Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

事業知識を深掘りし、より人の役に立つサービスに改善する

285b79086d406f96476a2d8a0cc5fe56?s=47 Kubota Nao
December 21, 2019

 事業知識を深掘りし、より人の役に立つサービスに改善する

「人の役に立つWebサービスをつくる」を軸に、金融領域のWebメディアの開発に携わっています。
いち事業に関わるエンジニアとして、エンジニアとしての業務範囲にとらわれず、深い事業知識に踏み込んでチームでサービスを改善した話をします。

285b79086d406f96476a2d8a0cc5fe56?s=128

Kubota Nao

December 21, 2019
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 事業知識を深掘りし、 より人の役に立つ サービスに改善する 2019.12.21 TokyoGirls.rb Meetup vol.2 Kubota Nao

  2. Who am I ? バンドマンでWebエンジニアで住宅ローンアドバイザー の女性です‍ 大阪市北区で活動しています 人の役に立つWebサービスをつくりたい! Name :

    Kubota Nao @kazenomachi_ @kazenomachi
  3. 2018/9〜株式会社エイチームフィナジーで、「世の中か らお金の不安をなくす」をミッションに、現在「ナビナビ 住宅ローン」というサービスの運営に携わっています。 https://navinavi-mortgage.com Work ナビナビ住宅ローン @navinavi_house

  4. 人の役に立つWeb サービスをつくる 世の中からお金の 不安をなくす

  5. 「事業知識を深掘りする」とは? ?

  6. 事業で扱う情報について追求すること ! 取り扱う商品や、業界・マーケティングの知識など いわゆるドメイン知識

  7. なぜ事業知識の深掘りを行なったか ?

  8. 前職では客先常駐エンジニアとして勤務 →「よりサービスの開発に深く関わりたい」と思い現職に

  9. 役割・環境の変化によって視野が広がる →事業知識の深掘りを進めていくことで貢献できることを増やす!

  10. どのように変化していったか ?

  11. 住宅ローン 金利? 団信? ペアローン? プラン? フラット35? 審査? 控除? 金利引下げ幅? リスク?

    諸費用?
  12. • 検索がうまくできない・要望(仕様)に沿ったデータを提供できない • 表示するデータの加工が必要になってソースコードが汚くなったりする場合も…

  13. 実際に起きた問題 • 専門用語の変数名の命名がうまくまとまらず、何を指しているのか分からない ◦ 例) rate_type という変数名に、金利タイプと借入タイプが入っている事象が複数箇所で発生 • 柔軟な表示出し分けができず、サービスの商品名がついたメソッドが生まれる •

    内部的な設計が複雑すぎるので、表示修正が発生した時に、毎回多くの工数が かかってしまう • 誰も手を入れられなくなる
  14. 住宅ローンについて学ぶ (ついでに住宅ローンアドバイザーになる) このままではこのサービスを 負の遺産の塊にしてしまう…

  15. • 要望(仕様)に沿ったデータを提供できる • 検索や表示もしやすいので、ソースコードも簡潔に書ける

  16. 今まで書いてきたコードが 泥沼に見えるようになった (だいぶ解消を進めていますが、これからもリファクタリング頑張ります)

  17. 事業知識を深掘りして変わったこと サービスの品質向上に貢献できるようになった • より質の良いサービス改善案を提案できる • チーム内のコミュニケーションコストが少なくなる • より綺麗なコードが書ける

  18. 事業知識の深掘りを行う上で意識していること • 散らばった情報の要素を整理する • 言葉に疑問を持ち、意味を調べる • チーム内で共通言語を揃える ◦ チーム内のコミュニケーションから質の良いサービスが生まれる(と思 う)

  19. 深い事業知識に踏み込めば、 別の視点からより良いサービスに 改善していくこともできる!

  20. Thanks!! Kubota Nao @kazenomachi_ @kazenomachi