Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ActiveReports最新バージョン「14.0J」移行のポイントを解説/activereports-migration

 ActiveReports最新バージョン「14.0J」移行のポイントを解説/activereports-migration

グレープシティのオンラインセミナー「ActiveReports最新バージョン『14.0J』移行のポイントを解説」のセッション資料です。

Transcript

  1. ActiveReports最新バージョン「14.0J」移行のポイントを解説 グレープシティ株式会社 ツール事業部 プロダクトマーケティングチーム 福井潤之

  2. アジェンダ 2 GrapeCity Developer Solutions ⚫ 「14.0J」の基本情報 ⚫ 「14.0J」の変更点と移行のポイント

  3. 3 GrapeCity Developer Solutions 1. 「14.0J」の基本情報

  4. 4 GrapeCity Developer Solutions ActiveReportsの概要と歴史

  5. ActiveReports for .NET 5 GrapeCity Developer Solutions 選ばれ続けて 22年 開発ライセンス

    累計販売 95,000 本以上 .NETアプリケーション開発の”帳票”をトータルで支援するコンポーネント
  6. ActiveReports for .NET - リリースヒストリー - 6 GrapeCity Developer Solutions

    1998 2000 2002 1.0J 1.5J 2.0J 2003 2005 2007 2009 2015 2013 2017 2018 2020 1.0J 2.0J 3.0J 6.0J 7.0J 9.0J 11.0J 12.0J 14.0J
  7. 14.0Jの基本情報 7 GrapeCity Developer Solutions ⚫ 2020年4月15日(水)発売 ⚫ ライセンス体系、価格の変更は無し ※詳細はWebサイト

    (https://www.grapecity.co.jp/developer/activereports#license)で ⚫ 保守サービスの内容も変更なし ※詳細はWebサイト (https://www.grapecity.co.jp/developer/support/maintenance-service)で
  8. 14.0Jの基本情報 8 GrapeCity Developer Solutions 必要システム(Windowsフォーム/WPFアプリケーション) 開発環境 開発ツール Visual Studio

    2013/2015/2017/2019 OS Windows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/ Server 2019 運用環境 フレームワーク .NET Framework 4.6.2/4.7/4.7.1/4.7.2/4.8 OS Windows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/ Server 2019
  9. 14.0Jの基本情報 9 GrapeCity Developer Solutions 必要システム(ASP.NETアプリケーション) 開発環境 開発ツール Visual Studio

    2013/2015/2017/2019 OS Windows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/ Server 2019 運用環境 フレームワーク .NET Framework 4.6.2/4.7/4.7.1/4.7.2/4.8 OS Windows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/ Server 2019 Webサーバー IIS ブラウザ Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Chrome
  10. 14.0Jの基本情報 10 GrapeCity Developer Solutions 必要システム(ASP.NET Coreアプリケーション) 開発環境 開発ツール Visual

    Studio 2019 OS Windows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/ Server 2019 運用環境 フレームワーク .NET Core 3.1 OS Windows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/ Server 2019 ブラウザ Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Chrome、FireFox、Safari ※ セクションレポートは.NET Coreアプリケーションでは利用できません。
  11. 14.0Jの基本情報 11 GrapeCity Developer Solutions 必要システム(JSビューワ/Webデザイナ用JavaScriptライブラリ) 開発環境 JSフレームワーク Angular(V7~V9)、React(V16)、Vue.js(V2) 運用環境

    ブラウザ Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Chrome、Firefox、Safari iPad/iPhone Safari for iPadOS 13以上/iOS 10以上
  12. 14.0Jの新機能 12 GrapeCity Developer Solutions ✓ASP.NET Coreに対応 ✓ JSビューワ ✓

    Webデザイナコンポーネント ✓ WebViewerコントロールをリニューアル ✓ 新しいChartコントロール ✓ InputFieldコントロール ✓ ページ・RDLレポートの結合機能 ✓ GS1QRコード ✓ IVS文字の出力に対応 ✓ PDFエクスポートで参照する外字ファイルを指定可能に ✓ LookupSet関数 ✓ セルの自動結合機能の強化 ✓ Tableコントロールで垂直方向のセルの結合に対応 ✓ FormattedTextコントロールの強化 ✓ linkタグに対応 ✓ HTMLテキストのデザイン時サポート ✓ ドリルダウンレポートをExcelのアウトラインとしてエクス ポート可能に ✓ JSONデータソースの強化 ✓ 複数のデータセットを一度に作成可能に ✓ JSONスキーマの設定が不要に ✓ CSVデータソースでURLでの指定をサポート ✓ セクションレポート(RPX形式)からページレポートへの変換 ツール ✓ Visual Studioの配色テーマに対応
  13. 13 GrapeCity Developer Solutions 2. 「14.0J」の変更点と移行のポイント

  14. 14 GrapeCity Developer Solutions 移行の基本

  15. 名前空間の変更 15 GrapeCity Developer Solutions 名前空間名/クラス名 12.0J 14.0J ResourceLocator, DefaultResourceLocator

    GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.Rdl GrapeCity.ActiveReports.PageReportModel.* GrapeCity.ActiveReports.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.Rdl GrapeCity.ActiveReports.Rendering.IO.* GrapeCity.ActiveReports.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.Rendering GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.Rendering.Co mponents.* GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.Rendering GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.Data.* GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.v12 - GrapeCity.ActiveReports.Dashboard.* GrapeCity.ActiveReports.Dashboard.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.Rendering GrapeCity.ActiveReports.Calendar.* GrapeCity.ActiveReports.Calendar.v12 - GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.Rendering.IR enderingExtension GrapeCity.ActiveReports.Extensibility.v12 GrapeCity.ActiveReports GrapeCity.ActiveReports.ReportData.DataProvider s.* GrapeCity.ActiveReports.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.DataProviders GrapeCity.ActiveReports.ArsClient.* GrapeCity.ActiveReports.ArsClient.v12 - GrapeCity.ActiveReports.OracleClient.* GrapeCity.ActiveReports.OracleClient.v12 GrapeCity.ActiveReports.Core.DataProviders https://docs.grapecity.com/help/activereports-14/#breaking-changes.html
  16. ファイルコンバータで移行 16 GrapeCity Developer Solutions 名前空間など、変更必要な個所を自動で更新 移行対象ファイル レポートファイル *.rdlx、*.rpx、*.vb、*.cs ビューワが配置されたフォーム

    *.vb、*.cs、*.xaml WebViewerが配置されたWebフォーム *.aspx、*.aspx.vb、*.aspx.cs プロジェクトファイル *.vbproj、*.csproj、Web.confg ライセンスファイル licenses.licx
  17. ファイルコンバータを実行してもエラーが発生する場合 17 GrapeCity Developer Solutions ⚫ ヘルプを参考に手動で移行 https://docs.grapecity.com/help/activereports-14/#migrating-version-6.html ⚫ サポートサービスに相談

    https://www.grapecity.co.jp/developer/support/technical
  18. 「Service Pack1」を公開中 18 GrapeCity Developer Solutions 2020年9月23日 最新サービスパック「14.0J SP1」リリース

  19. 19 GrapeCity Developer Solutions NuGetパッケージの注意点

  20. GACからNuGetへ 20 GrapeCity Developer Solutions

  21. パッケージの保存先 21 GrapeCity Developer Solutions 14.0J 12.0J .NET Frameworkのプロジェクトに NuGetパッケージをインストールすると、

    その依存関係がすべて、ソリューションの Packagesフォルダに保存され、容量を圧迫
  22. PackageReferenceの使用 22 GrapeCity Developer Solutions パッケージ管理形式を変更 Packages.configから移行も可能 PackageReference 形式の場合、グローバルパッケージフォルダ (

    [ユーザーフォルダ]¥.nuget¥packages¥ )に保存されたパッケージが使用される
  23. PackageReferenceの制限 23 GrapeCity Developer Solutions ⚫ Visual Studio 2017以降が必要です ⚫

    ASP.NETでは使用できません
  24. NuGetパッケージマネージャからのインストールに注意 24 GrapeCity Developer Solutions 例:PDFエクスポート機能を既存のアプリケーションに追加するためパッケージを追加 最新版をインストール

  25. NuGetパッケージマネージャからのインストールに注意 25 GrapeCity Developer Solutions 依存関係のあるパッケージは あわせて最新版に 直接依存関係のない パッケージは更新されないまま 例:PDFエクスポート機能を既存のアプリケーションに追加するためパッケージを追加

  26. NuGetパッケージマネージャからのインストールに注意 26 GrapeCity Developer Solutions この状態でレポートファイルを開くと …

  27. 対処方法 27 GrapeCity Developer Solutions ⚫ プロジェクトの中でバージョンの整合性を保つ

  28. NuGetパッケージマネージャからの更新に注意 28 GrapeCity Developer Solutions 一括で最新化 例:NuGetパッケージマネージャで開発環境を最新化

  29. NuGetパッケージマネージャからの更新に注意 29 GrapeCity Developer Solutions この状態でレポートファイルを開くと …

  30. エラーの原因 30 GrapeCity Developer Solutions ActiveReports for .NET日本語版のパッケージ ActiveReports for

    .NET英語版と 共通で使用しているパッケージ
  31. エラーの原因 31 GrapeCity Developer Solutions ActiveReports for .NET日本語版のパッケージ ActiveReports for

    .NET英語版と 共通で使用しているパッケージ 最新バージョン:14.0.20315 対応バージョン:1.75 最新バージョン:1.80 対応していないバージョン!
  32. エラーの原因 32 GrapeCity Developer Solutions ActiveReports for .NET日本語版のパッケージ ActiveReports for

    .NET英語版と 共通で使用しているパッケージ ⚫ NuGetから更新した場合、すべての依存関係は適切なバージョンに更新されます ⚫ これらの最新版が、「日本語版のパッケージの最新版」に対応しているとは限らない ⚫ 手動で最新化した場合、パッケージ間の依存バージョンに不整合が生じる可能性がある 最新バージョンとは限らない!
  33. 対処方法 33 GrapeCity Developer Solutions ⚫ NuGetパッケージマネージャからは「日本語版のパッケージ」のみ更新する ⚫ 「日本語版のパッケージ」も3系統存在するので、これらの依存関係にも注意 ActiveReports

    for .NET日本語版のパッケージ 標準機能系 Web系 Webデザイナ系 GrapeCity.ActiveReports.ja GrapeCity.ActiveReports.Viewer.Win.ja GrapeCity.ActiveReports.Export.Pdf.ja ・・・etc GrapeCity.ActiveReports.Web.ja GrapeCity.ActiveReports.Web.Viewer.ja GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja ・・・etc GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Designer.ja GrapeCity.ActiveReports.Aspnetcore.Designer.ja 最新バージョン:14.0.20315 最新バージョン:14.0.2347 最新バージョン:14.0.1454
  34. おすすめのパッケージ更新方法 34 GrapeCity Developer Solutions ⚫ NuGetパッケージマネージャを使わずに「移行ツール」を使う

  35. 35 GrapeCity Developer Solutions 廃止された機能・コントロール

  36. 廃止された機能・コントロール 36 GrapeCity Developer Solutions ⚫ 代替の機能はありません ⚫ JSビューワへの移行が可能です ⚫

    WebViewerの他のビューワ形式への移行が可能です ⚫ 独自でOracleデータプロバイダを使用するためのサンプルを用意しています https://docs.grapecity.com/help/activereports-14/oracle-data-provider.html Calendarコントロール Oracleデータプロバイダ HTML5ビューワ Flashビューワ(WebViewer)
  37. 37 GrapeCity Developer Solutions HTML5ビューワの移行

  38. 後継機能:JSビューワ 38 GrapeCity Developer Solutions ⚫ Angular、React、Vue.js対応 ⚫ jQueryやBootstrapへの依存無し ⚫

    ASP.NET/ASP.NET Coreに対応した 新しいバックエンド ⚫ 印刷やエクスポートなど必須の機能を完備 ⚫ 拡大・縮小表示に対応など操作性も向上
  39. JSビューワへの移行手順 39 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する

  40. JSビューワへの移行手順 40 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする

  41. JSビューワへの移行手順 41 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする

    3. jsファイル、cssファイルを置き換える
  42. <head> <meta charset="utf-8" /> <title></title> <link rel="stylesheet" href="css/GrapeCity.ActiveReports.Viewer.Html.css"> <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.0/jquery.min.js"></script>

    <script src="https://netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.0.3/js/bootstrap.min.js"></script> <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/knockout/2.3.0/knockout-min.js" type="text/javascript"></script> <script src="js/GrapeCity.ActiveReports.Viewer.Html.min.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.1/css/bootstrap.min.css" /> </head> JSビューワへの移行手順 42 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする 3. jsファイル、cssファイルを置き換える 4. jsファイル、cssファイルの読み込み設定を変更する <head> <meta charset="utf-8" /> <title></title> <link rel="stylesheet" href="css/jsViewer.min.css"> <script src="js/jsViewer.min.js" type="text/javascript"></script> </head>
  43. <body onload="loadViewer()"> <div id="viewer" style="height:100vh;"></div> <script type="text/javascript"> function loadViewer() {

    var viewer = GrapeCity.ActiveReports.Viewer( { element: '#viewer', report: { id: "Estimate_page_ipa.rdlx" }, reportService: { url: '/ActiveReports.ReportService.asmx' }, uiType: 'desktop', // 日本語のリソースファイルのパスを指定します。 localeUri: 'js/i18n/ja.txt', }); } </script> </body> JSビューワへの移行手順 43 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする 3. jsファイル、cssファイルを置き換える 4. jsファイル、cssファイルの読み込み設定を変更する 5. JSビューワの初期化処理を変更する <body onload="loadViewer"> <div id="viewer" style="height:100vh;"></div> <script type="text/javascript"> function loadViewer() { var viewer = GrapeCity.ActiveReports.JSViewer.create( { element: '#viewer', reportID: "Estimate_page_ipa.rdlx" }); } </script> </body>
  44. JSビューワへの移行手順 44 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする

    3. jsファイル、cssファイルを置き換える 4. jsファイル、cssファイルの読み込み設定を変更する 5. JSビューワの初期化処理を変更する 6. OWIN Startup クラスを追加し、中身を書き換える using System.Reflection; using System.Web.Routing; using GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer; using Microsoft.Owin; using Owin; [assembly: OwinStartup(typeof(HTML5V_App.Startup1))] namespace HTML5V_App { public class Startup1 { public static string EmbeddedReportsPrefix = "HTML5V_App"; public void Configuration(IAppBuilder app) { app.UseReporting(settings => { settings.UseEmbeddedTemplates(EmbeddedReportsPrefix, Assembly.GetAssembly(GetType())); settings.UseCompression= true; }); RouteTable.Routes.RouteExistingFiles = true; } } } コード形式のセクションレポート(*.cs/vb形式)の場合、 レポートサービスの動作をカスタマイズする必要あり https://dev.grapecity.co.jp/support/kb/detail.asp?id=85826
  45. JSビューワへの移行手順 45 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする

    3. jsファイル、cssファイルを置き換える 4. jsファイル、cssファイルの読み込み設定を変更する 5. JSビューワの初期化処理を変更する 6. OWIN Startup クラスを追加し、中身を書き換える 7. レポートファイル(rpx/rdlx形式の場合)のビルドア クションを埋め込みリソースにする
  46. JSビューワへの移行手順 46 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. 「GrapeCity.ActiveReports.Aspnet.Viewer.ja」 パッケージをNuGetからインストールする

    3. jsファイル、cssファイルを置き換える 4. jsファイル、cssファイルの読み込み設定を変更する 5. JSビューワの初期化処理を変更する 6. OWIN Startup クラスを追加し、中身を書き換える 7. レポートファイル(rpx/rdlx形式の場合)のビルドア クションを埋め込みリソースにする 8. ビルドして実行
  47. JSビューワのアプリをスクラッチで作成 47 GrapeCity Developer Solutions 詳しい使用方法はブログで公開中 https://devlog.grapecity.co.jp/entry/2020/04/28/activereports-asp-dotnet-core-support

  48. 48 GrapeCity Developer Solutions Flashビューワ(WebViewer)の移行

  49. 新しいWebViewer 49 GrapeCity Developer Solutions ⚫ HTMLビューワ、PDF、RawHTMLの3形式に対応 ⚫ HTMLビューワのUIを大幅に刷新 ⚫

    ASMXを廃止し、バックエンドもシンプルに ⚫ Flashビューワを廃止
  50. Flashのサポート終了 50 GrapeCity Developer Solutions https://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/end-of-life.html

  51. 各ブラウザの対応 51 GrapeCity Developer Solutions ⚫ 2020年末にAdobe Flash Playerのセキュリティアップデートが受けれなくなります ⚫

    2021年夏には、Flash Playerに関するすべてのAPI、グループポリシー、UIが公式Webブラウザから削除されます https://blogs.windows.com/msedgedev/2020/09/04/update-adobe-flash-end-support/ https://www.chromium.org/flash-roadmap#TOC-Flash-Support-Removed-from-Chromium-Target:-Chrome-88---Jan-2021- IE、新EdgeのIEモード Chrome ⚫ 2021年1月リリース予定のChromiumでFlashのサポート・機能が削除されます
  52. Flashビューワの移行 52 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する

  53. Flashビューワの移行 53 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. ビューワ形式を変更する

  54. Flashビューワの移行 54 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. ビューワ形式を変更する 3.

    Global.asax.csの内容を変更する using GrapeCity.ActiveReports.Web; using System; using System.IO; namespace Sample-App { public class Global : System.Web.HttpApplication { protected void Application_Start(object sender, EventArgse) { this.UseReporting(settings => { settings.UseFileStore(new DirectoryInfo("レポートを含むディレクトリへのパスを指定")); settings.UseCompression= true; }); } } }
  55. Flashビューワの移行 55 GrapeCity Developer Solutions 1. ファイルコンバーターを実行する 2. ビューワ形式を変更する 3.

    Global.asax.csの内容を変更する 4. ビルドして実行
  56. 注意事項 56 GrapeCity Developer Solutions ⚫ swfファイルは自動では削除されないので手動で削除が必要です Grapecity.ActiveReports.Flash.vXX.swf Grapecity.ActiveReports.Flash.vXX.Resources.swf ⚫

    プレビューなし印刷など、Flashビューワ固有の機能を使用している場合は手動で移行が必要です
  57. Flashビューワの移行(プレビューなし印刷) 57 GrapeCity Developer Solutions PDF(WebViewer) ⚫ IEでのみ動作します ⚫ 印刷ダイアログを表示せず印刷することはできません

    OnlyForPrintプロパティをTrueにすることでプレビューなし印刷が可能
  58. さらに詳しい移行資料を準備中! 58 GrapeCity Developer Solutions https://www.grapecity.co.jp/developer/activereports#resources 14.0Jに対応した移行資料を近日中に公開予定!

  59. 「14.0J」の機能を試せるデモを公開中 59 GrapeCity Developer Solutions https://www.grapecity.co.jp/developer/demo#reporting

  60. 移行の新しい選択肢 - ActiveReportsJS - 60 GrapeCity Developer Solutions 帳票開発ツール「ActiveReports」の DNAを受け継ぐ、モダンWeb開発に対応した

    「帳票開発支援JavaScriptライブラリ」 クライアントサイドで 帳票生成 Windows/Macで 使えるデザイナ マルチブラウザ対応の ビューワ 詳細はWebサイト(https://www.grapecity.co.jp/developer/activereportsjs)で
  61. 61 GrapeCity Developer Solutions まとめ - Summary -

  62. まとめ 62 GrapeCity Developer Solutions ⚫ 旧バージョンからの移行の基本は「ファイルコンバータ」 ⚫ NuGetパッケージのインストール/更新によるパッケージバージョンの不整合に注意 ⚫

    修正版を適用する場合は「移行ツール」での更新がおすすめ ⚫ Flashビューワ、HTML5ビューワは代替機能への移行が必要 ⚫ さらに詳しい移行資料を近日公開予定
  63. セミナーの内容や製品に関するご質問・ご相談を承っています 63 GrapeCity Developer Solutions お問い合わせ グレープシティ株式会社 ツール事業部 営業部 製品に関するご相談を

    オンライン形式で承っています。 • より詳しい製品のご紹介 • 勉強会の開催 など、柔軟にご対応可能です。 セミナーの内容に関してご質問がある方は グレープシティ営業部までお気軽に お問い合わせください。 050-5490-4661 sales@grapecity.com
  64. END セミナー受講、誠にありがとうございました。