Reproのビジネスサイドを支えるJS

F425aff2e1f934fc1e5fa95b1f933068?s=47 boiyama
October 25, 2019

 Reproのビジネスサイドを支えるJS

We Are JavaScripters! @37th
https://wajs.connpass.com/event/150356/
の発表資料

F425aff2e1f934fc1e5fa95b1f933068?s=128

boiyama

October 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    Hilo Yamamoto (@boiyama) Software Engineer, BizOps div., Repro inc. JS

    Background: Yoshimoto → jQuery → Backbone → React → GAS プロフィール
  2. 7.

    GASこと Google Apps Script は、 JSで G Suite を簡単に操作できるサービス で、そんな業務ハック界で大人気「GAS」

    スプシが大体の業務を運用できる汎用性の高い CRUD UI 付 DaaS って感じなので、 スプシにGAS載っけてビジネスロジックだけ書いてアプリケーションを 作る、 というのがてっとり早くて、定番の開発手法となっている
  3. 11.
  4. 13.
  5. 15.

    • tsconfig の module を es2015 にする • gas-webpack-plugin を使う

    • @types/google-apps-script を入れる • GASライブラリの型付け自分でやらないといけないので 極力使っていない TypeScript で書く
  6. 16.

    // Redash の query result の CSV を取得 const values

    = Utilities.parseCsv(UrlFetchApp.fetch([RedashクエリAPIの CSV]).getContentText("UTF-8")); // CSVをパースした配列構造だとスプシにそのまま貼り付けられる SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet() .getSheets() .filter(sheet => sheet.getSheetId() === [シートID])[0] .getRange(1, 1, values.length, values[0].length) .setValues(values); Redashからスプシへのデータ出力は超簡単
  7. 17.

    // 指定シートの値を全取得 const values = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet() .getSheets() .filter(sheet => sheet.getSheetId()

    === [シートID])[0] .getDataRange() .getValues(); // 1行目にキー、2行目以降に値が入ってる使い方の場合 const items = values .slice(1) .map( value => (value.reduce((previousValue, currentValue, currentIndex) => ({ ...previousValue, [values[0][currentIndex]]: currentValue }), {}) as unknown) as Item ); シートのデータはキーと値でマッピングしてる