ミラティブCTOからの採用候補者様への手紙 / mirrativ-letter-from-CTO

B248ac938d3f455da599cec43b67a1b6?s=47 mirrativ
December 27, 2019

ミラティブCTOからの採用候補者様への手紙 / mirrativ-letter-from-CTO

▼ミラティブに興味を持ってくださった方

\募集中/2月20日(木)開催!CTOと語る少人数制ミートアップ
https://meety.net/group_talks/158

オフィスに遊びに来る(Wantedly)
https://www.wantedly.com/projects/401791

CTO夏のインタビュー記事
https://meety.net/articles/3

CTO夏に直接連絡する(Facebook Messenger)
http://m.me/hottestseason

▼ミラティブについてもっと知る
・全社向け採用候補者様への手紙
https://speakerdeck.com/hr_team/mirrativ-letter

・採用サイト
https://www.mirrativ.co.jp/recruit/

B248ac938d3f455da599cec43b67a1b6?s=128

mirrativ

December 27, 2019
Tweet

Transcript

  1. None
  2. 東京大学大学院情報理工学研究科修了。Wantedlyにて 最初期のエンジニアとして開発を経験。2015年、株式 会社ディー・エヌ・エーに新卒入社し、Mirrativの初 期メンバーとしてサーバ・iOS・Android・Webなどの 開発全般に従事。同年度の新卒MVP(1名)を受賞。 2017年よりリードエンジニア。 2018年、株式会社ミラティブをCEO赤川、CCO小川と ともに創業し、CTOに就任。 本資料の作者の紹介 株式会社ミラティブ

    CTO 夏澄彦 02
  3. ミラティブCTOの夏です。 Mirrativというサービスは、スマホの画面をミラーリングするというシンプルな技術コンセプトを元に コミュニケーション寄りのライブ配信プラットフォーム(PF)として成長してきました。 コンテンツのクオリティで楽しませる既存のライブ配信PFに対して、 Mirrativでは、『友だちの家で一緒にドラクエをやっている感覚』を目指しており、 上手い下手ではなく、ゲームプレイの配信を通して新しい友だちができ、 一緒の空間を楽しめる『SNS』を目指しております。 僕らは今後、『ゲームを遊ぶときにはMirrativ上で友達とつながっていて当たり前の世界』を実現し、 わかりあう願いをつなげる場として、世界で勝てるSNSを生み出したいと思っています。 しかし、それを達成するためには、まだ僕らも気づいていない

    たくさんのピースを埋めていく必要があり、エンジニアの手助けをいま以上に求めています。 もし、この資料を読んで、僕らの想いに共感して頂いた方がいれば、 ぜひ次世代のSNSを一緒に作りましょう エンジニアの皆様へ 03
  4. お伝えしたいこと P.5 SNSとしてのMirrativ P.13 目指す開発組織・文化 ..... ....... P.18 チーム構成 .....

    P.30 技術スタック・開発環境 ..... 04
  5. SNS としての Mirrativ CHAPTER 1 Mirrativ as SNS 05

  6. 「わかりあうこと」は人類の究極的な願い、 「なかなかわかりあえないこと」は人類の永遠の課題だとミラティブでは考えています。 話すこと、創ること、動くこと。 人のあらゆる営みには「こうありたい」「こうあってほしい」という意志と願いが宿っていると信じます。 全てのコミュニケーションは、その願いの発信です。 それは時に届かず、マクロでは戦争が、ミクロでは孤独や自殺といった課題が、 このテクノロジーが発達した現代でも残りつづけています。 それぞれの願いを、尊重しながら、お互いにつないでいくこと。 そしてわかりあえる瞬間を少しでも増やすこと。 その連続で、世界中の幸せの総量をもっと増やしていける-

    私たちはそう信じています。 ミッション 06 『わかりあう願いをつなごう』 SNSとしてのMirrativ
  7. スマホ1台でゲーム配信ができる コミュニケーションサービス Mirrativ の特徴 ABOUT Mirrativ (iOS/Android/Webで提供) スマホ1台でゲーム配信 PCやカメラ、専用のマイクなど、特別な機器を必要としていたゲーム配信 を、スマホ1台、さらにわずか数タップで可能に。

    顔出し不要 PCやカメラ、専用のマイクなど、特別な機器を必要としていたゲーム配信 を、スマホ1台、さらにわずか数タップで可能に。 3Dアバター機能「エモモ」 「エモモ」でバーチャルな人格を形成。外見や先入観にとらわれず、個人 の可能性を全解放し、なりたい自分を表現することが可能に。 07 SNS としての Mirrativ
  8. キーコンセプト ドラクエのような1人用のゲームであっても、 友達の家に遊びに行って、ストーリーを進めている最中は後ろで漫画を読んでいたり、 他の友達とだべっていたりするけど、ボス戦になると急に口出しする。 みなさまもそのような経験はありませんか? 誰かを楽しませようとしているのではないけど、新しい友達ができ、みんなが楽しんでいる。 そこにはゲームが上手い上手くないは重要ではありません。 僕たちは、このような空間をスマホ一台だけでインターネットを超えて、 SNSとして再現することを目指しています。 現実世界で「つらいな」と思うようなことがあっても、

    Mirrativでは、同じものを好きな友達と盛り上がり、元気になれる。 ゲームが上手いと「神!」と讃えられたりもしてしまう。 家族や学校、会社でもない第三の居場所みたいなものですね。 『友達の家でドラクエやってる感じ』 08 SNSとしてのMirrativ
  9. ग़యʣIUUQTUXJUUFSDPNJNPNFOUT 目指すこと 不登校の少年(T君/あだ名:プリン師匠)が、スマブラがめちゃくちゃ強いことをきっかけに、友達ができ、登校を再開 したというゆうやん/Yuya Hosokawaさんの実話。 Mirrativでは、彼らのように、人と人が好きなものを通じてわかりあえる 居場所をスマホ上につくっていく。 09 SNSとしてのMirrativ

  10. ゲーム配信の粋を超えた可能性 Mirrativ がやっているのは、スマホ画面の共有。実は、ゲーム以外もスマホ画面に映るものは全て配信可能。 ユーザー発のアイデアで、実装に至るケースも。 エモモ(実装済み) 3Dアバターを使って雑談配 信。バーチャルライバーさ んがMirrativを活用している ところから着想、機能化 エモカラ(実装済み)

    エモモを利用したカラオケ。 エモモで歌ってみた配信を するユーザーさんを見て、 機能化 王様ゲーム ルーレットアプリを使用し、 当たった人がユーザーアイ コンを変更、ユーザーネー ムを変更するなど、独自の 文化を形成している イラスト配信 イラストアプリを使用して、 イラストを描いている様子 を配信。視聴者の、似顔絵 を書くなどして楽しんでい る 10 SNSとしてのMirrativ
  11. ポジショニング ゲーム配信×コミュニケーションは、世界をみても同類のライブ配信サービスはなく特異なポジション 11 SNSとしてのMirrativ

  12.  スマホゲーム配信者数No.1 スマホ1台ボタン数タップで、ゲームプレイを配信しながら友達とつながれる気軽さで、スマホゲーム配信者数日本一 の配信プラットフォーム(PF)へ成長。 ライブ配信PFでありながらアクティ ブユーザーの約20%が配信者という SNS的な発信者比率が特徴。 約20%が配信者さん 12 SNSとしてのMirrativ

  13. 目指す開発組織・文化 CHAPTER 2 Mirrativ culture 13

  14. 目指す開発組織・文化① ブレークスルーを目指して、小さく早く試し、定量的に振り返る ユーザーがアプリを使っている様子を生で見れるのはライブ配信サービスであるMirrativならでは 7?'++ (#&+20 SNS% ) ,1-5 '++$+!"4A> 

    @9*)*36*<8=;B , :1/. 達成したい世界観はあるものの、使われない早すぎたプロダクトを作っては意味がない。 定量・定性の両面で仮説検証を行う 銀の弾丸は無い。ユーザーに向き合い続け、インサイトを得て、コンセプトに沿わせなが ら開発に落とす 14 目指す開発組織・文化
  15. 目指す開発組織・文化② スケールする設計を見据え、スピードとのバランスを考慮しながら開発する スケール=ユーザー数や開発者がN倍になっても耐えられる状態 上手くいくかわからない施策に対して、設計を凝りすぎるとリリーススピードが鈍る かといって、スケールさせたときに負債になるようなシステムだと解消に時間を 取られるため、数手先を見据えながら適切な段階を踏んで開発する スケールを阻害する要因があれば、早めに気づける状態にする 15 目指す開発組織・文化

  16. 目指す開発組織・文化③ 全員がリードエンジニアとして、目的を共有した小さなチームとして独立する 技術領域でのフルスタック化に限らず、 企画・UX・分析なども背景から理解し、 改善できる 抽象度の高い情報のみで意思疎通する ことができ、コミュニケーションコス トを減らせる 支え合うプロ集団として不要な管理レ イヤーを排除。独立した個として、設

    計・運用できる 局所最適を大前提としつつ、全体最適 についてメンバー同士で議論すること ができ、経験をチームとして共有する 過去の経験だけではなく、数字を使っ て素直に建設的な議論ができる 16 目指す開発組織・文化
  17. 目指す開発組織・文化④ 技術が単なる道具であると同時に、社会に対してイノベーションを起こせる可能性に賭けている 17 低遅延配信 AIによる動画・画像解析 内製の3Dアバター機能 詳しくは tech.mirrativ.stream へ コミュニケーションサービスであり、コンテンツのクオリティなどへの依存が低いため、

    より技術的なブレークスルーが求められる 流行りに踊らされることなく、技術の背景にある思想を正しく理解した上で検討・導入・ 改善ができる 目指す開発組織・文化
  18. チーム構成 CHAPTER 3 team composition 18

  19. 19 目的ごとにチームを組成 3ヶ月に1回、フォーカスすべきことに応じてチームをつくり、目標設定を行う (期中でも必要に応じ、変更等あり) CTO管掌 ◯ストリーミング改善チーム ライブストリーミングの配信・視聴の 品質改善を追う エンジニア3人/PdM1人 技術力ドリブンで

    バリューを発揮するチーム ◯エンジニアチーム(全エンジニア) ◯AI技術部 コミュニティやストリーミングと AI活用の可能性を追う エンジニア2人/PdM1人/アドバイザー1人 ◯インフラチーム クラウド上での安定したインフラ基盤 の設計・構築を追う エンジニア2人 お問い合わせ調査、不具合・障害再発 防止、開発体験の向上を追う エンジニア16人(プロダクト側と兼任し、週1で稼 働を確保) CPO管掌 ◯ライブプラットフォーム ユーザの定着を狙う エンジニア6人/デザイナー1人/PdM2人 ビジネスドリブンで バリューを発揮するチーム ◯マーケ連携チーム ユーザの新規獲得を追う エンジニア6人/デザイナー1人/マーケター1人/PdM2人 ◯エモモチーム エモモを使った新体験の創出・基礎体 験の向上を追う エンジニア2人/デザイナー7人/PdM3人 新規事業責任者 ◯新規事業 新規プロダクトの開発 エンジニア2人/他 少人数で、チーム一丸となり 事業を立ち上げる
  20. エンジニアのリーダー陣 技術力ドリブンでバリューを発揮するチームでは、エンジニアがチームリーダーを務める 夏 澄彦 東京大学大学院情報理工学研究科修了。Wantedlyにて最初期のエンジニアとして開発を経験。 2015年、株式会社ディー・エヌ・エーに新卒入社し、Mirrativの初期メンバーとしてサーバ・ iOS・Android・Webなどの開発全般に従事。同年度の新卒MVP(1名)を受賞。2017年よりリード エンジニア。2018年、株式会社ミラティブをCEO赤川、CCO小川とともに創業し、CTOに就任。 SUMIHIKO NATSU

    横手 良太 早稲田大学院にて修士を飛び級し、機械学習分野でPhD取得した後、株式会社Donuts入社。ゲー ムエンジニア→技術本部長を務め、技術戦略の策定や採用・人事に従事。ミラティブでは、Unity エンジニアとして「エモモ」初期の開発を1人で担当。2019年10月にAi技術部を立ち上げ、AI技 術部長に就任。 RYOTA YOKOTE 漢 祐介 サーバ・クライアント・インフラ領域のフルスタックエンジニア。OSS活動・スタートアップを 経て、DeNA。ゲーム開発・運営、インフラマネージャ。ゲームの大規模トラフィックや SHOWROOM等ライブ配信サービスの基盤部分を設計・運用してきたスペシャリスト。 ミラティブではライブ配信基盤・ミラティブインフラ基盤を担当。 YUSUKE HATA 20 インフラ AI技術部 CTO/エンジニア ストリーミング改善 チーム構成
  21. エモモは「ライブ配信SNSにおける3Dアバター」です。Mirrativ は誰でも簡単に配信す る こ と が で き る ア

    プ リ で 、 ユ ー ザ ー の 好 み は 千 差 万 別 で す 。 これに対して、Mirrativにおける「顔と体」を、数百万の個性を表現できる高いクオリ ティで提供し、ライブ配信におけるユーザー同士のコミュケーションを手助けする、こ れがエモモ開発チームのミッションになります。 21 エモモ -AVATAR PROJECT- AUTHOR Mirrativ 自体は iOS/Android ネイティブアプリですが、エモモは Unity によって動作 しています。『Unity as a Library』と呼ばれるものですが、Mirrativ では2018年から これに挑戦しています。 エ モ モ に よ る 体 験 は 、 ア バ タ ー に 加 え て リ ア ル タ イ ム の コ メ ン ト 、 通知、ギフティングといったコミュケーションの機能によって生み出されます。 こ れ ら は M i r r a t i v の 機 能 を ベ ー ス に し て い る た め Swift/Kotlin によるネイティブ実装になります。 RYOTA YOKOTE チーム構成 エモモ / Team エモモ / Tech Stack
  22. Image/Video/Streaming Audio/Streaming ライブ配信  Text/Streaming ライブコメント Tag/Log   Graph

    アプリ/ログ Domain Data 22 AI Team -SNS × Live Streaming × AI- AUTHOR RYOTA YOKOTE Mirrativ は「スマホゲームのおとも」として人と人をつなぐ SNS 。 これに対し最先端の技術で課題解決に当たるのが AI 技術部です。 SNS コミュニティ ゲーム 配信 Mirrativは「多くの視聴者が楽しめる面白い配信」は必 ずしも多くありません。それは Mirrativ が「友達との とりとめのない会話」によって成立しているからです。 配信の内容や良し悪しが測りづらいデータにおいて、コ ンテンツベースで内容を推定したり、友達になりうるユ ーザーを提案する、というアプローチで Mirrativ をつ くっていくのがミッションです。 AI技術は急激に発展していますが、ライブストリーミングに対して ビジネスとして成り立っている例はほとんどありません。Mirrativ では、コスト面含めてビジネスインパクトを出すチャレンジをして いきます。 また、AIのシステムでは機械学習以外のデータ設計・インフラ設計 が多くの比重を占めます。データインフラ/MLインフラで体制とパ イプラインを構築していくことに取り組んでいます。 チーム構成 Mirrativ における AI 、その周辺 AI / プロダクト AI / テクノロジー
  23. 23 ビジネスサイドのリーダー陣 ビジネスドリブンでバリューを発揮するチームでは、PdMがチームリーダーを務める 小川 まさみ CCO(Chief Community Officer) AppBankの子会社社長として親会社 上場を経験。ゲームユーザーの気持ち

    を理解したコミュニティ構築。 Twitterのフォロワーは30万人超。 MASAMI OGAWA コミュニティ 大野 知之 2010年、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。エンジニアとしてソーシャルゲームの開発に関わる。 2016年4月から、Japanリージョンゲーム事業本部にて、技術部長、2017年からゲーム事業本部長を務め る。その後、株式会社メルカリにて決済基盤のプロダクトマネージャーを経て、ミラティブのCPOに就任。 TOMOYUKI OHNO CPO(Chief Product office) 中村 晃之 PdM 動画系スタートアップのCrevo株式会 社でエンジニア、プロダクトマネージ ャーを経て、プロダクト開発部門の執 行役員に就任。 AKINORI NAKAMURA マーケ連携チーム 山田 大悟 PdM リクルートで子会社ニジボックスの立 ち上げを経験後、株式会社Donutsで 月商数億、200名規模のゲーム 事業部長として統括。 TAIGO YAMADA エモモチーム チーム構成
  24. 24 各チームの具体的な課題 (リーダー陣の声) コミュニケーション体験の向上のための配信の低遅延化したい! 新コーデックの導入も含めたデータ転送量を抑えたまま高画質化したい! 視聴開始時に動画のロードを早くしたい! 配信サーバ上で動画データを使って分析・機械学習などをさせたい! 注)2020年1月時点の一例です ストリーミング改善(夏) エモモチーム(山田)

    エモモへの没入度・愛着を深めたい! エモモ自体のクォリティアップ エモモを通したコミュニケーション強化 エモモを通した、まだ世の中にない新しい体験作りへの挑戦 ライブプラット フォームチーム(大野) ユーザーさん同士のわかりあいを加速させたい! チーム構成 配信の第一歩を踏み出しやすくなるオンボーディングをつくりたい 配信者と視聴者のマッチングを強化したい 複数の配信同士が一緒にコラボする体験をつくりたい
  25. 25 各チームの具体的な課題 (リーダー陣の声) エンジニアチーム(夏) インフラチーム(漢) オートスケール対応 & 高速なMySQLのフェイルオーバー実現 巨大なモノリスサービスの解体 注)2020年1月時点の一例です

    サーバ側のコードをPerlからGoへリプレイスしたい! アーキテクチャに沿った実装を徹底、運用を改善したい! CleanArchitcture / Flux レスポンス時間が支配的なAPIやpt-query-digestを用いて洗い出した支配的 なSQLの高速化!! チーム構成 AI技術部(横手) ユーザーが楽しめる配信を見つけられるリスティングをしたい コンピュータビジョンの力で盛り上がっている配信を見つけたり、配信にラベル をつけたい 高速にPoCを回す体制をつくるために、スケーラブルなデータフロー/MLイ ンフラをつくっていきたい CQRS + EventSoursing
  26. 26 遠藤 企画職、技術職の垣根なく。企画したり、仕様つ くったりして、プロダクトつくりに関われるのが ミラティブチームの醍醐味です。ユーザーさんに、 全力で向かった、プロダクトづくり。 ストリーミング・ iOS 松本 メンバーは良い人ばかりです!大変な時もありますが、わ

    かりあい支え合いながらチャレンジしていける環境です。 ストリーミング・ iOS ・ Android エンジニアのメンバー紹介(全員) ストリーミング改善チーム 漢 大規模なトラフィックをいかに効率的に処理する か、技術力がダイレクトにビジネスに直結する現 場で自分の技術力を最大限に発揮していける環境 ストリーミング・インフラ 清水 参考書やネットでは学ぶことのできない技術や経験を得ら れ、ユーザさんを近くに感じる環境だと思います。 インフラ インフラチーム 横手 ミラティブはとびきりおかしな人が集まってわけ のわからないものをつくり世界に挑む、そんなチ ームです Unity ・ AI 安西 周りに尊敬できるメンバーばかりの刺激的な環境 です!ユーザーさんの反応もすぐに見ることがで きてよい! サーバ AI技術部&エンジニアチーム チーム構成
  27. 27 ユン プロフェッショナルのメンバーたちが支え合いな がら、ユーザーと向き合いスピード感溢れる開発 &改善を進めています。 サーバ 徳田 日本のなかで、こんなに全力でSNSをつくれる会社は そう見つからないと思います。 サーバ

    エンジニアのメンバー紹介(全員) ライブプラットフォームチーム 千吉良 サービスに向き合い、結果を重視し、ユーザーさ んが喜ぶ様子もサービスを通じて直接見ることが できます! iOS 盛岡 自分が携わった機能で、ユーザーさんが利用している 様子を配信を通して反応を見れるので楽しいです! Android ライブプラットフォームチーム マーケ連携チーム 立野 とにかくコードを書いて書いて書いて、プロダク ト良くしていい体験を作る!っていうお仕事で す! サーバ 岡本 良い面も沢山あり、改善点もまだまだありますが、 間違いなく成長できる環境だと思っています。 サーバ マーケ連携チーム チーム構成
  28. 28 エンジニアのメンバー紹介(全員) 平松 日々変化する状況の中で、結果にこだわるチーム の一員として開発に夢中になれるような環境で す! サーバ・ iOS ・ Android

    エモモチーム 牧野 高い目標を掲げ、スピード感を持って、チーム一 丸となって開発しています! 久留島 職種関係なくプロダクトだけに向き合える素晴らしい 会社です! サーバ 新規事業チーム サーバ・ iOS ・ Android チーム構成
  29. 業務委託や副業や積極活用 29 勝てる開発組織を作るため、正社員に拘らず、社内にないスキルセットを持っている方や、 Mirrativという特異なポジション&アプローチをしているプロダクトに興味がある方を積極採用中 Googleドライブや分析環境に職種問わず権限付与、事業数値やキャッシュフローを含む全体mtg用資料の公開等 基本的に情報は事業状況含めフルオープン 「週◦日稼働」で契約しているが、「実際の稼働が今月は◦日でした」という報告があった場合は 申請をそのまま承認。該当額を支払う 必要のない時間管理はなし。プロ意識に一任 正社員:16人

    業務委託・副業:週3以上:8人程度(出社+リモート) 週2以下:15〜20人程度(フルリモート) エンジニア組織をスケールさせた時の課題を先んじて洗い出しておく チーム構成
  30. 技術スタックと開発環境 CHAPTER 4 Technology stack & Development environment 30

  31. 31 全体構成 技術スタックと開発環境

  32. 32 配信基盤 技術スタックと開発環境

  33. 技術スタック 33 iOS:Flux(ReactorKit)+ RxSwift Android:Flux + Android Architecture Components +

    Kotlin Coroutine Bitriseによる週次での自動リリース自動化 iOS ・ Android Embedding Unity エモモ Perl(Goに移行中) CleanArchitecture CircleCIによる並列分散での自動テスト アプリケーションサーバ 画面収録APIであるReplayKit(iOS)とMediaProjection(Android) 配信・視聴ライブラリはすべて内製 オートスケール含めた配信基盤も内製で構築 Wowza(低遅延用にチューニングしたGoでの内製ミドルウェアに移行中) ライブストリーミング 技術スタックと開発環境
  34. 34 その他、開発ツール一例 開発支援 サーバ GitHub Slack Zeplin Confluenc e Jira

    Backlog 分析環境 BigQuery redash CI/CD Bitrise CircleCI Sonar Cloud 技術スタックと開発環境
  35. デザイン 34 開発フロー 技術スタックと開発環境 コンセプト KPI PdMが仕様をまとめ QA含めた全職種に 共有、工数の見積もり 職種問わず

    チーム全体で 企画の案出し 実装仕様を設計 期待するインパクトや 工数感により優先順付 チーム全体で プレイ会 開発 分析チームと連携 しながら分析ログの 設計と実装 開発環境で 機能検証 本番環境 × リリース ビルドで リグレッションテスト リリース そして 分析・振り返り 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 を Confluence や OpenAPI として共 有し、 Confluence 、 OpenAPI Confluence Zeplin
  36. 開発環境 支えあうプロ集団・性善説を前提に、経営方針として、エンジニアが強い裁量と責任を 持ち、それを支えるべく、生産性を最大化できる環境を提供し続けます コンセプト:制度2割、運用8割 最小の制度+文化・価値観・プロ意識による柔軟な運用 パフォーマンスを最大化するためにあらゆることをつくす 35 MacBook Pro(マシマシ) +

    ディスプレイ(2台まで) アーロンチェア + 広いデスク 支給 リモートワーク Slack、GitHubなど、開発環境はすべて即日準備 速度 技術スタックと開発環境 パフォーマンスを上げるためのリモートワーク可 申請・承認はない。報告ベースでの勤怠のみ
  37. 今年度の主な受賞歴 ☆Google Play ベスト オブ 2019 エンターテイメント部門 大賞 ☆Google Play

    ベスト オブ 2019 ユーザー投票部門 優秀賞 ☆CEDEC AWARDS 2019 エンジニアリング部門 優秀賞 36 技術スタックと開発環境
  38. 募集ポジション一覧 以下のいずれか、もしくは全てを行います 【ライブプラットフォーム改善】 ライブ配信を通じたコミュケーションに関する機能(ギフト、コメント)やUXに関する新規機能の開発や改善 【アバター】 アバターに関する機能(着せ替え、イベント)やUXに関する新規機能の開発や改善 【基盤整備】 ・Flux・CleanArchitecture化のようなアーキテクチャの整備や、開発効率向上のためのワークフロー整備 ・パフォーマンス改善 iOSエンジニア・Androidエンジニア・Unityエンジニア・サーバエンジニア

    37 モバイル端末からの動画配信視聴品質の向上 ストリーミングエンジニア クラウド上での安定したインフラ基盤の構築 インフラエンジニア SNS × ライブストリーミングにおいて、 AIを軸とした新機能の模索・設計・展開 機械学習エンジニア エンジニア以外のポジションも大募集中です! 本資料の説明欄から「採用候補者様への手紙」をご覧いただけますと幸いです。 技術スタックと開発環境
  39. Mirrativは、わかりあいツールとして優秀なゲームを軸に、一人じゃないスマホライフを目指したコミュニテ ィサービスを構築・運営・改善してきました そして、スマホ画面を共有して、体験をそのままソーシャル化するところには更に無限の可能性があります 既存のSNSでのコミュニケーション手段が、テキスト => 画像 => 動画 => ストリーミングと進歩してきた中

    で、スマホ上での体験そのものをよりダイレクトにリアルタイムで他の人に伝えられるという意味で、数次元 上の世界に突入していると思っています しかし、野心的なプロジェクトというのはややもすれば、早すぎたプロダクトを生み出しかねず、サービスが ユーザに適切に受け入れられるためには、泥臭いことを一方ずつ着実に積み上げていく必要があります ゲームを通して友達ができた、あるいは、友達とより仲良くなれたという原体験がある人は、みなさまがミラ ティブの採用候補者だと思っているので、ちょっとでも興味を持っていただきましたら、ぜひオフィスに遊び に来てください(本資料の説明欄に、WantedlyやGoogleフォーム、僕のMessengerを公開しています) そして、引き続き、この資料の改善などミラティブの魅力の発信を一緒に手伝って頂けるエンジニア採用担当 も大募集です ミラティブCTO 夏 最後までお読みいただき、ありがとうございました 38
  40. ミラティブ採用ページ https://www.mirrativ.co.jp/recruit/ 39