Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CARTA HOLDINGS 会社説明資料(エンジニア学生向け) / fresh-eng-2022-spring

CARTA HOLDINGS 会社説明資料(エンジニア学生向け) / fresh-eng-2022-spring

新卒エンジニア向け、株式会社CARTA HOLDINGSの会社&インターンシップ説明資料です。

More Decks by 株式会社CARTA HOLDINGS

Other Decks in Business

Transcript

  1. 会社説明資料

  2. について

  3. CARTA HOLDINGSは、2019年1月に 経営統合してできた会社です。 電通100%子会社の サイバー・コミュニケーションズ(CCI) が 1 東証一部上場企業である VOYAGE GROUP

    と CARTA HOLDINGS について
  4. CARTA HOLDINGSの事業・サービス 広告(アドプラットフォーム) / マーケティングソリューション コンシューマー事業

  5. キーワード ① エンジニアが事業を進化させる ② フルサイクル開発 ③ナナメのつながり

  6. キーワード ② フルサイクル開発 ③ナナメのつながり ① エンジニアが事業を進化させる

  7. CARTA HOLDINGS =「進化推進業」

  8. エンジニアが事業を進化させる ❶ テレビCM効果測定 「テレシー」 ❷ デジタルギフトで販促DX 「デジコ」 • 企業のキャンペーン施策をDX化! •

    Amazonギフト券やPayPayポイントな どスマホで簡単受け取り • テレビCMも放映中! • テレビCMを効果測定 • アドテクで培った広告分析/効果 測定技術を横展開。テレビCM業界を DX化!
  9. 新卒エンジニア採用に込める想い CARTA HDをひとことで言うと、 「エンジニアが事業を進化させる会社」 そんなCARTA HDは、  エンジニアリングを  真面目に楽しく一生懸命やりたい  技術で誰かに貢献したい という熱い想いをもったエンジニアを迎え入れたい。

  10. キーワード ① エンジニアが事業を進化させる ② フルサイクル開発 ③ナナメのつながり

  11. フルサイクル開発 出典:https://techblog.cartaholdings.co.jp/entry/2019/02/04/171325 1人ひとりがプロダクトに対しオーナーシップを持ち、 アイデアが生まれ顧客に価値を届けるまでのサイクルを担当

  12. フルサイクル開発 • フルサイクルは開発のライフサイクルを回す • 価値を届けることに責任を持つ • イニシアチブを持ち、裁量がある • 不得手な部分は得意な人とツーリングする •

    納得するまで話し合う 出典:https://techblog.cartaholdings.co.jp/entry/engineers-in-zucks 事業を進化させ、技術者としても進化する 「フルサイクル開発」
  13. 技術選定 Frontend TypeScript, React, Angular, jQuery, Vue.js Rollup, Jest, Babel,

    MaterialDesign Backend Scala, Go, PHP, Pyhon, Exlixir, Node.js, Erlang, Kotlin, Scheme, make, Perl, Python, Ruby Infra / 開発環境 GCP, AWS, nginx, Elasticsearch, Consul, Fluentd, Cowboy, Memcached, Redis, tomcat, Luigi, Cloud Dataflow, Cloud Pub/Sub, NewRelic, DataDog, Re:dash, Grafana, influxdb, Sentry CI/CD CircleCI, TravisCI, GitHub Actions, Jenkins, make, CodeBuild, CodePipeline, AWS CodeBuild, Google Cloud Build iOS/Android Swift, Objective-C, Objective-C++, Kotlin, Unity, fastlane, CocoaPods エンジニア自らが、サービス特性を考慮し意思決定
  14. Engineers in VOYAGE 事業をエンジニアリングする技術者たち 監修:株式会社VOYAGE GROUP、編者:和田卓人 主要目次 • 第1章 fluct

    ◦ 広告配信の舞台裏の技術者たち • 第2章 Zucks ◦ フルサイクル開発者の文化 • 第3章 VOYAGE MARKETING ◦ 20年級大規模レガシーシステムとの戦い • 第4章 VOYAGE Lighthouse Studio ◦ 数十万記事のメディアをゼロから立ち上げる • 第5章 サポーターズ ◦ 事業の成長を止めない手段としてのシステム刷新 • 第6章 データサイエンス ◦ エンジニアによるビジネスのための機械学習 フルサイクル開発は、弊社書籍にも詳しく記載があります。 ※本書籍は「ITエンジニア本大賞2021」で、”参考本”や“事務局のおすすめ” に選んでいただきました!
  15. キーワード ① エンジニアが事業を進化させる ② フルサイクル開発 ③ナナメのつながり

  16. 事業部・年次を問わず交流、知見共有ができる「ナナメのつながり」を重視! ナナメのつながり

  17. 半年に1回実施。他部署や社外のエンジニアから技術的なFBがもらえ、知見が増える! 例①:技術力評価会 部署A 部署B 部署C 事業貢献FB 能 力 FB 能

    力 FB 能力FB 能 力 F B
  18. 業務に必要なことは業務中に学ぶ。 読書会や勉強会は、部署を問わず呼びかけ、開催・参加自由! 例②:社内勉強会 • 失敗から学ぶRDBの正しい歩き方 • Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 •

    体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版 • Design It! • データ指向アプリケーションデザイン - 信頼性、拡張性、保守性 の高い分散システム設計の原理 • レガシーコードからの脱却 - ソフトウェアの寿命を延ばし価値を 高める9つのプラクティス • Clean Agile 基本に立ち戻れ  詳細はこちら:https://techblog.cartaholdings.co.jp/entry/2021/02/12/090000
  19. 例③:GitHubのリポジトリも全社公開! GitHubのリポジトリは部署問わず全社公開。 自チーム以外の技術知見 も貯まる!

  20. 例④:雑談する環境 社内BAR「AJITO」 #Ajiting SHIBUYA OFFICE 社内カフェ フリースペース 社内ライブラリ ミーティングルーム 『雑談が生まれ、雑談から学ぶ』

    定時後飲み物が無料の社内バー「AJITO」やバリスタ常駐のカフェ「Garden」 ※ 在宅勤務時はSlackでの雑談やおやつタイム、定時後のオンライン交流も多い
  21. その他:福利厚生! • 技術系カンファレンス参加費補助 • 技術書購入費補助 📚 • 社内ライブラリ「OASIS」:オライリーなど技術書完備! • モニター何枚でも支給OK

    • PC・スマホはスペック盛々🍚 • Apple製品優待プログラム 🍎   などなど… • 社内バー「AJITO」/ バリスタ常駐カフェ「Garden」☕ • 食事補助(3,500円の個人負担で7,000円のiDカードがもらえる) • ボーナス休暇(勤続3年で最大3週間の休暇付与)           などなど…
  22. キーワード ① エンジニアが事業を進化させる ② フルサイクル開発 ③ナナメのつながり

  23. サマーインターンシップについて

  24. 学生向けサマーインターンシップ もの創り実践プログラム 「Treasure」 • 日時:8/8(月)〜8/26(金) 10:00〜18:30 • 形式:オンライン開催 +  

       最終日のみ渋谷オフィス開催 • 待遇:12万円支給 • 定員:36〜48名 ”Go言語を使って学ぶ、 価値のあるもの創りとチーム開発”
  25. None
  26. None
  27. Treasure おすすめポイント

  28. 学びを最適化するプログラム 講義(前半) チーム開発(後半) Output Input

  29. Treasure 2022 講義 • フロントエンド(React、TypeScript) • バックエンド(Go) • DBモデリング • アイディア講義

    モダンなWeb技術を、まるっと習得
  30. Treasure 2022 チーム開発 • 4人1組でチーム結成! • アイデア出し -> 開発まで、じっくりと • 1チームずつエンジニア社員もフルコミット

    -> CARTA HDの「価値のあるものづくり」を体感! アウトプットは、チームで楽しく!
  31. 価値のあるものづくりを「フルサイクル開発」を通して学ぶ 出典:https://techblog.cartaholdings.co.jp/entry/2019/02/04/171325 1人ひとりがプロダクトに対しオーナーシップを持ち、 アイデアが生まれ顧客に価値を届けるまでのサイクルを担当

  32. Treasure生 < CARTA HD 社員 安心してください!すぐ聞けますよ!

  33. 33 一緒に 時代をつくろうぜ