INFOBAHN Group │ company introduction

INFOBAHN Group │ company introduction

1998年の設立当初から 、「情報の力で社会をエンパワーする」をミッションに掲げてきたインフォバーングループ。
時代によって求められるメディアの形が変わり、 ビジネスや市場が目まぐるしく変化していく中でも、その使命は変わりません。そんな私たちに共感してくださる方のエントリーを、従業員一同お待ちしています。

16dec1a591eee205f36055933f40794b?s=128

INFOBAHN Group

October 06, 2020
Tweet

Transcript

  1. 会社紹介資料 Update:2020/10

  2. 目次 01 │ 会社概要 • 基本情報 • 組織体制 • 入社後サポート

    • 評価/処遇決定の特徴 • 環境変化にあわせた働き方・事業運営へ • 部活動 • Wantedly更新中! • 私たちを支える理念と、突き動かす使命 • 代表紹介 • 経営陣紹介 • 沿革 02 │ 事業概要 03 │ 働く環境 • 私たちが提供している価値 • コミュニケーションデザイン支援事業 • イノベーション支援事業 • メディア事業 1
  3. 01. 会社概要 2

  4. 3社でインフォバーングループ Group MISSION “情報の力で社会をエンパワーする”

  5. Group Mission Philosophy 私たちを支える理念と、突き動かす使命 One from the authenticity ギズモード・ジャパン、ライフハッカー[日本版]、Business Insider

    Japanなど——多くのメディアを手がけてきた私たちが 何よりも大事にしていることは、一次情報パブリッシャーとし て、コンテンツ一つ一つの質にこだわること。 インターネットを介して、身の回りに情報があふれている今日、 私たちは、信頼され、新しい価値につながるコンテンツを生み 出し続けていきます。 情報の力で社会をエンパワーする 人や企業に新しい選択肢をもたらし、視野を広げ、行動を後押ししてくれます。新 しいメディアをつくり、育ててきた私たちだからこそ、信頼される「新しいメディ ア」で、社会や企業、そして生活者をエンパワーしていきます。 │ 01 │ 会社概要 4
  6. 代表紹介 インフォバーングループ CEO 今田素子 Motoko Imada 同志社大学経済学部卒業後、イギリスのSotheby’s にて History of

    Art course 修了。同朋社出版に入社後、 1994年に『WIRED』日本語版を創刊。その後、1998年にデジタルエージェンシーの株式会社インフォバー ン、2008年にはオンラインメディア企業の株式会社メディアジーンをそれぞれ設立する。2015年株式会社 インフォバーングループ本社代表取締役CEOに就任。2018年1月−12月に電通総研フェロー就任。ミレニア ル世代に向けた経済メディア『Business Insider Japan』、テクノロジーニュースメディア『ギズモード・ ジャパン』、ビジネスパーソンのためのライフハックメディア『Lifehacker』、インクルーシブな社会を築 くメディア&コミュニティ『MASHING UP』など10メディアを運営。2013年には第1回Webグランプリ Web 人部門受賞。 インフォバーングループ CVO 小林弘人 Hiroto Kobayashi 1994年に「ワイアード・ジャパン」を創刊。編集長を務める。1998年より企業のデジタル・コミュニケー ションを支援する株式会社インフォバーンを起業。「ギズモード・ジャパン」など、紙とウェブの両分野 で多くの媒体を立ち上げ、国内外企業のデジタルマーケティング全般からウェブメディアの企画・ローン チ・運用などを支援。コンテンツ・マーケティング、オウンドメディアの先駆として知られる。 2012年、日本におけるオープン・イノベーションの啓蒙を行い、電通と『日本のイノベーション・アワー ド』を創設。審査員を務める。2016年より「欧州のSXSW」として知られる、ベルリンのテック・カンファ レンスTOAの日本公式パートナーとなる。 2018年より企業と行政のイノベーターをネットワークするUnchainedを創設。2020年4月からは「世界をフ レームワークから再設計する」ことを目指すラディカル・デザイン・ラボとして再始動。 │ 01 │ 会社概要 5
  7. 経営陣紹介│株式会社インフォバーン 取締役COO 田中 準也 取締役 京都支社長/IDL部門 部門長 井登 友一 取締役

    CSO 城口 智義 フェロー Co-Founder 木継 則幸 執行役員 ソリューション部門 部門長 羽村 悠己 │ 01 │ 会社概要 6
  8. 経営陣紹介│株式会社メディアジーン 取締役 CSO 事業戦略部門担当 芹澤 樹 執行役員 メディア編集部門担当 遠藤 祐子

    執行役員 メディアプランニング部門担当 冨樫 恵衣 執行役員 グロースマーケティング部門担当 手島 湖太郎 執行役員 プロダクト部門担当 金沢 大輔 取締役 CSO 城口 智義 │ 01 │ 会社概要 7 執行役員 ブランド・プロダクト担当 The STUDIO. GLOSSY& MASHING UP スタジオ長 中村 圭
  9. 沿革 1998 インフォバーン 設立 2008 メディアジーン 設立 2016 企業のイノベーションを支援する 「IDL」(INFOBAHN

    DESIGN LAB.)を設立 2011 京都支社 「インフォバーンKYOTO」開設 ダイバーシティをテーマとした カンファレンス「MASHING UP」を実施 2019 社会課題と企業成長をつなげる 「Societal Lab.」設立 2018 デジタルの最先端とビジネスを つなげる「Unchained」設立 創業以来、常に新しい関係を 生み出し続けてきました 社会課題と向き合い 新たな関係性構築を支援 進化し続けるデジタル領域での イノベーターらのハブを創出 ユーザー理解を 価値創造の領域で支援 メディア運営のノウハウを利用して 企業のコンテンツマーケティング支援へ 多彩なメディアを立ち上げ ユーザーとの関係を深め続ける インターネット黎明期から デジタルを主戦場に │ 01 │ 会社概要 8
  10. 02. 事業概要 9

  11. 私たちが提供している価値 メディアの文脈を活かしたコンテンツで 生活者に新しい視点と体験を届けていく 私たちは創業以来、デジタルを主戦場に、信頼されるコ ンテンツを生み出し、ユーザーと強い関係を築いてきま した。その関係において、最も重要なものの一つが「コ ンテクスト(文脈)」。情報がコンテンツとして届くに はコンテクストが重要であり、それがユーザーと情報の 新しい出会いにつながります。 今後、コンテンツに対する信頼を背景として、新しいメ

    ディアの形を生み出すとともに、体験をも届けることで、 さらなる価値をユーザーとともに生み出していきます。 世の中のデジタル化によって、あらゆるビジネス、製品、 サービス、そして私たちの生活は常に変化し続けていま す。 ますますダイナミックに変化してゆく社会の変化の中で、 製品やサービス。そして企業そのものが変身(トランス フォーム)してゆく営みこそが、本来の意味での「デジ タル・トランスフォーメーション」だとインフォバーン は考えます。 わたしたちは、企業にとってのイノベーションの創出、 ひとと企業と社会がつながる関係性のデザイン、ビジネ スそのもののデジタル化をお手伝いします。 │ 01 │ 事業概要 企業の本質的で信頼される デジタルトランスフォーメーションを サポートする オ ー セ ン テ ィ ッ ク な 10
  12. コミュニケーションデザイン支援事業 BRAND CONSUMER 伝えたいメッセージを情報化 「コンテンツ」によってターゲットとのコミュニケーション接点を創る ターゲットにきちんと情報を摂取されるためには、デジタル上のあらゆるタッチポイントで、ターゲットが主体的に関わろ うと思えるコンテンツとして届け、マネジメントする必要があり、私たちはそのサポートを行っています。 ターゲットインサイトに基づいた 最適なタッチポイント設計からコンテンツ制作・広告配信までをワンストップで提供 潜在層

    顕在層 検討層 利用層 YouTubeを 観ている Webメディア を読んでいる 事例を知りたい ソーシャルメディア を眺めている 課題を解決したい 関連キーワード で検索している オウンド メディア コンテンツ メディア文脈に 合わせたコンテンツ インサイトに 合わせたコンテンツ コンテンツ コンテンツ コンテンツ コンテンツ メディアイベント Facebook Yahoo! Twitter Instagram │ 02 │ 事業概要 11
  13. BESPOKE INNOVATION テクノロジー × 体験デザイン × 共創/創発プログラムにより イノベーションを支援 体験デザイン、テクノロジー、ブランド・コミュニケーション戦略の知見を活かし、 新しい価値創造をもたらす製品・サービスの創出を通じ、企業のイノベーションを総

    合的に支援します。 Deep user insight ユーザー中心でありながら、ユーザー自 身の認識範囲 を超えるニーズ理解と経験 価値の探索を通じて、潜在 的かつ本質的 なニーズと期待の明確化を行います。 Innovation catalyst エキスパートチームによるリサーチやワー クショップ形式で行うステークホルダー参 加型のデザインプロセスを提供し、クライ アント社内からイノベー ションが生まれる 土壌作りをします。 Global collaborators network 欧州を中心とするUX/サービスデザイ ンパートナー とのネットワークを通じ て、国内のみならず、グローバ ルでの リサーチ/UX デザインプロジェクトへ のリソー ス提供ができます。 イノベーション支援事業 BRAND CONSUMER │ 02 │ 事業概要 12
  14. メディア事業 ココロを揺さぶるメディアで未来を創る MOVE YOUR HEART WITH THE AUTHENTIC CONTENT BRAND

    CONSUMER コンテンツマーケティング支援 コンテンツコマース/クラウドファンディング D2C支援 ガジェット・テクノロジー ギズモード・ジャパン インテリア・DIY・リノベーション ルーミー デジタルカルチャー フューズ 働き方・暮らし方・生き方 ライフハッカー[日本版] ビジネスニュース ビジネスインサイダージャパン デジタルマーケティング DIGIDAY[日本版] インクルーシブな社会づくり マッシングアップ ヘルスコンシャス マイロハス ミレニアル世代大人女子 グリッティ マーケットプレイス マチヤ メディア 文脈 ユーザー 理解 │ 02 │ 事業概要 13 120,000,000 Monthly Views 30,000,000 Monthly Users
  15. 03. 働く環境 14

  16. 基本情報 ・各種保険(健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険) ・通勤交通費支給 ・関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS) ・英会話レッスン(費用の半分を会社負担) ・フリーアドレス制 ・服装自由 ・オフィス内完全禁煙 ・オフィスグリコ設置 │

    03 │働く環境 15
  17. 組織体制 │ 職種 各自が従来の職種名に縛られない業務領域 の中で活躍。クライアントと共に新たなス テージを目指すため、日々進化しています。 コンテンツ作りにこだわった編集陣と、 メディア運営のプロフェッショナルがバ ランス良く在籍。メディアジーン発の新 たなビジネスを打ち出しています。

    二つの事業会社の成長をバックアップ すべく、各領域のプロフェッショナル を揃えています。 コンテンツディレク ター/ストラテジスト Webコンダクター/ディレクター アカウントプランナー アートディレクター フロントエンド エンジニア デザインエンジニア/ ストラテジスト インタラクションデザイナー /サービスデザイナー 編集者/記者 メディアプランナー プロダクト マネージャー エンジニア ビジネスデベロッ プメント マーケティング コンサルタント 総務法務 財務経理 事業サポート 情報システム ヒューマン・ リソース 広報 ブックカフェ運営 新規事業開発 95人 92人 35人 ※2020年7月時点 │ 03 │働く環境 16
  18. 組織体制 │ 年齢 各年代(20代~50代)の社員がバランス良く在籍。 毎年の新卒採用(平均10名)とキャリア採用を掛け合わせ年齢構成の均衡化を実現しています。 60名 50名 40名 30名 20名

    10名 20~24歳 30~34歳 35~39歳 50歳~ 25~29歳 40~44歳 45~49歳 ※2020年7月時点 │ 03 │働く環境 17
  19. 入社後サポート 入社後、スムーズなランディングに必要と考える6つの項目をサポートします。 • 1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月フォロー面談 • 必要に応じたサポーターの任命 • 経営陣との懇親会の実施 など 適切な業務量

    必要十分な 情報提供 円滑な 人間関係 社内 ネットワーク の構築 社内制度の 理解・活用 経営 ビジョンの 浸透 業務面 環境面 │ 03 │働く環境 18
  20. 評価/処遇決定の特徴 MBO&S 1on1 期待値 (Can → Will) 組織と個人の成長/目的のベクトル合わせを行った上で、 個々の通期の目標を設定する Management

    by Objectives & Self-Control (MBO&S)を導入しています。 事業や個々の環境に応じたフォローアップや目標修正をスムーズにすべく、 定期的な1on1を実施しています。 これまでの成果に加え、 個々の成長(Can)を見極めた上で期待値(Will)を重視した 処遇設定をしています。 │ 03 │働く環境 19
  21. 環境変化にあわせた働き方・事業運営へ インフォバーングループでは、新型コロナウイルス感染拡大による全従業員リモートワーク体制を経て、 2020年7月より以下方針のもと、環境変化にあわせた働き方および事業運営へ取り組んでいます。 •「Work From Anywhere」を実践する組織へ 従業員一人ひとりの価値を最大化できる働き方を支援するとともに、新たな視点や価値観をより積極的に取り込めるイノベー ティブな組織を目指します。 •オンラインとオフラインのコミュニケーションの並走 業務効率の向上を図るとともに、普段の何気ない会話のなかにある小さなイノベーションの種を大事にできる組織として、オ

    フィス勤務とリモートワークを並走させ、従業員一人ひとりが主体的にコミュニケーションを図れる環境を整えていきます。 •オフィス利用の再開 オフィスを全面的に開放し、利用を再開いたします。感染リスクへの配慮は最大限継続しつつ、往訪および来訪を含む営業活 動の実施、イベント事業の段階的なオフライン実施の検討を進めます。 •新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応 クライアント企業およびパートナー企業および従業員の皆さまの健康と安全を最優先に考え、状況に応じて、柔軟かつ迅速な 対応を図ります。 │ 03 │働く環境 20
  22. 部活動 インフォバーングループには部活制度があり、部員人数に応じて会社から部費が補助されます。 部門間や会社間、年齢を超えて交流し、仕事もプライベートも楽しむ人が多い傾向にあります。 フットサル部 ヨガ部 ボードゲーム部 料理部 クラ部 グラフィック レコーディング部

    アイドルに 学(まな)部 │ 03 │働く環境 21
  23. Wantedly更新中! 現在、ビジネスSNS「Wantedly」にて、社員インタビューや会社の様子などをお届けしています。 ぜひご覧ください。 「作り手がハッピーじゃないと、読み手 もハッピーにならない」、その両立を実 現させるのがメディアグロースの仕事 イノベーションの現場は「批判できるデ ザイナー」を求めている。“自分を疑う 力”はIDLでなぜ重要なのか? マウントも一人勝ちもしない。ビジネス

    インサイダーというブランドのつくり方 嘘なく、まじめに、情報を届ける。 その ために大切なことを新卒採用担当に聞い てみた 作り続けるための土台を作る。それが 「コンテンツストラテジスト」の仕事 Webディレクター、プロジェクトマネー ジャーとして経験を積んだ今、「ようや く始まったな」という感覚 │ 03 │働く環境 22
  24. さいごに 1998年の設立当初から、「情報の力で社会をエンパワーする」をミッションに掲げてきたインフォバーングループ。 時代によって求められるメディアの形が変わり、ビジネスや市場が目まぐるしく変化していく中でも、その使命は変 わりません。そんな私たちに共感してくださる方のエントリーを、従業員一同お待ちしています。 変わらない想いを持って、変わり続けよう 23