Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コネヒトとOSSのこれまでとこれから / The past and future of Connehito with OSS

Ad4c3c738e57a9bbcb800871e81c232d?s=47 itosho
July 09, 2019

コネヒトとOSSのこれまでとこれから / The past and future of Connehito with OSS

OSSを公開している(したい)エンジニア交流会の登壇資料です。

Ad4c3c738e57a9bbcb800871e81c232d?s=128

itosho

July 09, 2019
Tweet

Transcript

  1. コネヒトとOSSのこれまでとこれから OSSを公開している(したい)エンジニア交流会: @itosho 1

  2. ▪ 自己紹介 伊藤 翔 @itosho コネヒト株式会社 CTO(2019年6月〜)

  3. ▪ 私とOSS 【公開OSS】 ・Easy Query: bulk insert等が簡単に出来るCakePHPのプラグイン https://github.com/itosho/easy-query ・gdp: Go製のデプロイ

    / リリースノート作成ツール https://github.com/Connehito/gdp 【OSS開発で影響を受けた言葉】 “成果が永遠にみんなのものであり続ける仕組みも含めて オープンソースという言葉を使おう”(中島 拓さん) 詳細: https://essa.hatenablog.com/entry/20090620/p1
  4. コネヒトについて 4

  5. ▪ コーポレートミッション

  6. ▪ プロダクト ・ママの3人に1人が利用中! ※1 ママ向けNo.1アプリ「ママリ」 ※2 ※1. 「ママリ」の初回登録時に入力された出産予定日と、厚生労働省発表「人口動態統計」から算出。 ※2. 妊娠中〜2歳0ヶ⽉の

    ⼦供を持つ⼥性1,023⼈を対象とした調査より「現在使っているアプリ(妊娠・⼦育て系) をすべて教えてください」で第1位 (2017年8⽉実施、調査協⼒:インテージ)。 ユーザー同士で悩みを相談しあうQ&A機能 Q&Aコミュニティ 生活に役立つ記事を毎日配信。専門家監修の記事も多 数。 メディア 人気順の質問検索や回答リクエスト、プレミアム限定記 事など、ママリをより便利に使える機能を提供。 ママリプレミアム
  7. ▪ プロダクト ・ママの3人に1人が利用中! ※1 ママ向けNo.1アプリ「ママリ」 ※2 ※1. 「ママリ」の初回登録時に入力された出産予定日と、厚生労働省発表「人口動態統計」から算出。 ※2. 妊娠中〜2歳0ヶ⽉の

    ⼦供を持つ⼥性1,023⼈を対象とした調査より「現在使っているアプリ(妊娠・⼦育て系) をすべて教えてください」で第1位 (2017年8⽉実施、調査協⼒:インテージ)。 ユーザー同士で悩みを相談しあうQ&A機能 Q&Aコミュニティ 生活に役立つ記事を毎日配信。専門家監修の記事も多 数。 メディア 人気順の質問検索や回答リクエスト、プレミアム限定記 事など、ママリをより便利に使える機能を提供。 ママリプレミアム エンジニア絶賛募集中!
  8. コネヒトとOSS 8

  9. ▪ OSS貢献/開発に積極的な環境 ・エンジニア: 12名  ・Kotlinコントリビューター: 1名  ・CakePHPコントリビューター: 4名  ・他のOSSのコントリビュートや自作OSSの開発も! ・カンファレンスの協賛も会社として積極的に実施

  10. ▪ OSS貢献/開発に積極的な環境 ・エンジニア: 12名  ・Kotlinコントリビューター: 1名  ・CakePHPコントリビューター: 4名  ・他のOSSのコントリビュートや自作OSSの開発も! ・カンファレンスの協賛も会社として積極的に実施

    そこから取材や執筆依頼も来るように!
  11. これまでの取り組み 11

  12. ▪ ガイドライン作成 ・個人開発のOSSをプロダクション投入する際の方針  例: MITライセンスであること    各言語標準のエコシステムに乗っていること    テストがきちんと書かれていること    ドキュメントが整備されていること    メンテし続けていく気概があること    投入する前にチームメンバーに相談するetc…

     詳細: 個人で開発したOSSを会社のプロダクションコードに投入した話 http://tech.connehito.com/entry/2017/11/16/143923
  13. ▪ ガイドライン作成 ・個人開発のOSSをプロダクション投入する際の方針  例: MITライセンスであること    各言語標準のエコシステムに乗っていること    テストがきちんと書かれていること    ドキュメントが整備されていること    メンテし続けていく気概があること    投入する前にチームメンバーに相談するetc…

     詳細: 個人で開発したOSSを会社のプロダクションコードに投入した話 http://tech.connehito.com/entry/2017/11/16/143923 逆に組織としては、 これぐらいしかやっていない
  14. 何故、OSS貢献に積極的なのか? 14

  15. ▪ 会社のカルチャーと相性がよかった ・社会貢献性の高いミッション/プロダクト ・オープンな発信を良しとするバリュー(行動指針)

  16. ▪ 会社のカルチャーと相性がよかった ・社会貢献性の高いミッション/プロダクト ・オープンな発信を良しとするバリュー(行動指針) 自然とそれを是とする エンジニアが集まった

  17. これからの取り組み 17

  18. ▪ 組織として支援する ・良くも悪くも、個人の意識に依存している ・会社 / 組織として持続可能な仕組みをつくる

  19. ▪ 組織として支援する ・良くも悪くも、個人の意識に依存している ・会社 / 組織として持続可能な仕組みをつくる 現在、新制度整備中!

  20. 時間があったらチラ見せ 20

  21. ▪ 実現したいこと ・OSSコミュニティや他社になくてはならない開発組織 OSSコミュニティ コネヒト OSSコミュニティ コネヒト Take ・OSSの利用 ・他社事例

    Take ・OSSの利用 ・他社事例 Give ・OSS貢献 ・事例発信 成長! 成長! 発展!
  22. ▪ 実現したいこと ・OSSコミュニティや他社になくてはならない開発組織 OSSコミュニティ コネヒト OSSコミュニティ コネヒト Take ・OSSの利用 ・他社事例

    Take ・OSSの利用 ・他社事例 Give ・OSS貢献 ・事例発信 成長! 成長! 発展! Give&TakeのループでWin-Winの関係!
  23. ▪ いわゆるアウトプット支援制度だが … ・アウトプットをするとお金がもらえる制度ではない ・お金のモチベーションは続かない(モチベーション3.0) ・アウトプットに必要なインプットを支えたい ・個人の取り組みではなく組織として高め合える制度設計

  24. ▪ いわゆるアウトプット支援制度だが … ・アウトプットをするとお金がもらえる制度ではない ・お金のモチベーションは続かない(モチベーション3.0) ・アウトプットに必要なインプットを支えたい ・個人の取り組みではなく組織として高め合える制度設計 新しい取り組みをする時は  「目新しさ」と「自分たちらしさ」 を上手く融合させることが大切

  25. 25 タイムアップ! 続きはこの後

  26. ご清聴ありがとうございました! 26