がとても大変… ↑改正原戸籍の一例 (手書きのものが多い) 平日17時までの窓口… 平日17時までの窓口… 関係者全員分の戸籍集めが必要… 関係者全員分の戸籍集めが必要… 取得に半年以上、時間がかかることも… 取得に半年以上、時間がかかることも…

    Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  15. 相続手続きの課題② 既存ソリューションは高額かつ不透明な料金体系であることが多い 手数料に加えて実費もかかる… 手数料に加えて実費もかかる… 遺産額に応じて手数料を取られる場合も… 遺産額に応じて手数料を取られる場合も… すべて完了するまで報酬額が不明… すべて完了するまで報酬額が不明… 情報の”非対称性”が高い 相続=人生で数回しか起こらないイベント

    Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  16. 相続登記手続きの負担が多く、放置する方が増え社会課題にまで発展 社会課題としての相続手続き 国会で相続登記義務化法案が可決 名義変更手続きを3年以内にしないと 10万円以下の過料が科される 2024年より施行予定 増え続ける所有者不明土地の課題 2021年4月 2016 (ha)

    2040 九州本土 よりも大きい 北海道 よりも大きい 410万 720万 引用:所有者不明土地問題研究会(平成29年10月26日発表資料) Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  17. プロダクト 3. Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  18. そうぞくドットコム不動産の特徴 システムによる自動化とオペレーションで、登記完了までワンストップで完結 1 役所に行く必要なし - 面倒な戸籍や住民票の収集も全てお任せ 2 専門家に頼む必要なし - 申請書の作成はネットで誰でも簡単に

    3 全国の不動産に対応 - 離れた遠方地域の不動産でも利用可能 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  19. 特徴① - 役所に行く必要なし 面倒な「書類集め」は全てお任せ、もう役所に行く必要なし 内製の顧客管理システムで オペレーションを最適化 全国の役所から郵送で取得 全国の市区町村役場・法務局・税事務所など ユーザー向け画面 オペレーター管理画面

    連動 手続き進捗は いつでもスマホで 閲覧可能 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  20. 申請書の作成は、いくつかの質問に回答するだけで自動で生成 特徴② - 専門家に頼む必要なし システムは 全て自社で内製 相続手続き専用 顧客管理システム ジェイコブス Confidential

    © 2018-2022 AGE technologies,inc
  21. 全国の手続きを”自宅から”簡単に。様々な種類の不動産にも対応 特徴③ - 全国の不動産に対応 日本全国の 不動産で 利用実績あり 戸建・マンション 土地・山林・田畑 など全てに対応

    Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  22. 料金体系 ”完全定額”で提供することで、価格の不透明性を無くし、明朗会計を実現。 1 2 3 不動産が何件でも定額 - 土地や建物、何件あっても追加料金なしでお得 価格基準の値上げも無し -

    不動産価格が100万円でも1億円でも料金は一定 書類の取得費・郵送費も込み - 戸籍の取得時に役所へ支払う手数料も定額内 手続き開始前に 費用が”確定” 69,800円 (税抜) 定 額 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  23. サービス提供実績 サービスを通じて登記された累計の不動産件数は1.6万件を突破! 累計登記 不動産件数 を突破!! 16,000件 年間で相続登記される不動産の数は500万件であり、 現状は市場の1%未満で、大きな成長可能性有り。 出所:2020年/種類別 土地・建物に関する登記の件数及び個数(法務省)

    (2020年1月~2022年9月) Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  24. インターネットに不慣れな方でも対応できるサービスを実現 利用者属性 安心・信頼できる Web相続手続きサービス No.1 お客さま 満足度 98% ※1 調査方法:インターネット調査

    調査概要:2021年10月_サイトのイメージ調査 調査提供:日本トレンドリサーチ ※2 対象期間2019~2021年(自社調べ) 利用者の 平均年齢 歳 58 22 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  25. 今後の事業戦略 4. Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  26. 3つのフェーズで注力事項を整理 今期フェーズ2へ移行、将来構想へ向けてLTV最大化&事業者向け事業を開始 相続手続きを超えた、 マス×シニア層と事業者を繋ぐ 国内最大のプラットフォームを構築 50兆円の巨額資産を動かし ”AgeTechユニコーン”を目指す 相続手続き市場での ”スケール可能”な、デジタル &オペレーションの開発と運用

    サービス開発・運用構築 顧客単価最大化・優位性構築 黒字化・プラットフォーム化 フェーズ1:ローンチ〜現在 フェーズ2:〜2024年頃まで 現在地 フェーズ3:IPOに向けて 相続手続き後のアフターサービス 提供に伴うLTVの最大化 事業者向けサービスの 提供によって優位性の構築と 安定収益確保を実現 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  27. 注力事項 1 相続手続き後のアフターサービス 提供に伴うLTVの最大化 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  28. 注力事項1:アフターサービスの展開 相続手続き終了後のお客様に対して、相続資産に関わる様々なサービスをご提供 自社サービスに加えて 各事業者と連携し様々なサービスをご提供 そうぞくドットコム利用後ユーザー ˜ 遺言” ˜ 信託契— ˜

    贈与契約 ˜ 不動産売g ˜ 空き家解h ˜ 遺品整理売却 ˜ 仏壇,お墓購z ˜ 海洋散v ˜ 生命保険加入 ˜ 老後資金計 ˜ リバースモーゲー‡ ˜ 資産運用 生前契約 資産活用 商品販売 ファイナンス Premium SDコンサルタント サービス利用後に コンサルティングを実施し 最適なアフターサービスをご案内 顧客単価UP Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  29. 注力事項 2 事業者向けサービスの提供によって 優位性の構築と安定収益確保を実現 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  30. 事業者向けサービスについて 近日中に公開予定 金融機関をはじめとした、事業者側の相続業務効率化を実現するプロダクトをローンチ予定。 コスト削減だけでなく、エンドユーザーの体験を変え流、全く新しい相続体験を提供します。 ※カジュアル面談及び面接でお聞きいただければ回答いたします Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  31. 中長期でのプラットフォーム構想 7 数千億〜兆円の相続財産デー" 7 数百万人〜のファミリーデータ 事業者 利用者 PF上での取引量に応じたマネタイズ 相続手続きの効率化から 資産の活用、次の相続対策まで

    幅色いサービスを受けられる PFへ自らアクセス可能になり 対面での営業不要でマス層への サービス提案を実施できる PFを通じて利用者と事業者を繋ぎ、巨大相続財産を動かすサービスを目指す SD B2C platform TAM 50兆円 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  32. タイムラインイメージ 相続手続きを入り口として、中長期で”AgeTechユニコーン”を目指す 現在 〜2024年 〜IPO〜 フェーズ1 フェーズ2 フェーズ3 顧客単価の最大化 ストック収益の確保

    既存事業シェア拡大 事業アセット開発 B2C PF化構想 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  33. 組織と採用 5. Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc

  34. 組織図(事業部構成と職種について) CEO管轄 CORPORATE 事業本部 ドメインエキスパート / 新規事業開発 経理 / 総務

    / 法務 / 広報 / 経営企画 採用人事 / 組織人事 / 採用広報 オペレーター / 事務職 エンジニア / デザイナー / PdM PMM / 広告dir / インサイドセールス 事業開発 / カスタマーサクセス Hiring(採用)の成功と Employee Success (従業員満足)の実現 サービス全体のコア設計と PMF前の新規事業検証 事業アライアンスの構築 事業者向けサービスの推進 CAC(顧客獲得コスト)の削減と LTV(顧客生涯価値)の最大化 プロダクト開発を通じて 売上拡大と原価削減に貢献 管理機能、ガバナンス構築、 全社リソース最適化 サービスQCD (品質・コスト・納期)の担保 CEO室 人事部 サービス管理部 PRODUCT 事業本部 BUSINESS 事業本部 GROWTH 事業本部 DEVELOPMET 事業本部 COO管轄 CTO管轄 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  35. チーム構成 35名 (業務委託・アルバイト含む) CEO管轄 CTO管轄 COO管轄 17名 オペレーター オペレーター オペレーター

    オペレーター オペレーター オペレーター オペレーター CEO 経理 広報 人事 OpeMgr 司法書士 Opeリーダー Opeリーダー Opeリーダー 12名 エンジニア エンジニア CTO エンジニア デザイナー WebDir エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア 6名 COO 事業開発 事業開発 広告Dir MagDir インサイド セールス サービス管理部長 人事部長 Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc
  36. 最後に 日本における AgeTech領域のNo.1企業を目指す Confidential © 2018-2022 AGE technologies,inc