Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

デザインの学びからみた「デザイン人類学」の可能性

99de77666ff40dbf0988652899cc92ef?s=47 Takahito KAMIHIRA
November 08, 2019

 デザインの学びからみた「デザイン人類学」の可能性

Xデザイン学校公開講座「エスノグラフィーとデザインを考える」の後半セッション、上平の講演スライドです。
Date:2019年11月8日
Place:武蔵野美術大学デザインラウンジ(東京ミッドタウンDESIGN HUB )

99de77666ff40dbf0988652899cc92ef?s=128

Takahito KAMIHIRA

November 08, 2019
Tweet

Transcript

  1. None
  2. スライドはこちらから。

  3. 教育者 / 研究者 / 実践者 ♳ 䎂 䃨 ➋ 

      CoDesign Approach(協働のデザイン) Design Attitude(デザインにおける態度/姿勢の問題) De-Design for the plurivase(多元的世界における脱デザイン) | Takahito KAMIHIRA 1972年鹿児島県阿久根市生まれ。筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻修了。 グラフィックデザイナー、 東京工芸大学芸術学部助手を経て、2004年より 専修大学ネットワーク情報学部勤務。現在はデザイン系プログラムを統括し, 教授/学部長補佐を務める。2015-16年にはコペンハーゲンIT大学インタラクショ ンデザインリサーチグループ客員研究員として、北欧のCoDesignを研究。 ・HCD-Net 認定 人間中心設計専門家  ・株式会社ACTANT デザインパートナー ・産業技術大学院大学HCDプログラム講師 / Xデザイン学校 講師 ・2012経産省インフォグラフィックス事業「ツタグラ」アドバイザリーボードetc
  4. 昨年度に引き続き、変わった視点の話を用意してきました。

  5. 視点を変えることで新しく発見できることがある。 学び続けるために、リフレーミングし続けよう。

  6. Max Bill ‒絶対的な視点 2008/スイス/94分/原題:Max Bill - das absolute Augenmaß •監督:エーリヒ・シュミット

    •出演:マックス・ビル、アンゲラ・トーマス、ゴットフリート・ホーネッガー、  イニャツィオ・シローネ、ヤコブ・ビル、エルンスト・シャイデッガー 12/1(土)上映後トークショー 藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)×上平崇仁 (解説文を映画祭パンフに寄稿)
  7. C O N T E N T S 1|人類学、そしてデザイン 2|デザイン人類学とは?

    3|それが意味することは? 4|学びへ展開する
  8. 人類学、そしてデザイン 1

  9. Anthropology (自然/社会/文化)人類学 人類の本質(他の生物種との共通性と異質性,人類の独自性・特質) 人類の変異(集団や個体ごとの違い・ばらつき,およびその意味) 人類の由来(起源と進化・変遷) この3つの観点から、人間自身について科学的な根拠に 基づいた認識を得ることが最終的な目的となる。 [日本人類学会ウェブサイトより] 日本人類学会 ウェブサイトより http://anthropology.jp/what/jinrui.html

  10. Bronisław Malinowski with natives on Trobriand Islands, 1918. 古典的な人類学者のイメージ すでに実在している「何か」を、特定の人々がどう認識しているかを調査・記述する

  11. Bronisław Malinowski with natives on Trobriand Islands, 1918.

  12. Bronisław Malinowski with natives on Trobriand Islands, 1918.

  13. Excerpt from William Duncan Strong’s field journals (Honduras, 1933) From

    the collections of the Smithsonian Institution.
  14. 梅棹忠夫のフィールドノート ウメサオタダオ展 (日本科学未来館, 2011)

  15. 「出版物」としてのエスノグラフィー

  16. こっそりつけられていた「裏日記」 疲れた、とても疲れた、痛い、苦しい、腹立たしい、 眠れない、ああああー、とても腹立たしい、恋しい 恋しい恋しい、戻りたい… そんな泣き言の繰返しで、原住民の生活なんかに全 く興味が持てない、とまで書いている。 ブログ「贈答文化研究」より引用 http://jgc-shiga.kinki-gift.com/?eid=8 この本の影響で、フィールドワークにおける ラポール神話はだいぶ怪しくなったと言える。

    「マリノフスキー日記」B・マリノフスキー  谷口佳子訳、平凡社 1987 lԿ౓썢൴쎠쎂ෲ쎩ཱ썽썶ɻݪॅຽ쎂ର썮썽ײ썯썶쎕쎕쎩Ұݴ썾ݴ썟쎇ɺ ʮ썦썶쎇쎣ɺ໺൮ਓʯ썣쎋썺썶쎡썾썙쎢ɻ 썾쎙쎒썿쎪쎀쎅৔߹ɺࢲ쎅ํ썣ෆ౰썾അࣛ썩썶썪썿쎩썮썽썤썶쎅썷ʜzɹʢ1ʣ
  17. ◎書き手は意図的に取捨選択をしている ◎記述自体が、レトリックの制約を受けている ◎調査する側とされる側の間に、非対称的な権力関係が存在する ◎文化人類学という学問は「西洋」の権威を前提に成り立っている ◎エスノグラフィーは、書き手が誰であり、  どのような制約下にいるのかに影響される ◎エスノグラフィーの真実とは、本質的に「部分的真実」である 「文化を書く エスノグラフィーの詩学と政治学ー」ジェイムズ クリフォード,

    ジョージ マーカス,紀伊國屋書店 (原書1986) P10 “エスノグラフィーは、フィクションに過ぎない” 「ワードマップ:現代エスノグラフィー」藤田結子, 北村文 新曜社 2013 P24 クリフォード&マーカス「文化を書く エスノグラフィーの詩学と政治学ー」(1986)
  18. ◎文化=社会=政治経済の  一枚岩的な分析 ◎国民国家と相似的な  モデルの一般化 「現実批判の人類学 新世代のエスノグラフィへ 」春日直樹編 世界思想社 2011 ◎文化という独立領域  の検討

    ◎人間と歴史に関する  博物学的な科学の構築 1860 1870 1920 1930 1980 1990 2019 第 1 期 第 2 期 第 3 期 ◎トピック中心に  生成変化の考察 ◎既成領域の混交化と  溶解 ◎存在論的転回 (人類学の静かな革命) 人類学の変遷 3つの時代 「文化を書く」 1986 「西大西洋の 遠洋航海者」 1922
  19. Bronisław Malinowski with natives on Trobriand Islands, 1918. 古典的な人類学者のイメージ すでに実在している「何か」を、特定の人々がどう認識しているかを調査・記述する

  20. その実在は、決して所与ではなく、特定の「関係」を通じて構築されている e.g. Smartphone ◎人間以外も含めた連関の中で作り上げられ、はじめて「行為」になる ◎連関的に言えば、モノの側にも行為の主体性がある(「充電を人間に要求する」 Actor–network theory (ANT), Bruno Latour

  21. その実在は、決して所与ではなく、特定の「関係」を通じて構築されている e.g. Smartphone ◎人間以外も含めた連関の中で作り上げられ、はじめて「行為」になる ◎連関的に言えば、モノの側にも行為の主体性がある(「充電を人間に要求する」 Actor–network theory (ANT), Bruno Latour

    世界に定点はなく、文化ごとに見えている自然は異なる。 特定の視座から相互作用的に作り上げられている その世界の「在りよう」(存在)を 捉えようとするのが近年の人類学の潮流 エージェンシー (→存在論的転回/静かなる革命) その行為を 可能にする 能力
  22. Design デザイン 「デザインド・リアリティ -半径300mの文化心理学」 有元典文と岡部大介 北樹出版 2008 “デザインとは、「対象に異なる秩序をあたえること」である”

  23. Design AS IS TO BE 現状 あるべき姿 具体的にする どうなりたいか? このプロセスがデザイン

    いまの様子 existing situations つまり、デザインとは、 1)「前後」がある 2)目的(ビジョン)がある 3)少し先を描きだす活動である
  24. ◎文化=社会=政治経済の  一枚岩的な分析 ◎国民国家と相似的な  モデルの一般化 ◎文化という独立領域  の検討 ◎人間と歴史に関する  博物学的な科学の構築 1860 1870

    1920 1930 1980 1990 2019 第 1 期 第 2 期 第 3 期 ◎トピック中心に  生成変化の考察 ◎既成領域の混交化と  溶解 ◎存在論的転回 (人類学の静かな革命) デザインと人類学の変遷を重ねてみると、 ◎産業革命 ◎アーツ&クラフト運動  (1880-) ◎ドイツ工作連盟→バウハウス  新しい生産手段や素材に  反応したデザインの思想  (モダンデザインの確立) ◎モノからコトへ ◎既成領域の混交化と  溶解 ◎創造性の民主化
  25. 両者とも、 「人」 をめぐる問いである 人間の本質/変異/由来 を明らかにする 人間の周囲に 異なる秩序を与える Anthropology Design

  26. Design AS IS TO BE 現状 あるべき姿 具体的にする どうなりたいか? このプロセスがデザイン

    いまの様子 existing situations 両者の焦点は、一見異なるが・・・. 揺るぎない人間の 社会的および文化的状況に 焦点を当てる Anthropology (未来志向) (解釈志向) つまり、デザインとは、 1)「前後」がある 2)目的(ビジョン)がある 3)少し先を描きだす活動である
  27. Action Research クルト・レヴィン 研究者が計画を練りながら改善を 図り、実施過程においても問題の解 決具合を観察しながら必要に応じ て計画を変更しながら解決へ向け ていくアプローチ Activist Anthropology

    1946 2000年頃~ デヴィッド・グレーバーら 「Lexicon 現代人類学 」奥野克巳/石倉敏明 編 以文社2018 P142 人類学者の職能を活かして、社会 活動を実際に行い、理論的に先 導する人々。 →「アクティビスト人類学者のた めのツールキット」NYU 「介入」 する研究の歴史 リサーチャーが積極的に現場を変えていこうとする試みは以前からあった
  28. アクティビスト人類学者のためのツールキット」ニューヨーク州立大学 リチャードロビンズの講義ノート2001 デザイン&日本語訳:イル・コモンズ(小田マサノリ)https://illcomm.exblog.jp/17372521/

  29. 「介入」 する研究の歴史 Action Research クルト・レヴィン 研究者が計画を練りながら改善を 図り、実施過程においても問題の解 決具合を観察しながら必要に応じ て計画を変更しながら解決へ向け ていくアプローチ

    Activist Anthropology 1946 2000年頃~ 2005年頃~ Design Anthropology デヴィッド・グレーバーら 「Lexicon 現代人類学 」奥野克巳/石倉敏明 編 以文社2018 P142 人類学者の職能を活かして、社会 活動を実際に行い、理論的に先 導する人々。 →「アクティビスト人類学者のた めのツールキット」NYU ティム・インゴルドら デザインと人類学の境界領域 を模索する動きが活発に アカデミアが積極的に現場を変えていこうとする試みは以前からあった
  30. International Conference : The Design Anthropological Futures 2015.8.13-14 Royal Danish

    academy of Fine Arts
  31. International Conference : The Design Anthropological Futures 2015.8.13-14 Royal Danish

    academy of Fine Arts 詳細は kamihira_log 「デザインと人類学の境界領域を探る会議」 http://kmhr.hatenablog.com/entry/2015/08/17/043228
  32. 詳細は kamihira_log 「デザインと人類学の境界領域を探る会議」 http://kmhr.hatenablog.com/entry/2015/08/17/043228 International Conference : The Design Anthropological Futures 2015.8.13-14 Royal

    Danish academy of Fine Arts
  33. None
  34. デザイン人類学とは 2

  35. 要するに、デザインはエスノグラフィーを実践することでもな く、実践できるわけでもない。それはむしろ、人類学を行うため のエスノグラフィーを代替する方法であり、伝統的な要請から抑圧 されてきたこの学問領域から、思弁的、実験的な可能性を解き放 つ方法なのである。-ティム・インゴルド Design, in short, is not

    and cannot be a practice of ethnography; it is rather an alternative way to ethnography of doing anthropology ‒ a way that releases the speculative and experimental possibilities of the discipline that the traditional appeal to ethnography has suppressed. DESIGN ANTHROPOLOGY IS NOT, AND CANNOT BE, ETHNOGRAPHY Tim Ingold Seminar 2: Interventionist Speculation (August 2014) https://kadk.dk/co-design/research-network-design-anthropology/seminar-2-interventionist-speculation-august-2014 民族誌を書くのではなく、 デザインの実践をアウトプットと捉える 人類学者たちが現れ始めた
  36. そうなってきた経緯 “デザイナー風の人類学的アプローチでは、最終的に見出すことができるはずの 人類学的調査の価値と分析の深さを見逃す可能性が高い”(Miller 2014) ラピッドすぎない? Siobhan Gregory : Design Anthropology

    as Social Design Process, Journal of Business Anthropology, 7(2), Autumn 2018 “職業デザイナーは、デザインプロセスを通常プロジェクトベースで捉え、 長期的な影響よりも即時または近未来のソリューションを優先する”(Light,2015) 社会問題は「厄介」で、ゴールはないぞ? “デザイナーは部外者ながらしばしば影響の中心に置かれ、居住者の 参加者は受取人または受益者として周辺にいることになる。活躍を通して、 デザイナーは勇気・鋭さ・利他主義のセルフイメージを構築する”(Gregory,2018) Light, Ann. 2015. “Troubling Futures: Can Participatory Design Research Provide a Generative Anthropology for the 21st Century?” In Interaction Design and Architecture (s) 26: 81-94. Miller, Christine. 2014. "Lost in Translation?" Ethics and Ethnography in Design Research. JBA Special Issue 1: 62-78. デザイナーめ! またはデザイナーの弱点
  37. ◎デザインを実行しながら、そのデザインによる文化的 影響を理解していこうとする、より公平で複眼的なアプ ローチ。 ◎デザインプロジェクトのように開始と終了があるものと は異なり、循環的かつ協調的で、オープンエンドな研究の 取り組み。 ◎プロセスの中に、新しい「知る方法」を導入すること により、何をもって成功と失敗の理解がかたちづくられる か、かける時間をどうみるか、「よい」効果をどう捉える か、「権力」をどうとらえるか、などの問い直しに挑む。

    デザイン人類学とは  Siobhan Gregory : Design Anthropology as Social Design Process, Journal of Business Anthropology, 7(2), Autumn 2018
  38. デザイン×人類学のバリエーション  人類学領域に対する理論的貢献を行うもの。デザイン は、理論的理解を採用するか、人類学研究の主題になると いう点で、人類学のリードに従う。 1 2 3 dA Da DA

    人類学的研究方法(例:フィールドワーク)をデザイン要 件を確立するために役立てること。枠組みは、人々との関 わりというよりも、問題解決指向のデザインアプローチに 由来する。 人類学の理論とデザイン実践の両方を用いて、単なるデザ インへの情報提供ではなく、社会/文化/環境の関係を再 構築しようとするもの。 One more thing… Design Anthropology: An Introduction. In W Gunn and J Donovan (eds), Design and Anthropology. Routledge: London, England, pp. 1-16. 
  39. デザイン×人類学のバリエーション  4 DA 第4の道として、人類学的な懸念に基づいて、デザインの 方向付けを変える可能性がある。デザインに多様な存在論 的構成のパースペクティブを注入する。 A fourth variation is

    proposed in this book, and this is the possibility of reorienting design on the basis of anthropological concerns, broadly speaking, by which I mean infusing design with the perspective of the multiplicity of onto-epistemic formations, or worlds, within which anthropological work often takes place (traditionally understood as “native” cultures). Whereas this also includes modern worlds, of course, this fourth option is particularly concerned with the knowledges and desires of subaltern subjects and the social movements they create. Arturo Escobar Design for the Pluriverse(2018) Arturo Escobar Designs for the Pluriverse: Radical Interdependence, Autonomy, and the Making of Worlds. Duke University Press. 2018.
  40. ◎文化=社会=政治経済の  一枚岩的な分析 ◎国民国家と相似的な  モデルの一般化 ◎文化という独立領域  の検討 ◎人間と歴史に関する  博物学的な科学の構築 1860 1870

    1920 1930 1980 1990 2019 第 1 期 第 2 期 第 3 期 ◎トピック中心に  生成変化の考察 ◎既成領域の混交化と  溶解 ◎存在論的転回 (人類学の静かな革命) デザインと人類学の「融合」 ◎産業革命 ◎アーツ&クラフト運動  (1880-) ◎ドイツ工作連盟→バウハウス  新しい生産手段や素材に  反応したデザインの思想  (モダンデザインの確立) ◎モノからコトへ ◎既成領域の混交化と  溶解 ◎創造性の民主化
  41. シンプルに言えば、 デザイナーは「~をよくする」 というが、それは実際どうなっているのか? 定点なき世界の「在りよう」と、 デザイン行為は、分けられない (上平の解釈)

  42. Design AS IS TO BE 現状 あるべき姿 具体的にする どうなりたいか? このプロセスがデザイン

    いまの様子 existing situations つまり、デザインとは、 1)「前後」がある 2)目的(ビジョン)がある 3)少し先を描きだす活動である この枠組みでは捉えられない 揺るぎない人間の 社会的および文化的状況に 焦点を当てている Anthropology (未来志向) (解釈志向)
  43. エコノミー その時点で貨幣価値 のあるモノ・コト シャドウエコノミー ヴァナキュラーな領域 経済的には量れない, 人間生活の自立自存を志向する活動 Shadow Work 支払いを受けない仕事だが、それによって

    正規のエコノミーの領域が成り立っている 市場 非市場 (土着的な,その地域の集団に根付く) 決して貨幣の獲得行為ではなく, 制度化されたサーヴィスでもない. デザイン活動は、 本当は 「市場の外部」 にもある 「シャドウ・ワーク」イヴァン・イリイチ 1981 Vernacular
  44. 資本主義 Capitalism デザイン 経営 デザイン 人類学 Design Practice Designer Design

    Anthropologist 「お金には・・・ならなそうな立ち位置」が見える Human World Non-Human More-Than-Human
  45. 半世紀前、産業に組み込まれていくデザインを超越した視点から デザインの方向付けを変えようと闘った人がいた…。 具体例1

  46. Victor J. Papanek Design for the Real World(1971) 邦訳「生きのびるためのデザイン」 ※ソーシャルデザインやサスティナブルデザインの

    ルーツとなった世界的名著 “デザインに関わる人は、デ=デザイン(脱デザイン)の方法 を学びとらなければならない。そうすれば、われわれはまだ <デザインによって生き残る>ことができるだろう”(終) 今の「デザイン」を疑い、 何をめざすのかの方向性 を、見直しつづけること。
  47. In many areas designers must learn how to re- design.

    In this way we may yet have 'Survival Through Design' . Victor J. Papanek Design for the Real World(1971)
  48. 第三世界のためのラジオ Design by Vector Papanek 熱動力によって電波をキャッチする装置。人々が安価に自作し、装飾もカスタマイズできる 1960年頃

  49. 第三世界のためのラジオ Design by Vector Papanek 熱動力によって電波をキャッチする装置。人々が安価に自作し、装飾もカスタマイズできる 1960年頃

  50. アメリカのミッドセンチュリー時代のデザイントレンド(派手な車、広い庭の家)

  51. アメリカのミッドセンチュリー時代のデザイントレンド(派手なインテリア)

  52. None
  53. (「姿勢としてのデザイン」アリス・ローソーン, 2019) “デザインという職業のもっとも醜い真実は、最近までほとん どのデザイナーが、そのほとんどの時間、エネルギー、 才能を、まちがいなくもっとも助けを必要としていない世界 の少数派である富裕層に注いできたことだ”

  54. “あなたがデザイナーなら、この本はあなたを怒らせるか もしれない。たぶん怒らせるはずだ。しかし、より良い 意思決定を行うために必要なツールも提供しよう” (内容紹介より) Ruined by Design: How Designers Destroyed

    the World, and What We Can Do to Fix It (2019)
  55. Ruined by Design: How Designers Destroyed the World, and What

    We Can Do to Fix It (2019) “あなたがデザイナーなら、この本はあなたを怒らせるか もしれない。たぶん怒らせるはずだ。しかし、より良い 意思決定を行うために必要なツールも提供しよう” (内容紹介より) 注目! Amazonの労働者へ あなたにはちゃんとした労働環境を得る権利があります。 あなたには団体交渉権があります。 あなたには組合を結成する権利があります。 (Amazonで扱われる本の表紙に こんなメッセージを書いてしまう人)
  56. 参加型デザイン/コ・デザインの研究の最前線でも それぞれの文化固有の観点からつくられる 西洋以外の世界のあり方に関心が集まっている。 具体例2

  57. (非公開)

  58. 風の電話 岩手県上閉伊郡大槌町の海(三陸海岸)を 見下ろす丘に置かれた電話ボックス。 震災で亡くなった故人に想いを伝える空間として さまざまな人が訪れる。 確かにこれは「実在」していながら、 この「ありかた」は通常のデザインの 理論だけでは説明しきれない。

  59. 議論:それが意味することは? 3

  60. Design Time Use Time デザインする/されるの循環的視点 それによって 人間がデザインされる 盲点1:「デザインされる現実」の考慮 デザイナー がデザインする

    プロセス 人間は デザインする 何かを支配する ために秩序をあたえる デザインする側の視点 秩序によって 支配される
  61. ◎「せっかちすぎ」問題 ◎「デザインはデザイナーだけにまかせるには重要すぎ」問題 ・観察や理論的分析の深さはまかせろ!(文化人類学者/社会学者) ・デザイン経営の舵取りはまかせろ!(経営層) 盲点2:構造的な問題 デザイン思考、デザインスプリント、リーンスタートアップ… 今の時代はすべてが「前のめり」になった結果、「待つ」ことが忌避され、 性急な結果が求められるようになっている。 ◎「近代」という概念が怪しくなった問題 (ノンモダン)

  62. モダンデザインも「近代」の産物。 デザインは西洋的な統一観点ではなく、多元的な解釈が求められている

  63. これまで前提となっていた枠組みを再構築する必要性 人間中心のデザイン (製品/サービス開発のためのモデル) 多様なエコシステムの一部 としての人間生活 (デザインは局所解に過ぎない)

  64. ◎先進的なCoDesignアプローチと強い親和性がある。ただ し、あくまでも「学」で、難解。普及するかは・・・不明。 ◎コラボが活発になれば面白い動きになるかも。一部の人類 学者たちは強い関心を持っているので、研究会がたちあがる かもしれない。 ◎今のデザインの学びでは「完成形」を示さないと評価され にくいが、今後のデザインの学びには、作り手側の事情を超 えた視座を取り入れることが求められるはず。 調べてみて、考えたこと。

  65. 学びへ展開する 4

  66. デザイン人類学的な学びの実例 ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT) オーストラリア

  67. RMIT Univ. Melbourne, Australia 2019.9.12

  68. RMIT Univ. Melbourne, Australia 2019.9.12

  69. RMIT Univ. Melbourne, Australia 2019.9.12

  70. RMIT Univ. Melbourne, Australia 2019.9.12

  71. RMIT Univ. Melbourne, Australia 2019.9.12

  72. None
  73. Being Wiradjuri Together - Codesigning Self-Determination

  74. ウィラドゥリ族は先住民のアボリジナルな民族のひとつ。 現在でも先住民たちはオーストラリア政府から憲法上の自治権を持つことを認められていない。

  75. 彼らは独自の文化を育んできたが、今では大陸の各地に分散し、 自分たちの言語や文化、物語まで失いつつある。 それでも彼らは民族の誇りを強く持ち、自分たちの未来を自分たちで決めることを強く望んでいる。

  76. このプロジェクトは、ウィラドゥリ族の人々が自分たちの民族の未来をどう自己決定していくか、 そしてデザイナーや研究者はその課題に対してどのように関わることができるかについて 実証的に研究している。

  77. 離れて住む人々が誰でも参加できるようにするための独自のデジタルプラットフォームを開発。 研究チームやウィラドゥリ族の参加者が共に対話するためのオンラインのコンテンツとして共有。

  78. 生きている社会の複雑さから切り離すことも、どこかで完了させることもできず、常に進行形。 それはある地点で解決策を決めてしまうようなデザインとは対極にある、 変化し続ける不確実さと向き合うことを志向する取り組み。

  79. RMITの学生たちはプロジェクトへの参加を通して先住民族の文化を理解し、相互に尊重しあえる 関係を築く必要性を学ぶ。

  80. RMITの学生たちはプロジェクトへの参加を通して先住民族の文化を理解し、相互に尊重しあえる 関係を築く必要性を学ぶ。 当事者に代わって彼らの問題を一方的に解決しようとした りするのではなく、彼らの自己決定に立ち会う中で、 他者がデザインできることはどこまでなのか、デザイナー の権力や介入範囲を考える機会として位置付ける。

  81. 「デザイン」や「デザイン人類学」の視点を参考に 辺境の場で学びを試しています。 上平の取り組みより

  82. dy ・ WX ey の教科書 上平崇仁 デザイナー 多摩美大 文化人類学者 多摩美大

    デザインを人間の包括的な活動として位置づけるため に人類学の視座を参照し、これまでのデザイン学習の ありかたを根底から再構築する試み 3章|「食べる」 4章|「住まう」 5章|「着る(装う・纏う)」 6章|「遊ぶ」 7章|「育てる・学ぶ」 8章|「交わる」 9章|「働く」 10章|「移動する」 11章|「治める」 12章|「争う」 13章|「つながる」 14章|「死を想う・弔う」 矢野英樹  中村寛 デザイン教育 専修大 生活者目線のデザインの学び(教職課程の学生向け) 鋭 意 、 執 筆 中 !
  83. 研究室の学生たちの題目(4年演習) 弱いプロデューサー:他者と関わり合う撮影体験から作られるMy写真集のプロセス(贈与論、ANT、一人称研究) 万葉植物園のための複合的メディアのデザイン(鳥/植物と人間の協働) 微生物による発酵プロセスへの理解を深めるデザイン提案(微生物と人間の協働) 服装によって変化させられる人の振る舞いに着目した映像制作(オントロジカルデザイン) 捨てられるレシートにもう一つの価値を創出するデザインの研究(アップサイクル) 若者の読書に対する観点を変化させる視覚表現の研究ー明治期の「化け猫」文学を中心にー 言語を超えたコミュニケーションのための映像制作ー寿司を事例としてー 若者世代の運動不足に向けたヘルスケアサービスのためのデザインリサーチ プロジェクト学習(3年演習):

    わーるどしゃべる:寄木の廃材を活用した多文化とのコミュニケーションツールの作成 (箱根・小田原地域におけるインバウンド、マイコンをもちいた音声共有装置をゲストハウスで運用する) 「教室でつくるだけでない活動」を重視しています。 CoDesign学習(2年演習): Field Museum:親子でいっしょにたのしむカガクおもちゃの開発(こどもたちと大学生の協働)
  84. C O N T E N T S 1|人類学、そしてデザイン 2|デザイン人類学とは?

    3|それが意味することは? 4|学びへ展開する
  85. to be continued…