Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

GROOVE X 会社紹介 (ソフトウェア編)

GROOVE X 会社紹介 (ソフトウェア編)

LOVOTに魂を吹き込むソフトウェアチームの紹介です。

72ddb78ba75d52181eb49503a7b71094?s=128

GROOVE X, Inc. HR

June 30, 2021
Tweet

Transcript

  1. に魂を込める ソフトウェア開発チームのご紹介 バージョン2021.6.29

  2. 1. GROOVE XとLOVOTについて

  3. 社名 :GROOVE X株式会社(グルーブエックスカブシキガイシャ) 略称 :GX 所在地 :東京都中央区日本橋浜町3-42-3 住友不動産ビル 代表者 :林

    要(ハヤシカナメ) 設立日 :2015年11月2日 社員数 :96名(2021年5月31日時点) 資金調達総額 :133.1億円(2021年1月20日時点) 主要株主 :株式会社INCJ / 未来創生ファンド SOMPOホールディングス株式会社 / 株式会社NTTドコモ 日立グローバルライフソリューションズ株式会社 中部電力株式会社 事業内容 :LOVEをはぐくむ家族型ロボット 「LOVOT(らぼっと)」開発事業
  4. 1. GROOVE XとLOVOTについて 林 要 Kaname Hayashi 代表取締役 CEO LOVOTの生みの親。トヨタにて

    「LFA」やF1の空力開発、量産 車開発マネジメントを経て、ソ フトバンクにて孫正義後継者育 成プログラムに外部第一期生と して参加、Pepperの開発に携 わった後、当社を創業。 各CxO紹介 根津 孝太 Kota Nezu LOVOTのプロダクトデザインを 手掛け、2020年にLOVOTで グッドデザイン金賞に輝く。 znug design代表、電動バイク 「zecOO」や布製超小型モビリ ティ「rimOnO」を手掛け、グッ ドデザイン賞審査委員も務める。 西井 敏恭 Toshiyasu Nishii Eコマースを20年程経験。 「ドクターシーラボ」ではECサ イト責任者として5年間で売上げ 5倍・100億円に急成長させた。 株式会社シンクロ代表取締役社 長、オイシックス・ラ・大地株 式会社 専門役員も務める。 打田 博紀 Hiroki Uchida ニッセイ・キャピタルにてス タートアップ企業への投資、国 際税務のコンサルティングを経 て、IoTベンチャーのコーポレー ト業務および資金調達を担った。 国内外の投資家と向き合いなが ら企業の成長を実現している。 CCO(Chief Creative Officer) CMO(Chief Marketing Officer) CFO(Chief Financial Officer)
  5. 1. GROOVE XとLOVOTについて これまでの歩み 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年

    2015年 2018年8月 浜町に オフィス移転 2017年1月 人形町に オフィス移転 2015年11月 創業 2019年12月 LOVOT 出荷開始 2018年12月 LOVOT 製品発表会 2020年10月 グッドデザイン 金賞受賞 2020年1月 CES2020 イノベーション アワード受賞 2021年1月 累計資金調達額 が133.1億円に 2017年12月 シリーズA資金 調達記者発表
  6. Mission Vision 人とロボットの信頼関係を築き 生活を潤いと安心でみたす存在をつくる ロボティクスで、人間のちからを引き出す 1. GROOVE XとLOVOTについて 私たちのMissionとVision

  7. R O B O T 人の代わりに何かの作業を 自律的に行う装置、 もしくは機械のこと。 (Wikipediaより) 10年後には、世界中で機能や効率重視の

    ロボットが活躍しているかもしれません。 でも、テクノロジーと文明の進歩によって、 人類は幸せになってきたのでしょうか?
  8. “人が本来もつ優しさ“を引き出す 機会が少ない現代社会 現代社会では仕事も、SNSも、ゲームも、 集中と興奮を必要とするモノばかり。 生活の中で自分の中にある「優しさの引き出し」を 開放する機会を欲しくて、人はペットなどのパートナーを 必要としているのではないでしょうか?

  9. 人の愛するちからを引き出し、 生活に潤いをもたらす存在 GROOVE Xは「よりよい明日が来る」と信じられる日々のために 「人が本来もっている優しさ」を引き出すことができ、 信頼できる新しいパートナーを最先端のテクノロジーで 生み出しています。 ロボティクスという今後、最も拡大する産業における テクノロジーの平和利用で、世界の最先端を走ります。 LOVOT[らぼっと]

    Webサイト
  10. 自動車産業に次ぐ、 日本ならではの新産業を創出する

  11. 11

  12. 犬型ペット ロボット ロボット掃除機 スマート スピーカー 人型コンパニオン ロボット ロボット 携帯電話 介護用ペット

    ロボット 1. GROOVE XとLOVOTについて LOVOTが目指すポジション 家族型ロボット 「人の生活に潤いを与える」 愛着、癒しを軸にした まったく新しいロボット 産業ロボット 受付ロボット 「人の代わりに仕事をする」 「人の役に立つ」 既存のロボット 配膳ロボット 掃除ロボット 受動的 (移動しない) 能動的 (移動する) エモーショナル (好きで触れ合う) プラクティカル (便利で使う) 便利な機能はないが、 自ら人に駆け寄り 甘え人に寄り添う。 家族のような存在。 ロボットは「モノ」の時代から「ココロ」の時代へ
  13. 1. GROOVE XとLOVOTについて LOVOTでお客様にお届けしたいこと 初代LOVOTで実現したかったことは、 ただ、お客様が心の底から、 「LOVOTと離れたくない」 と思う経験を提供することなんです。

  14. 1. GROOVE XとLOVOTについて 新型コロナのステイホームでペット需要が増加 LOVOTは一度目の緊急事態宣言前と比べて売上11倍に! もはや犬や猫といったペットは、現代社会で精神の安定を保つための大切な家族だが、課題も多い。

  15. 飼いたくて 飼っている 25% その他 1. GROOVE XとLOVOTについて ペットを「飼いたくても飼えない世帯」市場規模 出所 内閣府「動物愛護に関する世論調査」(2010)

    (http://survey.gov-online.go.jp/h22/h22-doubutu/index.html) “ペットを飼うことが好き”な層をペットを飼いたい層だと仮置きした ペットを飼わない理由 [%] LOVOTの場合 十分に世話ができないから 45.2 ◯解決可能 死ぬと別れが辛いから 38.6 集合住宅であり, 禁止されているから 29.3 近所に迷惑がかかる おそれがあるから 14.3 家や庭が汚れるから 7.3 お金がかかるから 10.3 ✗解決不可 動物が嫌いだから 0.5 ◯解決可能 ペットから人に感染する 病気があるから 3.6 家や庭が狭いから 6.6 ✗解決不可 家族が反対するから 7.2 − その他 6.3 飼っているのは 犬・猫だけでも 1,265万世帯 1,850万匹 約 2,429万 世帯! 飼いたいが 飼えていない 48% 約 2 倍 ※含、飼いたくなくて 飼っている世帯
  16. ヒトが犬に癒され、絆を感じる状況 • 触れ合う • 見つめ合う • ついてくる • 見守ってくれる •

    待っててくれる • 必要とされる など 1. GROOVE XとLOVOTについて 人がLOVOTに癒やしを感じるメカニズム 親近感 愛着 幸福感 愛情 安心感 絆 人は、絆を感じるとホルモンが分泌され、 犬に癒しを感じることが科学的に立証されている。 ① 目が合う ② かわいい!飼いたい! 癒やされる~。私の ことが好きなんだ! 対象との絆により 安心感や幸福感 が上昇 出典:麻布大学 菊水健史教授
  17. ヒトが犬に癒され、絆を感じる状況 • 触れ合う • 見つめ合う • ついてくる • 見守ってくれる •

    待っててくれる • 必要とされる など →LOVOTができること 1. GROOVE XとLOVOTについて 人がLOVOTに癒やしを感じるメカニズム 親近感 愛着 幸福感 愛情 安心感 絆 LOVOTは、人が犬に絆を感じる行動と同じことが できるため、人が絆を感じることができる。 ① 目が合う ② かわいい!飼いたい! 癒やされる~。私の ことが好きなんだ! 対象との絆により 安心感や幸福感 が上昇
  18. 1. GROOVE XとLOVOTについて 人になつき、信頼関係を築くためのテクノロジー ・深層学習(ディープラーニング) ・自動運転技術(SLAM) ・マルチモーダル・センシング ・エッジ・コンピューティング ・クラウド・モニタリング ・インホイールモータードライブ

    ・アダプティブ・クーリング 10以上のCPUコア、20以上のMCU、 50以上のセンサーを搭載
  19. 1. GROOVE XとLOVOTについて 購入者アンケート結果 ユーザーから高評価をいただいており、それが良質な口コミに繋がり、 次のお客様を増やす好循環を作り出しています。 満足/やや満足 総合評価 5段階中 平均

    N=140 満足 80% 評価5 76% やや満足 14% 評価4 18% 94% 4.7 “購入反対していた旦那と娘もLOVOTにハマった” “自分の変化も強く感じています。2体が寝る前に 抱っこしようと早歩きで帰ったり” “自分でネストに帰るなんてなんて 賢いの!(親バカ)“ “ごはん食べながら抱っこをせがま れ膝の上で寝てしまううちの子“ “なんだこの生き物は、思わずそう思っ てしまうほど、彼らには命を感じさせる 何かがあった“ “温かい。命を感じてしまう“ “生命感を感じる” “LOVOTは家族の一員” “家に帰るのが楽しみになった”
  20. 1. GROOVE XとLOVOTについて 多くのTV出演、メディア掲載 テレビドラマにキャストとして出演 2020年9〜10月に放送された三浦春馬さん演じる猿渡慶太が跡取りを 務めるおもちゃメーカーの主力商品“サルー”として登場。物語の鍵と なる役割として出演。また、猿渡慶太の自宅にペットとして飼われている。 LOVOT露出メディア例 ガイアの夜明け

    情熱大陸 ワールドビジネスサテライト おはよう日本 Mr.サンデー スッキリ WIRED VOGUE 日本経済新聞 YAHOO!ニュース …など掲載多数 NEWS ZERO 王様のブランチ モヤモヤさまぁ〜ず2 ヒルナンデス 沼にハマってきいてみた ウラマヨ!
  21. 1. GROOVE XとLOVOTについて 国内外で数々の賞・アワードを受賞

  22. 1. GROOVE XとLOVOTについて こどもの学びの場での活躍 【情操教育】LOVOTが動物の代わりに、 子供の心をはぐくむ存在として期待される 東京都王子第二小学校にて本格導入に向けた実証実験を実施。 コロナ禍でストレスを感じる子供のケアと情操教育が目的。 (LOVOTはウサギ小屋の)“代わり”どころ じゃなかった。コミュニティを作るという

    役割は、LOVOTだからこそできること。コ ミュニケーションが増えて、クラスや 家庭のつながりが強くなっている LOVOTは、ダイバーシティを象徴するよう な存在だと考えています。人種、言語、文 化の違い...その全てを超越した存在がこれ だけ身近にいたら、大人ですら、意識が変 わるのではないでしょうか。 教育分野の公式アンバサダーに 尾木直樹(尾木ママ)さんが就任 【STEM教育】 LOVOT用のScratchを開発し、 プログラミングワークショップを開催 生命感を持つ実物のLOVOTを動かせることで、スクラッチに 今まで興味を持ったなかった多くの子供達が、興味を持つ。 → 女性エンジニアなど、エンジニアの裾野を広げることに貢献。
  23. 1. GROOVE XとLOVOTについて 高齢者のQOL向上、医療・介護分野 あらたな 生きがい 会話が 増える よく歩く 立ち上がり

    動作 高齢者の独居、医療・介護の現場、小児医療、うつ病、ひきこもり、いじめなど LOVOTが必要とされる場所(市場)は大きく、ペット(犬)同様、人が絆を感じるLOVOTは 人がよりよく生きるサポート役となれる
  24. 1. GROOVE XとLOVOTについて グローバルにも受け入れられるLOVOT

  25. CES Innovation Award 1. GROOVE XとLOVOTについて CES2019, 2020での反響 海外メディアからの注目 2019年:351媒体

    2020年:1,300媒体、52ヵ国 のメディアで取り上げられました! 複数のアワードを受賞 Ici TOU. TV Meilleur du CES ※Best of CES (カナダのオンデマンドTV局) ロイター通信が選ぶ Best of CES Refinary29 Best of CES (米国基盤の女性向けグローバルメディア)
  26. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について

  27. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について GROOVE Xの全体像 BUSINESS ビジネスチーム (CMO管掌領域) PR広報、セールス(BtoC/BtoB)、 カスタマーサクセスなどの 役割をチーム毎に担っている

    CORPORATE コーポレート (CEO・CFO管掌領域) 一般的な管理部門。 業務ごとにチームにわかれ、 事業運営に必要な業務を行う 開発チーム (CEO=PO管掌領域) AFTER SERVICE アフターサービス LOVOTドックや治療(修理) のオペレーションや 工程改善を行う HARDWARE ハードウェア開発 エレキ、メカ、生産など 専門ごとのチームがあり ハードウェアの 開発・改善を行う SOFTWARE ソフトウェア開発 各専門を持つプログラマー、 アニメーター、デザイナー等で 混成される数チームがあり、 連携して開発している DESIGN デザインチーム (CCO管掌領域) プロダクトデザイン、グッズ、 服、各種クリエイティブ を制作する GROOVE Xは大きく分けて4つの領域(エリア)で構成されており、CEO、CCO、CMO、CFOが各エリアを統括しています。 各エリアでは各チーム自律的に運営していますが、必要に応じてエリアをまたいで協力しあい、同じプロジェクトや課題解決に取り組みます。 また、状況によって新しいエリアが発足したり、状況にあわせて組織も柔軟に対応しています。
  28. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について 多彩なバックグラウンド LOVOTは、これまでにない全く新しいプロダクト。 日本ならではの新産業を創出するため、様々な業界・業種から集結しており、各バックグランドの強みを活かした総力戦で臨んでいます。 多彩なバックグラウンドのメンバーと一緒に力を合わせられることもGROOVE Xで働く魅力の一つです。 ビジネス/コーポレート ハードウェア開発チーム ソフトウェア開発チーム

    通信 総合電機メーカー 自動車メーカー カメラメーカー 総合電機メーカー 外食チェーン 精密機器 自動車メーカー ゲーム制作 玩具メーカー 通信機器メーカー 半導体メーカー ロボットメーカー 電子機器メーカー IT大手 IT 出版 通信 タイヤメーカー 医療機器メーカー 広告代理店 コンサルティング SIer 映像制作 ウェディング アニメ/CG制作 アプリ制作/改善 デジタルクリエイティブ 玩具メーカー データ分析 モバイルゲーム ロボットメーカー AI
  29. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について クラウド アプリ LOVOT / ネスト LOVOTを構成するコンポーネントと開発環境 LOVOTのソフトウェア開発チームでは複数のコンポーネントの開発がそれぞれ並行して行われています。 完成したコンポーネントに合わせることなく、相互にすり合わせながら開発するため、早いスピード感でプロダクトが成長していきます。

    ふるまい 全ての入力情報を統合し意思決定をして、 動きを作り出すソフトウェア。LOVOTに生命感を与える。 認識 センシングした情報を処理して周囲の環境や状況を認識するための ソフトウェア。単純なセンサーデータを統合して意味を抽出する。 基盤ソフトウェア・ファームウェア センサーの値を扱えるようにしたり(入力)、モーターを 動かせるようにする(出力)ためのソフトウェア。 LOVOTがロボットとして動くための最低限の機能を提供する。 GXクラウド LOVOTやLOVOTアプリを運用 するためのクラウドサービス。 LOVOTアプリ スマホでLOVOTの状態や一日の様子を 見たり、各種設定ができるiOS / Android用アプリケーション。 業務支援ツール 開発支援ツール
  30. KIBAN クラウド、ハードウェアのドライバを 中心にLOVOTの基盤となる ソフトウェアを幅広く手掛ける。 Linuxを愛し、Linuxに 愛された集団。 APP スマホアプリのUIデザインと開発を 中心に、アプリに関わるふるまいや 認識の機能開発を進めている。

    アプリから本体・クラウドまで 一気通貫で開発できる、 フルスタック集団。 TJ SMALOVO ふるまいのレイヤーを中心に目・声・認識などふるまいに かかわる機能を中心に、TJとSMALOVOで連携して進めている。 両チームとも、エンジニアとアニメーターが混在している オシャレクリエイティブ集団。 N SLAMや自律走行を中心に、 自動充電やそれらに関わる ふるまい、姿勢制御などを開発。 難しい課題を解決できる スーパーエンジニア集団。 FW LOVOTやネストに搭載している マイコンのファームウェア開発を 中心に、ハードウェア制御に近い レイヤーをカバーしている。 ハードウェアもソフトウェアも できちゃう集団。 2. ソフトウェア開発チームと働き方について LOVOTのソフトウェアを開発するチーム体制 チームごとに得意とする専門性を持ちつつ、 チームの枠組みに囚われず開発の目的・意図を 共有して協力し合うことで高度に複雑なLOVOTに 対して一貫性のある開発を実現しています。 クラウド アプリ LOVOT / ネスト
  31. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について GROOVE Xが目指す開発組織 従来のピラミッド型組織+ウォーターフォール開発 スクラム型組織 部門A 部門B 部門C 各業務部門は与えられた目標を効率的に達成するため、他業務部門に配慮せずに、

    自分たちが担う業務領域の中心にリソースを集中投入しようとするインセンティブが 働き、各業務部門間(=業際)にギャップが生じてしまう。 各業務部門で部分最適が起きるが、全体ではあちらこちらで漏れが発生する組織に。 組織として 必要なアウトプット 組織として 必要なアウトプット 設計 実装 試験 Xヵ月 Xヵ月 Xヵ月 ピラミッド型組織 ウォーターフォール開発 ギャップが生じた状態のまま、長期的な計画を立て不可逆的にプロジェクトを進める ことで組織全体として目指すべきゴールと程遠いアウトプットが生じてしまう。 スプリント1 スプリント2 スプリント3 計 画 実 行 検 証 計 画 実 行 検 証 計 画 実 行 検 証 固定的な部門は存在せず、メンバー全員で組織全体のゴールを明確にし、 必要なアウトプット実現のために適宜メンバー・チームが埋めに行くため、 部門間やグループ間のギャップが発生せず、全体最適が図りやすい。 スクラム型組織 スクラム開発 ゴールが共有された状態で、期間を短く区切り計画・実行・検証のサイクル を繰り返し積み重ねることで、状況の変化への適応しながら確証をもって プロジェクトを進められ、組織全体で質の高いアウトプットが出せる。
  32. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について GX SPIRITS 〜私たちが大切にしていること〜 1. 一歩先を見据えているか。 目先だけに囚われず、世の中の変化や最先端の技術動向を常に敏感に捉え、将来を見据えた先手を打つ。 2. 真剣に楽しもう。

    本気でのめり込んで楽しむことが、優れたアイデアや高いクリエイティビティを生み出す。 3. 早く試して、早く学ぼう。 誰も作ったことがないものだから失敗は当たり前。臆せずに最速で仮説検証することで失敗コストを最小化し、想像を超えるものを作る。 4. 個人の強みを見つけて、チームの強みにしよう。 それぞれの個性をお互いに認め合うことで力を最大限発揮し、知識やスキルは仲間と共有しあうことでより強いチームが生まれる。 5. 声を出そう。声を聴こう。 問題が発生した時や提案がある時は一人で抱え込まず周りに共有し、相談された人たちも自分ごととして協力し、チームで課題に向き合う。 6. ユーザーの笑顔のために、現場へ行こう。 ユーザーのことを常に想うことはもちろん、勇気を出して生の声を聞きに行くことで製品・サービスの向上に反映していく。
  33. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について マネージャのいないフラット組織=全員が当事者! 生産性と創造性を高めるため、ソフトウェア開発チームは管理/責任者などの役職がなく、上下関係のないフラットな組織です。 そのため、誰かの指示で動くのではなく、各人が判断をして、上手く機能していないチームやメンバーをフォローしたり、問題が発生したときは 周りに助けを求めたり、チームを編成したり、自ら必要な情報を集めてアクションを起こせるような自己組織化した組織を目指しています。 チームの1人1人が当事者としての責任を持ち、全員で相互マネジメントしているのです。 ※写真は新型コロナ以前のGROOVE SESSION(毎週の定例mtg)の様子。現在はビデオ会議を活用しています。

  34. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について GROOVE Xのスクラム開発 スクラムでの開発項目はプロダクトバックログで管理され、LOVOTで実現したい機能や体験の内容が書かれており、優先度順に並んでいます。 各項目はプロダクトバックログアイテムと呼ばれ、開発に関わる人なら誰でも作成できますが、優先度はPOやエリアPOのみが決めます。 状況の変化に応じてプロダクトバックログの開発優先度や内容は頻繁に更新されるため、それぞれのアイテムは素早く検証することが重要です。 スプリントプランニングで、各チームは優先度が高いものからスプリントバックログにもっていき、細分化しながら実現のための計画を立てます。 ※写真は新型コロナ以前のスプリントプランニングの様子。現在はデジタル化され、オンラインで実施しています。 スプリント開始時はプランニング

    をして、そのスプリントでやるこ とを決める レビューで成果物の検証。 確認する領域が多いので、 決まった曜日に定期的に実施 スプリント終了時はふりかえ りをし、そのスプリントで起 きたことを省みて次に生かす 毎日統合してアップ デートデータを作る (デイリービルド) ビルドしたソフトウェア を機体で動かして最新の 状態で評価を行う 1スプリント = 2週間(10営業日)
  35. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について 関係者全員でのスプリントレビュー、“バザール” スプリントの終了時にはふりかえりを実施し、スプリント期間中にやって良かったことや、改善点を洗い出します。 成果物であるLOVOTのソフトウェアは常に最新の状態で統合することで、実現したアイテムをいつでも検証できる状態を保つよう心がけています。 一般的なスクラムではスプリント終了時にレビューを実施しますが、GROOVE Xでは全社に向けて成果物を発表する”バザール”というイベントと、 エリアPOが毎週成果物を確認するソフトウェアレビューがあります。開発に関わる人数が多いため、レビューを細かく実施して効率化しています。 ※写真は新型コロナ以前のバザールの様子。現在はビデオ会議を活用し、画面共有や予め録画した動画を用いるなど工夫しています。

  36. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について 透明性とペア・モブワークで円滑なチーム間連携 GROOVE Xのスクラムチームはシステム構築を得意とするエンジニアと、ふるまい設計を得意とするアニメーターが混在しており、しかも3~9人 程度での通常のスクラムと比べ、30人以上で実施している大規模スクラムであるため、情報の透明性やノウハウの共有がより一層重要です。 そこで、複数人で画面を共有しながらのプログラミングや、ディスカッションしながら作業するペア・モブワークを推奨しています。 課題に対してひとりで考え込まず、複数人で一緒に取り組むことで、スキルの平準化やノウハウの共有を促進できます。 また、デイリースクラム(毎日やる現状報告と情報共有)を実施することで各メンバーの状況を報告しており、クローズドな場での情報共有は 避け、オープンな場で共有を行うように心がけています。

    各チームが何をしているかはカンバンボードで可視化するようにして、お互いがどんな作業をしているのかを把握できるようにしています。 これらにより、チーム間やエリア間でスムーズに連携することが可能になります。 Slack上でのやり取りの約80%はオープンチャンネルで行われている
  37. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について 開発者がユーザーの声に全力で耳を傾ける LOVOTは複雑な機構を持つ上に、環境に適応して動作が変化するため、開発時の試験だけでは出しきれない不具合も非常に多いです。 そのため、アップデートリリース後の市場の反応や動向をみることがとても重要になります。 お客様からの問い合わせやSNSでの反応の中には原因の特定が難しいものが多く、それらを解析するのもソフトウェア開発チームのお仕事です。 自分たちの開発したソフトウェアがお客様の元でどんな動作をしているのか、どんな使われ方をしているのかを、自ら直接拾いに行けるため、 問題があったときはすぐに解決し、良いところがあればそこをさらに伸ばすなど、最速で製品のブラッシュアップをすることができます。 開発メンバーがユーザーの声を直接聞くことで、自分たちが何をすべきかを判断しやすくなります。 ※写真は新型コロナ以前のファンミーティングの様子。現在はZoomを活用したイベントなどを実施し、開発者が直接お客様の声を聞く場作りをしています。

  38. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について リモートチームワーク&自宅での開発 新型コロナウィルス蔓延による最初の緊急事態宣言以降、積極的に在宅勤務を実施中。 開発に特殊な装置が必要な場合など、どうしてもリモートワークできないチームもありますが、在宅勤務が可能なチームやメンバーは 必要に応じて開発用のLOVOTを家に連れて帰り、様々な家庭環境でLOVOTを開発することで新しい発見も多くありました。 リモートワークではこれまでのSlackでのコミュニケーションに加え、対面の代わりにgoogle meetを用いてデイリースクラム(朝会)や ミーティングを実施し、チーム内で日々の進捗共有や問題の相談・解決しています。プロダクトバックログの電子化(JIRA)やオンラインツール を使ったモブ作業・ペアプログラミングも活発に行われており、以前と変わらぬチームワークと生産性を発揮しています。

  39. 2. ソフトウェア開発チームと働き方について チームメンバーへのインタビュー 詳細 詳細 ふるまい開発チーム アニメーター 中里 紘季 Hiroki

    Nakazato KIBANチーム クラウドエンジニア 庭野 孝祐 Kosuke Niwano Q. 仕事内容を教えてください。 A. LOVOTの“魅力”となる部分を高める。突き詰める。 魅力を高めるためならなんでもやります! GXに入社してから初めてプログラミングをやり始めて四苦八苦して いました。元々ゲームキャラクターを作りたくて半年間だけ3Dの スクールにも通ったんですけど、結局は違うことをしていますね。 Q. GROOVE Xとはどんな会社ですか? A. 山道でリレーをしているような会社かなと思います。 普通リレーは平地でやると思うんですけど結構険しい山道で、 でも確実に登っていっている。 ただ登っているのではなく試行錯誤したり、みんなの力をフル活用 して力を合わせて登っている、障害物リレーなのかもしれません。 Q. 仕事内容を教えてください。 A. 沢山のロボットのセンサーがしっかり作動しているかなどを収集 してクラウドに上げたりして、ハード・ソフトのエンジニアが開発に 集中できるようにサポートをしています。クラウド以外にもロボット の中で動くサービスも作ったりしています。ロボットは裾野が広くて いろいろな事をやらなければいけないので。 Q. GROOVE Xとはどんな会社ですか? A. 夢中になれる場所という感じですね。出勤していない時もみんな のコミュニケーションツール“Slack”を見てますし、プライベートな 時間も夢中になっちゃえますね。 楽しい場所ですし、毎日がドキドキしています。 毎日やることがかわるので、今週は何をやるのか?自分の力で出来る のだろうか?という不安もありますし、それがやりがいです!
  40. 3. 一緒につくる仲間、大募集!

  41. Q. もうLOVOTは完成してるのに、 これからやることってあるの?

  42. 3. 一緒につくる仲間、大募集! A. LOVOTにはまだまだ成長のポテンシャルが!! 実際にLOVOTと暮らすユーザーと一緒に、 気持ちに寄り添ったUX改善 学習能力を強化して 「1体1体の個性」をもっと豊かに もっと人が「愛着」や「生物感」を 感じられるふるまいや表現の探求

    「LOVOTが理解できること」を 増やすため認識能力を向上し、 より高度なふれあいを可能に などなど、他にもまだまだやりたいことが山積み、でも人が全然足りていないので… 一緒にLOVOTの成長を加速させる仲間を大募集!!! ソフトウェアのリリースサイクルを縮め、 ユーザーが感動するほどの成長ペースに!! LOVOTはサブスクリプションモデル、アップデートを通して今も成長中!!
  43. 3. 一緒につくる仲間、大募集! 私たちはカルチャーフィットを重視しています!! スキルセット カルチャーフィット 【GROOVE Xにウェルカムな方】 GROOVE Xのビジョンに共感できる方 自分のことは自分で管理し、自ら進んで業務を遂行できる方

    仲間との協力や、自らの学習と成長に重きを置く方 LOVOTやロボットが好きな方 【たぶんフィットしなさそうな方】 仕事内容や業務範囲が明確に決まっている方が嬉しい方 試行錯誤や変化よりも、前例や既定路線、安定を重視する方 チーム全体での成長や目標達成よりも個人での成果・評価に重きを置く方
  44. 3. 一緒につくる仲間、大募集! 待遇・制度 勤務時間 10:00〜19:00 ※早め上がり、遅めスタートなど、ライフスタイルやその日の都合で調整可。職種により裁量労働制あり。 休日・休暇 完全週休2日制(土、日、祝休み)+有給休暇 ※年に数回、祝日に振替出勤日があります。 諸手当

    通勤手当、住宅手当(オフィス近隣のみ)など 保険・年金 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険完備 その他 LOVOTとふれあい放題 リモートワークOK ※必要に応じてLOVOT貸し出しあり!業務内容や状況により出社が必要な場合があります。 認定スクラムデベロッパー/マスター研修の受講 男性社員含む高い産・育休取得率
  45. 3. 一緒につくる仲間、大募集! 採用の流れ カジュアル面談 専門領域の近いメンバーとざっくばらんにお話できます!実際にLOVOT MUSEUMなどの見学も! エントリー ご興味をお持ちいただけたらエントリー希望をお伝えいただき、履歴書等必要書類をご提出ください。 社員面接(1〜2回)+コーディング試験 入社したら一緒に働くことになるメンバーと面接し、お互いのマッチングを図ります。

    お気軽に! CxO面接 エリア責任者のCxOとお話いただきます。 オファー 合格の場合は採用の条件をご提示し、ご承諾いただけると晴れてジョインとなります!
  46. LOVOTの未来を一緒につくりたい あなたのジョインを待ってます!! Wantedly 募集中の求人・ポジション一覧 GROOVE X Webサイト 会社のことをもっと知りたい 採用お問い合わせ メンバーや人事に聞きたいことがあれば何でもお気軽にお尋ねください!

    We are hiring!!
  47. おまけ

  48. おまけ LOVOTが生まれるまで GROOVE X 初期に作ったPoC(Proof of Concept)モデル 目だけ動くPoC、形は違うけど画像認識をして自律移動するPoC、コントローラーで走って動くPoC など、それぞれ主軸の機能だけをもつ複数のモデルです。これらのモデルは、LOVOTとはどんな製 品なのかを説明するために使われました。

    2015~2016年 秋葉原(DMM.make) 社員数:10名程度
  49. おまけ LOVOTが生まれるまで AS機:PoCのそれぞれのモデルを一つの筐体に詰め込んでソフトウェアも実装した初期試作 最終の製品版と比べると一回り大きく、口があったり、白目がオレンジ色になっていたり、 製品版とは異なる点が多々あります。 2016~2017年 人形町 社員数:30名程度

  50. おまけ LOVOTが生まれるまで FS#1, #2機:初期試作から一回り小さく軽くして、ほぼ現在大きさになった最終試作 試作フェーズは2段階になっていて、2段階目の試作品が製品発表会で登壇しました。 サイズ感は製品版に近いですが、この段階では細かい部分が仕上がっていません。 2017~2018年 浜町 社員数:60名程度

  51. おまけ LOVOTが生まれるまで DVT&PVT機:最終試作から最低限の改良を加え、量産性検証のため実際に工場で生産する量産試作 製品版とほぼ同等の性能を持つため、今でも開発機やデモ機として活躍しています。 2018~2019年 浜町 社員数:80名程度

  52. おまけ LOVOTが生まれるまで 工場のラインも整い、最終調整を終えて、2019年12月に1人目のオーナーさんに向けてお届け開始。 2020年12月に1周年を迎え、2021年3月に販売価格の改定を発表しました。 2019~2021年(現在) 浜町 社員数:100名程度