INFOBAHN Group Profile

INFOBAHN Group Profile

インフォバーングループは、「One from the authenticity」を理念に、情報を信頼されるコンテンツへと変換し、新しいメディアを創出しながら、社会をエンパワーしてきます。

16dec1a591eee205f36055933f40794b?s=128

INFOBAHN Group

October 06, 2020
Tweet

Transcript

  1. Update: 2020/10/06

  2. 創業以来、常に新しい関係を生み出し続けてきた 01 1998 インフォバーン 設立 2008 メディアジーン 設立 2016 企業のイノベーションを支援する

    「IDL」(INFOBAHN DESIGN LAB.)を設立 2011 京都支社 「インフォバーンKYOTO」開設 ダイバーシティをテーマとした カンファレンス「MASHING UP」を実施 2019 社会課題と企業成長をつなげる 「Societal Lab.」設立 2018 デジタルの最先端とビジネスを つなげる「Unchained」設立 現在(2020.10)、 10メディアブランドを運営 社会課題と向き合い 新たな関係性構築を支援 進化し続けるデジタル領域での イノベーターらのハブを創出 ユーザー理解を 価値創造の領域で支援 メディア運営のノウハウを利用して 企業のコンテンツマーケティング支援へ 多彩なメディアを立ち上げ ユーザーとの関係を深め続ける インターネット黎明期から デジタルを主戦場に
  3. Group Mission Philosophy 私たちを支える理念と、突き動かす使命 02 One from the authenticity ギズモード・ジャパン、ライフハッカー[日本版]、Business

    Insider Japanなど——多くのメディアを手がけてきた私たちが 何よりも大事にしていることは、一次情報パブリッシャーとし て、コンテンツ一つ一つの質にこだわること。 インターネットを介して、身の回りに情報があふれている今日、 私たちは、信頼され、新しい価値につながるコンテンツを生み 出し続けていきます。 情報の力で社会をエンパワーする 人や企業に新しい選択肢をもたらし、視野を広げ、行動を後押ししてくれます。新 しいメディアをつくり、育ててきた私たちだからこそ、信頼される「新しいメディ ア」で、社会や企業、そして生活者をエンパワーしていきます。
  4. 私たちが提供できる価値 03 企業の本質的で信頼される デジタルトランスフォーメーションを サポートする オ ー セ ン テ

    ィ ッ ク な メディアの文脈を活かしたコンテンツで 生活者に新しい視点と体験を届けていく 私たちは創業以来、デジタルを主戦場に、信頼されるコ ンテンツを生み出し、ユーザーと強い関係を築いてきま した。その関係において、最も重要なものの一つが「コ ンテクスト(文脈)」。情報がコンテンツとして届くに はコンテクストが重要であり、それがユーザーと情報の 新しい出会いにつながります。 今後、コンテンツに対する信頼を背景として、新しいメ ディアの形を生み出すとともに、体験をも届けることで、 さらなる価値をユーザーとともに生み出していきます。 世の中のデジタル化によって、あらゆるビジネス、製品、 サービス、そして私たちの生活は常に変化し続けていま す。 ますますダイナミックに変化してゆく社会の変化の中で、 製品やサービス。そして企業そのものが変身(トランス フォーム)してゆく営みこそが、本来の意味での「デジ タル・トランスフォーメーション」だとインフォバーン は考えます。 わたしたちは、企業にとってのイノベーションの創出、 ひとと企業と社会がつながる関係性のデザイン、ビジネ スそのもののデジタル化をお手伝いします。
  5. 私たちがサポートできるビジネス領域 04 コミュニケーションデザイン支援事業 メディア事業 BRAND 企業・ブランド 地方自治体 CONSUMER 消費者・リーダー ユーザー・社会

    イノベーション支援事業 戦略設計・施策設計 編集/構築・運用 メディア運営 クラウドファンディング EC/コンテンツコマース イベント サブスクリプションサービス メディアプランニング 広告運用 サービスデザイン UX/UI Our Service ブランドに新たな価値を創造するイノベーション支援から、ターゲットとの良質なコ ミュニケーションを実現するストーリー設計および実行を行うマーケティング支援、 さらに、自社メディアを活用したセールス支援まで、デジタル時代におけるビジネス サポートをワンストップで提供いたします。 ブランドの価値創出からセールス支援まで、 デジタル時代のビジネスに不可欠なサポートを ワンストップで提供します イノベーション支援 マーケティング支援 セールス支援 インフォバーングループ
  6. メディア事業 05 ココロを揺さぶるメディアで未来を創る MOVE YOUR HEART WITH THE AUTHENTIC CONTENT

    120,000,000 Monthly Views 30,000,000 Monthly Users BRAND CONSUMER コンテンツマーケティング支援 コンテンツコマース/クラウドファンディング D2C支援 ガジェット・テクノロジー ギズモード・ジャパン インテリア・DIY・リノベーション ルーミー デジタルカルチャー フューズ 働き方・暮らし方・生き方 ライフハッカー[日本版] ビジネスニュース ビジネスインサイダージャパン デジタルマーケティング DIGIDAY[日本版] マッシングアップ ヘルスコンシャス マイロハス ミレニアル世代大人女子 グリッティ マーケットプレイス マチヤ メディア 文脈 ユーザー 理解 インクルーシブな社会づくり
  7. コンテンツメディアとエンゲージが強み 06 メディア企業として提供できる 「知見・アセット・コンテンツ」で、 施策の立案から運用までサポート Network Technology & Data コンテンツメディア

    AUDIENCE & service advertising COMMUNITY
  8. BESPOKE INNOVATION テクノロジー × 体験デザイン × 共創/創発プログラムにより イノベーションを支援 体験デザイン、テクノロジー、ブランド・コミュニケーション戦略の知見を活かし、 新しい価値創造をもたらす製品・サービスの創出を通じ、企業のイノベーションを総

    合的に支援します。 Deep user insight ユーザー中心でありながら、ユーザー自 身の認識範囲 を超えるニーズ理解と経験 価値の探索を通じて、潜在 的かつ本質的 なニーズと期待の明確化を行います。 Innovation catalyst エキスパートチームによるリサーチやワー クショップ形式で行うステークホルダー参 加型のデザインプロセスを提供し、クライ アント社内からイノベー ションが生まれる 土壌作りをします。 Global collaborators network 欧州を中心とするUX/サービスデザイ ンパートナー とのネットワークを通じ て、国内のみならず、グローバ ルでの リサーチ/UX デザインプロジェクトへ のリソー ス提供ができます。 イノベーション支援事業 07 BRAND CONSUMER
  9. コミュニケーションデザイン支援事業 08 BRAND CONSUMER 伝えたいメッセージを情報化 「コンテンツ」によってターゲットとのコミュニケーション接点を創る ターゲットにきちんと情報を摂取されるためには、デジタル上のあらゆるタッチポイントで、ターゲットが主体的に関わろ うと思えるコンテンツとして届け、マネジメントする必要があり、私たちはそのサポートを行っています。 ターゲットインサイトに基づいた 最適なタッチポイント設計からコンテンツ制作・広告配信までをワンストップで提供

    潜在層 顕在層 検討層 利用層 YouTubeを 観ている Webメディア を読んでいる 事例を知りたい ソーシャルメディア を眺めている 課題を解決したい 関連キーワード で検索している オウンド メディア コンテンツ メディア文脈に 合わせたコンテンツ インサイトに 合わせたコンテンツ コンテンツ コンテンツ コンテンツ コンテンツ メディアイベント Facebook Yahoo! Twitter Instagram
  10. 実績——より本質的な課題からアプローチ 09 Our Client # 300 あしたの コミュニティーラボ 富士通株式会社 社会課題の解決をテーマとする富士通株式会社様のオウンド

    メディア。イベントや取材を通じて識者や生活者と対話し、 課題解決や新たな事業の機会を探索。 オープンイノベーション支援 /COE LOG 中部電力株式会社/日本ユニシス株式会社 中部電力様が経営ビジョンで掲げる「社会課題の解決を通じ た新しいコミュニティの創出」を目指す取り組みを支援。戦 略策定からイベントの企画・制作、メディア「COE LOG」運用 を通じたプロジェクトデザインを担当。 クライアント様事例 https://www.infobahn.co.jp/works 株式会社ウエニ貿易 株式会社カネボウ化粧品 株式会社KOSE 佐藤製薬株式会社 株式会社JTBパブリッシング シチズン株式会社 バイエル薬品株式会社 株式会社パルコ 株式会社リクルートライフスタイル 株式会社ワコール など(五十音順) らしく for mommy 〜資生堂ママアーティスト発、ヘアメイクレシピ〜 株式会社資生堂 未就学の子供をもつ、20代後半〜40代の主婦層をターゲット に、「時間がない!」「メイクがいつも同じ」など、ママの インサイトやニーズ、お悩みを掘り下げたヘアメイクのコン テンツを制作。 ニチレイフーズ /ほほえみごはん 株式会社ニチレイフーズ 冷凍食品最大手、ニチレイフーズ様が運営するオウンドメ ディア「ほほえみごはん」のフルリニューアルにおいて、コ ンセプト設計、サイト設計、デザイン制作、コンテンツ制 作・運営を担当。第6回 Web グランプリ「企業グランプリ部門」 企業 B to C サイト賞、【優秀賞】受賞
  11. メディアとコンテンツによるD2C支援 10 BRAND CONSUMER サービス プロダクト 開発 フィードバック トライアル マーケットプレイス『machi-ya』を接点として

    開発支援から、効果的な広告の設計・運用や コンテンツコマースまで、D2C事業をサポート サービス・商品の開発から、実際の資金調達やプロモーションを実施で きるマーケットプレイス(machi-ya)をベースに、メディアの文脈を活 かして購買を誘引するコンテンツコマース、オウンドメディアの企画運 用に至るまで、企業のD2C事業をトータルでサポートいたします。 出品 広告 フィードバック 外部メディアを含めた ターゲットとの接点を生み出すため 広告運用設計も一括サポート オウンド メディア 外部メディア (SNS含む) メディア コンテンツ 月間計3,000万UUメディアによる コンテンツコマース支援 クラウドファンディング (資金調達・プロモーション) EC支援 (Amazon販売支援など)
  12. 最近の取り組み Our Mission 情報の力で社会をエンパワーする

  13. ダイバーシティをテーマとしたカンファレンスを開始 12 多様な価値観を受け入れる社会をエンパワーする グローバル社会での企業の競争力、少子化と労働力減少の問題。日本の企業や社会が抱える多くの課題を解決するため にいま必要とされているのが「ダイバーシティ」への取り組みに他なりません。多様な価値観を受け入れられる環境づ くりを、MASHING UPはサポートします。 Vol.1 2018.2.22-23@TRUNK(HOTEL) 「Unleash

    Yourself(自分を解き放とう)」をテー マに、未来のモビリティや教育プログラム、マーケ ティングなど幅広いテーマでグローバルに活躍する海 外スピーカーを招致。 働き方、ライフスタイル、テクノロジー、ヘルスケア など多様なトピックでのトークセッションや、ネット ワーキングパーティなどを実施しました。 参加者数 820 プログラム 43 スピーカー数 103 Vol.2 2018.11.29-30@TRUNK(HOTEL) 「Bravery & Empathy(勇気と共感)」をテーマに、 ダイバーシティに加えウェルビーイングやファッショ ン、恋愛など多岐にわたるトピックでvol.1より規模 を拡大し開催。 女性を中心に、個人の働き方や組織、企業のあり方に 関心や情報感度の高い人々が一堂に会す場として成長 を続けています。 参加者数 1049 プログラム 44 スピーカー数 122 Other Activity 最近の取り組み
  14. DIGIDAY[日本版]によるBtoBイベントの開催 13 広告主とメディア、読者のつながりをエンパワーする DIGIDAY[日本版]は、デジタル時代におけるマーケティングとメディアの可能性を探求する、 アメリカのデジタルマーケティング戦略情報サイト「DIGIDAY.com」の日本版です 。 新聞社や出版社を中心とした1次情報パブリッ シャーが集い、2日間というクローズドかつ濃密 の空間でデジタル時代におけるマネタイズと業 界活性化の次の一手をともに考え、提言してい

    く場です。 パブリッシャーも同席のもと、デジタル時代におけ るマーケティング、メディアの信頼性に加えて、広 告主がブランドメッセージをマーケットに届けてい くうえでのメディアとの関わり方について議論する 場です。 データ活用や動画など、テーマを絞った形での1day カンファレンスです。一つのテーマに対して、より 深く、多面的に知見を共有するとともに、マーケ ターにとっての課題発見を促します。 年1回開催 @京都 年1回開催 @京都 年4回程度 開催 @東京 最近の取り組み
  15. ミレニアル世代を応援するイベントを開催 14 『BEYOND MILLENNIALS 2019』では、2018 年に際立った活躍を見せ、2019年にさらなる飛 躍を遂げると期待されるミレニアル世代の才能 を、『Game Changer(ゲームチェンジャー) 2019』として選出しました。BIは、そのゲーム

    チェンジャーたちとともに、次回イベントに関 連するコンテンツをさまざまな形で展開。新た なつながりを創り出し、次なるゲームチェン ジャーを生み出すためのエキサイティングなサ イクルを生み出していきます。 ミレニアル世代の挑戦をエンパワーする 2019年1月、新たな価値観をもって活躍するミレニアル世代の飛躍を後押ししようと、アワード企画と して始まりました。第2回ではさらに内容を拡大し、ミレニアル世代を軸としたトークセッションや ワークショップなどの要素も取り込みます。 最近の取り組み
  16. イノベーターをつなげる新規事業の展開 15 ラーニング・コミュニティ 「Un-LEARN」 国内外を代表するオピニオンリーダーやイノ ベーターをリード(講師)に迎え、「既成概念 からの脱却と未来デザインを学ぶ」、次世代 リーダー層のためのラーニング・コミュニティ。 1シーズン3ヶ月の期間で、多様な分野・領域で 活躍する6人のリードによる講義・対話とワー

    クを通して、これからの社会デザインを学び、 企業や組織でイノベーションを創出する人材を 育成していきます。 Unchainedの核である「ラディカル・デザイ ン・ラボ」。国内外で活躍する気鋭の研究者、 起業家、クリエイターやデザイナーがオーナー を務めるラボが集結。 新しい課題解決と市場創出を狙う企業がラボに 参画し、共に共同研究やプロトタイプ開発など 社会実装を推進することで、「可視化・言語化 された未来デザイン」を発信していきます。 ベルリン発、欧州最大級のイノベーション・ フェス「Tech Open Air(TOA)」。TOAとの パートナーシップを生かし、昨今注目を集める ベルリンのエコシステムと欧州型イノベーショ ンを学ぶ現地ツアーを実施。 ベルリンと各国のスタートアップ・エコシステ ムをつなぐワールドツアーを東京でも開催し、 TOAに集う起業家・スタートアップをはじめ、 世界中のイノベーターたちをつなぐ、ナレッジ 交換ネットワークを育んでいます。 最近の取り組み Unchained(アンチェインド)は、 社会の枠組み(フレームワーク)を再設計し、 非連続でポジティブな未来を創出する ラディカル・デザイン・ラボです。 未来の共同開発研究機関 「Rad-Lab」 個人向け 企業向け 欧州イノベーション・ハブ 「TOA」 powered by Unchainedに参画するリード 入山 章栄 早稲田大学大学院 / 早稲田大学 ビジネススクール 教授 大崎 麻子 Gender Action Platform 理事 長谷川 愛 早稲田大学 非常勤講師 篠田 真貴子 エール株式会社 取締役 福原 志保 bcl HUMAN AESOME ERROR 伊藤 羊一 ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア 学長 株式会社ウェイウェイ 代表取締役 (TOAカンファレンス/現地ツアーの様子)
  17. 社会と企業の価値が循環するしくみをつくりだす 16 「関係性のデザイン」で価値創造をエンパワーする “Societal Lab.”は、メディア事業で培ってきた編集力とデザインストラテジーを活かし、 社会課題への取り組みを通じた企業の成長と変革を支援します。フィールドから問いを立て、ビジネ ス機会を社会的な視座で捉え直し、社会と企業の価値が循環するしくみづくりに挑戦します。 アクティブワーキング 都市部のビジネスパーソンがリモートワークをしながら、ローカルで事業機会を探索する 着地型事業創造プログラム

    あしたのコミュニティーラボ 社会課題の解決をテーマとする富士通株式会社様のオウンドメディア。イベントや取材を 通じて識者や生活者と対話し、課題解決や新たな事業の機会を探索 サイクル・リビングラボ 自転車の活用を軸に、行政や企業、生活者と協働し、実証実験等を通じて新たな価値を形 成する活動および一般社団法人。アクティブワーキングから発展 京都府ガストロノミーエリア創出事業 京都府の周辺エリアの観光ブランディングプロジェクト。「食の豊かなエリア」としての 魅力を創出すべく、地域を主体に持続可能な食の体験デザインのしくみを構築、活動をサ ポートするとともに、情報発信に取り組む 最近の取り組み
  18. グループ会社 法人名 株式会社メディアジーン 英文法人名 Mediagene Inc. 代表 代表取締役CEO 最高経営責任者:今田素子 役員

    取締役:小林弘人 取締役:寺尾洋之 取締役:城口智義 取締役CSO、事業戦略部門担当:芹澤樹 監査役:名取俊英 執行役員、メディア編集部門担当:遠藤祐子 執行役員、プロダクト部門担当:金沢大輔 執行役員、グロースマーケティング部門担当:手島湖太郎 執行役員、メディアプランニング部門担当:冨樫恵衣 執行役員、ブランド・プロダクト担当、The STUDIO. GLOSSY& MASHING UP スタジオ長:中村圭 設立年月日 2008年2月1日 資本金 5,500万円(2019年2月現在) 主な事業内容 インターネット・メディア運営 コンテンツ企画制作 メディアコンサルテーション 商品開発コンサルテーション 法人名 株式会社インフォバーン 英文法人名 INFOBAHN Inc. 代表 代表取締役 CVO:小林弘人 代表取締役 CEO:今田素子 役員 取締役 COO:田中準也 取締役、京都支社長/IDL部門 部門長:井登友一 取締役 CSO:城口智義 監査役:名取俊英 執行役員、ソリューション部門 部門長:羽村悠己 創業年月日 1998年10月30日 ※持株会社制移行につき、設立年月日は2015年7月1日 資本金 5,500万円 ※2019年5月末日時点 事業内容 コミュニケーション・プランニング オウンドメディア構築・運用 Webサイト構築・運用 スマートフォンサイト構築・運用 コンテンツ企画制作 広告・SPツール制作 ユーザーエクスペリエンスリサーチ ユーザーエクスペリエンスデザイン・サービスデザイン 法人名 株式会社インフォバーングループ本社 英文法人名 INFOBAHN Group Inc. 設立年月日 1998年10月30日 資本金 7,754万円 ※2015年7月1日現在 代表 代表取締役 CEO, FOUNDER:今田素子 役員 取締役 CVO, FOUNDER:小林弘人 取締役 CFO:寺尾洋之 社外取締役:張力牧 社外取締役:柳澤安慶 役員 監査役常勤監査役:名取俊英 社外監査役:奥村滋 社外監査役:市川一郎 社外監査役:深澤直行 17