Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

知らないと恥をかく 核医学における線量管理の最新事情

ICHIKAWA H.
November 03, 2022

 知らないと恥をかく 核医学における線量管理の最新事情

第14回CCRTランチョンセミナー 2022.11.5

ICHIKAWA H.

November 03, 2022
Tweet

More Decks by ICHIKAWA H.

Other Decks in Science

Transcript

  1. 豊橋市⺠病院 放射線技術室
    ⾦沢⼤学 医薬保健研究域 研究協⼒員
    市川 肇
    14th Congress of Chubu Radiological Technology 2022.11.5

    View Slide

  2. Agenda
    01 |
    02 |
    03 |
    DICOM規格の基礎知識
    Tag情報・RRDSRの構造を知る
    核医学の線量記録の実際
    USE CASEの紹介
    共通マスタによる線量管理
    DICOMを利⽤した線量管理が可能になる?

    View Slide

  3. DICOM規格
    • ACRとNEMAが合同で制定した医療情報交換のための規格
    • 医⽤画像を中⼼とした通信プロトコルの事実上の標準規格
    DICOM規格の範囲
    • 画像の保存:CT・MRI・NM・PET・・・
    • 画像の管理:Query・sort・・・
    • 画像の配布:Web・CD・USB・フィルム
    • 関連データの保存:測定・表⽰・放射線量・アノテーション・・・
    • ワークフローの管理:検査予約(MWM/MPPSなど)・検査進捗・・・

    View Slide

  4. DICOM Tag
    DICOMデータにおけるメタ情報
    例 (0010,0010) PN 16 Patientʼs Name
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12〜
    タグ VR
    (データの種類)
    データ⻑
    データ本体
    グループ エレメント (2〜6byte可変、VRから推定する)
    * SRやプライベートタグは例外
    VR: value representation
    ⽂字列/数値/⽇付など
    偶数:標準
    奇数:プライベート
    Byte数(偶数)

    View Slide

  5. Information Object Definition
    SOP Common Module
    Patient Module
    Image Info. Module
    :
    Image Pixel Module
    (0008,0018) SOP Instance UID
    (0008,0016) SOP Class UID
    : :
    (0010,0010) Patient Name
    (0010,0020) Patient ID
    (0010,0030) Patient Birth date
    : :
    (0028,0002) Samples per Pixel
    : :
    似たタグの集まりをタグモジュールと呼ぶ
    モダリティ毎に必須とオプションのタグモジュールが決まっている(NMとPTで異なる)

    View Slide

  6. Service Object-Pair Class
    保存や検索などの サービス とそれらで使われる オブジェクト を規定したもの
    DICOMプロトコルの コマンド データ
    CT画像
    線量レポート
    検査予約情報
    NM画像
    保存
    CT画像保存クラス
    問い合わせ
    SR保存クラス
    NM画像保存クラス
    検査情報検索クラス
    オブジェクト サービス SOP Class
    1.2.840.10008.5.1.4.1.1.2
    SOP Class UID
    1.2.840.10008.5.1.4.1.1.20
    1.2.840.10008.5.1.4.1.1.88.67
    1.2.840.10008.5.1.4.1.1.88.68
    1.2.840.10008.5.1.4.31


    View Slide

  7. Service Class User: 操作の発⾏および通知の実⾏を⾏うDICOMアプリケーション実体 →クライアント
    Service Class Provider: 操作の実⾏および通知の発⾏を⾏うDICOMアプリケーション実体 →サーバ
    Service Object-Pair Class
    SCU SCP
    SRを送ります
    保存してください
    受け取りました
    保存します
    SOP CLASS UID
    RDSR 1.2.840.10008.5.1.4.1.1.88.67
    RRDSR 1.2.840.10008.5.1.4.1.1.88.68

    View Slide

  8. Structured Report
    • DICOM object
    • レポートの⽬的別にテンプレートが定義 → TID
    • SRの通信には対応するSOPのSCU・SCP機能が必要
    SOP CLASS UID
    RDSR 1.2.840.10008.5.1.4.1.1.88.67
    RRDSR 1.2.840.10008.5.1.4.1.1.88.68

    View Slide

  9. CT RDSR IOD templates
    CT Radiation Dose
    TID 10011
    CT Accumulated
    Dose Data
    TID 10012
    CT Irradiation
    Event Data
    TID 10013
    Observer
    Context
    TID 1002
    患者情報
    検査⽇
    Dose total
    Dose total
    DLP
    計測⽅法
    SSDE
    ファントム種類
    撮影⽅法
    撮影部位
    再構成アルゴリズム
    再撮理由
    撮影条件
    スキャン帳
    ピッチ
    CTDI
    CTDIvol
    DLP

    View Slide

  10. RRDSR IOD templates
    Radiopharmaceutical
    Administration Event
    TID 10022
    Observer
    Context
    TID 1002
    Organ Dose
    TID 10023
    Person
    Participant
    TID 1020
    Radiopharmaceutical
    Radiation Dose
    TID 10021
    Imaging Agent
    Administration
    Patient Characteristic
    TID 10024
    RI医薬品名・放射性核種・半減期 →必須
    投与開始⽇時 →必須 (終了⽇時は任意)
    投与量 →必須 (測定デバイスは任意)
    臓器線量(Gy / Sv)
    投与経路・左右 →必須
    薬品ID・メーカ・分注ユニット・ロットID・
    バイアルIDなど記録可能

    View Slide

  11. View Slide





  12. View Slide

  13. Agenda
    01 |
    02 |
    03 |
    DICOM規格の基礎知識
    Tag情報・RRDSRの構造を知る
    核医学の線量記録の実際
    USE CASEの紹介
    共通マスタによる線量管理
    DICOMを利⽤した線量管理が可能になる?

    View Slide

  14. 核医学の線量記録の実際
    出⼒結果を
    送信します
    投与情報を⼊⼒して
    くれれば,レポート
    を送信します
    RDSR
    RRDSR

    View Slide

  15. 放射性医薬品の線量記録の⽅法
    表計算ソフト
    DBソフト
    線量管理システム
    HIS / RIS
    PACS
    SR
    画像
    画像
    ⽂字情報
    ⼿⼊⼒
    将来的なQ/Rの計画
    ⽂字情報
    診断装置
    DICOM
    DICOM
    患者情報
    検査オーダ
    薬剤情報
    患者情報
    オーダ

    View Slide

  16. 線量情報の記録内容
    放射性医薬品名,投与⽇時,実投与量を記録 →管理:検査⽬的・体重
    ・調製済シリンジ製剤
    放射性医薬品名・検定⽇時・検定放射能量・投与時刻
    ⼀部投与であれば残放射能量はドーズキャリブレータによる実測もしくは体積から算出し差し引く
    ・バイアル製剤(院内標識製剤、院内製造製剤を含む)
    ドーズキャリブレータで放射能量を測定し,放射性医薬品名・測定⽇時・測定放射能量・投与時刻を記録
    ・ガス製剤
    Kr-81mは検定量,Tc-99mガスは1名あたりの充填量を記載
    O-15ガスについては各施設の算出⽅法によって記載し,算出⽅法も付記

    View Slide

  17. 各システムの特徴
    利⽤システム メリット デメリット ポイント
    表計算ソフト
    (線量システムへの
    ⼿⼊⼒)
    安価
    汎⽤性が⾼い
    柔軟なシステム改修
    ⼊⼒忘れ
    typoの確率が最も⾼い
    システムの脆弱性
    データの統⼀性をどのように担保するか
    Ex. ⼼筋シンチ・⼼筋SPECT
    TF・マイオビュー etc.
    HIS / RIS
    (CSV等へ出力)
    既存システムが利⽤可能
    正確な情報の集約
    (⼿⼊⼒が最も少ない)
    システムの堅牢性
    システム改修が困難
    リプレースのたびに接続費が必要
    (線量管理ソフトと接続した場合)
    投与時間の記録をどのように⾏うか
    SR
    線量管理ソフトで⼀元管理可能
    臓器線量の推定が可能
    *DICOM viewerで確認可能
    出⼒・保存が装置に依存
    ⼊⼒の⼿間(撮影前)
    対応した薬剤のみ
    実投与量の測定や減衰計算が鍵
    ⼆核種同時収集の記録が困難
    イメージングが必須
    投与開始時刻の⼊⼒が可能か?
    DICOM tag
    OCR
    線量管理ソフトで⼀元管理可能
    既存装置の利⽤が可能
    システムの堅牢性
    線量管理システムが必要
    ⼊⼒の⼿間(撮影前)
    検査・薬剤名称を装置で管理が必要

    View Slide

  18. 表計算・DBソフトを利⽤した⽅法(⼿⼊⼒)
    No. ID ⽒名 性別
    ⾝⻑
    (cm)
    体重
    (kg)
    検査名 放射性医薬品名 投与⽇ 投与時刻
    実投与量
    (MBq)
    検定⽇ 検定時刻
    検定量
    (MBq)
    1 111111 線量 太郎 M 177 63 骨シンチ テクネHMDP注射液 2022/2/19 8:45 900 2022/2/19 12:00 555
    2 111112 親近 結⿓ M 168 65 心筋血流負荷+安静 マイオビュー注射液 2022/2/19 9:00 321 2022/2/19 12:00 259
    3 111113 親近 結⿓ M 168 65 ⼼筋⾎流負荷+安静 マイオビュー注射液 2022/2/19 11:30 780 2022/2/19 12:00 740
    4 111114 核医学 花⼦ F 150 55 心筋交感神経機能 ミオMIBG-I123注射液 2022/2/19 9:15 124 2022/2/19 12:00 111
    5 111115 ⼆核種 童⼦ F 160 70 心筋血流+脂肪酸 塩化タリウム-Tl201注射液 2022/2/19 10:00 112 2022/2/19 12:00 111
    6 111116 ⼆核種 童⼦ F 160 70 ⼼筋⾎流+脂肪酸 カルディオダイン注 2022/2/19 10:00 151 2022/2/19 12:00 148
    7 111117 換気 信⼆ M 155 62 肺換気 クリプトンジェネレータ 2022/2/19 10:30 185 2022/2/19 10:00 185
    8 111118 内⽤ 療⼦ F 165 60 甲状腺内用療法 ヨウ化ナトリウムカプセル-5号 2022/2/19 11:00 185 2022/2/19 12:00 185
    この組み合わせによって管理をする必要がある
    ・プルダウン⼊⼒? 選択が⼤変
    ・⼿⼊⼒? 統⼀性
    ・DRLsや他施設との⽐較が可能な名称?
    投与時刻の記録⽅法は?

    View Slide

  19. HIS/RISを利⽤した⽅法
    既存システムが利⽤可能
    正確な情報の集約
    システムの堅牢性
    線量管理システム
    Dose calibrator
    ⾃動投与装置
    MWM
    HIS・RIS
    表計算・DBソフト
    Q/R
    QR code CSV
    CSV

    View Slide

  20. 投与時に押下
    ⼀部投与時に押下

    View Slide

  21. DICOM・RRDSRを利⽤した⽅法
    撮像必須(内⽤療法・⼆核種)
    線量管理システム
    MWM
    線量情報・Study名
    HIS・RIS
    核医学診断装置
    PACS
    検像
    SRに対応?
    Q/R
    DICOM RRDSR
    SC
    ⼿動⼊⼒

    View Slide

  22. Tag No. Tag Name Length
    患者情報
    (0010,0010) Patient's Name 16
    (0010,0020) Patient ID 8
    (0010,0030) Patient's Birth Date 8
    (0010,0040) Patient's Sex 2
    (0010,1010) Patient's Age 4
    (0010,1020) Patient's Size 4
    (0010,1030) Patient's Weight 4
    検査情報
    (0008,0020) Study Date 8
    (0008,1030) Study Description 30
    (0008,103E) Series Description 14
    (0018,1030) Protocol Name 14
    放射性医薬品情報
    (0018,0031) Radiopharmaceutical 26
    (0018,1071) Radiopharmaceutical Volume 2
    (0018,1072) Radiopharmaceutical Start Time 10
    (0018,1073) Radiopharmaceutical Stop Time 10
    (0018,1074) Radionuclide Total Dose 14
    (0018,1075) Radionuclide Half Life 16
    DICOM tag
    MWM・⼿⼊⼒
    MWM・装置の規定値
    ⼿⼊⼒・装置の規定値

    View Slide

  23. HMDP
    HMDP
    HMDP
    Bone HMDP
    Versionの違い
    撮像⽅法の違い
    Intervention Drug Start Time
    (0018,0035)→NM, PET, IVR
    ⼆核種の⼊⼒不可
    Radiopharmaceutical Start Time
    (0018,1072)→NM, PET
    DICOM tag

    View Slide

  24. *Series毎に数値が異なると複数回の投与イベントが作成される
    線量管理システム

    View Slide

  25. 線量管理システム

    View Slide

  26. 線量管理システム

    View Slide

  27. 線量管理システム

    View Slide

  28. メタ情報は正しく保存されてますか?
    • 薬剤名・投与量はデフォルト値が保存されてませんか?
    例)⾻シンチ(MDPとHMDP)
    ⼼筋⾎流SPECT Tetrofosmin (RestとStressを区別)
    • シリーズ毎に異なる値が⼊⼒されてませんか?
    • Study名称は⼗分に区別されてますか?

    View Slide

  29. Agenda
    01 |
    02 |
    03 |
    DICOM規格の基礎知識
    Tag情報・RRDSRの構造を知る
    核医学の線量記録の実際
    USE CASEの紹介
    共通マスタによる線量管理
    DICOMを利⽤した線量管理が可能になる?

    View Slide

  30. 標準マスタ:JJ1017コード
    8 J3 KH JS 206 0 0 00 00 0 0 81 45 0000000000
    ⼼筋⾎流シンチSPECT撮像(99mTc-TF)(エルゴメータ負荷)(⼼電図同期収集)
    JIRAとJAHISが作成した放射線領域の標準コード (32桁)
    部位の同定および会計に必須な情報 16M(前半16桁)
    検査の実施に付加的な情報(将来的な拡張に備えて予約) 16S(後半16桁)
    ⼼電図同期収集にて
    99mTc
    核医学検査
    SPECT(静態)
    ⾎流(定量)(エルゴメータ負荷)
    99mTc-TF
    ⼼筋
    ⼿技
    (⼩分類)
    ⼿技
    (拡張)

    View Slide

  31. RadLex: Radiology lexicon
    RSNAが作成した放射線医学の標準⽤語集
    読影レポート・診断⽀援の研究に利⽤
    RPID Letter Code Short Description Long Description
    RPID5081 NMHB NM Hepatobiliary NM Hepatobiliary
    RPID5083 NMBOWB NM Bone Whole Body NM Bone Whole Body
    RPID5095 NMHRIF NM Heart Infarct NM Heart Infarction
    RPID5099 NMHDCSF NM Brain CSF Leak NM Brain Cerebrospinal Fluid Leak
    RPID5108 NMESRF NM Esoph GE Reflux NM Esophagus Gastroesophageal Reflux
    RPID5110 NMGIBL NM GI Bleed NM Gastrointestinal Bleeding
    RPID5117 NMLISN NM Liver Spleen NM Liver Spleen
    RPID5120 NMLISNFL NM Liver Spleen w Flow NM Liver Spleen With Flow
    RPID5121 NMLUPFQU NM Lung Perfus w Quant NM Lung Perfusion With Quantification
    RPID5122 NMLUVEPF NM Lung Vent Perfus NM Lung Ventilation Perfusion
    RPID5129 NMPT NM Parathyroid NM Parathyroid
    RPID5135 NMKDSP NM Kidney SPECT NM Kidney SPECT
    RPID5139 NMSG NM Salivary Gland NM Salivary Gland
    RPID5143 NMTCFL NM Testicle w Flow NM Testicle With Flow
    RPID5177 NMBMWB NM Marrow Whole Body NM Bone Marrow Whole Body
    RPID5178 NMBW NM Bowel NM Bowel
    RPID5184 NMHRSH NM Heart Shunt Detect NM Heart Shunt Detection
    RPID5189 NMLI NM Liver NM Liver
    RPID5205 NMLISP NM Liver SPECT NM Liver SPECT
    RPID5212 NMTH NM Thyroid NM Thyroid
    RPID5238 NMLUPF NM Lung Perfus NM Lung Perfusion
    RPID5249 NMBOSP NM Bone SPECT NM Bone SPECT
    RPID5263 NMBO NM Bone Ltd NM Bone Limited
    RPID5264 NMHRIFSP NM Heart Infarct SPECT NM Heart Infarction SPECT
    RPID5268 NMESMO NM Esoph Motility NM Esophagus Motility
    RPID5269 NMABPESH NM Abd Perit Vein Shunt Paten NM Abdomen Peritoneal Venous Shunt Patency

    View Slide

  32. 核医学における線量管理のための共通マスタ
    • 線量管理を⽬的とした共通の核医学検査リスト
    • JJ1017指針 Ver 3.4 ⼿技(⼩分類)および⼿技(拡張)をもとに作成
    • ⼀部の装置にはStudy descriptionの⽂字数に制限がある (通常64⽂字)
    ガンマカメラ:16⽂字,PET:15⽂字
    ⽇本放射線技術学会 放射線防護委員会「核医学領域における線量管理に関する検討班」が作成中

    View Slide

  33. 共通マスタ
    DRL2020 Japan Study description
    薬剤名称 Long Short
    脳⾎流:99mTc-ECD(安静あるいは負荷1 回のみ) Cerebral blood flow 99mTc-ECD Rest CBF ECD R
    脳⾎流:99m
    Tc-ECD(安静あるいは負荷1 回のみ) Cerebral blood flow 99m
    Tc-ECD Stress CBF ECD S
    脳⾎流:99mTc-ECD(安静+負荷) Cerebral blood flow 99mTc-ECD Stress and Rest CBF ECD SR
    脳⾎流:99m
    Tc-HMPAO(安静あるいは負荷1 回のみ) Cerebral blood flow 99m
    Tc-HMPAO Rest CBF HMPAO R
    脳⾎流:99mTc-HMPAO(安静あるいは負荷1 回のみ) Cerebral blood flow 99mTc-HMPAO Stress CBF HMPAO S
    脳⾎流:99m
    Tc-HMPAO(安静+負荷) Cerebral blood flow 99m
    Tc-HMPAO Stress and Rest CBF HMPAO SR
    脳⾎流:123I-IMP(安静あるいは負荷1 回のみ) Cerebral blood flow 123I-IMP Rest CBF IMP R
    脳⾎流:123I-IMP(安静あるいは負荷1 回のみ) Cerebral blood flow 123
    I-IMP Stress CBF IMP S
    脳⾎流:123I-IMP(安静+負荷) Cerebral blood flow 123I-IMP Stress and Rest CBF IMP SR
    脳槽・脊髄腔:111In-DTPA Brain cisternography 111
    In-DTPA Cisterno DTPA
    線条体:123I-ioflupane Dopamine transporter 123
    I-ioflupane DAT FP-CIT
    脳受容体:123I-iomazenil Benzodiazepine receptor 123
    I-iomazenil BZR IMZ
    甲状腺:99mTcO4- Thyroid 99mTcO4- rest Thyroid Tc R
    甲状腺:99mTcO4- Thyroid 99mTcO4- stress Thyroid Tc S
    甲状腺:99mTcO4- Thyroid 99mTcO4- stress and rest Thyroid Tc SR
    甲状腺摂取率:Na123I Thyroid uptake Na123I rest Thyroid 123I R
    甲状腺摂取率:Na123
    I Thyroid uptake Na123
    I stress Thyroid 123I S
    甲状腺摂取率:Na123I Thyroid uptake Na123I stress and rest Thyroid 123I SR
    副甲状腺:99m
    Tc-MIBI Parathyroid 99m
    Tc-MIBI Parathyroid MIBI
    副甲状腺:99m
    TcO4-
    Parathyroid 99m
    TcO4-
    Parathyroid Tc
    副甲状腺:201Tl-chloride Parathyroid 201Tl-chloride Parathyroid Tl
    唾液腺:99mTcO4- Salivary 99mTcO4- rest Salivary Tc R
    唾液腺:99mTcO4- Salivary 99mTcO4- stress Salivary Tc S
    唾液腺:99mTcO4- Salivary 99mTcO4- stress and rest Salivary Tc SR
    ⼼プール:99m
    Tc-HSA-D Cardiac blood pool 99m
    Tc-HSA-D CBP HSA-D
    ⼼筋脂肪酸代謝:123I-BMIPP Myocardial fatty acids 123
    I-BMIPP MFA BMIPP
    ⼼筋⾎流:99m
    Tc-MIBI(安静あるいは負荷1 回のみ) Myocardial blood flow 99m
    Tc-MIBI rest MBF MIBI R
    ⼼筋⾎流:99m
    Tc-MIBI(安静あるいは負荷1 回のみ) Myocardial blood flow 99m
    Tc-MIBI stress MBF MIBI S
    ⼼筋⾎流:99m
    Tc-MIBI(安静+負荷) Myocardial blood flow 99m
    Tc-MIBI stress and rest MBF MIBI SR
    ⼼筋⾎流:99m
    Tc-tetrofosmin(安静あるいは負荷1 回のみ) Myocardial blood flow 99m
    Tc-TF rest MBF TF R
    ⼼筋⾎流:99m
    Tc-tetrofosmin(安静あるいは負荷1 回のみ) Myocardial blood flow 99m
    Tc-TF stress MBF TF S
    ⼼筋⾎流:99m
    Tc-tetrofosmin(安静+負荷) Myocardial blood flow 99m
    Tc-TF stress and rest MBF TF SR
    ⼼筋⾎流:201Tl-chloride Myocardial blood flow 201
    Tl rest MBF Tl R
    ⼼筋⾎流:201Tl-chloride Myocardial blood flow 201
    Tl stress MBF Tl S
    ⼼筋⾎流:201Tl-chloride Myocardial blood flow 201
    Tl stress and rest MBF Tl SR
    ⼼筋梗塞:99mTc-PYP Myocardial infarction 99mTc-PYP MI PYP
    ⼼交感神経機能:123I-MIBG Myocardial sympathetic innervation 123I-MIBG MSI MIBG
    肺⾎流:99m
    Tc-MAA Lung perfusion 99m
    Tc-MAA Lung MAA
    肺換気:81mKr-gas Lung Ventilation 81mKr-gas Lung Venti Kr
    センチネルリンパ節(乳癌):99m
    Tc-phytate Sentinel lymph node (Breast cancer) 99m
    Tc-phytate SLN-Breast phy
    センチネルリンパ節(乳癌):99m
    Tc-Sn colloid Sentinel lymph node (Breast cancer) 99m
    Tc-Sn colloid SLN-Breast Sn
    腎静態:99m
    Tc-DMSA Renal 99m
    Tc-DMSA Renal DMSA
    腎動態:99m
    Tc-DTPA Renal 99m
    Tc-DTPA rest Renal DTPA R
    腎動態:99mTc-DTPA Renal 99mTc-DTPA stress Renal DTPA S
    腎動態:99mTc-DTPA Renal 99mTc-DTPA stress and rest Renal DTPA SR
    腎動態:99mTc-MAG3 Renal 99mTc-MAG3 rest Renal MAG3 R
    腎動態:99mTc-MAG3 Renal 99mTc-MAG3 stress Renal MAG3 S
    腎動態:99mTc-MAG3 Renal 99mTc-MAG3 stress and rest Renal MAG3 SR
    消化管出⾎:99mTc-HSA-D Gastrointestinal Bleeding 99mTc-HSA-D GI Bleed HSA-D
    蛋⽩漏出:99mTc-HSA-D Protein loosing 99mTc-HSA-D Protein loosing
    メッケル憩室:99m
    TcO4
    -
    Meckel diverticulum 99m
    TcO4
    -
    Meckel Tc
    肝機能:99m
    Tc-GSA Liver function 99m
    Tc-GSA Liver GSA
    肝・脾:99m
    Tc-phytate Liver spleen 99m
    Tc-phytate Liver phy
    肝・脾:99mTc-Sn colloid Liver spleen 99mTc-Sn colloid Liver spleen Sn
    肝胆道:99mTc-PMT Hepatogram 99mTc-PMT Hepatogram PMT
    副腎髄質:123I-MIBG Adrenal 123
    I-MIBG Adrenal MIBG
    副腎⽪質:131I-adosterol Adrenal 131I-adosterol rest Adosterol R
    副腎⽪質:131I-adosterol Adrenal 131I-adosterol stress Adosterol S
    副腎⽪質:131I-adosterol Adrenal 131I-adosterol stress and rest Adosterol SR
    RI ベノグラフィ:99mTc-MAA Venography 99mTc-MAA Venography MAA
    センチネルリンパ節(メラノーマ):99mTc-phytate Sentinel lymph node (Melanoma) 99mTc-phytate SLN-Mela phy
    センチネルリンパ節(メラノーマ):99mTc-Sn colloid Sentinel lymph node (Melanoma) 99mTc-Sn colloid SLN-Mela Sn
    リンパ管:99mTc-HSA-D Lympha 99mTc-HSA-D lympha HSA-D
    RI アンギオグラフィ:99mTc-HSA-D Radioisotope Angio 99mTc-HSA-D RI Angio HSA-D
    ⾻:99m
    Tc-MDP Bone 99m
    Tc-MDP Bone MDP
    ⾻:99m
    Tc-HMDP Bone 99m
    Tc-HMDP Bone HMDP
    腫瘍:201Tl-chloride Tumor 201
    Tl Tumor WB Tl
    腫瘍・炎症:67Ga-citrate Tumor 67
    Ga Tumor 67Ga
    ソマトスタチン受容体:111In-pentetreotide Somatostatin receptor 111
    In-pentetreotide In pentetreotide
    Shortの利⽤を推奨

    View Slide

  34. 共通マスタの活⽤例: 表計算ソフト
    No. ID ⽒名 性別
    ⾝⻑
    (cm)
    体重
    (kg)
    検査名 放射性医薬品名 投与⽇ 投与時刻
    実投与量
    (MBq)
    検定⽇ 検定時刻
    検定量
    (MBq)
    1 111111 線量 太郎 M 177 63 骨シンチ テクネMDP注射液 2022/2/19 8:45 900 2022/2/19 12:00 555
    2 111112 親近 結⿓ M 168 65 心筋血流負荷+安静 カーディオライト注射液 2022/2/19 9:00 321 2022/2/19 12:00 259
    3 111113 親近 結⿓ M 168 65 ⼼筋⾎流負荷+安静 カーディオライト注射液 2022/2/19 11:30 780 2022/2/19 12:00 740
    4 111114 核医学 花⼦ F 150 55 心筋交感神経機能 ミオMIBG-I123注射液 2022/2/19 9:15 124 2022/2/19 12:00 111
    5 111115 ⼆核種 童⼦ F 160 70 心筋血流+脂肪酸 塩化タリウム-Tl201注射液 2022/2/19 10:00 112 2022/2/19 12:00 111
    6 111116 ⼆核種 童⼦ F 160 70 ⼼筋⾎流+脂肪酸 カルディオダイン注 2022/2/19 10:00 151 2022/2/19 12:00 148
    7 111117 換気 信⼆ M 155 62 肺換気 クリプトンジェネレータ 2022/2/19 10:30 185 2022/2/19 10:00 185
    8 111118 内⽤ 療⼦ F 165 60 甲状腺内用療法 ヨウ化ナトリウムカプセル-5号 2022/2/19 11:00 185 2022/2/19 12:00 185
    No. ID ⽒名 性別
    ⾝⻑
    (cm)
    体重
    (kg) Study description 放射性医薬品名 投与⽇ 投与時刻
    実投与量
    (MBq)
    検定⽇ 検定時刻
    検定量
    (MBq)
    1 111111 線量 太郎 M 177 63 Bone MDP テクネMDP注射液 2022/2/19 8:45 900 2022/2/19 12:00 555
    2 111112 親近 結⿓ M 168 65 MBF MIBI SR カーディオライト注射液 2022/2/19 9:00 321 2022/2/19 12:00 259
    3 111113 親近 結⿓ M 168 65 MBF MIBI SR カーディオライト注射液 2022/2/19 11:30 780 2022/2/19 12:00 740
    4 111114 核医学 花⼦ F 150 55 MSI MIBG ミオMIBG-I123注射液 2022/2/19 9:15 124 2022/2/19 12:00 111
    5 111115 ⼆核種 童⼦ F 160 70 MPFA Tl BMIPP 塩化タリウム-Tl201注射液 2022/2/19 10:00 112 2022/2/19 12:00 111
    6 111116 ⼆核種 童⼦ F 160 70 MPFA Tl BMIPP カルディオダイン注 2022/2/19 10:00 151 2022/2/19 12:00 148
    7 111117 換気 信⼆ M 155 62 Lung Venti Kr クリプトンジェネレータ 2022/2/19 10:30 185 2022/2/19 10:00 185
    8 111118 内⽤ 療⼦ F 165 60 Thyroid Therapy ヨウ化ナトリウムカプセル-5号 2022/2/19 11:00 185 2022/2/19 12:00 185
    Study descriptionに検査⽬的+薬剤情報

    View Slide

  35. HMDP
    Bone HMDP
    Study Description
    (0018,1030) ⼼筋⾎流+脂肪酸代謝:Myocardial perfusion → MPFA Tl BMIPP
    ⼼筋⾎流負荷+安静(1⽇法): Myocardial perfusion → MBF MIBI SR
    ⼆核種同時収集時にも対応可能
    (投与量の⼯夫が必要)
    Sestamibi (stress)とSestamibi (rest)の区別
    StressとRestで薬剤分布が異なるため,
    臓器線量が異なる
    共通マスタの活⽤例: DICOM・RRDSR

    View Slide

  36. SPECT (54) PET (44)
    CT dose report (64)
    ⾝⻑ 体重 投与情報 ⾝⻑ 体重 投与情報
    RIS
    JJ1017 ver.3.1
    76 76 100 89 91 100
    100
    MPPS
    DICOM
    MWM 共通マスタ
    68 68 65 (74) 100 100 100 100
    RRDSR 41 41 60 - - - 100

    *内⽤療法0件
    各データ取得⽅法での検証
    2 weeks

    View Slide

  37. SPECT (54) PET (44)
    CT dose report (64)
    ⾝⻑ 体重 投与情報 ⾝⻑ 体重 投与情報
    RIS
    JJ1017 ver.3.1
    76 76 100 89 91 100
    100
    MPPS
    DICOM
    MWM 共通マスタ
    68 68 65 (74) 100 100 100 100
    RRDSR 41 41 60 - - - 100
    各データ取得⽅法での検証

    ⼊⼒漏れ
    *内⽤療法0件
    ⼊⼒漏れ+⾮対応薬剤
    重複取得
    Dose moduleリタイア
    NMはver.3.2以降
    HISのみ⼊⼒可

    View Slide

  38. 共通マスタを利⽤した線量管理
    Radiopharmceutical
    Radioactivity
    in DRL
    共通マスタ (2022) メーカ既定マスタ (2021)
    N
    Study
    description
    使用記録簿 DICOM
    Mean
    difference
    (%)
    N
    Study
    description
    使用記録簿
    骨シンチ : MDP 950 16 Bone MDP 935.2±121.8 999.1±145.5 6.8 20 Bone Scan 935.3±141.9
    骨シンチ : HMDP 950 3 Bone HMDP 918.5±173.5 938.3±153.7 2.2 4 Bone Scan 805.7±7.9
    脳血流: ECD (rest/load) 800 9 CBF ECD R 659.2±93.4 587.7±109.6 10.8 4 Brain Scan 652.1±125.7*
    脳血流: IMP (rest/load) 200 10 CBF IMP R 185.2±6.1 178.0±9.8 3.9 7 Brain Scan 182.2±12.8*
    線状体: ioflupane 190 8 DAT FP-CIT 175.1±2.1 173.6±3.9 0.9 6 Brain Scan 175.5±1.4
    心筋血流: MIBI (負荷+安静) 1200 18 MBF MIBI SR 1148.2±126.0 1151.9±116.0 0.3 0 Myocardial
    Perfusion
    -
    心筋血流: TlCl (負荷+安静) 120 0 MBF Tl SR - - - 17 Myocardial
    Perfusion
    111.5±9.9*
    心筋交感神経機能 130 5 MSI MIBG 128.8±4.0 124.8±7.9 3.1 3 Myocardial
    Perfusion
    124.0±9.9
    センチネル (乳がん) 120 10 SLN-Breast phy 55.2±4.7 55.5±4.1 0.5 10 Lymphatic Scan 56.1 ± 14.4*
    FDG PET (Delivery) 240 102 Tumor FDG DEL 246.2±43.6 245.1±42.0 0.4 100 - 257.2±42.0
    *薬剤の判定が不可能 *運⽤上,薬剤の判定が可能
    標準体型以外の患者も含む

    View Slide

  39. まとめ
    • いずれのシステムにおいても投与時刻の取得⽅法が鍵 !
    • DICOM tagに投与量情報が⼊⼒可能であれば,
    将来的に線量管理システムに集約可能かも
    ・放射能量は検定量 / 推定実投与量のどちらかに統⼀
    ・⽇常のデータ確認は必須 !!
    ・RRDSRのみでの運⽤は現状では困難 (IMP, GSA, BZRなど)
    ・Study descriptionに共通マスタを利⽤する
    ・線量記録情報が使⽤記録簿になりうることはない → 使⽤者・残量の記録など
    • RISで線量記録を⾏う際にはJJ1017コード( ver.3.4以降)が活躍?
    • DRLs2020に未掲載の検査についても管理可能な準備

    View Slide