Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Tips For Product Growth Freaks

763e77506a1534bdc6fcc930f5d94eb6?s=47 かじけん
September 12, 2019

Tips For Product Growth Freaks

本質論なんだけど、中上級者が意外と見落としがちな3つのテーマについて話しました。

- Metrics設定の極意
- 数値の伸ばし方の極意
- 強いチームのつくりかた

763e77506a1534bdc6fcc930f5d94eb6?s=128

かじけん

September 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. ˇ Tips For Product Growth Freaks 中上級者向けのグロースガイド

  2. PAGE 2 梶⾕ 健⼈ MESON, inc. CEO 株式会社MESONの代表. 「いちばんやさしいグロースハックの教本」 (Amazonのマーケティング・セールス⼀般カテゴリ1位)の著者.

    ⼥性向けファッションサービスiQONのGrowthを担当した後, インド・アメリカにて現地スタートアップのサービスデザインと グロースハックに従事. 世界⼀周後帰国し、 AR時代のユースケースとUX開発を⾏うMESONを創業.
  3. PAGE 3 / And much more...

  4. PAGE 4 AR PORTAL AR CITY AR AR AWE AWARD

    FINALIST AWE AWARD FINALIST UNITY DEVELOPMENT CASE 2019
  5. PAGE 5 TODAY'S TOPIC

  6. PAGE 6 普段よく話すテーマ

  7. PAGE 7 ӡӦͷํ

  8. PAGE 8 ༏लͳਓ͕͘Δͱࢥ͏ͷͰɺ্ڃऀ޲͚υʔϯʂͳײ͡Ͱ ͓ئ͍͠·͢ʂ ӡӦͷํ

  9. PAGE 9 ༏लͳਓ͕͘Δͱࢥ͏ͷͰɺ্ڃऀ޲͚υʔϯʂͳײ͡Ͱ ͓ئ͍͠·͢ʂ ʢ্ڃऀ޲͚υʔϯ…ʣ ྃղͰ͢ʂ ӡӦͷํ

  10. PAGE 10 なので、今⽇は上級者向けドーン!な感じでやります

  11. PAGE 11 普段よく話すテーマ

  12. PAGE 12 グロースの基本やロードマップ・プロセスの解説はすっ⾶ばす

  13. PAGE 13 本質論なんだけど、 中上級者が意外と⾒落としがちな3つのテーマについて話す

  14. PAGE 14 02 Metrics 01 03

  15. PAGE 15 02 Metrics 01 03 これらを全て5分ずつで話す

  16. PAGE 16 20分枠なのに気合いれすぎてスライドが100枚超えちゃいました笑 早⼝めに話しますが資料は後ほどアップロードするのでゆったり聞いて下さい。 公開時にTweetするのでよければフォローを。 @kajikent

  17. PAGE 17 グロースの基本を知りたい⼈は「note グロースハック」で検索

  18. PAGE 18 Metrics METRICS

  19. PAGE 19 METRICS Metrics = 指標 METRICS RETENTION TEAM KGI

    KPI KPI KPI Metrics IMPROVE
  20. PAGE 20 METRICS METRICS RETENTION TEAM Metrics選定は、グロースのセンスを問われる 実は⾮常に奥が深いテーマ IMPROVE

  21. PAGE 21 METRICS METRICS RETENTION TEAM グロースに携わっていたら、⼀度は聞いたことがあるであろう つぎの⾔葉。 IMPROVE

  22. PAGE 22 North Star Metric METRICS RETENTION TEAM North Star

    Metricをさがせ。 IMPROVE
  23. PAGE 23 North Star Metric METRICS RETENTION TEAM North Star

    Metric = それさえ追っていけば、プロダクトが本質的に成⻑する1つの指標 IMPROVE
  24. PAGE 24 North Star Metric METRICS RETENTION TEAM IMPROVE

  25. PAGE 25 METRICS METRICS RETENTION TEAM 概念⾃体はよく知られているが、 実務で活⽤できている企業はほとんどない。 IMPROVE

  26. PAGE 26 METRICS METRICS RETENTION TEAM なので、このパートで North Star Metricsの選び⽅と活⽤⽅法を話します。

    IMPROVE
  27. PAGE 27 METRICS METRICS RETENTION TEAM North Star Metricはなぜ必要か? IMPROVE

  28. PAGE 28 METRICS METRICS RETENTION TEAM KGIとKPIの橋渡しとして必要 IMPROVE

  29. PAGE 29 METRICS METRICS RETENTION TEAM KPI KPI KPI KPI

    =上位のMetricsと強い因果を持った先⾏指標 (ex. 会員登録突破率、リアクション率) KGI = ビジネスの最終成果を測る結果指標(ex. DAU、売上) KGI IMPROVE
  30. PAGE 30 METRICS METRICS RETENTION TEAM KPI KPI KPI KPI

    =上位のMetricsと強い因果を持った先⾏指標 (ex. 会員登録突破率、リアクション率) KGI = ビジネスの最終成果を測る結果指標(ex. DAU、売上) KGI KGIデカい!! 遠い!! IMPROVE
  31. PAGE 31 METRICS METRICS RETENTION TEAM KPI KPI KPI KPI

    =上位のMetricsと強い因果を持った先⾏指標 (ex. 会員登録突破率、リアクション率) KGI = ビジネスの最終成果を測る結果指標(ex. DAU、売上) KGI 広告やPRでKGIごまかせちゃう IMPROVE
  32. PAGE 32 METRICS 3 KGI = ビジネスの最終成果を測る結果指標(ex. DAU、売上) METRICS RETENTION

    TEAM NSM KPI KPI KPI KGI NSM = ちょうど良いサイズでごまかせない指標 (ex. ウィークリー投稿継続率) KPI =上位のMetricsと強い因果を持った先⾏指標 (ex. 会員登録突破率、リアクション率) IMPROVE
  33. PAGE 33 METRICS 3 KGI → ダッシュボードで結果として数値を追う METRICS RETENTION TEAM

    NSM KPI KPI KPI KGI NSM → グロースチームが直接追うべき⽬標 KPI → グロースチームが施策を⾏う対象の数値 IMPROVE
  34. PAGE 34 METRICS METRICS RETENTION TEAM では実際に、North Star Metricをどう選ぶか IMPROVE

  35. PAGE Metricsはビジョンとデータの掛け算で選ぶ 35 METRICS METRICS RETENTION TEAM × VISION DATA

    IMPROVE
  36. PAGE ビジョンをMetricsに翻訳し、DATAで裏付けする。 36 METRICS METRICS RETENTION TEAM VISION DATA Engagement

    × IMPROVE
  37. PAGE Facebookの例 37 METRICS METRICS RETENTION TEAM VISION DATA ×

    IMPROVE
  38. PAGE Facebookの例 38 METRICS METRICS RETENTION TEAM 10 7 North

    Star Metric IMPROVE
  39. PAGE 39 METRICS METRICS RETENTION TEAM North Star Metric =

    プロダクトがビジョン達成できているかをデータの観点から ヘルスチェックするもの IMPROVE
  40. PAGE 40 METRICS METRICS RETENTION TEAM スタートアップにおいては、 North Star Metricを選んだら、リソースをそこに全投⼊して改善する

    IMPROVE
  41. PAGE 41 METRICS METRICS RETENTION TEAM Metrics改善する際の注意点が1つ IMPROVE

  42. PAGE 42 METRICS METRICS RETENTION TEAM なにかのMetricsを改善したときは、 必ずCounter Metricsもチェックする IMPROVE

  43. PAGE 43 METRICS METRICS RETENTION TEAM Counter Metrics = Metricsの改善に難癖をつけられる可能性がある指標

    例)LPのクリック率が改善したら、そのあとのCV率が悪化していないか IMPROVE
  44. PAGE 44 METRICS これを習慣的に確認しないと、 改善を進めているつもりが気づいたら全体改悪されてたという事態になる 例)投稿率を⾼めるためにポップアップ追加したら、投稿率は上がったけど それ以外のエンゲージメント下がった METRICS IMPROVE TEAM

  45. PAGE 45 METRICS IMPROVE TEAM NSM KPI KPI KPI KGI

    Counter M Counter M × VISION DATA VISIONとDATAの掛け算でNSMを⾒つけ、Counter Mも確認しながら改善
  46. PAGE 46 IMPROVE

  47. PAGE 47 3 METRICS IMPROVE TEAM 数値の伸ばし⽅は、突き詰めると次の3つのポイントに集約できる

  48. PAGE 48 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. 伸ばしたいMetricsの分岐点を⾒つける 2. 分岐点の背景のWHYをユーザーテストであぶり出す

    3. ⾒つけたWHYを施策に翻訳して実⾏する
  49. PAGE 49 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. 伸ばしたいMetricsの分岐点を⾒つける 2. 分岐点の背景のWHYをユーザーテストであぶり出す

    3. ⾒つけたWHYを施策に翻訳して実⾏する
  50. PAGE 50 METRICS IMPROVE TEAM Metricsには、ほぼ必ずと⾔って良いほど分岐点が存在する

  51. PAGE 51 METRICS IMPROVE TEAM 分岐点は以下の2種類 急に増える 急にいなくなる

  52. PAGE 52 METRICS IMPROVE TEAM 分岐点は以下の2種類 急に増える 急にいなくなる

  53. PAGE 53 METRICS IMPROVE TEAM 特定のアクションをした回数毎のMetricsを⽐較したときに、 ⼤きくジャンプする箇所 翌⽇再訪率(%) 初⽇投稿数(N) 0

    1 2 3 JUMP!
  54. PAGE 54 METRICS IMPROVE TEAM ジャンプを⾒つけたらジャンプ前のユーザーを、 より多くジャンプさせる施策を打てば勝⼿に全体のMetricsは改善する 翌⽇再訪率(%) 初⽇投稿数(N) 0

    1 2 3 JUMP!
  55. PAGE 55 METRICS IMPROVE TEAM ジャンプを⾒つけたらジャンプ前のユーザーを、 より多くジャンプさせる施策を打てば勝⼿に全体のMetricsは改善する 10 10 10

    100 翌⽇再訪率(%) 初⽇投稿数(N) 0 1 2 3 JUMP!
  56. PAGE 56 METRICS IMPROVE TEAM ジャンプを⾒つけたらジャンプ前のユーザーを、 より多くジャンプさせる施策を打てば勝⼿に全体のMetricsは改善する 100 10 10

    10 翌⽇再訪率(%) 初⽇投稿数(N) 0 1 2 3 JUMP!
  57. PAGE 57 METRICS IMPROVE TEAM では、どうやってJUMP箇所を⾒つけるか?

  58. PAGE 58 METRICS IMPROVE TEAM ピボットテーブルを作りまくる

  59. PAGE 59 METRICS IMPROVE TEAM ID

  60. PAGE 60 METRICS IMPROVE TEAM 分岐点は以下の2種類 急に増える 急にいなくなる

  61. PAGE 61 METRICS IMPROVE TEAM シンプルにすぼみを⾒つけて直す

  62. PAGE 62 METRICS IMPROVE TEAM これら2つの観点から分岐点を⾒つける 急に増える 急にいなくなる

  63. PAGE 63 KGI → ダッシュボードで数値を追う METRICS RETENTION TEAM NSM KPI

    KPI KPI KGI NSM → グロースチームが直接追うべき⽬標 KPI → グロースチームが施策を⾏う対象の数値 IMPROVE ⾒つけた分岐点はKPIとして設定する
  64. PAGE 64 KGI → ダッシュボードで数値を追う METRICS RETENTION TEAM NSM KPI

    KPI KPI KGI NSM → グロースチームが直接追うべき⽬標 KPI → グロースチームが施策を⾏う対象の数値 IMPROVE ⾒つけた分岐点はKPIとして設定する それによってNSMを改善する
  65. PAGE 65 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. 伸ばしたいMetricsの分岐点を⾒つける 2. 分岐点の背景のWHYをユーザーテストであぶり出す

    3. ⾒つけたWHYを施策に翻訳して実⾏する
  66. PAGE 66 METRICS IMPROVE TEAM 分岐点 = 要改善箇所 直すべきWHEREであって、なぜそこに問題があるかのWHYは分からない そしてWHYが分からないと有効な施策は打てない

  67. PAGE 67 METRICS IMPROVE TEAM WHYをあぶり出すために"必ず"ユーザーテスト

  68. PAGE 68 METRICS IMPROVE TEAM KPIに関係するタスクをユーザーに⽬の前でやってもらい、 使えないところ、理解できないところ、⾮効率なところ、気持ち悪いところ (= 問題のWHY)を特定する WHY

    WHY WHY WHY WHY
  69. PAGE 69 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. 伸ばしたいMetricsの分岐点を⾒つける 2. 分岐点の背景のWHYをユーザーテストであぶり出す

    3. ⾒つけたWHYを施策に翻訳して実⾏する
  70. PAGE 70 METRICS IMPROVE TEAM ⾒つかった問題(分岐点のWHY)に優先順位をつけていき、 優先順位が⾼い問題群を施策に翻訳する WHY WHY WHY

    WHY WHY ࢪࡦ
  71. PAGE 71 METRICS IMPROVE TEAM ユーザーテストを通じて、「なぜ」そのKPIが低いかを特定できているので、 かなりの確度で数値は改善するはず。

  72. PAGE 72 METRICS IMPROVE TEAM 「グロースハックは10回に1回施策が当たれば良い」と⾔われることもあるが、 ユーザーテストを実施するようにしてからは体感的に8割以上の確率で数値改善する。

  73. PAGE 73 TEAM

  74. PAGE 74 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. ⽊を⾒て森も⾒るしくみをつくる 2. チームの空気もデザインする

    3. グロース⼈材は中から育成する
  75. PAGE 75 METRICS IMPROVE TEAM 1. ⽊を⾒て森も⾒るしくみをつくる 2. チームの空気もデザインする 3.

    グロース⼈材は中から育成する 3
  76. PAGE 76 METRICS IMPROVE TEAM グロースに慣れてきた頃あるある 3

  77. PAGE 77 METRICS IMPROVE TEAM データに深く潜りすぎて、サービス全体の体験改善を ⾒失ったり、いま⾃分たちがどこにアプローチしているか 分からなくなる。 3

  78. PAGE 78 METRICS IMPROVE TEAM ⽊を近くで⾒すぎて、森が⾒えなくなる問題 3

  79. PAGE 79 3 METRICS IMPROVE TEAM 1つのマインドセットと3種の神器で 全体像を⾒失わないようにする

  80. PAGE 80 3 METRICS IMPROVE TEAM シンプルなグロースのモデルを頭の中に持っておく

  81. PAGE 81 3 METRICS IMPROVE TEAM Acquisition

  82. PAGE 82 3 METRICS IMPROVE TEAM KGI KPI 全体像を⾒失わないための3種の神器

  83. PAGE 83 3 METRICS IMPROVE TEAM KGI KPI 全体像を⾒失わないための3種の神器

  84. PAGE 84

  85. PAGE 85 3 METRICS IMPROVE TEAM 最⾼と最悪を定義することで、あるべき姿と直すべき課題を俯瞰で整理する

  86. PAGE 86 3 METRICS IMPROVE TEAM 定量的な情報を加えて、どこに⼿を加えたときに 最もUX改善のインパクトが⼤きいかを俯瞰で把握

  87. PAGE 87 3 METRICS IMPROVE TEAM KGI KPI 全体像を⾒失わないための3種の神器

  88. PAGE 88 3 METRICS IMPROVE TEAM KGI = ビジネスの最終成果を測る結果指標(ex. DAU・ARPU)

    NSM KPI KPI KPI KGI NSM = プロダクトがあるべき姿になっているか⽰すもの (ex. ウィークリー投稿継続率) KPI =上位のMetricsと強い因果を持った先⾏指標 (ex. 会員登録突破率、リアクション率)
  89. PAGE 89 3 METRICS IMPROVE TEAM KGI KPI 全体像を⾒失わないための3種の神器

  90. PAGE 90 3 METRICS IMPROVE TEAM

  91. PAGE 91 3 METRICS IMPROVE TEAM ユーザーの体験フローを分岐も含めて整理 施策によって、全体のフローが煩雑にならないようにウォッチ

  92. PAGE 92 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. ⽊を⾒て森も⾒るしくみをつくる 2. チームの空気もデザインする

    3. グロース⼈材は中から育成する
  93. PAGE 93 3 METRICS IMPROVE TEAM 良いグロースチームは、リズムが良いチーム

  94. PAGE 94 3 METRICS IMPROVE TEAM 絶えず打ち⼿を繰り出せているチーム

  95. PAGE 95 3 METRICS IMPROVE TEAM リリースの周期を先に決めて、それに施策やチームの動きを合わせる 周期をまたぐ施策は分割して、毎回の周期で必ず何かしら打ち⼿を出せるように 2W 2W

    2W 2W 施策A 施策B 施策D 施策E 施策C 施策F G
  96. PAGE 96 3 METRICS IMPROVE TEAM そして⼩さな勝利を祝う

  97. PAGE 97 3 METRICS IMPROVE TEAM グロースは先が⾒えない、終わりのない戦い

  98. PAGE 98 3 METRICS IMPROVE TEAM ⼩さな勝利を積み上げ、その勝利によってチームを⿎舞し続けるのが重要

  99. PAGE 99 3 METRICS IMPROVE TEAM 2W 2W 2W 2W

    施策A 施策B 施策D 施策E 施策C 施策F G 週次でExperimentation Reviewsを⾏い、 少しでも改善が⾒られたらチームで祝う! ER ER ER
  100. PAGE 100 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. ⽊を⾒て森も⾒るしくみをつくる 2. チームの空気もデザインする

    3. グロース⼈材は中から育成する
  101. PAGE 101 3 METRICS IMPROVE TEAM 企業からよく受ける相談 「グロースの経験がある良い⼈いませんか?」

  102. PAGE 102 3 METRICS IMPROVE TEAM なかなかいない (グロース強い⼈は会社で楽しそうにやってるか起業してる)

  103. PAGE 103 4 METRICS IMPROVE TEAM 中の⼈材を育てる or ⾃分がなる

  104. PAGE 104 4 METRICS IMPROVE TEAM note.mu/kajiken0630/n/nad654142d9ef

  105. PAGE 105 WRAP UP

  106. PAGE 106 02 Metrics 01 03

  107. PAGE 107 Metrics METRICS IMPROVE TEAM NSM KPI KPI KPI

    KGI Counter M Counter M × VISION DATA VISIONとDATAの掛け算でNorth Star Metricsを⾒つけ、 Counter Metricsも確認しながら改善
  108. PAGE 108 METRICS IMPROVE TEAM WHY WHY WHY WHY WHY

    ࢪࡦ 1. 伸ばしたいMetricsの   分岐点を⾒つける 2. 分岐点の背景のWHYを ユーザーテストであぶり出す 3. ⾒つけたWHYを施策に 翻訳して実⾏する
  109. PAGE 109 3 METRICS IMPROVE TEAM 1. ⽊を⾒て森も⾒る しくみをつくる 2.

    チームの空気もデザインする 3. グロース⼈材は中から育成する
  110. PAGE 110 CLOSING

  111. PAGE 111 ストイックにグロースを語りながら、 MESONはARサービスをつくる会社

  112. PAGE 112 サービスデザイン・グロースの本質論を抑えながら、 スマホの次であるARを⼤きく狙いにいってる会社は世界でもほぼない

  113. PAGE 113 AR時代を⾒据えてサービスを⼀緒につくるPMを募集しています! 興味がある⼈は気軽に懇親会かTwitterで連絡ください! @kajikent

  114. PAGE 114 THANK YOU!