$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

コネクト株式会社 会社紹介

コネクト株式会社 会社紹介

コネクト株式会社

August 30, 2022
Tweet

Transcript

  1. プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー ・

    メ ガ ベ ン チ ャ ー の 戦 略 的 テ ッ ク パ ー ト ナ ー
  2. 0 1 コ ネ ク ト と は 0 2

    事 業 概 要 0 3 働 く 環 境 0 4 採 ⽤ 情 報
  3. 0 1 コ ネ ク ト と は 0 2

    事 業 概 要 0 3 働 く 環 境 0 4 採 ⽤ 情 報
  4. 社 名 コ ネ ク ト 株 式 会 社

    事 業 内 容 会 社 概 要 テ ッ ク キ ャ リ ア を 世 の 中 の デ フ ァ ク ト ス タ ン ダ ー ド に す る エ ン ジ ニ ア リ ン グ 教 育 プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー ・ メ ガ ベ ン チ ャ ー に 特 化 し た 「 戦 略 的 T E C H パ ー ト ナ ー 」 と し て の 開 発 プ ロ ア ス リ ー ト の 価 値 を 最 ⼤ 化 さ せ 、 メ ン タ リ テ ィ を 次 世 代 に 伝 え て い く マ ネ ジ メ ン ト 健 康 寿 命 を 伸 ば し 豊 か な ラ イ フ ス タ イ ル を 提 供 し て い く ヘ ル ス ケ ア プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 「 整 体 ⾻ 盤 調 整 コ ネ ク ト 」 の 運 営 コ ネ ク ト の 情 報 を 伝 え て い く 「 M e d i a C o n n e c t 」 を 運 営
  5. 役 員 代 表 取 締 役 会 ⻑ 百

    瀬 俊 介 代 表 取 締 役 社 ⻑ ⼭ ⽥ 雄 亮 取 締 役 ⼩ 川 知 志 設 ⽴ 2 0 1 4 年 6 ⽉ 資 本 ⾦ 5 , 0 0 0 万 円 電 話 番 号 0 3 - 5 8 2 5 - 4 2 5 6 会 社 概 要
  6. 創業10期を迎えるあたりに⽅向性を再度定め、 成⻑戦略を実⾏する。 沿 ⾰ 2014 2018 2023 統合と集中 多⾓化 創業

    百瀬・⼭⽥、両⽒が出会う。ただ儲ける会社ではなく本当に世の中、ス タッフにとっていい会社を創ることを決意する。百瀬からプロアスリー トの考えを聞き、⼭⽥がその考えをシステム開発業界に持ち込み実現さ せていくことを決める。最速・最短で実践経験を積ませ、最新のテック キャリアを持つプロチームをビルドすることを約束。 売上・従業員数増、実績蓄積、他業種展開、経営資源の相乗効果を⽬指 してきた。具体的には、テック事業・マネジメント事業・カフェ事業・ 整体サロン事業・イベント事業
  7. 数 字 で ⾒ る コ ネ ク ト エンジニア

    65名 プ ロ パ ー 3 5 名 パ ー ト ナ ー ス タ ッ フ 3 0 名 バックオフィス・ 広報・マーケティング 3名 プ ロ パ ー 1 名 パ ー ト ナ ー ス タ ッ フ 2 名 セールス 0名 ⽉平均 残業時間 20時間 テ ッ ク が わ か ら な け れ ば ク ラ イ ア ン ト の 課 題 解 決 で き な い と い う コ ネ ク ト の 考 え か ら セ ー ル ス 専 ⾨ 職 種 を 創 業 か ら お い て お り ま せ ん 。 ※ 朝 ・ ⼣ の ⾃ ⼰ 学 習 時 間 を 含 み ま す 。
  8. 使⽤⾔語 01 R u b y 02 P H P

    03 K o t l i n 、 S w i f t 数 字 で ⾒ る コ ネ ク ト 男 ⼥ ⽐ 率 95% 5% 8 割 の エ ン ジ ニ ア が 2 〜 3 ⾔ 語 を 普 通 に 使 ⽤ す る こ と が 出 来 ま す 。 最 新 の ス タ ー ト ア ッ プ プ ロ ジ ェ ク ト に 携 わ り 、 必 要 に 応 じ て 最 新 の ⾔ 語 を 取 り ⼊ れ て い く の が コ ネ ク ト ス タ イ ル で す 。 今 後 は ⼥ 性 も 積 極 的 に 採 ⽤ し て く 予 定 で す 。
  9. 数 字 で ⾒ る コ ネ ク ト そ

    の 他 33% 35% 23% 9% 週 1 ~ 2 出 社 、 週 3 ~ 4 リ モ ー ト S e n i o r 、 T e c h n i c a l を 中 ⼼ に チ ー ム や 個 ⼈ の 裁 量 の 中 で ⾃ 由 度 ⾼ く 個 々 が ⾃ ⽴ ⼼ を 持 ち ア ウ ト プ ッ ト が 出 せ る 就 業 形 態 原 則 と し て 新 ⼈ 研 修 は オ ン サ イ ト 勤 務 で ⾏ う 。 た だ し 感 染 症 が 拡 ⼤ し た 場 合 な ど に は リ モ ー ト 研 修 に 切 り 替 え る 。 新 ⼈ 教 育 に 関 わ る メ ン バ や J u n i o r 、 M i d d l e の 育 成 層 と チ ー ム の コ ア を 作 っ て い く S e n i o r 、 L e a d e r の オ ン サ イ ト が 多 い 22名 フ ル リ モ ー ト 勤 務 26名 ハ イ ブ リ ッ ト 勤 務 20名 オ ン サ イ ト 勤 務 業 務 委 託 の ⽅ な ど を 中 ⼼ に 、 開 発 の み の ジ ョ ブ 型 シ ン グ ル タ ス ク の エ ン ジ ニ ア が 多 い オ ン サ イ ト 場 所 : 神 ⾕ 町 城 ⼭ ト ラ ス ト タ ワ ー 2 2 F C o n n e c t T e c h 拠 点 ( W e w o r k 内 ) リ モ ー ト 率 ( 社 会 情 勢 に 合 わ せ て 変 動 )
  10. コ ネ ク ト は 2 0 1 4 年

    に シ ス テ ム エ ン ジ ニ ア の チ ー ム と し て ⽴ ち 上 が り ま し た 。 社 名 C O N N E C T が ⽰ す 通 り 、 ご 縁 に よ り 今 ま で 様 々 な 事 業 が ⽣ ま れ て き ま し た 。 現 在 は 「 メ ガ ベ ン チ ャ ー の 戦 略 的 T E C H パ ー ト ナ ー 」 と し て の ス タ ー ト ア ッ プ 開 発 を 主 に 、 テ ク ノ ロ ジ ー 分 野 を 牽 引 し て い く こ と 。 バ ー チ ャ ル 空 間 が 広 が る 中 で 安 ⼼ し て テ ク ノ ロ ジ ー を 活 ⽤ す る た め に 必 要 な 情 報 セ キ ュ リ テ ィ の コ ン サ ル テ ィ ン グ ⽀ 援 を す る こ と 。 プ ロ ア ス リ ー ト の メ ン タ リ テ ィ を 次 世 代 に 伝 え て い く メ デ ィ ア 「 M e d i a C o n n e c t 」 を 企 画 ・ 運 営 す る こ と 。 少 ⼦ ⾼ 齢 化 の 中 で 健 康 寿 命 を 伸 ば し 豊 か な ⼈ ⽣ を 送 る ラ イ フ ス タ イ ル を 提 供 し て い く 「 整 体 ⾻ 盤 調 整 コ ネ ク ト 」 の 店 舗 運 営 を す る こ と 。 世 界 で 活 躍 す る プ ロ ア ス リ ー ト の マ ネ ジ メ ン ト を 通 し て 夢 を ⾒ る ⼼ を 育 む こ と な ど 、 テ ク ノ ロ ジ ー を 通 し て ⼈ の ⽣ 活 を 安 ⼼ で 便 利 な も の に す る 。 ス ポ ー ツ を 通 し て ⼈ と ⼈ の ⼼ を つ な ぎ 豊 か な ⼼ を 育 む 。 健 康 の ⼟ 台 を 作 り ⼈ ⽣ を よ り 良 い も の に す る 。 持 続 可 能 な 社 会 を ⽬ 指 し 、 コ ネ ク ト が で き る こ と に 挑 戦 し て い く 。 こ の 想 い と 活 動 を 次 世 代 に 「 つ な ぐ 、 つ な げ る 、 つ な げ て い く 」 そ れ が コ ネ ク ト と い う 会 社 の 想 い で す 。
  11. 0 1 コ ネ ク ト と は 0 2

    事 業 概 要 0 3 働 く 環 境 0 4 採 ⽤ 情 報
  12. 事 業 概 要 メ ガ ベ ン チ ャ

    ー の 戦 略 的 T E C H パ ー ト ナ ー の 「 ス タ ー ト ア ッ プ に 特 化 し た コ ン サ ル テ ィ ン グ ・ シ ス テ ム 開 発 」 健 康 寿 命 を 伸 ば し 豊 か な ラ イ フ ス タ イ ル を 提 供 し て い く T E C H 企 業 が 運 営 す る ヘ ル ス ケ ア プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 「 整 体 ⾻ 盤 調 整 コ ネ ク ト 」 プ ロ ア ス リ ー ト の 価 値 を 最 ⼤ 化 さ せ 、 メ ン タ リ テ ィ ー を 次 世 代 に 伝 え て い く 「 ア ス リ ー ト マ ネ ジ メ ン ト 」 コ ネ ク ト の 情 報 を 伝 え る ⾃ 社 メ デ ィ ア 「 M e d i a C o n n e c t 」 を 運 営 01 02 03 04
  13. 創 業 時 は お 客 様 先 で の

    常 駐 開 発 が メ イ ン 業 務 で し た が 、 現 在 は S E S の よ う な 客 先 常 駐 は な く 、 ⾃ 社 内 で メ ガ ベ ン チ ャ ー の 戦 略 的 T E C H パ ー ト ナ ー と し て フ ル ス タ ッ ク 開 発 が メ イ ン 業 務 と な り ま す 。 そ れ に 伴 い コ ネ ク ト 内 部 の D X 化 、 情 報 セ キ ュ リ テ ィ マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム I S M S の 導 ⼊ を し て セ キ ュ リ テ ィ を 強 固 に し な が ら 、 様 々 な 事 業 や サ ー ビ ス を し て い る コ ネ ク ト な ら で は の ⾃ 社 開 発 に も 最 新 の テ ク ノ ロ ジ ー を 導 ⼊ し 開 発 を し て い ま す 。 広 が る サ ー ビ ス の 輪
  14. プラットフォーマー・メガベンチャーの戦略的TECH パートナーとして、⼤規模スタートアップ開発をして ます。アーキテクチャ、要件詰め、プロトタイプ開発、 設計、開発、ローンチまでをフルスタック開発。その 後の運⽤から情報セキュリティのコンサルティングま でをワンストップで⾏っています。全て国内最⼤⼿プ ラットフォーマーから⽣み出せる⼤規模サービス⽴ち 上げからTECHリードし伴⾛してフルスタック開発・ ローンチをしてきています。サービスによっては⽴ち 上げ後も現在も引き続き運⽤・追加開発までをして現

    在も⾛り続けています。 メ ガ ベ ン チ ャ ー の 戦 略 的 T E C H パ ー ト ナ ー と し て の 開 発 実 績 Goal 美 容 系 予約 サ ー ビ ス ス タ ー トア ッ プ 開 発か ら ロ ー ン チ・ 運 ⽤ 2 0 1 4 - 2 0 1 9 年まで受注スタートからサービス拡⼤から 業 界 To p⽔準のユーザー数、サービスの安定化まで伴⾛ シ ニ ア 向け サ ー ビ ス ス タ ー トア ッ プ 開 発か ら ロ ー ン チ運 ⽤ 2 0 1 8 - 2 0 2 2 年受注スタートから ローンチし現在もサービス拡張に伴⾛ 情 報 セ キュ リ テ ィ ー コ ン サ ルテ ィ ン グ の上 流 ⽀ 援 2 0 1 6 - 2 0 2 2 年 世の中の情勢の変化により セ キ ュ リティーの重要性は⾼まり監査含めて継続 して伴⾛ ⽇ 本 初 の⺠ 泊 サ ー ビス ス タ ー トア ッ プ 開 発か ら ロ ー ンチ 2 0 1 7 - 2 0 1 8 年 受注スタートから ⺠泊法案改正時のローンチまで伴⾛ フ リ マ サー ビ ス 追 加 開 発か ら 運 ⽤ 2 0 1 9 年 - 現在 サービス⽴ち上がり後から⼊り 追加開発・サービス拡張に伴⾛ F i ntechサ ー ビ ス ス タ ー トア ッ プ 開 発 2 0 2 2 年 - 現在 ⽤件決め提案 受注・サービス⽴ち上げでの伴⾛
  15. コ ネ ク ト D X 実 績 < 使

    ⽤ す る ク ラ ウ ド 連 携 に よ る 内 部 効 率 化 > ・ S l a c k / G o o g l e C a l e n d a r 連 携 ・ S l a c k / ク ラ ウ ド 連 携 ( A W S / G C P ) ・ S a l e s f o r c e M C A E ・ S a l e s f o r c e M o n e y F o r w a r d 連 携 社内 クラ ウド連 携 < コ ネ ク ト 内 セ キ ュ リ テ ィ 強 化 と 整 備 > ・ F o r t i G a t e 構 築 ・ 運 ⽤ ( ル ー タ ー / F W / V P N ) ・ I S M S ( セ キ ュ リ テ ィ ポ リ シ ー 社 内 D X / 電 ⼦ 化 ) ・ C o n n e c t ク ラ ウ ド ( A W S / G C P ) 設 計 ・ 構 築 社内 インフ ラ構 築 < コ ネ ク ト W E B 資 産 の 運 営 効 率 化 > ・ メ デ ィ ア コ ネ ク ト / H e a d l e s s C M S 連 携 ・ コ ネ ク ト 内 H P / H e a d l e s s C M S 連 携 < ⼈ 事 業 務 の 運 営 効 率 化 > ・ コ ネ ク ト H R / 社 内 管 理 シ ス テ ム < コ ネ ク ト 決 済 シ ス テ ム の 内 製 化 > ・ コ ネ ク ト E C / 決 済 シ ス テ ム 社内 業 務・ 設計 ・ 構築 < コ ネ ク ト 決 算 シ ス テ ム を 活 ⽤ し た 効 率 化 > ・ コ ネ ク ト F A R M / 決 済 シ ス テ ム ・ や ま 星 / 決 済 シ ス テ ム < 整 体 ⾻ 盤 調 整 コ ネ ク ト の 情 報 化 > ・ 整 体 / 予 約 ・ カ ル テ 管 理 シ ス テ ム コネクトのエンジニアはテックキャリアとして業務プロセスの改善を⽇常的に⾏います。 メガベンチャーの戦略的TECHパートナーとして社内外問わずに問題を解決していくことを鍛錬しています。
  16. 0 1 コ ネ ク ト と は 0 2

    事 業 概 要 0 3 働 く 環 境 0 4 採 ⽤ 情 報
  17. そ ん な 思 い に 共 感 す る

    仲 間 た ち で 集 い 、 ⼈ ⽣ の ⼤ 半 を 占 め る 仕 事 の 時 間 を 最 ⾼ に 充 実 感 を 得 ら れ る 時 間 へ 変 え て い く 。 そ し て 、 縁 あ る お 客 様 に 対 し て 温 も り の あ る サ ー ビ ス を お 届 け す る 。 そ れ が 私 た ち の ⽬ 標 で す 。 仕 事 が 好 き 。 も っ と ⼈ と 深 く 関 わ り た い 。 ⾃ 分 の 可 能 性 を 広 げ て い き た い 。 変 化 と 成 ⻑ を ⼼ か ら 感 じ た い 。 よ り 良 い 未 来 を 描 き た い 。 ⽣ 活 ・ 仕 事 の 両 ⽅ を 充 実 さ せ ⼈ ⽣ を 楽 し み た い 。 ⾝ 近 な ⼈ を ⼤ 切 に し た い 。
  18. キ ャ リ ア ス テ ッ プ Middle Beginner

    Junior コンピテンシー理解をする。 研修期間(OJT:OFF-JT)コネ クトの⾃⾛できる職務能⼒ を⾝につける。 ⼀⼈称で与えられた仕事が できる。 コンピテンシーを理解出来て話 し合うことができる。⼀⼈称で 出来る上にチームメンバーを サポートする動きができる。 コンピテンシーを理解出来る コンピテンシーを理解出来る ⼀⼈称で与えられた仕事ができる ⼀⼈ひとりの⽬標の達成が 企業全体の⽬標達成に直結します。
  19. キ ャ リ ア ス テ ッ プ ⼀⼈ひとりの⽬標の達成が 企業全体の⽬標達成に直結します。

    Senior Technical Leader コンピテンシーが個⼈とし て実践できていて、チーム メンバーへ啓蒙することが できる。⼀⼈称で能動的で パフォーマンス⾼い仕事が できる。その上チームとし てのアウトプットが出せる。 その上で技術⼒で組織課題や クライアント課題を解決し突 破させることができる。 その上でチームと全体を捉え て、周りと⼀緒に組織課題や クライアント課題を明確にし て解決していく動きができる。 コンピテンシーが個⼈として 実践でき、チームメンバーへ 啓蒙することができる。 ⼀⼈称で能動的で パフォーマンス⾼い仕事ができる。 コンピテンシーが個⼈として 実践でき、チームメンバーに 啓蒙することができる。 ⼀⼈称で能動的で パフォーマンス⾼い仕事ができる。
  20. リ ーダ ー の 1 ⽇ の 業務フ ロー 1

    ⽇ の 流 れ P r o j e c t 調 整 9:30 チ ー ム 朝 会 9:00 社 内 案 件 調 整 10:00 チ ー ム ⼣ 会 16:00 成 果 物 レ ビ ュ ー 13:00 ラ ン チ 12:00 P r o j e c t 進 歩 M T G 17:00 18:00 始業前 ⾃ ⼰ 学 習 今 ⽇ の ⽬ 標 設 定 業後 勉 強 会 ( 任 意 ) 今 ⽇ の 振 り 返 り 帰 宅 ※ メ イ ン 案 件 以 外 に も 社 内 案 件 を マ ル チ タ ス ク に ⾏ う ※ メ イ ン 案 件 の 進 歩 を 客 先 に 共 有 す る M T G
  21. メ ンバ ー の 1 ⽇ の業 務フ ロー 1

    ⽇ の 流 れ 現 場 案 内 設 計 ・ 開 発 朝 会 今 ⽇ の ⽬ 標 設 定 9:00 ラ ン チ 12:00 ⼣ 会 16:00 メ ン バ ー 交 流 15:00 現 場 案 件 設 計 ・ 開 発 レ ビ ュ ー 依 頼 13:00 社 内 案 件 開 発 16:30 今 ⽇ の 振 り 返 り 帰 宅 18:00 始業前 ( 任 意 ) ⾃ ⼰ 学 習 メ ン バ ー 交 流 業後 勉 強 会 ( 任 意 ) 9:30
  22. すぐに先輩へ相談できる、働きやすい環境です。

  23. None
  24. 忘年会やBBQなどを通じて、社員同⼠の交流を深めています。

  25. 0 1 コ ネ ク ト と は 0 2

    事 業 概 要 0 3 働 く 環 境 0 4 採 ⽤ 情 報
  26. 求 め る ⼈ 物 像 コ ネ ク ト

    は 仲 間 を ⼤ 切 に す る こ と を ⼤ 事 に し な が ら ⾃ 分 ⾃ ⾝ を ⾼ め る こ と が で き る ⼈ 間 を 求 め て い ま す 。 チ ー ム に シ ナ ジ ー を ⽣ み 出 せ る ⼈ 間 の ⾏ 動 指 針 を 定 め て お り 、 ⼈ 事 効 果 や 査 定 、 昇 給 に お い て 全 て を そ の 基 準 で 考 え て お り ま す 。 コネクトはチームに シナジーを⽣み出せる⼈間 を求めています。 ⾃⽴思考 ⾃ ⽴ し て い な け れ ば 仲 間 と ⽀ え 合 う こ と は 出 来 な い 。 依 存 か ら 抜 け 出 し ⾃ 分 で 考 え ⾏ 動 を し 、 仲 間 と ⽀ え 合 う こ と を 求 め て い る 。 思いやり 思 い や り が な け れ ば 繋 が る こ と は 出 来 な い 。 相 ⼿ の 気 持 ち に 寄 り 添 い 、 ⼼ と ⽿ を 傾 け て 仲 間 を 受 け ⼊ れ る こ と を 求 め て い る 。 ⾃⼰⾰新 ⾃ ⼰ 成 ⻑ し 続 け な け れ ば 仲 間 を ⽀ え 続 け る こ と が 出 来 な い 。 仲 間 を ⽀ え る 為 に 、 ⾃ ⾝ を 成 ⻑ さ せ 続 け る こ と を 求 め て い る 。
  27. n g i n x, Un i c o rn

    A W S, GCP プログラミング⾔語 P HP , Ru b y , Java, P y th o n , K o tl i n , Swi ft, Ob jec ti ve- C, C#, T y p eSc ri p t, J avaSc ri p t m o d _p h p ( A p ac h e) , P u m a WEBサーバ アプリケーションサーバ 会 社 の 技 術 領 域 L aravel , R ub y o n Rails, Sp ri n g B o o t, Reac t, V ue.js フレームワーク インフラ
  28. 会 社 の 技 術 領 域 DBサーバ My SQL

    , Mari aDB , P o stg reSQL , Orac l eDB CI/CDツール Ci rc l eCI , J en k i n s 各種ツール Do c k er, K ub ern etes, Red i s, El asti c searc h , Gi tHu b , Sl ac k , A tl assi an
  29. 研 修 制 度 CONNECT TECH環境内でOFF-JTトレーニング 秘伝のメソッドで最短・最速で最⾼のTECHキャリアのをスタートをお約束します。 ・CONNEC-TECH SCHOOL(OJT研修2ヵ⽉、Off-JT研修4ヵ⽉) ・CONNEC-TECH

    合宿(エクシブ軽井沢・エクシブ⼭中湖)2泊3⽇ ・TECH勉強会、書籍購⼊費補助 その 他 2ヵ⽉ 4ヵ⽉ ⼊ 社 OJT (メンター制度) Off-JT TECHリード講師がOFF-JTをします。 プロジェクト毎に環境から技術⾯までサポートしていきます。 ⼊社からメンター制度で⼀⼈⼀⼈にメンターがついてサポート
  30. 研 修 制 度 研 修 で 習 得 し

    た ス キ ル を 利 ⽤ す る プ ロ ジ ェ ク ト に ア サ イ ン 。 実 践 を 通 し て さ ら に ス キ ル ア ッ プ し て い き ま す 。 プ ロ ジ ェ ク ト 形 式 で の 研 修 を 実 施 。 O J T の 前 に 実 際 の 仕 事 の 流 れ を ⾝ に つ け ま す 。 実 際 の ア ウ ト プ ッ ト は G C P 環 境 に リ リ ー ス し て 検 証 し て い ま す 。 01 02 03 バ ッ ク エ ン ジ ニ ア フ ロ ン ト エ ン ジ ニ ア ア プ リ エ ン ジ ニ ア ・PHP + Larvel ・Rudy + Rudy on Rails ・Vue+Laravel ・Swift ・Kotlin ・ E x c e l / W o r d ・ D a t a b a s e ( M y S Q L ) ・ G i t ・ プ ロ グ ラ ミ ン グ ( P H P / R u b y ) Off-JT OJT 今 後 も 拡 充 予 定 ! - 基 礎 研 修 -
  31. コネクトにはレベルの⾼いエンジニアが多く在籍。 そのため、プログラムに何かエラーが⽣じても、ベテランの エンジニアがすぐにカバーしてくれるサポート体制が整っています。 成⻑するための充実した環境を⽤意しました。 あ と は あ な たが

    ⼀ 歩 踏 み出 す 、 そ れだ け で す。 ⼈と⼈とをつないでいく技術
  32. None