kintoneによるシステム内製化支援 / in-house-development for corporate-IT with kintone

kintoneによるシステム内製化支援 / in-house-development for corporate-IT with kintone

サイボウズ社のkintoneを利用して、業務システムの内製化支援を行うサービスについてのご案内です。

- 株式会社 クオリティスタート
- https://quality-start.in
- michitaka [at] quality-start.in

14df37d630a1ca88d34747736bc85dc3?s=128

YUMOTO Michitaka

January 14, 2020
Tweet

Transcript

  1. kintoneによるシステム内製化 支援のご提案 (株)クオリティスタート 2020/01/14

  2. kintoneによるシステム内製化⽀援 2 必要な機能を実装したら、 こんなイメージになる。 まずkintoneで作ってみて フィードバックを頂こう。 使ってみて試せないと、 使いこなせるかもわから ない。試作品を改善して いけるのはありがたい。

    Ϣʔβʔ 当社 試作品アプリ フィードバック kintoneという業務アプリ作成サービスを活⽤し、業務分析からアプリ開発までを ⽉額定額制にて⾏うサービスです。
  3. kintoneによる内製化⽀援の進め⽅ 3 段階的リリース 機能群A リリース 機能群B リリース 機能群C リリース システム企画

    ポイント 業務改⾰後のゴールを描いたら、段階的に要件定義〜kintoneでの 実装〜検証〜本番運⽤を⾏う。リリースしないと課題が⾒えない。 1 使わないことには⾃分達が描いていた効果を得られるのか検証でき ないので、段階的に機能群をリリースし、本番稼働へつなげる。 2 本番稼働 RFP等の作成は不要です。当社規定のワークフローに沿って、業務 課題の抽出からkintoneアプリへの実装まで落とし込みます。 3 現状分析 構想⽴案 kintoneで業務設計するノウハウを会得して頂き、お客様⾃⾝で少し ずつ⼿を⼊れて頂いて改修できるようにフォロー致します。 4
  4. なぜ、kintoneを選択したのか 4 1 業種・業態を問わず、⾃社にフィットする業務システムを 構築することができ、リーズナブルな価格帯で利⽤できる。 2 システム構築に必要な、サーバー構築・セットアップ・ミド ルウエア設定などが⼀切不要。 有志/企業が開発したプラグインを取り⼊れることが出来る 上に、プログラミングによる拡張も可能な為、上級者がより

    ⾼度なアプリケーションが作成できる。 3 4 最も「バランスの取れた」選択肢であるため サイボウズ社がkintoneを終了する可能性は極めて低く、企業 体⼒も優れており、今後も安定して利⽤できる。
  5. プロジェクト設計 5 3ヶ⽉を区切りにして、リリースを⾏います 初⽉ 2ヶ⽉⽬ 3ヶ⽉⽬ 本番運⽤へ n 現状分析と構想⽴案 n

    kintoneで実装するアプリ設計 n 実装したアプリを当社検証環境にて共有し、ロールプレ イングを⾏い、改善点を抽出し修正を⾏っていく。 n 御社環境への構築、ユーザーへの教育・周知徹底を⾏い、 4ヶ⽉⽬から本番運⽤できる状態に持っていく
  6. 構想⽴案で⾏うこと 6 フェーズ 名称 作業内容 現状分析 ビジネスモデルの整理 貴社に新規顧客が出来てから請求・回収に⾄るま での流れを整理。 業務フロー作成

    顧客・⾃社・パートナー(外注・発注先)の3つの 登場⼈物を元に、貴社の業務プロセスの全体像を A4ヨコ1枚で整理。 作業⼀覧精査 業務は複数の作業で構成されているので、誰がど の順番でどんな作業を⾏っているかを整理。 現⾏ITシステム精査 業務を⾏うのに利⽤しているITを列挙して整理。 利⽤帳票精査 業務上出⼒する帳票の⽤途や構成を整理する。 業務ストレス分析 業務運営上の課題を4つの分類に分け、⾃社が置 かれている課題を精査。 構想⽴案 コンセプト決め つまり、どうなりたいの?を20⽂字程度で⾔語化 改善後の業務設計 どの業務でどんな作業をどうやってkintoneを 使って改善するかのアイデアを出し合う 機能抽出 kintoneに必要な機能を抽出し、優先順位付け kintoneモデリング 描いだ業務に対してどのkintoneアプリがどうい う連携を取るかを整理して、実装へとつなげる
  7. kintoneアプリの詳細設計内容 7 成果物名称 作成⽬的 画⾯遷移 利⽤するシステムの画⾯遷移を定義したもの 画⾯設計 各々の画⾯でどんな情報を⼊⼒・出⼒するかを決めたもの リレーションの設定や、⼊⼒チェックの仕様などもある。 カスタマイズ

    標準機能で困難だが必要な機能を、JavaScriptでコードを書く or プラグインを活⽤するかなどを決定する。 プロセス設計 ワークフローがある場合、承認経路を設定する。 データ移⾏ Excel / CSVを⽣成し、kintoneに取り込むものは取り込む。 定期実⾏ ⽇次・週次・⽉次・年次等、スケジュール管理によって定期的に実 ⾏する必要がある業務の有無 外部連携 外部のデータと連携する必要がある場合、連携するためのアーキテ クチャを決定する
  8. ⽉額定額制を採⽤した背景 8 動くターゲットをコントロールするため ü 機能が⾜りない ü 画⾯が⾜りない ü 想定した使い⽅では問題が解決しない ü

    機能を改修して、もっと利⽤価値を⾼めたい こんな経験、ございませんか? n 最初から改善点を予知するのは極めて困難で、⾛りながら顕在化する。 n 段階的リリースによって可能な限り改善点の早期発⾒に努めるが、全て の改善を⾏うと繰り越してしまう場合、その旨を申し上げます。 n その上で何がベストかどうか、共に協議させて頂けたらと考えています。
  9. まとめ 9 n kintoneによる内製化⽀援を⽉額定額制で⾏います。 n 内製化⽀援を謳っているのは、システム企画⼒が向上することでkintone を使って内製できるのを⾒据えているからです。 n kintoneアプリを作って納めることが⽬的ではありません。 n

    kintoneでのアプリ構築を通じて「システム企画のノウハウ」を提供するのが 当社が提供する価値になります。 n プロジェクトを⾏いながらノウハウを提供する時間を鑑みると、期間は 3ヶ⽉をベースにお考えください。 n コーポレートITはアイデア次第で⼤きく変わります!
  10. お問い合わせ 10 お読み頂き、ありがとうございました! Ø 湯本 堅隆(YUMOTO Michitaka) Ø 株式会社 クオリティスタート

    Ø https://quality-start.in Ø michitaka@quality-start.in ご相談やご質問等、お気軽にお問い合わせ下さい。