Windows Subsystem for Linux 2について

Windows Subsystem for Linux 2について

仙台のコミュニティ「タガヤス」の定期勉強会で発表した資料です。

2020年9月24日(木)開催
「タガヤス その17 ー画面の向こう側に聞かせたいこと」

セッション2
『Windows Subsystem for Linux 2について』
概要 : Windows PC内にLinux環境を構築してみよう

Transcript

  1. Windows Subsystem for Linux 2について 2020.9.24 タガヤス17 【画面の向こう側に聞かせたいこと】 ~Windows PC内にLinux環境を構築してみよう~

  2. 自己紹介 長尾 愛 [Ai NAGAO] 出身: 宮城県仙台市。東京の大学へ進学し、そのまま東京で就職。 昨年Uターンし仙台に戻ってきた。 前職: 東京の企業にて社内SEとして勤務

    社内システムの開発・運用業務やRPA開発業務を担当 現職: グレープシティ株式会社(2020年4月1日入社)
  3. 仕事 より良い製品を お客様に提供するための 製品開発業務 業務アプリケーション開発者が、 高い生産性で高機能を実現することを支援する ソフトウェア部品(コンポーネント)を提供

  4. 業務での 担当製品 Windows Linux macOS Linux環境で上手く動かない 不具合なのでは・・・? お客様 お客様には様々な環境で 製品をご利用いただいている

    お客様の現象を再現・検証し、有益な情報を ご案内するためには、Linux環境が必要 Windows Subsystem for Linux 2にて Linux環境を構築し、使用しています
  5. Windows Subsystem for Linux 2とは? 略して「WSL2」と呼ばれ、Windows OS上にフル互換のLinux環境を 実現するサブシステム WSL2が使用できるWindowsのバージョン •

    Windows 10 バージョン 1903/1909の ビルド 18362 以上 • Windows 10 バージョン 2004のビルド 19041 以上 Windows Linux 1台のPCでWindows環境とLinux環境を併用可
  6. WSL2の仕組み 従来の仮想環境を用意し構築したLinuxより起動 が早く、メモリの消費量が少ない 仮想マシン上で軽量化されたLinuxカーネルを動作さ せることにより、フル互換のLinux環境を実現 フル互換により、Dockerなどのコンテナシステム なども動作させることができる WSL2独自の、Hyper-Vベースの軽量な仮想マシンを 使用 ハイパーバイザー(Hyper-V)

    Windows カーネル Windows ユーザーモード Linux カーネル Linux ユーザーモード 軽量な仮想マシン
  7. WSL2の利点 Windows環境 Linux環境 双方の環境の良いところを合わせて使える ◎ Windowsのエクスプローラを使用して、Linuxの ファイルシステムにアクセスできる ◎ Windowsにて、Linuxコマンドを実行できる •

    WindowsのファイルシステムにアクセスしてLinuxコマ ンドなどで操作できる • Linuxにて、WindowsコマンドやWindowsプログラム を実行できる
  8. WSL2をインストールしよう インストール方法は以下のMicrosoftのドキュメントをご参照ください。 Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール

    ガイド https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10 ◆主な流れ◆ *インストールするLinuxディストリビューションによっては、更新プログラムのインストールが必要だったり、環境の日本語化ができたりします。 Linuxディストリビューション をインストールする Windows Subsystem for Linux のインストール WSL 2 に更新
  9. WSL2を使ってみよう まずは、WSLを起動してみよう スタートメニューから Linuxディストリビューションを 選択して起動 (例:Ubuntu) 1~2秒ほどで起動 違和感なく使用できる

  10. WSL2を使ってみよう Windowsコマンドラインからも、WSL2の起動が可能 [wsl –s (ディストリビューション名)]で デフォルトのディストリビューションを 設定 (例: wsl -s

    Ubuntu) [wsl]を実行すると、デフォルトに 設定したディストリビューションが起動 WindowsコマンドラインからWSL2を起動した場合、作業ディレクトリは Windowsコマンドラインから引き継がれる
  11. WSL2を使ってみよう WindowsからLinuxのファイルシステムにアクセスしてみよう WSL2が起動していれば、エクスプローラーより、 [¥¥wsl$¥(ディストリビューション名)]で アクセス可能 (例: ¥¥wsl$¥Ubuntu) ファイルの格納や閲覧にとても便利 Windowsにインストールされた アプリでファイルを閲覧できる

  12. WSL2を使ってみよう LinuxからWindowsのファイルシステムにアクセスしてみよう Windowsのドライブレターが[/mnt]配下にマウントされているので、 [/mnt/(ドライブ名)]でアクセス可能 (例: /mnt/c) LinuxとWindowsのファイルが 一緒に操作可能に

  13. WSL2を使ってみよう WindowsコマンドラインからLinuxコマンドを実行してみよう WSL2を起動せずとも、Linuxコマンドの前に[wsl]をつけるだけで実行できる (例: Linuxコマンド[ls –lsa]を実行したい場合、[wsl ls –lsa]を実行) 作業ディレクトリはWindowsコマンドラインのもの

  14. WSL2を使ってみよう WindowsコマンドとLinuxコマンドを連結して実行してみよう パイプで連結すれば、WindowsコマンドとLinuxコマンドを任意に組み合わせて処理ができる (例: [dir | wsl grep source]と入力することにより、Windowsコマンド[dir]を使用して ファイル一覧を取得し、Linuxコマンド[grep]を使用してファイル一覧をフィルター処理することができる)

  15. まとめ 今回ご紹介したのは簡単な使い方までですが、 DockerをWSL2のLinuxディストリビューションにて起動させたり、 Visual Studio Codeの拡張機能を使用して WSL2上でプログラミング、デバッグなどもできます Windowsから気軽にLinuxが使えるようになるWSL2 構築も割と簡単なので一度お試しで使っていただくのも よいのではないでしょうか

  16. アンケート フォームから入力をお願いします。 http://bit.ly/tagayas17