Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

行政の「あたりまえ」をアップデートする!行政宛て請求プラットフォームHaratteの取り組み / GrapeCity ECHO week 2020

行政の「あたりまえ」をアップデートする!行政宛て請求プラットフォームHaratteの取り組み / GrapeCity ECHO week 2020

2020年12月21日~25日 開催
オンラインイベント「GrapeCity ECHO week 2020」、4日目のセッション資料です。

「行政の「あたりまえ」をアップデートする!行政宛て請求プラットフォームHaratteの取り組み」

株式会社AmbiRise
代表取締役 CEO
田中 寛純 様

Transcript

  1. 株式会社 AmbiRise 行政の「あたりまえ」をアップデートする! 行政宛て請求プラットフォームHaratteの取り組み 2020年12月24日 ア ン ビ ラ イ

    ズ 代表取締役 田中 寛純 GrapeCity ECHO week 2020
  2. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 会社概要 社名 株式会社AmbiRise(アンビライズ)

    代表者名 田中 寛純(代表取締役CEO兼CTO) 所在地 札幌市中央区北1条西2丁目11番2 設立年月 2020年5月 資本金 900万円 ホームページ https://ambirise.jp/ 北海道(札幌)初のGovTech*スタートアップ企業 2 *GovTech =Government+Technology 政府や地方自治体のサービスをテクノロジーを活用することで改善したり、 本来行政が担う範囲と見られていた分野の新しいサービスをスタートアップが生み出す。 Ambitious+Rise
  3. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 自己紹介 札幌市職員として18年間(2002.4~2020.3)、行政の情報化に関わる。 ・情シス部門で基幹系システム再構築(約150億円)PMO・統括PM

    ・広報部で札幌市コールセンターの運用 ・会計室でBPR(区会計の集約)前提をとした財務会計システム再構築の 企画・要件定義・実施計画策定 【社会貢献活動】 ・再構築のノウハウの講演 NPO法人ビジネスシステムイニシアティブ協会 (2016.09)、 東京都主税局(2017.2)、 日経BP(2017.4)など ・オープンデータを活用した観光クイズアプリ「Korette」を開発 東京都 オープンデータアプリコンテスト優秀賞(2018) 内閣府 第3回RESASアプリコンテスト協賛企業賞(2019) 港区 オープンデータアプリコンテスト 特別賞(2020) 田中 寛純 (代表取締役)
  4. ビジネス×テクノロジーで行政の「あたりまえ」を変革する 行政宛て請求プラットフォーム「Haratte」 ~事業面~

  5. 受け取った請求書を 会計システムに入力する時間(年間) 1団体 行政全体 約8,000時間 約400,000時間 (5,000万枚×5分/枚) (10万枚×5分/枚) 職員が請求書のシステム入力に リソースを取られている

  6. 6 課題と解決策 正確なデータの取得には請求元の負担が増える ネットワークやシステム改修に一気に予算を割けない 請求情報をデータで入手し会計システムに連携する 適切なソリューションがない 予算 外部 請求元の事業者も効率的になる 請求データをネットワークやシステムの変更なしで連携

    一気に制度を変えると進まない 組織 現状の業務フローを変えずに導入できる
  7. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 7 プロダクト 行政

    「Haratte連携ツール」 (スタンドアロン) 会計システム 事業者 「Haratte」 (Webサービス) ネットワークやシステム改修無しに 請求データを取り込める 事業者が便利で効率的に 請求書を発行できる 請求情報を QRコード化し 連携 Haratteは 行政向けと事業者向けにプロダクトを提供
  8. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 8 特徴① ①QRコードから

    データを復元 ②会計システムに請求データを自動入力 1件5分の手作業を2分に短縮(▲60%) 入力ミスもゼロに! システム改修不要な行政向け「Haratte連携ツール」
  9. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 9 無料で便利で効率的に 特徴②

    ③請求代行により送付 行政宛の請求を無料で便利で効率的に 事業者向け「Haratte」 A市 フォーマット (PDF) A市 B市 B市 フォーマット (PDF) ②PDFをメール ①印刷して郵送
  10. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 10 ビジネスモデル Haratte

    ¥利用料 100円/枚 事業者 行政 無料 削減時間3分/枚 ×請求書枚数:7万枚 ×職員人件費(700万/年) ×5年 利用料100円/枚 ×請求書枚数:7万枚 ×5年 5年間費用対効果(中核市規模) 6,500万円 3,500万円 導入コスト 導入効果 行政から読み取った請求書の枚数を利用料として頂く
  11. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 11 展開戦略 プレスから3ヶ月で神奈川県横須賀市と

    実証実験を開始(2020.9~2021.3) 2020(令和2)年度 2021(令和3)年度 4~6月 7~9月 10~12月 1~3月 4~6月 7~9月 10~12月 1~3月 プロト開発 実証先獲得 自治体との実証実験 正式サービス開始 会計システム 企業との連携 (組み込み) コンサルティング 企業との連携 行政からの受託 企業との連携 シェアNo2・No4の 企業とNDA・実証実験など 業務提携済:1社 協議中:3社 自治体に代って請求業務を 行う企業と共同で提案
  12. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 12 受賞歴 (10/23)経済産業省

    北海道経済産業局 Nomaps DreamPitch 2020 最優秀賞
  13. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 13 プロダクト 行政

    「Haratte連携ツール」 (スタンドアロン) 会計システム 事業者 「Haratte」 (Webサービス) ネットワークやシステム改修無しに 請求データを取り込める 事業者が便利で効率的に 請求書を発行できる 請求情報を QRコード化し 連携 あえてローテクを活用した現実的なサービス
  14. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 14 急がば回れで段階的にデジタル化 【STEP1】紙ベース

    行政 「Haratte」 連携ツール」 請求書 (紙) 会計システム 【STEP2】紙をデータ化 事業者 行政 【STEP3】完全電子請求 事業者 行政 「Haratte」 会計システム 取引情報 「Haratte」 事業者 「Haratte」 デジタルの利点を 最大限享受 STEP1・2で事業者側のデジタル化 が普及しているので移行しやすい 「Haratte」 連携ツール」 請求書 (PDF) 会計システム
  15. ビジネス×テクノロジーで行政の「あたりまえ」を変革する 行政宛て請求プラットフォーム「Haratte」 ~技術編~

  16. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 16 プロダクト 行政

    「Haratte連携ツール」 (スタンドアロン) 会計システム 事業者 「Haratte」 (Webサービス) DioDocs PDF or 紙(印刷)
  17. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 17 行政は「様式」にこだわりがある •

    扱うデータ項目は大きく変わらないが自治体毎にフォーマットがバラバラ • 自治体が使う帳票の多くは条例や規則で様式が定められている 工事用 物品・役務用 (債権者登録有) 物品・役務用 (債権者登録無) B市 工事用 物品・役務用 (債権者登録有) 物品・役務用 (債権者登録無) 請求書の例 • レイアウトが微妙に変わっていく A市
  18. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 18 行政は「様式」にこだわりがある 

    さまざまな様式に効率的に対応すれば、複数の自治体が利用できる  沢山の様式に効率的に対応できる  様式の変更に効率的に対応できる DioDocs for Excelを採用
  19. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 19 請求書発行の流れ

  20. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 20 DioDocsを利用するユースケースの概要 QRコード生成

    A市様式① A市様式② B市様式① B市様式② QRコード 生成ライブラリ DB PDF 帳票レイアウトを選 択しデータを転記 フロントエンドからの 入力データ受領 データ加工 請求データを圧縮・暗号化し QRコードへ変換 宛先や種類から様式を 選択し、データを転記 DioDocs プレビュー画像生成 データ PDF jpeg 発行(確定) DB PDF(ファイル) 宛先を選ぶ 種類選択 内容を入力 作成・プレビュー 発行(確定) イメージ作成 ライブラリ
  21. Copyright(C) 2020 AmbiRise Inc. All rights reserved. 21 DioDocs for

    Excelを利用してみて 良い点 期待する点 • EXCELで様式を作成できる(既存帳票レイアウトの流用が可) • データモデルとのマッピングが簡単 帳票側は「{{ }}」で囲ってモデル名を定義するだけ。 ロジック側もusingで定義するだけで簡単にコーディングできる。 • 単純なPDF出力であればDioDocs for Excelだけでできる。 PDF化でフォントの問題を生まない • ドキュメントを充実して欲しい(特に画像周り) • 画像ファイルの制御(貼り付け)部分の機能強化 • NuGetパッケージに日本語版と英語版がある。機能や仕様が微妙に違うのが分かりにくい。
  22. 株式会社 AmbiRise 〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目11番2 YAMATO北1ビル5F https://ambirise.jp/ 行政の「あたりまえ」をアップデートする テクノロジー×ビジネスで AmbiRise,Inc