キッチハイク会社紹介資料 / キッチハイクを一緒に広めてくれるCMO募集 / recruitment

キッチハイク会社紹介資料 / キッチハイクを一緒に広めてくれるCMO募集 / recruitment

食べるのが好き!で集まるグルメアプリ「キッチハイク」を運営する株式会社キッチハイクのCMO募集に使用する会社紹介資料です。
主にCMO・マーケター向けの内容となっています。食や暮らし・社会をより良くしたい人、キッチハイクに興味がある人、お気軽にご連絡ください!

▼Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/kitchhike

▼コーポレートサイト
https://kitchhike.jp/

▼採用担当のTwitter
・山本 雅也(CO-CEO / COO)
https://twitter.com/yamamoto_masaya

・藤崎 祥見(CO-CEO / CTO)
https://twitter.com/shoken0x

・大野 久美子(デザイン戦略部長)
https://twitter.com/marchen_kumiko

・川上 真生子(グロースシステム部長)
https://twitter.com/makiko_b

C67f026b37859c21a3a4f40fa52915f6?s=128

KitchHike Official

November 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. キッチハイクを一緒に 広めてくれるCMO募集

  2. サービスについて

  3. どんなサービスなのか 食べるのが好き!で集まる グルメアプリ 「キッチハイク」 行きたいお店に行きたい人で集まって、 ごはんをおいしく食べられるサービスです。

  4. サービス体験の様子

  5. わたしたちの想い サービスミッション 誰かとかこむ食卓をふやす 誰にとっても、 身近な幸せである「おいしく食べる」体験。 それを、 どんな人でも体験できるように仕組み化したサービスが キッチハイクです。

  6. 栄養摂取や 際限ない追求 身近な幸せ わたしたちがイメージする 「食」 とは おいしい モノを食べる おいしく 食べる

  7. 食べるのが好きで、 日々の生活を 充実させたいアクティブな人 こんな人が使っています 26歳の女性が日々を楽しく過ごすための サービスとして使ってくれています ユーザー 友達と旅行やごはん・飲みに行くのが好きな人 週末に予定を埋めて楽しいことをしたい 食に関する話題を共有できる人がいない

    自分の行動範囲だけでは決して会えない人に気軽に会える 欲求 課題 サービスの価値
  8. 参加者数 サービスシーンを拡張して、 さらに成長しています 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019

    50,000人 「料理上手なあの人」の 家に食べに行く お店に食べに行く 外食本格進出
  9. 年代 性別 ユーザーに 人気のエリア 男性 42% 58% 女性 17% 新宿・池袋

    22% 上野・秋葉原 27% 日本橋・銀座 新橋 35 - 44歳 20% 45歳以上 13% 18 - 24歳 10% 男女の比率は 半々くらい 34% 渋谷周辺 25 - 34歳 57% 数字でみるユーザー層
  10. 参加者の声

  11. 会社について

  12. 食でつながる暮らしをつくる 私たちは、 キッチハイクのない社会より、 キッチハイクのある社会を 望んでいます。 「おいしく食べる」が当たり前にある社会の方が、 とても豊かだと考えているからです。 わたしたちの想い 企業理念

  13. バックオフィス コミュニティ アライアンス部 企業や自治体との関係性 の構築を通して、コミュ ニティ開発を担う部署 グロースシステム部 サービス運用やユーザー サポート、飲食店とのリ レーション構築を担う部

    署 マーケティング部 サービスのグロースに関 わる、 オンライン・オフラ イン施策の全てを担う部 署 デザイン戦略部 ブランドやプロダクト開 発の戦略から表層までの 方針策定を担う部署 システム開発部 プロダクト開発や、 社内シ ステム開発の実装を担う 部署 経営チーム 組織図
  14. 共同代表 山本 雅也 CO-CEO / COO 早稲田大学商学部卒業後、博報堂DYメディアパートナーズ入社。出版社 × ITの新規事業立ち上げ &グロース、

    クライアントソリューション企画の提案を担当。退社後、 世界各国の人を訪ねてごはん を食べるフィールドワークを行う。著書『キッチハイク!』 (集英社) 藤崎 祥見 CO-CEO / CTO 筑波大学大学院システム情報工学研究科修了後、野村総合研究所でエンジニアとして5年間勤 務。2013年に山本雅也と共同でキッチハイクを創業。 二十歳になった次の年に仏門に入るために大学を休学し京都へ渡る。1年間の修練後、 西本願寺で住 職の資格を取得。 その後、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュ ニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
  15. 男性 9人 女性 11人 男女の比率は 半々くらい 27.9歳 平均年齢 社員・業務委託・インターン 20人

    メンバー構成
  16. キッチハイクの日常:オフィスの風景

  17. キッチハイクの日常:ランチタイム

  18. 情報発信:noteや技術ブログなど https://note.mu/kitchhike/m/m8390f5bac470 https://tech.kitchhike.com/ https://www.wantedly.com/companies/kitchhike/ noteでチームやデザインとの 向き合い方を発信しています 日々の開発で得た知見を アウトプットしています Wantedlyでメンバーの インタビュー記事を公開中!

  19. CO-CEO / CTO 藤崎の登壇 2019年6月 React Native meetup デザイナのイベント登壇 2019年9月

    React.js meetup エンジニアのイベント登壇 2019年3月 Rails Developers Meetup 情報発信:開発メンバーのイベント登壇
  20. 外食関係のイベント登壇や、 テレビでの紹介事例 CO-CEO / COO 山本の登壇 2019年9月 FOODIT TOKYO TOKYO

    MX「モーニングCROSS」 2019年8月16日 (金) 放送
  21. 書籍でのキッチハイク紹介事例

  22. 募集内容

  23. ユーザーとの コミュニケーション 未接触顧客との コミュニケーション 飲食店との コミュニケーション 経営チーム グロースシステム部 サービス運用やユーザー サポート、飲食店とのリ

    レーション構築を担う部 署 マーケティング部 サービスのグロースに 関わる、 オンライン・オ フライン施策の全てを 担う部署 デザイン戦略部 ブランドやプロダクト開 発の戦略から表層までの 方針策定を担う部署 CMO 募集ポジション:CMO(Chief Marketing Officer)
  24. ・インハウスでのデジタルマーケティング経験者 ・アプリやtoCサービスのマーケティング経験者 ・テクノロジーで人を動かすことに興味がある人 ・食や暮らし、社会をより良くしたい人 ・行動経済学、社会心理学をベースにした人の行動に興味がある人 歓迎条件 デジタルマーケティングorオフラインマーケティング 応募後に予約しても可 ・サービス理解のため、キッチハイクへの参加経験 ・前例がないことへの挑戦にモチベーションがわく方

    ・マーケティング実務経験が2年以上ある方 ・ミッション、カルチャーへの共感 必須条件 マーケティングチームのミッション ユーザーの暮らしを豊かにし、キッチハイクを文化として定着させる。 そのために、 オンライン・オフラインにこだわらない包括的なマーケティング施策の
 戦略立案から実行までを経営メンバーと取り組んでいただきます。 業務内容と募集条件
  25. わたしたちが大事にしている 3つの行動指針 メッセージより仕組み化 メッセージで世界は変わらない。仕組みが世界を変える。 共同代表山本が創業時に掲げた言葉です。人を動かす仕組みの設計こそが、 キッチハイクの強みであり、価値になります。 もっとも大切な真実は何か? 水平思考(既成の理論や概念にとらわれずアイデアを生み出す方法) を 心がけ、前例がない解決策にも挑戦します。

    「未来はすでにここにある。 ただ均等にないだけだ。」 SF作家William Gibson氏の言葉です。 キッチハイクは、未来から逆算したプロダクト設計をします。 今の改善より未来のプロトタイプ 常識の比較より逆説のアイデア 求める マインドセット
  26. 参加者目標 10万人/月 ユーザー 外食領域 企業や自治体 サービス認知拡大 コミュニティ アライアンス拡大 シェアダイニングの普及 これから実現したいこと

    マーケティングチームは これから立ち上げフェーズ 爆速で進めたいけど、人手が足りてません!
  27. 外食領域におけるシェアダイニングを普及中 キッチハイクのサービスミッションである「誰 かとかこむ食卓をふやす」を「外食の新しい体 験」 として実現、飲食業界へ拡大中です。 2019年夏から本格的に飲食店とリレーションを 取り、現在キッチハイクの導入・開催店舗は、 50 店舗を突破しました。店舗様からは「お客さんの 満足度が高い」

    「今まで来る機会がなかった層 が来てくれる」といった声をいただいています。
  28. 企業や自治体とのパートナーシップを拡大中 サッポロビール・HOPPIN' GARAGE Panasonic・KURA_THINK マイナビ農業 福島県・国見町 大分県・豊後大野市 鹿児島県・指宿市 島根県・松江市 広島県

  29. グロースシステム部長 @makiko_b 川上 真生子 CO-CEO / CTO @shoken0x 藤崎 祥見

    CO-CEO / COO @yamamoto_masaya 山本 雅也 デザイン戦略部長 @marchen_kumiko 大野 久美子 検索 採用 キッチハイク 一緒にキッチハイクを広めてくれる人を絶賛採用中!
  30. Thank you!