Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SIGGRAPH Asia 2020勉強会: Animation Fluid / SIGGRAPH Asia 2020 reading in Japanese: Animation Fluid

E2dd989b2ba0f83d8a981b9cb3197bf1?s=47 mocobt
February 26, 2021

SIGGRAPH Asia 2020勉強会: Animation Fluid / SIGGRAPH Asia 2020 reading in Japanese: Animation Fluid

SIGGRAPH Asia 2020勉強会(https://siggraph.xyz/sa2020/) のAnimation: Fluidの資料です。
名前は違いますが、僕です。
Frequency-Domain Smoke Guiding. Forootaninia and Narain. (https://www-users.cs.umn.edu/~foro0012/FDSG/) の紹介がメインです。

E2dd989b2ba0f83d8a981b9cb3197bf1?s=128

mocobt

February 26, 2021
Tweet

Transcript

  1. SIGGRAPH Asia 2020勉強会 Animation: Fluid 時雨澤鯵太郎

  2. 時雨澤鯵太郎 好きな刺身: ブリ 担当: • Animation: Fluid • Digital geometry

    processing
  3. Abstracts

  4. An Extended Cut-Cell Method for Sub-Grid Liquids Tracking with Surface

    Tension 格子法において、 Gridより液体が小さい場合に生じていた Artifactを抑えるカットセル法の提案 RBF Liquids: An Adaptive PIC Solver Using RBF-FD RBF-FDとPICを組み合わせて、見た目を損なわず粒子数削減 &P2GとG2Pの速度伝播精度を向上 An Adaptive Staggered-Tilted Grid for Incompressible Flow Simulation AST格子/AST Octreeというデータ構造を導入し、非圧縮性流体計算の Visual artifactを従来以上に抑制 Frequency-Domain Fluid Guiding 低解像度のガイド速度場と高解像度の速度場を用いて、所望の見た目の煙を高速に得る手法の提案 Semi-Analytic Boundary Handling Below Particle Resolution for Smoothed Particle Hydrodynamics SPHの境界GeometryをSDFで表現し、境界が細かい場合にも尤もらしい結果が得られるようになった
  5. An Extended Cut-Cell Method for Sub-Grid Liquids Tracking with Surface

    Tension 格子法において、 Gridより液体が小さい場合に生じていた Artifactを抑えるカットセル法の提案 RBF Liquids: An Adaptive PIC Solver Using RBF-FD RBF-FDとPICを組み合わせて、見た目を損なわず粒子数削減 &P2GとG2Pの速度伝播精度を向上 An Adaptive Staggered-Tilted Grid for Incompressible Flow Simulation AST格子/AST Octreeというデータ構造を導入し、非圧縮性流体計算の Visual artifactを従来以上に抑制 Frequency-Domain Fluid Guiding 低解像度のガイド速度場と高解像度の速度場を用いて、所望の見た目の煙を高速に得る手法の提案 Semi-Analytic Boundary Handling Below Particle Resolution for Smoothed Particle Hydrodynamics SPHの境界GeometryをSDFで表現し、境界が細かい場合にも尤もらしい結果が得られるようになった
  6. Background: 煙simの計算時間削減のために低解像度で試した後、高解像度で計算し直すことが多いが、Artifactが生じる Novelty: • 周波数領域での速度場に対する新しいlow-pass/high-pass filterを提案し、Guidingコストを大幅に緩和 • EulerianベースのSmoke simで生じていたGridに沿ったArtifactを消すためのテクニックを提案(FLIPっぽい?説明略) ガイドありなしの比較

    (左) 低解像度 (中)ガイドなし高解像度 (右)ガイドあり高解像度 先行研究との速度比較 (Ideal guiding) 提案手法 (Primal-dual guiding) [Ingris et al. CGF 2017]
  7. 見た目の比較 Low-resに合った見た目をしつつ、しっかり煙っぽくなっている! 提案手法

  8. シーンによる計算コストの変化 ガイド自体のオーバーヘッドは無視できるレベル!

  9. None
  10. Smoke guidingの既存研究 Artifact大 円をGuideとしてFluid sim [Inglis et al. CGF 2017]

    低解像度sim結果をGaussian filterで抽出し、新 たに計算した高解像度simの結果とmerge [Nielsen et al. SCA 2009] Dictionary learningで速度場のUpsampling [Bai et al. TOG 2020] 計算時間大 計算時間大
  11. Smoke guidingの既存研究 Artifact大 円をGuideとしてFluid sim [Inglis et al. CGF 2017]

    低解像度sim結果をGaussian filterで抽出し、新 たに計算した高解像度simの結果とmerge [Nielsen et al. SCA 2009] Dictionary learningで速度場のUpsampling [Bai et al. TOG 2020] 計算時間大 計算時間大 なぜArtifactが大きくなってしまうのか? → 解決出来れば、速い上に Artifactが小さいので嬉しい
  12. 準備: 速度場の低周波成分と高周波成分 ある煙simの速度場uがあるとき、その低周波成分は以下で表される Gaussian filter このとき、高周波成分は以下のようになる

  13. Gaussian filterベースのguiding 大局的な流れ(=低周波成分)はユーザが与えた低解像度のガイド速度場に、 局所的な流れ(=高周波成分)は新たに計算した高解像度の速度場に近いと嬉しいので、 となってほしい...

  14. なぜArtifactが生じるのか? よくわからんので、FFTを適用してみる FFT(hatはフーリエ変換後の関数 ) 必ず0以上1未満 → 高周波成分は減衰していく

  15. べき等性を考慮したCutoff Filter 新規性の8割はこれだけ!シンプル!

  16. 周波数領域でのCutoff Filterのべき等性 高周波成分が失われていないことが確認できる

  17. Guiding algorithm

  18. None
  19. Background: 煙simの計算時間削減のために低解像度で試した後、高解像度で計算し直すことが多いが、Artifactが生じる Novelty: • 周波数領域での速度場に対する新しいlow-pass/high-pass filterを提案し、Guidingコストを大幅に緩和 • EulerianベースのSmoke simで生じていたGridに沿ったArtifactを消すためのテクニックを提案(FLIPっぽい?説明略) ガイドありなしの比較

    (左) 低解像度 (中)ガイドなし高解像度 (右)ガイドあり高解像度 先行研究との速度比較 (Ideal guiding) 提案手法 (Primal-dual guiding) [Ingris et al. CGF 2017] Summary
  20. 所感 Positive • アイディアシンプルすぎてかっこいい... • 公式実装はmantaflowに追加しただけ。実装も最小限でかっこいい.... Negative • 論文中のシーンが限定的な気がするので、シーンにもう少しバリエーションがほしいかも... その他

    • Semi-Lagrangianベースの手法(FLIPとかAPIC)へ発展させると面白いかも?