Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

[配布用] KARTE Liveセミナー資料_20210210

8b8d433ca23ddb6d5c1949e121b57383?s=47 KARTE
February 10, 2021

[配布用] KARTE Liveセミナー資料_20210210

2021年2月10日実施のKARTE Liveセミナーの配布用資料です。

8b8d433ca23ddb6d5c1949e121b57383?s=128

KARTE

February 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. Confidential ʛɹɹɹɹ© PLAID, Incɹɹɹʛɹɹɹɹ2021.02.10 KARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔ “ސ٬͕ݟ͍ͯΔੈք”ͷ෼ੳ͔ΒɺCXΛߴΊΔ ʔ Ξοϓσʔτͨ͠ʮKARTE

    LiveʯͰސ٬໨ઢͷ෼ੳΛ 株式会社プレイド Customer Success ٶ໺ɹஐੈ
  2. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ ⾃⼰紹介 2 ٶ໺ ஐੈ

    Tomoyo Miyano Customer Success Team 2017 - ౦ژΤϨΫτϩϯσόΠεגࣜձࣾ 2018 - גࣜձࣾϓϨΠυ ࣛࣇౡੜ·Εɺਆಸ઒ҭͪ KARTEྺ 3 ೥ɺCustomerSuccessྺ 2 ೥ ϘʔυήʔϜɺϋϩϓϩ͕େ޷͖Ͱ͢ʂ
  3. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 3 皆さんのKARTE Live活⽤状況を教えて下さい💡 質問

  4. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ アジェンダ 4 本⽇お話すること 1.

    2. 3. 前提/KARTE Liveの概要 ユースケースご紹介 今後のアクション
  5. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ アジェンダ 5 本⽇お話すること 前提/KARTE

    Liveの概要 ユースケースご紹介 今後のアクション 2. 3. 👉
  6. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 6 前提)KARTE | コンセプト

    CX Platform / 知る x 合わせる 知る 良質な顧客体験を⽣み出す、つなぐ 合わせる データから顧客を深く知る
  7. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ hogehoge 7 前提)KARTE |

    ⽬指している世界観 オンラインの世界でも、オフラインのお店のように、それ以上に、 ⼈が⼈を⾒て、相⼿のことを感じられる。 参照コンセプト・ムービー: https://youtu.be/h0kDekZFaSU
  8. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 前提)「顧客を知り、良い体験を⽣み出すための基盤」としてのKARTE全体像 8

  9. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 9 KARTE で顧客のことが前よりわかるようになりましたか? 質問

  10. None
  11. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Liveとは 11 User

    Admin
  12. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Liveとは 12 「顧客を知る」までを即座に、強烈に。

    顧客の⾏動を動画で⾒ることで、 実際の体験を理解し、 インサイトを発⾒することができます。 User Admin
  13. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 13 P D C

    A プラン ファースト 事前の企画や仮説を前提に組み上げてから、 実⾏→確認するサイクル “⾒る” ファースト まず現状を「⾒て知る」ことからはじめて、 そこから解釈し仮説を持って実⾏するサイクル PDCAサイクル O O D A Observe Orient Decide Act S T P D See Think Plan Do OODAループ STPDサイクル / KARTE Liveが提供する価値
  14. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Liveの強み 14 顧客⾏動を直感的に理解できる、気付ける

    ウェブサイトでどんな体験をして、何に困っているのか。 スムーズではない導線や阻害している施策の発⾒、想像してなかった サービスの使い⽅・動き⽅等を発⾒することができます。 アクションまでを、ワンストップで⾼速に ⾒つけた改善点をすぐにKARTEで修正、補助する接客の展開、 ウェブチャットでのサポートなど、 対象となる顧客やページにすぐに新たな体験を提供できます。
  15. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Liveへの導線 15 KARTE

    Liveでは、データで表⽰されていたユーザーの⾏動が動画で⾒れる。 1. 特定のセグメントや体験の瞬間を⾒つける ライブリプレイ セグメントやURL、デバイスなどの 詳細条件から動画を検索する 2. ある1⼈の顧客の⾏動を流れで分析する Live x ユーザーストーリー Live x ウェブチャット 3. サポート中のお客様⾏動をリアルタイムに可視化する 深堀りたい特定の顧客の回遊⾏動全体の ログを⾒ながら、動画で更に理解を深める お客様の体験を動画で確認しながら、 サポートや提案活動の質を⾼める イベント/コンテキストイベント 特定のイベント発⽣の瞬間から 動画を再⽣して何があったかを知る 接客サービス 接客サービスの表⽰/クリック/クローズなど の瞬間を動画で⾒て体験を振り返る
  16. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Liveの機能 | プライバシー保護(マスキング)

    16 ページの特定要素にマスキングをかけること(標準設定・任意設定)や、 利⽤⽤途に合わせてマスキングを解除することが可能です。 デフォルトマスキング マスキング追加 マスキング解除 パスワードやカード情報、メールアドレスやプルダウンでの 項⽬設定など、顧客が情報を⼊⼒/選択する箇所には⾃動で マスキングがかかります。 ※input tagで定義された要素が対象となります 利⽤⽤途に応じて追加での個別マスキング設定が可能です。 マスクをかけたい該当要素のセレクタを指定することで、実施 できます。⼊⼒要素ではないマイページや購⼊確認ページ などが主に該当します。 利⽤⽤途に応じてマスキングの解除が可能です。 ⽅法はマスキング追加と同様ですが、解除する要素の指定は 細⼼の注意を払って実施することを推奨します。 標準 任意 任意
  17. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ アジェンダ 17 本⽇お話すること 前提/KARTE

    Liveの概要 ユースケースご紹介 今後のアクション 3. 👉 1.
  18. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 18 活⽤シナリオ 1 2

    3 4 施策改善 体験の負を取り除いてよりよいCXを提供 接客などCRM施策のリアルな体験を⾒て、 What to say/When/Who/Howなどの施策コ ミュニケーションを再設計する Marketer プロダクト開発 プロダクトで起きている課題や エラーを知り、⾼速に開発 顧客理解/分析 顧客の解像度を極限まで⾼め新たな仮説を⽣む カスタマーサポート オフラインのように同期的に お客様状況を⾒ながらサポート PM Designer Developper 新機能や課題感の強いページなどの 利⽤シーンを⾒て課題を発⾒し開発する Marketer +α CS (Support/Success) 重要顧客や課題となるターゲットの⾏動 分析・⽐較から仮説やインサイトを抽出する 問合せユーザーの体験を動画で⾒て その背景を踏まえた⾼品質なサポートを⾏う γφϦΦ ϩʔϧ Ͱ͖Δ͜ͱ
  19. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 19 活⽤シナリオ 3 4

    顧客理解/分析 顧客の解像度を極限まで⾼め新たな仮説を⽣む カスタマーサポート オフラインのように同期的に お客様状況を⾒ながらサポート Marketer +α CS (Support/Success) 重要顧客や課題となるターゲットの⾏動 分析・⽐較から仮説やインサイトを抽出する 問合せユーザーの体験を動画で⾒て その背景を踏まえた⾼品質なサポートを⾏う γφϦΦ ϩʔϧ Ͱ͖Δ͜ͱ 1 2 施策改善 体験の負を取り除いてよりよいCXを提供 接客などCRM施策のリアルな体験を⾒て、 What to say/When/Who/Howなどの施策コ ミュニケーションを再設計する Marketer プロダクト開発 プロダクトで起きている課題や エラーを知り、⾼速に開発 PM Designer Developper 新機能や課題感の強いページなどの 利⽤シーンを⾒て課題を発⾒し開発する
  20. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 施策改善がどのように変わるか 20 顧客理解/分析の状況整理 ・数値での結果振り返り

    ・数値ベースの仮説から改善、運⽤ ・数値での結果振り返り ・結果が良い/悪い施策の  顧客体験を⾒て分析 ・⾒て得た解釈から改善、運⽤ これまで(As Is) これから(To Be) ユースケース例) クリック率の⾼い施策が、実は⾏動を阻害するものにも なっていて離脱率も⾼いことに気づく PCとSPで同じ接客を出していたら、 提供している体験が異なっていたことが直感的にわかる マウスの動きなどから、数値には現れない施策の評価ができる
  21. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential hogehoge 21 事例:UI/UX施策の改善サイクル構築(JTB様) • UI/UX施策結果の”なぜ”の解釈が難しい • SPユーザーの旅⾏予約までの遷移率が低い点に課題があった

    ⽬的/狙い • 課題となるテーマをまず決め、それに該当する⾏動中⼼に動画を⾒る • テーマ = ページ領域軸、機能軸、施策軸が存在 • 今回の場合、旅⾏予約に⾄るページについて理想ユーザー(予約者)、 離脱ユーザーそれぞれの⾏動を分析 Liveの⾒⽅ 発⾒できたこと • 予約導線へ進む導線(ボタン+配置)にばらつきがあり、ページ上で上下 スクロールを繰り返すユーザー⾏動が散⾒された • 導線がわかりずらくモチベーションがある⼈でも迷ってしまっているので は?という原因仮説を⽴てた 結果/Next Action • 「予約画⾯」遷移へのボタンの⾊・テキストを変更するABテストを実施 • SPユーザーでは課題だった遷移率, 転⽤したPCユーザーでは予約完了率が 向上 • ⾏動分析→課題特定→仮説・ABテストまでのプロセスをよりスムーズか つ詳細に⾏える型ができた ボタンの⾊・配置を整理した後の予約導線 関連記事: https://cxclip.karte.io/practice/jtb-case02/
  22. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential hogehoge 22 事例:問合せ削減/⾃⼰解決促進の施策を⽴案・改善(SBI証券様) • お客様の状況や困りごとをより正確に理解して、⾃⼰解決を促進する施策の 展開を進めたかった •

    「本当に施策が有効的なのか」を分析に⼤きな⼯数をかけずに素早く把握し、 反映したい意図があった ⽬的/狙い • 新規ページの公開やお知らせを掲載するときには、必ずLiveで反応を確認 するように設定している • 気づけていなかったサイトの課題がないか?を動きから⾒て検証 Liveの⾒⽅ 発⾒できたこと • Q&Aページでお客様がどの部分(項⽬)で利⽤⽅法に迷っているか、マウ スの動きから把握できた • ポップアップ施策がどのタイミングならお客様の閲覧を邪魔せずに表⽰で きるか、実際の接客体験を確かめながらベストな設定を模索 結果/Next Action • 迷う項⽬にマウスを重ねると利⽤ガイドが表⽰されるような施策を実施 • タイミングを改善したポップアップ施策ではCTRが約2%→40%まで上昇 し、リンク先では90%のお客様が「役に⽴つ」を選択 • 今後は、CSチームから他部署までLiveの活⽤を広げていく 関連記事: 近⽇CX Clipよりリリース お客様はどこで迷っているのか? サイレントカスタマーを含め様々なお客様の⾏動から課題を発⾒
  23. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 23 活⽤シナリオ 1 2

    3 4 サービス/施策改善 体験の負を取り除いてよりよいCXを提供 接客などCRM施策のリアルな体験を⾒て、 What to say/When/Who/Howなどの施策コ ミュニケーションを再設計する Marketer プロダクト開発 プロダクトで起きている課題や エラーを知り、⾼速に開発 顧客理解/分析 顧客の解像度を極限まで⾼め新たな仮説を⽣む カスタマーサポート オフラインのように同期的に お客様状況を⾒ながらサポート PM Designer Developper 新機能や課題感の強いページなどの 利⽤シーンを⾒て課題を発⾒し開発する Marketer +α CS (Support/Success) 重要顧客や課題となるターゲットの⾏動 分析・⽐較から仮説やインサイトを抽出する 問合せユーザーの体験を動画で⾒て その背景を踏まえた⾼品質なサポートを⾏う γφϦΦ ϩʔϧ Ͱ͖Δ͜ͱ
  24. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ プロダクト開発がどのように変わるか 24 顧客理解/分析の状況整理 ・開発チーム内でのFB、

     ロードマップに従った開発 ・要望起点での改善 ・実際の顧客体験を⾒て課題を洗い出し (意図通りの挙動か/体験がスムーズかなど) ・チーム内FBや要望と合わせて開発を推進 これまで(As Is) これから(To Be) ユースケース例) 実⾏動をもとに開発課題を⾒つけられるようになる 新機能開発時、顧客の反応が即座にわかる 各⼈で持っている仮説が正しいか、 実際の顧客の動きをもとに検証することができる
  25. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential hogehoge 25 事例:検索機能リニューアルのための課題探索(GDO様) • 検索機能のリニューアルを準備していた • 定量分析だけでは⾏動の裏にある背景や動作が⾒えず、

    メンバー間での課題認識が揃っていなかった ⽬的/狙い • 商品購⼊のために検索をアクティブに使っているユーザーのサイト回遊⾏ 動を流れで閲覧 Liveの⾒⽅ 発⾒できたこと • 新品と中古の検索ページが分かれているが、実際は新品の検索で「中古  パター」と検索していたり、両売り場の⾏き来が多く発⽣していた • 欲しい商品を⾒つけやすくするために作っていた絞り込み検索は意外と使 われず、通常のサイト内検索で⼗分担保されていた 結果/Next Action • 発⾒した課題を定量分析してボリュームを確認。開発要件に盛り込んだ • 「思いもよらぬ⾏動」の発⾒ができ、固定概念を払拭できた • 複数部署を跨ったプロジェクトメンバーの課題認識を揃えられた 関連記事:https://cxclip.karte.io/interview/gdo/
  26. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ Slackを⽤いたAuto Notificationでの改善 26 Slack+Webhookで⽣産性を劇的に向上することができます。

    「管理画⾯に⾒に⾏く」のではなく、⾒るべきユーザーが「⼿元に通知される」仕組みへ ユーザーに 該当⾏動が発⽣ webhook経由でSlackに通知 Story Live 該当URLも⼀緒に通知してすぐに⾒れる導線を設置
  27. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 27 カスタマーサクセスのOnboardingプロセスでLiveを活⽤。 体験を知ることで、オンボーディング体験⾃体の改善やお客様個々の状態の精緻な把握に 該当⾏動(機能利⽤)が起きると

    Slackに通知される 実際の利⽤状況をLiveですぐに確認 Slackで改善点を議論/改善 改善 事例:PLAIDでの⾃社活⽤(カスタマーサクセス篇) サクセス 関連記事: https://cxclip.karte.io/product/kartelive-plaid/
  28. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 事例:PLAIDでの⾃社活⽤(プロダクト開発篇) 28 機能リリース直後に、開発チームでLiveを活⽤してお客様の使い⽅を確認。 意図していない挙動や体験上の負を⾒つけて⾼速で改善を重ねています

    該当⾏動(機能利⽤)が起きると Slackに通知される プロダクトの使われ⽅をLiveを⽤いてチームで確認 Slackで改善点をピックアップ/議論 改善!
  29. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 29 活⽤シナリオ 1 2

    3 4 サービス/施策改善 体験の負を取り除いてよりよいCXを提供 接客などCRM施策のリアルな体験を⾒て、 What to say/When/Who/Howなどの施策コ ミュニケーションを再設計する Marketer プロダクト開発 プロダクトで起きている課題や エラーを知り、⾼速に開発 顧客理解/分析 顧客の解像度を極限まで⾼め新たな仮説を⽣む カスタマーサポート オフラインのように同期的に お客様状況を⾒ながらサポート PM Designer Developper 新機能や課題感の強いページなどの 利⽤シーンを⾒て課題を発⾒し開発する Marketer +α CS (Support/Success) 重要顧客や課題となるターゲットの⾏動 分析・⽐較から仮説やインサイトを抽出する 問合せユーザーの体験を動画で⾒て その背景を踏まえた⾼品質なサポートを⾏う γφϦΦ ϩʔϧ Ͱ͖Δ͜ͱ
  30. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 顧客理解/分析がどのように変わるか 30 顧客理解/分析の状況整理 ・定量分析が中⼼

    ・定性的な分析はコストと時間が  かかるためアドホック時のみ ・定量と定性のかけ合わせで分析 ・実顧客の⾏動を⾒ることで数値では  表せない⽂脈などの⾏間を読み解ける ・深い解釈や仮説構築につながる これまで(As Is) これから(To Be) 初回来訪者が何を⾒ていて、なぜすぐ離脱するのかを知る ユースケース例) ライトユーザーとヘビーユーザーの⽐較をして、 どのような⾏動特徴があるかを知る 最終ゴールが発⽣したユーザーがその前に どのようにサイトを⾒て、選択をしたのかを知る ロイヤリティ/NPSが⾮常に⾼いユーザーが どのようにサイトを使っているかを⾒てペルソナの解像度を⾼める
  31. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 31 活⽤シナリオ 1 2

    3 施策改善 体験の負を取り除いてよりよいCXを提供 接客などCRM施策のリアルな体験を⾒て、 What to say/When/Who/Howなどの施策コ ミュニケーションを再設計する Marketer プロダクト開発 プロダクトで起きている課題や エラーを知り、⾼速に開発 顧客理解/分析 顧客の解像度を極限まで⾼め新たな仮説を⽣む PM Designer Developper 新機能や課題感の強いページなどの 利⽤シーンを⾒て課題を発⾒し開発する Marketer +α 重要顧客や課題となるターゲットの⾏動 分析・⽐較から仮説やインサイトを抽出する γφϦΦ ϩʔϧ Ͱ͖Δ͜ͱ 4 カスタマーサポート オフラインのように同期的に お客様状況を⾒ながらサポート CS (Support/Success) 問合せユーザーの体験を動画で⾒て その背景を踏まえた⾼品質なサポートを⾏う
  32. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ カスタマーサポートがどのように変わるか 32 顧客理解/分析の状況整理 ・リアクティブなサポート中⼼

     (コール/チャット) ・正確に早く回答することが必要 ・お客様の背景や状況把握が難しい ・お客様の背景・状況を同期的に理解 ・正確に早いサポートが提供できる ・先を⾒越したプロアクティブなサポートに も繋げられる これまで(As Is) これから(To Be) ユースケース例) お客様からのラフなチャット問合せを⾼速に解決する サービスに不具合があった時のお客様対応〜開発チームへの エスカレーションを動画共有でスムーズに⾏う お電話越しのお客様のWeb⾏動をリアルタイムに把握して、 サポートの質を⾼める
  33. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 33 相⼿の状況を踏まえた ラフな問合せの スムーズな解決

    for Customer Support
  34. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ 34 チャット⼊⼒中の内容も 可視化することで、 Predictive(予測)なサポートを

    for Customer Support
  35. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ point: ⼯数を下げて品質を⾼める 35 問合せ

    1次回答 問合せ 内容把握 本回答 状況確認フェーズ こ れ ま で こ れ か ら ・・・ 問合せ 1次回答 = CS-Userのやりとり 問合せ 内容把握 本回答 ・・・ ここでお互いうまく伝わらず(⾔語化できず)離脱に繋がるケースが多く存在 ⼤幅に⼯数を減らし、 お客様の満⾜度を⾼める
  36. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ アジェンダ 36 本⽇お話すること 前提/KARTE

    Liveの概要 ユースケースご紹介 今後のアクション 👉 1. 2.
  37. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Live 無償版のリリース 37

    PLAIDでは「顧客のことを知る」ことは、より良い体験を提供する上で⽋かせない⾏為だと考えています。 なぜなら、顧客と限りなく同じ⽬線に⽴たないと 何を期待し、何に困り、何に喜んでいるのか、事業側の視点だけでは共感することが難しいからです。 その価値を、少しでもより多くのKARTE Frinedsに届けるために、KARTE Liveでは無償プランの提供しています。 ແঈ൛ ௨ৗ൛ 37
  38. 38 KARTE Live 無償版の内容 ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential Liveによる解析(録画再⽣)の上限: 1,000PV/1⽇まで Liveデータ保持期間:

    録画時から1⽇(24時間) ※現状期間無期限でのご提供となりますが、今後提供期間を変更することはあり得るため、ご了承ください。 無償版のKARTE Liveでは以下の条件付きでのご利⽤となります。
  39. 39 KARTE Live 無償版の設定⽅法 ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential KARTE Liveの設定は、30分〜1時間で完了します。 管理画⾯上の専⽤ページでの規約同意のみ必要

    (申込み作業は必要ありません) 初期設定:Live インストール URL: https://support.karte.io/post/184S3Jha1IyvvjAd1S6tNQ 初期設定:Live セットアップ URL: https://support.karte.io/post/4eosNO0iQuBkvzXx57I5Ds
  40. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Live 相談会のご案内 40

    40 💡KARTE Live活⽤相談でお話できること ✓ Live 有償版の相談 ✓ Live活⽤ポイントの壁打ち ✓ Liveの基本設定 ✓ 課題に合わせた事例紹介
  41. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE CX Conferenceアーカイブ配信のご案内 41

    ソニー損害保険株式会社さま プラス株式会社さま 株式会社SBI証券さま 株式会社オープンハウスさま 以下 4 社のセッションで、 KARTE Liveの活⽤についてもお話いただいております。 https://karte.io/event/cxconference2021.html
  42. ʛɹɹɹɹ© PLAID, IncɹɹɹɹʛɹɹɹɹConfidential 2021.02.10ɹɹʛɹɹKARTE Live ΦϯϥΠϯηϛφʔɹɹʛɹ KARTE Live の設定 42

    42
  43. None