Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

あなたの会社の古いシステム、なんとかしませんか?~システム刷新から考えるDX化への道筋とバリエーション~/webinar20220420-systems

 あなたの会社の古いシステム、なんとかしませんか?~システム刷新から考えるDX化への道筋とバリエーション~/webinar20220420-systems

2022年4月20日(水)開催
株式会社システムズ様共催セミナー「あなたの会社の古いシステム、なんとかしませんか?~システム刷新から考えるDX化への道筋とバリエーション~」で発表した資料です。

「現行ITの最大活用で実現するシステム DX 化の道筋」
株式会社システムズ
ビジネスプロモーション部 部長
マイグレーション エバンジェリスト
板倉 利幸様

More Decks by グレープシティ 開発支援ツール

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 現行ITの最大活用で実現する システム DX 化の道筋 2022/04/20 ~

    古いシステムの整理・可視化・診断から始める Ready to DX ~
  2. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 1 1.システム刷新の全体的な進め方 2.アプリケーションの移行手法 3.移行事例 アジェンダ

  3. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 2 自己紹介 氏 名 : 板倉

    利幸 生まれ : 千葉県 職 歴 : システムズ 一筋20年 PG ⇒ SE ⇒ PM / PL 現在は営業職 主にオープン系の開発/マイグレーションを担当
  4. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 3 1.システム刷新の全体的な進め方

  5. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 4 経済産業省から公開されたDXレポートにもレガシー化 したシステムの刷新の進め方が記載されている。 システム刷新の進め方 DX :

    Digital Transformation(英語圏ではtrans-の略にXを使う) ➡ 約7割の企業が、レガシーシステムがDXの足かせと感じている 長年の追加改修で肥大化 構築メンバーは移動や退職 ドキュメントは無い 現場からは改善要望があがってくるが影響調査・改修・テストに時間がかかる ブラックボックス化
  6. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 5 システム刷新の進め方 ◆ DXレポート 出典:DXの加速に向けた研究会 WG1

    全体報告書
  7. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 6 システム刷新の進め方 ◆ DXレポート 出典:DXの加速に向けた研究会 WG1

    全体報告書
  8. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 7 システム刷新の進め方 ◆ DXレポート 出典:DXの加速に向けた研究会 WG1

    全体報告書
  9. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 8 システム刷新の進め方 ◆ DXレポート 出典:DXの加速に向けた研究会 WG1

    全体報告書
  10. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 9 システム刷新の進め方 ◆ DXレポート 出典:DXの加速に向けた研究会 WG1

    全体報告書 ビジネス戦略とデジタル技術を融合させ、ビジネス効果とIT投資効果などの 様々な要素を多面的に加味してロードマップを検討することが重要となる。
  11. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 10 課題 優位性 環境変化 将来ビジョン 様々なデジタル技術

    新たなサービス 業務やITの現状可視化 診断分析 情報収集 経営 ※既存データの活用 新たなデジタル技術を活用した アジャイル開発 新規デジタルサービス構築 既存業務 システムの廃棄・延命 (選択と集中) ※可視化による保守効率向上 スリム化 カプセル化 既存システムの活用 ・クラウドサービス /SaaS ・BIツール ・ビジネスチャット / RPA ・パッケージ 外部サービスの活用 データ活用(BI)経営デジタル化 顧客エクスペリエンス(CX)向上 社内イノベーション ES向上、働き方改革 DX実践フェーズ DX環境への 移行 Ready to DX フェーズ (DX実現に向けての準備フェーズ) DX-Ready な 状 態 へ 現状調査 次期IT計画 (ロードマップ) 企画・構想 システム刷新の進め方
  12. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 11 システム刷新の進め方 出典:産経新聞(2022/01/27) https://www.sankeibiz.jp/article/20220127-7X4ZMR7P35MODDUDYNBF77GCBQ/ 古くなった社内システムの問題について、これまではIT情報誌への掲載が主であったが、 一般の新聞でも取り上げられるようになった。

    ★当社もご相談の件数が急増している サポート切れWindows からの脱却
  13. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 12 2.アプリケーションの移行手法

  14. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 13 とはいえ、サポート終了後に使い続けていても さほど問題ないでしょう。。。 Microsoft製品のライフサイクル 現実にセキュリティホールをつかれ、 甚大な被害を受けた企業が多くある。

  15. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 14 移行のご相談が多いMicrosoft製品

  16. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 15 移行が困難になると言われるケース ・ストアドプロシージャをなど利用し、ビジネスロジックを DB側が持っている ・設計ドキュメントが無い ・ORMやDBアクセスフレームワークなどを利用していない

  17. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 16 プログラム VB6.0 VB6.0共通プログラム群 Microsoft VB6.0共通プログラム群

    サードパーティ プログラム VB.Net共通プログラム群 (.Netframework ) Microsoft VB.Net共通プログラム群 サードパーティ VB6.0とVB.Netで 仕様が異なる VB.Net 2003~2008 上位パッケージでも 仕様が異なる VB.Netデータベース 接続プログラム群 × VB6.0データベース 接続プログラム群 DB DB Microsoft アップグレード ウィザード プログラム VB.Net共通プログラム群 (.Netframework ) Microsoft VB.Net共通プログラム群 サードパーティ VB.Net 2019 × VB.Netデータベース 接続プログラム群 DB Microsoft アップグレード ウィザード サードパーティ製品に おいては、大きな仕様 変更の可能性あり × ×× 1 段 階 目 2 段 階 目 VB6からのアップグレード
  18. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 17 当社のマイグレーションアプローチ フェーズ 工程 作業内容 棚卸

    ・プログラム資産の可視化(棚卸) ・不要プログラムの削除、共通プログラムの整理 移行性検証 ・移行元環境/移行先環境を構築 ・移行元/移行先に借用したデータバックアップファイルをリストア ・全資産をアップグレード (MSアップグレードウィザード) ・アップグレード後の問題点/既知の問題点をパターン化 ・パターン化 した問題点毎に機能の代替、変換方法を検討 ・変換ツールの作成、及びカスタマイズ ・特定機能を対象に変換、比較検証テストを実施 ・変換ツールの品質検証/追加で対応が必要な項目の洗出しと設計 量産 ・全リソースに対してツール変換/手変換を実施 ・現行の入力データ/出力結果を借用し、出力結果の検証 ・現行処理との比較を実施 本番リリース ・お客様主体の運用テストを実施 ・発生した問題/課題の対応を実施 ・本番環境へ移行実施 環境構築 調査/分析 変換設計 全体変換 パイロットテスト 比較検証テスト 運用テスト 本番稼働 運用保守 可視化 スリム化 新規開発と同様の工程 「設計」⇒「製造(変換)」⇒「テスト」 モグラたたきの移行をしない 長年の経験で培った 品質確保工程 ActiveXコンポーネント の変更も含めて、変換設計実施 サードパーティ製品を.Net標準の コントロールに移行する変換も実施
  19. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 18 通常の単体・結合試験 システムズの比較検証試験 項目チェック 処理チェック I/Oチェック

    + シナリオチェック テスト工数を大幅削減 単体試験 結合試験 出力データコンペア シナリオチェック 画面・帳票項目チェック 変換パターンチェック ・全ての単体テスト実施はコスト増 品質確保の方法(テスト手法) ・モグラたたきのテストでは品質低下 長年の経験から導き出した 品質・効率の良い 「比較検証テスト」
  20. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 19 ◆シナリオチェック お客様にシナリオ作成していただき、業務に沿った新旧比較テストを実施します。 ・FXXXXX999 加盟店管理検索画面にて「新規登録」ボタンを押下する。 ・初期値はiniファイルの内容に従うこと。

    ・デザインを確認する。 ⇒OK 2015/4/21 「別紙1.iniファイル」シートを参照。 クレジット請求区分に関しては変換仕様書No12(問題なし) 比較検証テスト XXXオペレーションシステム 加盟店管理画面 初期画面 担当者 試験内容 初期表示(新規) 記載内容 1.現行環境、 2.新環境、 3.手順、4.特記事項 更新 頁No. 作成 ◦◦◦◦ 1 日付 プログラムNO FXXXXX999 テスト管理NO 0001 処理形態 オンライン 1.現行環境 2.新環境 3.手順 4.特記事項 品質確保の方法(テスト手法)
  21. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 20 資産分析・スリム化 資産アップグレード ツール全量変換 (疎通テスト) 資産分析・スリム化

    資産アップグレード 移行性検証 (一部の比較検証テスト) 結合・運用テスト ① お客様の状況に応じて、最適なマイグレーションサービスを 提供しております。 請負作業 支援(共同)作業 お客様作業 ツール全量変換 (疎通テスト) 結合・運用テスト ② 資産分析・スリム化 資産アップグレード ツール全量変換 (疎通テスト) 全比較検証テスト 結合・運用テスト ③ 概要 お客様(案件)の状態 メリット デメリット ① ・全ての画面・帳票・バッチに対し、 比較検証テストを請負作業で実施 ※ テストシナリオ作成はお客様 ・体制(専任者)が充分 ・PJ期間に制限あり ・品質が重要の案件 ・中~大案件 ・高品質の状態で納品可能 ・請負費用が高い ・お客様の作業負荷:中 ※現行仕様/設定内容の調査 テストシナリオの作成 ② ・変換(疎通テスト)迄が請負作業 ※一部機能を絞り比較検証テスト実施 ・テストシナリオ作成、テスト、不具合対応 は弊社にて支援し品質確保 ・体制(専任者)が不十分 ・PJ期間に制限あり ・品質が重要の案件 ・中~大案件 ・お客様体制の補完が可能 (お客様負荷の低減) ・高品質での移行が可能 ・テストシナリオ作成支援に伴い、 ベンダーへ業務理解の教育が必要 ③ ・変換(疎通テスト)迄が請負作業 ※一部機能を絞り比較検証テスト実施 ・お客様にて結合テスト/総合テストを実施 ・不具合発生時は、お客様にて対策実施 ・体制(専任者)が充分 ・新環境の技術者あり ・PJ期間に制限なし ・小規模案件 ・請負費用が安い ・お客様の作業負荷:大 お客様側で品質確保する必要あり テストシナリオの作成要 ・新環境の技術者が必要 移行性検証 (一部の比較検証テスト) 移行性検証 (一部の比較検証テスト) 当社のマイグレーションサービス
  22. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 21 3.移行事例

  23. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 22 移行元 アプリケーション Java PHP C#.Net

    VB6/VB.Net アプリケーション ・・・ ・・・ システムズ マイグレーション サービス DB移行 Table Data Stored プログラム アプリケーション移行 DB接続 SQL バージョンアップ 対応 DataBase スキーマ Java PHP C#.Net VB.Net オンプレミス DBサーバ 移行先 アプリケーション ・・・ Java PHP C#.Net VB.Net クラウド DB AWS RDS・Aurora Oracle SQLServer オンプレミス DBサーバ Oracle SQLServer 当社のマイグレーションサービス Oracle SQLServer PostgreSQL
  24. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 23 課題 優位性 環境変化 将来ビジョン 様々なデジタル技術

    新たなサービス 業務やITの現状可視化 診断分析 情報収集 経営 ※既存データの活用 新たなデジタル技術を活用した アジャイル開発 新規デジタルサービス構築 ※可視化による保守効率向上 スリム化 カプセル化 既存システムの活用 ・クラウドサービス /SaaS ・BIツール ・ビジネスチャット / RPA ・パッケージ 外部サービスの活用 データ活用(BI)経営デジタル化 顧客エクスペリエンス(CX)向上 社内イノベーション ES向上、働き方改革 DX実践フェーズ DX環境への 移行 Ready to DX フェーズ (DX実現に向けての準備フェーズ) DX-Ready な 状 態 へ 現状調査 次期IT計画 (ロードマップ) 企画・構想 DX伴走支援 ・業務プロセス改善 ・外部システム/サービス連携 ・データ活用コンサルティング アプリケーション保守・維持改善 ITモダナイゼーション IT総合診断 経営判断支援 既存業務 システムの廃棄・延命 (選択と集中) システムズのトータルサービス 維持保守
  25. Copyright(C)2022,SYSTEMS.Corp. All Right Reserved,Confidential. 24 e-mail:migration@systems-inc.co.jp tech.systems-inc.com Thank you. 様々なコラムを発信中

    migration.jp マイグレーション技術情報はこちら