Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

BEENOSのテック2020_エンジニア向け資料

86b1827c7599aa38b5eb8491f65f0a01?s=47 BEENOS
November 13, 2020
200

 BEENOSのテック2020_エンジニア向け資料

2020年度Verのエンジニア向けの資料です。
(2022年度新卒採用向け資料)

どのような技術を使っているのか、
BEENOSエンジニアが大切にしている価値観など、
参考にしていただけたらと思います。

1. BEENOSグループについて
2. 事業領域とサービスについて
3. BEENOSのエンジニアについて
4 .使用している技術と取組み
5 . 選考について

86b1827c7599aa38b5eb8491f65f0a01?s=128

BEENOS

November 13, 2020
Tweet

Transcript

  1. の 2022年度 新卒採用 エンジニア向け資料

  2. CONTENTS 1. BEENOSグループについて 2. 事業領域とサービスについて 3. BEENOSのエンジニアについて 4 .使用している技術と取組み 5

    . 選考について
  3. 01 BEENOS グループについて

  4. VISION 目指すもの 日本と世界を繋ぐ グローバルプラットフォーマーを目指す マーケットを国内から世界規模へ。 グローバルなビジネス展開が当たり前の世の中に。

  5. 会社概要 社名 本社所在地 設立 資本金 代表者 従業員数 事業内容 BEENOS株式会社(英語表記:BEENOS Inc.)

    〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー7F 1999年11月25日 27億7500万円(2017年1月20日現在) 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井聖太 1023名(グループ合計・2020年10月1日現在) 国内外における各種Eコマース事業 Office Entrance BEENOS Grooup Board Member Shota Naoi Koji Nakamura Taku Takeuchi Kenichi Sento 代表取締役社長 兼 グループCEO 代表取締役副社長 兼 グループCFO 取締役 取締役
  6. 私たちについて 沿革 BEENOSグループは、インターネットの黎明期に誕生し、 Eコマースを中心とした様々なサービスを展開してまいりました。 2014年には商号をBEENOS株式会社に変更し、グローバルに事業を拡大させています。 日本と世界を繋ぐことで、たくさんの人々や企業の可能性を拡げることを目指した取り組みを グループ一丸となり加速化させています。 BEENOS 20年の歩み

  7. 02 事業領域と サービス

  8. グローバルマーケテイング事業 新規事業創造 国内・国外投資活動 Eコマース事業 エンターテイメント領域のDX支援事業 商品プロデュース・ライセンス事業 インバウンド事業 酒類買取およびECによる酒類全般小売業 ネット買取販売事業 BEENOS

    Group 事業概要 Plaza Partners Asia クロスボーダー領域のグローバルコマースを主軸に、5つの事業領域で展開している。 台湾最大級の訪日旅行メディア サービスを運営。 グッズ企画やイベントサポートサービスを提供し、 日本のエンタメやコンテンツを世界に発信。 インターネットで価値を繋ぎ、二次流通を世界中 に提供。 国境を越えたサービスを提供。 日本企業と海外のマーケットプレイスを繋ぎ日本企業の海外進出を促進。 グローバルマーケティングや海外マーケットプレイスとの接続支 援など、海外での流通に向けたサービスを提供。その他新規事業 の創出に取り組む。 Cross Border クロスボーダー Incubation インキュベーション Entertainment エンターテインメント Inbound インバウンド Value Cycle バリューサイクル
  9. サービス Cross Border クロスボーダー 海外代理購入事業 海外転送事業 ファッションECモール事業 グローバルショッピング事業 グローバルマーケティング事業 商品プロデュース・ライセンス事業

    モバイルオーダー・決算事業 ライブ動画配信サービス Entertainment エンターテインメント 訪日旅行メディアサイトの運営を中心としたインバウンド事業 Inbound インバウンド ネット宅配買収事業 酒類買取およびECによる酒類全般小売業 Value Cycle バリューサイクル
  10. 日本から海外、海外から日本へと国境を越えたサービスを提供。 日本企業と海外のマーケットプレイスを繋ぎ日本企業の海外進出を促進。 Cross Border 主力領域のご紹介 クロスボーダーの領域では、これまでのノウハウ、データを活用し、 日本企業の海外進出に向けた海外マーケットプレイスとの連携も強化中。

  11. 通販サイトから「Buyee」内に商品データを取込み翻訳するため、 日本語が読めない海外ユーザも商品の購入が可能になるサービス 代理購入サービス 連携サイト数 2220以上 配送実績 120の 国 と地域 10言語

    対応する言語 多通貨決済 クレジットカードも可能な 海外ユーザー 1商品データの連携 2 商品注文 3代理購入 4 国内倉庫へ発送 5海外発送 ECサイト 倉庫 主力サービスのご紹介 Cross Border (連携サイト 例 )
  12. 03 BEENOSの エンジニアついて

  13. PURPOSE 志・どう在りたいか 野心とテクノロジーで世界の可能性を拡げる Nextスタンダードを創る #世界で戦うエンジニア #世界中の課題解決のために技術力を奮う #技術を軸としたビジネスマンであれ

  14. プログラミングオタクであり、 課題解決オタクであること。 グローバル展開する大規模サービスか ら、0→1の新規事業まで、規模違い・ フェーズ違い・領域違いを経験すること により幅広く自分の可能性を広げること ができるBEENOS。そんな環境だから こそ大事にしている価値観があります。 BEENOSエンジニアの特徴 どんなエンジニア?

    BEENOSでは、技術はあくまでも手段であり、その技術力をどのように奮えるか が重要であると考えています。企画職やカスタマーサポート職、マーケティング のチームなどとタッグを組みながら開発をすすめ、技術を軸としたビジネスマン としてサービスのGrowth開発や、新規事業開発を進めています。
  15. 目指す組織、エンジニア組織の強み 常に変化に適応し、お客様に価値を提供し続けるためにアプリケーションのライフサイクルを適切に回す総合的なスキルを保有する 自己組織化されたチームを目指します。 劇的な変化が続く時代の大きな潮流の中において、自然選択を自らの意思で起こした結果の適者生存を実現できる自律的なメン バーで構成された、自己組織化チームを目指しています。BEENOSグループがPURPOSEで掲げている「Nextスタンダード」を継 続して創出することを実現するために、エンジニアも社会やビジネスに興味を持つことが必要です。そして、ビジネスサイドと協 調してその時々でビジネスに必要なものを判断し、テクノロジーによってそれを実現することがBEENOSエンジニアのミッション です。ミッションを達成するために、アプリケーションのライフサイクルを適切に回すことに必要な、プロジェクトマネジメント スキル、動的な要件への対応スキル、アプリケーション開発スキル、運用スキルなどを総合的に習得し、且つ、日々改善されたり 新しく生まれる技術を学び、実践することが必要です。

    目指す組織 組織の強み 「ビジネスを一人で構築・運用するスキルを得ることができます。」 ミッションを達成するために必要な総合的なスキル・技術を実 践を通して習得することで、自身や誰かが思い描いたビジネスをカタチにすることができるようになります。もちろん、ビジネスの 難易度や規模によって一人でそのすべてを行うことは不可能ですが、そのような場合でもエンジニアチームとビジネスチームが協調 しながら、どうしたら当該ビジネスを構築・運用できるか、どうしたら構築・運用を省力化できるかを考え抜くチーム力がありま す。個の力とチームの力を掛け合わせ、システム開発のみならずビジネス創造のデザインとディレクションが行えるスキルをも得る ことができることが魅力です。 大切にしている価値観 私たちBEENOSエンジニアの組織は、下記の価値観を大切にし、徹底することで世の中の課題に対し、テクノロジーの力を奮い解決 していけるエンジニアでありたいです。 • お客様やユーザーの顔を思い描ける匠であること • 常に学び、実践していること • 創るだけでなく、探したり組み合わせたり工夫できること。そのための学びや実践を行うこと • 価値あるものを適切に速く届けることを常に意識していること
  16. 開発チームの仕事内容 グループ全体で様々な事業領域、サービスを展開するBEENOSでは、それぞれがある分野での強みをもちつつも、フルスタックエンジニア として働いているメンバーが多いですが、数あるチームの中でも体制の大枠を紹介します。 JavaScript,アプリ開発(React Native)などクライアントサイドで利用される言語でのWeb開発 フロントエンド開発 デザイン システム運用 インフラ構築 要件、使用策定、工数見積もり

    バックエンド開発 ヘルプデスク PHP,Rubyなどサーバーサイドで利用される言語でのWeb開発 Photoshop等を使ったデザイン作業からCSS,HTMLのコーディング、SCSSなどCSSメタ言語を使用 既存システムを安定的に稼働させるためのデータメンテナンス(データ補正)、各種調査など、障害復旧対応 社内案件に対してのAWS等クラウドサービスを利用したインフラ・基盤構築など 企画発案者との、要件定義、仕様策定をチームを跨ぎ協力しながら行う 社内PCのキッティング、社内NW等の管理など
  17. 成長できる事業環境 グローバル展開する大規模サービスか ら、0→1の新規事業まで、規模違い・ フェーズ違い・領域違いを経験すること により幅広く自分の可能性を広げること ができる 主な5つの事業領域。そして新たに生まれる領域を経験できる。様々な領域を通して 新たな視点が身に着く。 グローバルに展開する大規模サービスもあれば、新規事業も経験可能。それぞれの フェーズで求められる優先順やプロジェクト管理など、グループを通し経験し、スキ

    ルや知識の幅を広げる。 枠にとらわれず挑戦でき、裁量を勝ち取れる環境がある。 課題を見つけ、自分の仕事を定義する。自分の考えや判断が求められる環境で成長を加 速させる。キャリアの方向性などを面談を通じてすり合わせながら、任せていく。 事業の種類 フェーズの幅 枠にとらわれず挑戦できる、自由な環境
  18. 04 使用している技術 と取組み

  19. 使っているプログラミング言語 使っているフレームワーク

  20. 使っているミドル/SaaS/PaaS 使っている開発ツール

  21. 使っているデザインツール 使っている構成管理ツール AWS CloudFormation

  22. その他業務用ツール

  23. コンピューティング ・Amazon EC2 ・AWS Elastic Beanstalk ・AWS Lambda ・Amazon ECS

    ストレージ ・Amazon S3 ・Amazon Glacier データベース ・Amazon RDS ・Amazon DynamoDB ・Amazon ElastiCache ・Amazon Redshift ネットワーキング&コンテンツ配信 ・Amazon VPC ・Amazon CloudFront ・Amazon Route 53 ・Amazon API Gateway 開発者用ツール ・AWS CodeBuild ・AWS CodeDeploy ・AWS CodePipeline 管理ツール ・Amazon CloudWatch ・AWS CloudTrail ・AWS Config ・AWS OpsWorks 分析 ・Amazon Athena ・Amazon EMR ・Amazon ElastiCache ・Amazon Redshift ・Amazon Kinesis ・Amazon QuickSight ネットワーキング&コンテンツ配信 ・AWS Identify & Access Management ・Amazon Cognito ・AWS WAF アプリケーション統合 ・AWS Step Functions ・Amazon Simple Notification Service ・Amazon Simple Queue Service その他 ・Amazon Simple Email Service ・Amazon WorkSpaces ・AWS WAF
  24. 全従業員参加型のビジネスチャレ ンジ。役員が審査員となり、エン トリーした従業員がビジネスアイ ディアをぶつけています。通過し たアイディアはビジネス化のチャ ンスを掴むことができます! 定期的に「BEENOSライトニング トーク イベント」を開催していま す。社内だけでなく社外のゲスト

    をお招きすることもあり、オープ ンで自由な会で技術的なつながり や、コミュニケーションをとって います。 年に2度、有志のエンジニアが 集まり技術向上のため一泊二日 の技術合宿を行なっています。 テーマは毎回参加するエンジニ アで決め、社内で採用されてい ない技術や最新の技術を使った 開発や研修を行っています。 様々な領域で事業展開する BEEONOSでは、技術や知識の 共有を積極的に行っています。 社員発信のものが多く、グルー プ横断で勉強会が行われている 環境です。 ビジネスチャレンジ BEELT (BEENOSライトニングトーク) BEE-TechCamp 勉強会 技術向上への取組みと挑戦カルチャー その他、「技術書の購入補助」「資格取得支援制度(受験料の還元+お祝い金)」「勤務時間内に社外勉強会やセミナーへの参加」等
  25. アカデミックへの取組み カスタマイズされたインターンシップ BEENOSのインターンは、学生が「何がしたいか」「何を学びたいか」という目的が非常に重要だと考えています。 そのため、インターン実施の際は、学生側の希望と、当社グループが提供できることのすり合わせをしています。 普段の勉強では補えない経験をし、大きく成長するきっかけになるようカスタマイズ型で提供しています。 まずは2週間のインターンをご経験いただいています。 ・グローバルな大規模サービス「Buyee」のGrowth開発インターン ・新規事業チームの新規開発インターン ・インフラ(AWS)インターン etc...

    ・徳山高専 特別講義 ・武蔵野市立本宿小学校「オンライン教育プロジェクト」 ICT教育の整備をサポート ・技育祭 登壇(サポーターズ主催) ・ハッカソンイベント協賛 etc...
  26. サポート・休暇・社内サービス・資産形成といったあらゆる角男からBEENOS独自のユニークな制度を導入し、さならる従業員の成長のため に常にブラッシュアップしていきます。そして、これまでの福利厚生でなく、今後も時代の変化に適用させた制度を導入していきます。 BEENOSの福利厚生は1人1人が最大限にパフォーマンスを発揮してもらうために 様々な制度を導入しています。 SUPPORT サポート LEAVE ASSET CREATION SERVICE

    休暇 社内サービス ・従業員持株会制度 ・確定拠出年金制度(DC) ・確定給付年金制度(DB) ・資格取得お祝い金制度 ・Casy補助制度 ・ベビーシッター利用補助制度 ・BEENOSMADO制度 ・面談 ・産業医面談 ・子ども手当制度 ・時短、在宅制度 ・有給取得推奨制度 ・時間単位有給休暇 ・リフレッシュ休暇 ・誕生日休暇 ・永年勤続休暇&お祝い金制度 ・Help休暇 ・カフェワゴン ・オフィスおかん ・ラウンジでお酒 ・デトックス週間 ・オフィスヨガ ・オフィスキックボクシング 資産形成 福利厚生
  27. 05 採用について

  28. STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5 STEP6 STEP7 選考フロー エ ン

    ト リ ー 応 募 会 社 説 明 会 一 次 選 考 二 次 選 考 最 終 選 考 書 類 選 考 内 々 定 ▪ 履 歴 書 ▪ W E B 適 性 テ ス ト ▪ 個 人 面 接 ▪ 個 人 面 接 ▪ 個 人 面 接 ▪ S P I テ ス ト ▪ コ ー ポ レ ー ト ペ ー ジ ▪ W A N T E D L Y コーポレートサイト 2022年度新卒採用 エンジニア求人 Wantedly 2022年度新卒採用 エンジニア求人 働く人を知ろう! BEENOS 社員紹介ブログ
  29. 「世界で戦えるサービスを創っていく」