Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社D2C dot 会社案内 / recruit

Acd3e8fbdcc3efa8e58d3dc173584260?s=47 D2C dot HR
October 16, 2020
1.4k

株式会社D2C dot 会社案内 / recruit

株式会社D2C dot会社紹介資料です。
もしご興味お持ちいただけましたら下記よりお問い合わせください!

▼D2C dotコーポレートサイト
https://www.d2cdot.co.jp/

▼採用情報( Wantedly)
https://www.wantedly.com/companies/d2cdot?aql=gaFxp0QyQyBkb3Q

Acd3e8fbdcc3efa8e58d3dc173584260?s=128

D2C dot HR

October 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. None
  2. はじめに 初めまして。D2C dotと申します。 おそらくこの資料を開いていただいた方のほとんどは、 D2C dotという会社をはじめて聞いたのではと思います。 まだまだ知名度も高くない会社ですので、 少しでもD2C dotのことを知っていただきたく、 この資料を作りました。

  3. はじめに この資料は主に、D2C dotで「働くこと」に関して 様々な観点から書かれている内容になっています。 会社のいいところはもちろん、 正直なところも書いたつもりですので、 それも含め、面白そうだなと思っていただければ D2C dotで楽しく働けるのではないかなと思っています。 この資料を通して少しでもD2C

    dotのことを みなさまに伝えることができれば幸いです。
  4. 会社について

  5. 会社概要 社名 株式会社D2C dot 事業 内容 ・デジタルマーケティング事業 ・Webサイト、アプリの企画、 制作、運用 ・Webサービス運用・保守、

    ソーシャルメディア運用 設立 2013年7月1日 資本金 65,000,000円 株主 株式会社D2C 代表 四栗 崇 取締役 守谷 啓介 山下 紘史 本間 広宣 (非常勤取締役) 加盟 団体 人間中心設計推進機構 (HCD-Net) ウェブ解析士協会 社員数 147名 (2021/1/1時点)
  6. D2C dotの”dot”は、下記の意味を表しています。 d = digital(デジタル) o = oriented(方向性 / 志向

    / 指向 / 重視) t = tactics(戦略 / 戦術) translate(翻訳 / 解釈 / 表現しなおす / 移し替える) transform(変える / 変換 / 変形) task force(部隊) tribe(共通の文化 / 価値観をもつ集団) 社名の由来
  7. ビジョン “ 伝えたいコトを 伝わるカタチに ”

  8. ビジョン さまざまな情報があふれ、 伝えたい情報が相手になかなか伝わりづらい現代。 そんな中で私たちは、商品やクライアントが 本当に「伝えたいコト」を 生活者に、その時代に合う手法を使った方法で 「伝わるカタチに」することで、 現代社会がさらに豊かになっていくのでは、 と考えています。

  9. ビジョン 私たちD2C dotは 「伝えたいコト」と「伝わるカタチ」の間にある さまざまな課題や障壁を 乗り越えられるものづくりを、 ワンストップで行う集団であることを目指しています。

  10. バリュー・行動指針 1. 「企業/商品/生活者」のことをよく知り、 様々なデータを蓄積・活用して、 双方を繋ぐ高成功率の企画/設計を 生み出します。

  11. バリュー・行動指針 2. 「専門スキルのスペシャリスト」 「総合力のゼネラリスト」でチームを組み、 企画から制作・運用までワンストップで デジタルマーケティングを プロデュースします。

  12. バリュー・行動指針 3. 「多様性の受容/敬意」 「協調性重視/相乗効果の最大化」 個人の「日進月歩/自己成長・実現」を 組織全体で推進します。

  13. D2C グループ

  14. D2C グループ D2C dot は D2Cグループ、 そしてNTTドコモグループの一員です。 親会社であるD2Cは、NTTドコモ・NTTアドと電通の 3社からの出資で約20年前に誕生しました。 設立以降次第に規模を拡大し、現在では総従業員数700名、

    計6社からなるグループ企業に成長しました。
  15. D2C グループ D2C dot はもともとD2C の一部署でしたが、 ソリューション戦略子会社として2013年7月に法人化。 以来、幅広いコミュニケーション課題に対して ソリューションを提供し、 年々さまざまな課題を解決しています。

  16. 沿革 2000年6月 NTTドコモ・NTTアド・電通の 3社共同出資により、 「D2コミュニケーションズ」設立 (現D2C) 2020年、D2C dot(旧D2Cソリューションズ)は設立8年目を迎えます。

  17. 沿革 2000年6月 NTTドコモ・NTTアド・電通の 3社共同出資により、 「D2コミュニケーションズ」設立 (現D2C) 2013年7月 D2Cの一部署だったソリューション部を 「D2Cソリューションズ」として法人化 (D2C

    dotの前身) 2020年、D2C dot(旧D2Cソリューションズ)は設立8年目を迎えます。
  18. 沿革 2000年6月 NTTドコモ・NTTアド・電通の 3社共同出資により、 「D2コミュニケーションズ」設立 (現D2C) 2013年7月 D2Cの一部署だったソリューション部を 「D2Cソリューションズ」として法人化 (D2C

    dotの前身) 2016年3月 東銀座に移転 2020年、D2C dot(旧D2Cソリューションズ)は設立8年目を迎えます。
  19. 沿革 2000年6月 NTTドコモ・NTTアド・電通の 3社共同出資により、 「D2コミュニケーションズ」設立 (現D2C) 2013年7月 D2Cの一部署だったソリューション部を 「D2Cソリューションズ」として法人化 (D2C

    dotの前身) 2016年3月 東銀座に移転 2016年10月 社名を「D2C dot」に変更 2020年、D2C dot(旧D2Cソリューションズ)は設立8年目を迎えます。
  20. 沿革 2000年6月 NTTドコモ・NTTアド・電通の 3社共同出資により、 「D2コミュニケーションズ」設立 (現D2C) 2013年7月 D2Cの一部署だったソリューション部を 「D2Cソリューションズ」として法人化 (D2C

    dotの前身) 2016年3月 東銀座に移転 2016年10月 社名を「D2C dot」に変更 2018年10月 初のサテライトオフィス 沖縄オフィス開設 2020年、D2C dot(旧D2Cソリューションズ)は設立8年目を迎えます。
  21. 事業について

  22. 事業について D2C dot の掲げるミッションは 「クライアントの課題をデジタルの力で解決する」こと。 そのミッションを達成するため、 クライアントの抱える様々な課題に対して Web・アプリ・紙・イベントなど、 幅広い手法を用いたソリューションを提供しています。

  23. 事業について 現在はおもに3つの領域で、 企画から実行まで一貫して担っています。 ・プロモーション領域 ・コンテンツマーケティング/SNS運用領域 ・サービス事業支援領域 それぞれ具体的に次のような案件を手掛けています。

  24. 実績① プロモーション ♯playthegift │ スカパーJSAT株式会社

  25. 実績① プロモーション ♯playthegift │ スカパーJSAT株式会社 パンクロックバンドのHi-Standardが、 18年ぶりにニューアルバムをリリース。 CDの売り上げ枚数とツアー動員数を最大にすることを ミッションとしたプロモーション案件でした。

  26. 実績① プロモーション ♯playthegift │ スカパーJSAT株式会社 常識となっているPVではなく、未発表の新曲の譜面を 地下鉄の巨大ポスターにして、 サプライズ公開、 同時にネット上で譜面を配信しました。 その譜面を見て新曲の演奏をするファンが続出、

    さらにそれをSNS上でシェアするファンで賑わいました。 D2Cdotはコミュニケーション全体設計から、 WEBサイト制作を担当しました。
  27. 実績② コンテンツマーケティング/SNS運用 公式SNSアカウント・Webメディアの企画運用

  28. 実績② コンテンツマーケティング/SNS運用 ▼ SNS運用 食品・飲料を中心とした、様々な企業・商品の SNSアカウント運用を行っています。 原稿作成(撮影含む)各種KPI管理からレポート、 アカウントロードマップ提案までを担当しています。 クライアントからはPDCAの実績を評価していただき、 他商品のFacebookページの運用作業も受注したことも。

    公式SNSアカウント・Webメディアの企画運用
  29. 実績② コンテンツマーケティング/SNS運用 ▼ メディア運用 クライアントの有する、様々なメディアの 企画・運用代行も行っています。 NTTドコモが提供する、エンタメウィークもその一つ。 記事選定、記事制作、取材、PDCA、サイト分析、 システム運用保守まで、 サイト運営に関わる全ての領域を担当しています。

    公式SNSアカウント・Webメディアの企画運用
  30. 実績③ サービス事業支援 しまうまブック │ 株式会社しまうまプリント

  31. 実績③ サービス事業支援 しまうまブック │ 株式会社しまうまプリント ネットプリント業界最大手「しまうまプリント」の、 フォトブックアプリ『しまうまブック』の iOS/Androidアプリ保守・開発を、 しまうまプリント開発チームと連携して担当しています。 また、しまうまプリントの開発チームおよび

    プロダクト担当者と連携し、アプリケーション設計と 管理画面の開発も行っています。
  32. 実績③ サービス事業支援 しまうまブック │ 株式会社しまうまプリント 198円から作れるフォトブックアプリ 『しまうまブック』では、コンセプト・戦略の策定、 ペーパーモックを使用したユーザレビュー、 プロトタイピング制作〜開発までの リニューアルを担当しました。

  33. 事業について 私たちは「制作会社」ではありません。 「クライアントの課題解決」を一番の目的としていますので、 クライアントの持つ課題は何なのか、 それを解決できる最良の方法は何なのか クライアントと一緒に考え、 企画・提案、そして 制作・改善提案まで、 ワンストップでできることを 強みとしています。

    プランニング/ プロデュース ディレクション リサーチ/ アナリティクス CRM Web / App (オウンドメディア) Web 広告 (ペイドメディア) Web PR Social Media Web プロモーション 効果測定 UI / UX デザイン データ分析
  34. 働き方について

  35. メンバー構成 1 (5.0%) 3 (2.7%) 東京オフィス 計111名 沖縄オフィス 計20名 2020年10月1日現在

  36. メンバー構成 年齢層 男女比 2020年10月1日現在

  37. オフィス(東京) カフェ併設のフリースペース グループ共有ラウンジ 400人収容可能なD2Cホール 執務スペース

  38. オフィス(沖縄) 執務スペース 軽い打ち合わせ ミーティングルーム 休憩スペース

  39. 福利厚生 - 出退勤時間は自由 : 完全裁量制を適用。場合により自宅作業も可能。 - 入社日に有給付与 : 2年目以降は 10月1日に毎年20日付与

    - リフレッシュ休暇 : 年1回、連続5日間の休暇を付与。取得時期は問いません。 - セミナー・研修補助あり : 年2回、上限10万円/年までで補助があります。 - 結婚・出産お祝い金支給 : 結婚10万、出産5~30万の祝い金を支給します。
  40. 福利厚生 - インフルエンザ予防接種無料 : オフィスでの出張予防接種または接種費用補助があります。 - D2COFFEE : 社内カフェ。100~200円で本格コーヒーが楽しめます。 -

    オフィスグリコ・社内自販機 : お菓子やドリンクがちょっと安く買えます。 - 団体生命保険加入 : 団体の生命保険です。個人負担なしで加入いただけます。 - 確定給付・確定拠出年金制度 : どちらも加入できます(正社員のみ)
  41. 社内コミュニケーション

  42. 社内コミュニケーション 社員の交流、ナレッジ共有を目的とした 「ナレシェア」を定期開催。 毎回さまざまなテーマで各メンバーが ゆるくプレゼンやディスカッションをします。

  43. 社内コミュニケーション この会のテーマは、 最近のデザインのトレンド。 話の中で、実際こういうことに困っている こういうことも考えてほしい、など 普段なかなか話さないことを ざっくばらんに話してました。

  44. 社内コミュニケーション

  45. 社内コミュニケーション オフィシャルではないですが、 デザイン好きが集まって もくもくとデッサンをする会を開いたり、 ニューヨークウルトラチーズという 話題の商品をみんなで試してみたりと、 有志で集まることもあります。

  46. 対外活動

  47. 対外活動 社外で行われる様々なイベントにも 登壇・参加をしています。 過去にはディレクターの働き方に関する トークイベントや、 D2C社員と一緒に 大学にてITと環境についての講演を行うなど 様々な分野での対外活動を行っております。

  48. 対外活動

  49. 対外活動 専門学校にて1dayインターンシップを行ったり 「人の心を動かすものづくり」という テーマでの講義を行うこともあります。 今前線で活躍している社員だからこそ 伝えられることもあるという考えの元 東京・沖縄両拠点にて、 IT人材の教育支援も行っています。

  50. こんな会社 - 完全裁量労働制を取っているので、 仕事さえしていれば勤務時間は調整できる - 福利厚生や裁量労働のおかげで、 家族がいても働きやすい - 制度・環境はある程度整っているが、 完璧ではないのでまだまだ改善すべき点もある

    - 繁忙期は長時間勤務になることも (特に代理店商流) 環 境
  51. こんな会社 - 協調性のあるいい人が多い (とよく言われます) - 穏やかな人が多く、体育会系のノリはない - チームを大切にしているので 周りと協力する姿勢のない人は浮きがち 人

  52. こんな会社 - 大手企業の案件にも関わるチャンスがある - やりたいことがあれば基本やらせてくれる (言ったもん勝ち) - 個人に裁量を渡しているのでかなり自由に 進められるが、その分結果と責任が求められる -

    色んなタイプの案件があるので、 幅広く経験できる 仕 事
  53. こんな会社 - 会社から指定する研修は多くないため、 基本的にはやりながら覚えてもらうことが多い (会社としてセミナーや研修を受ける機会は 提供しているので、自分で手を挙げれば 受講することは可能です) - 受託案件メインのため、 自社でスケジュールをコントロールしづらい

    - 多種多様な案件の相談がくるので、 ある程度の柔軟性は必要 仕 事
  54. よくある質問

  55. よくある質問 一人当たりの案件数は? 職種やポジション、案件の規模により様々です。 運用案件などメインで担当しているものがある人は、 それと一緒に突発的に小さい案件を同時に 担当することもありますし、 キャンペーン系の案件を4~5つほど同時に 担当している人もいます。

  56. よくある質問 仕事はどのように割り振られるの? はじめはマネージャーからアサインされますが、 プロデューサーから指名が入る人もいます。 もちろんやりたい仕事に志願したり 自ら仕事を創り出すこともできます。

  57. よくある質問 社内のツールは? ハード面では、ノートPC(Mac・Windows)とモニター、 必要に応じて携帯電話を支給します。 社内のコミュニケーションツールとしては、 主にSlackを使用してます。 他にはGsuiteを導入しているので、 メールやファイル管理は基本的にGoogleを使用します。

  58. よくある質問 評価は? 評価は上期(4月~9月)と下期(10月~3月)に分けて 年2回行います。 会社の業績にどれだけ貢献したかを測る 「業績達成評価」、 期始めに目標を設定し、その達成率を評価する 「課題達成評価」、 日々どのようなことを意識して行動していたかを測る 「行動評価」、以上3つの軸で評価を行います。

  59. よくある質問 評価は? 目標設定面談、中間面談、評価面談と 期の中で3回面談があり、 その中で目標や進捗の確認、評価を行います。 各期の評価に応じて、等級や給与の見直しを行うので、 昇格・昇給のチャンスは年に2回あります。

  60. よくある質問 繁忙期はいつ?残業はどのくらい? 残業はチームや担当している案件によって かなり差があるので、 一概にこのくらい、というのはありませんが、 期末(9月・3月)は忙しくなるメンバーが多いです。

  61. よくある質問 繁忙期はいつ?残業はどのくらい? 代理店案件を担当しているメンバーは、繁忙期に 残業時間が50~60時間ほどになることもありますし、 業務が落ち着いた時期や、 あまり繁忙の波のない案件を担当しているメンバーは、 20時間程度~ほぼ残業がないこともあります。 基本的に全員忙しい時期は頑張って、 落ち着いたときは早めに帰ったり 有給を使うなどして、各々で調整しています。

  62. よくある質問 会社はどういう雰囲気? 一言で言うと「自由」な会社です。 勤務時間・服装はもちろんですが、 業務に関しても会社の方針と合ってさえいれば やり方は各々に任せています。

  63. よくある質問 会社はどういう雰囲気? やりたいことをやっていただくのが 一番パフォーマンスも上がると考えているので、 何かやりたいことがあれば、 基本的には自由にやってもらっています。 ただあくまで成果を出していれば、ということが 前提になりますので、 自由な分、責任と成果は求められる環境です。

  64. よくある質問 どういう人が合っている? 個々人に自由と裁量を与えるので、 自分で何かやりたいことや目標があり、 それに向けて自分で考えて動ける人にとっては、 かなり良い環境だと思います。 マネージャーやチーフも細かく介入してこないので、 逆に言うと指示通りに動くことが好きな方にとっては 大変な環境かもしれません。

  65. よくある質問 どういう人が合っている? またチームで動くことが多くあるため、 周りの人とうまくやっていく協調性は必要とされます。 社内にはさまざまなメンバーがいるため、 お互いを尊重しあって、円滑なコミュニケーションを 取る姿勢は、かなり重要になってきます。

  66. 今後 D2C dot が目指すもの

  67. 今後めざすもの 私たちのミッションは “クライアントのあらゆる課題を解決する”ことです。 今後もそのミッションを掲げ、 さらに多くの課題に対して より広く、より深いソリューションを 提供し続けていきたいと考えています。

  68. 今後めざすもの また、私たちは“ライフステージに関わらず、 一生働ける会社“を目指しています。 向上心のある方が成長を止めずに キャリアアップを目指せる環境をつくるのは、 会社の役務だと思っています。 そのため幅広に業務領域を設けており、 社内で転職活動ができる感覚で 気軽にジョブチェンジも行えるようにしています。

  69. 今後めざすもの 加えて出産・育児、家庭の都合など、 人生には様々なイベントがありますが、 それを機にそれまでのキャリアを 諦めなければならないというのは 本当にもったいないことだと思っています。 そのため、“どのような環境になろうと 活躍できる場を提供できる会社“を目指しています。