#CNDT2019 / #OSDT2019 始めよう!

#CNDT2019 / #OSDT2019 始めよう!

「Cloud Native FUKUOKA #02」の登壇資料です。
https://cnjp.connpass.com/event/139837/presentation/

補足資料はこちら
https://qiita.com/kitkatayama/items/724a3e4dc8dff2a87a75

0239d4fbc113e82f1484c212486dff35?s=128

Kazuo KATAYAMA

August 08, 2019
Tweet

Transcript

  1. #CNDT2019 / #OSDT2019 始めよう! @kitkatayama 片山 和朗 2019年8月8日(木) Cloud Native

    FUKUOKA #02
  2. About @kitkatayama 片山 和朗 @kitkatayama Web: https://kitkatayama.com 仕事 興味・関心 好きなもの・こと

    ・格闘ゲーム(ストリートファイター等) ・音楽(ドラム叩いてました) ・無線LAN(車車間通信やってました) 最近感動したこと 技術検証 運用、監視が主。最近はDocker、Kubernetes辺り。 ネットワーク全般 機器、プロトコル、何でも。DNSは浸<censored> 無職 前職はプライベートクラウド基盤の運用、監視、構築等 カタヤマ カズオ ・EVO(格ゲーの世界大会)で日本人が優勝 ・青山さんにオンラインの登壇を見られた
  3. #CNDT2019 / #OSDT2019 とは

  4. #CNDT2019 / #OSDT2019 とは

  5. #CNDT2019 / #OSDT2019 とは • 7/22(月)~7/23(火) • AM: Keynote 6トラック

    • PM: RoomA~Hの8トラック x 5セッション • 計106セッション • 1日目: 6 Keynotes + 48 sessions • 2日目: 6 Keynotes + 46 sessions • 69セッションの資料が公開中(2019/8/8現在) • プレゼンテーション、GitHubリポジトリ等 https://cloudnativedays.jp/cndt2019/
  6. #CNDT2019 / #OSDT2019 とは • 7/22(月)~7/23(火) • AM: Keynote 6トラック

    • PM: RoomA~Hの8トラック x 5セッション • 計106セッション • 1日目: 6 Keynotes + 48 sessions • 2日目: 6 Keynotes + 46 sessions • 69セッションの資料が公開中(2019/8/8現在) • プレゼンテーション、GitHubリポジトリ等 うわっ…セッション数、 多すぎ…?
  7. 今日話すこと https://cnjp.connpass.com/event/139837/

  8. 今日話すこと https://cnjp.connpass.com/event/139837/

  9. 今日話すこと • #CNDT2019 / #OSDT2019 とは • 膨大な資料で見る気を無くしている人へ導線を • 初心者向け

    • 最新動向 • カテゴリ別
  10. 初心者向け • ほぼ触ったことない人向け • [1FL] 今からでも遅くない!アプリケーションエンジニアが知ってお きたい、Dockerコンテナの基礎知識 • [2D1] Kubernetes

    The Heartful Way ~手作りにこだわる職人たちの想 い~ (転職したら Kubernetes だった件) • [1G1] RancherではじめるCloudNative!!
  11. 初心者向け(1): [1FL] 今からでも遅くない!アプリケーションエンジニアが知っ ておきたい、Dockerコンテナの基礎知識 https://speakerdeck.com/inductor/the-basic-of-docker-container-for-developers

  12. 初心者向け(2): [1G1] RancherではじめるCloudNative!!Session編 / Hands-on 編 https://speakerdeck.com/cyberblack28/rancherdeshi-merucloudnative-hands-onbian https://speakerdeck.com/cyberblack28/rancherdeshi-merucloudnative-sessionbian

  13. 初心者向け(3): [2D1] Kubernetes The Heartful Way ~手作りにこだわる職人たち の想い~ (転職したら Kubernetes

    だった件) https://speakerdeck.com/superbrothers/that-time-i-changed-jobs-as-a-kubernetes
  14. 今日話すこと • #CNDT2019 / #OSDT2019 とは • 膨大な資料で見る気を無くしている人へ導線を • 初心者向け

    • 最新動向 • カテゴリ別
  15. 最新動向 • 1B4 OCIv2?!軽量高速なイケてる次世代イメージ仕様の 最新動向を抑えよう! • 2A3 最近のDockerの新機能 • 2EL

    CNCF サンドボックスプロダクト15本ノック! • 2F5 How cgroup-v2 and PSI Impacts Cloud Native?
  16. 最新動向(1): OCIv2?!軽量高速なイケてる次世代イメージ仕様の最 新動向を抑えよう! https://www.slideshare.net/KoheiTokunaga/ociv2 軽く、早く!

  17. 最新動向(2): 最近のDockerの新機能 https://www.slideshare.net/AkihiroSuda/cndt-docker 任意のバイナリが どこの環境でも動く!?

  18. 最新動向(3): CNCF サンドボックスプロダクト15本ノック! https://docs.google.com/presentation/d/1O9Q9E1hH6mB A5w8oDENnCYObZvij1-Dr_obvsY3X29k/ Buildpackと Telepresenceは お話を聞いたことがある かも?

  19. 最新動向(4): How cgroup-v2 and PSI Impacts Cloud Native? https://speakerdeck.com/udzura/cgroup-v2-and-psi https://speakerdeck.com/udzura/how-cgroup-v2-

    and-psi-impacts-cloud-native コンテナ単位の負荷等監視が 可能に!? @udzuraさんの別資料で 日本語もあり
  20. 今日話すこと • #CNDT2019 / #OSDT2019 とは • 膨大な資料で見る気を無くしている人へ導線を • 初心者向け

    • 最新動向 • カテゴリ別 • 運用 / ノウハウ関連 • ストレージ関連 • ネットワーク関連 • etc…
  21. カテゴリ別 • ここから先のリストは Qiitaにまとめてます https://qiita.com/kitkatayama/items/724a3e4dc8dff2a87a75

  22. カテゴリ別(1) • 運用 / ノウハウ関連 • 1A1 Kubernetesクラスタの自動管理システムのつくりかた • 1B2

    Kubernetes拡張を利用した自作Autoscalerで実現するストレスフリーな運用の世界 • 1B5 メルペイのマイクロサービスの構築と運用 • 1C1 Argoによる機械学習実行基盤の構築・運用からみえてきたこと • 1D2 CircleCI 2.0を支える2つのコンテナクラスター • 1GL kubernetesを運用したことで学んだアンチパターン https://speakerdeck.com/zoetrope/kuberneteskurasutafals ezi-dong-guan-li-sisutemufalsetukurikata https://speakerdeck.com/tjun/cloudnative-days-tokyo2019
  23. カテゴリ別(2) • ストレージ関連 • 1B3 Cloud Native Storageが拓くDatabase on Kubernetesの世界

    • 1C5 Prometheus setup with long term storage • 1D5 失敗しない! Kubernetes向けストレージ選び5つのポイント • 1G3 Operator でどう変わる?これからのデータベース運用 https://speakerdeck.com/tzkoba/number-cndt2019-cloud-native-storagegatuo- kudatabase-on-kubernetesfalsewei-lai https://speakerdeck.com/yukirii/cndt2019-k8s-operator
  24. カテゴリ別(3) • ネットワーク関連 • 2A3 Kubernetes CNI プラグイン結局どれを選べばいいのか • ログ関連

    • 2B5 Kubernetes Logging入門 • 2H4 Kubernetesにauditログを求めるのは間違っているだろうか https://speakerdeck.com/line_developers/kubernetes-cni- which-should-we-choose https://speakerdeck.com/yosshi_/kubernetes-loggingru-men
  25. カテゴリ別(4) • 実践関連 • 1E5 k3sで作る!軽量k8sエッジコンピューティング環境 • 2FL 100行のコードでDockerの基本を実現せよ! •

    Kubernetesの仕組み関連2F3 歴史から紐解くLinuxカーネルのコンテナ機能 • 2GL そのコンテナ、もっと「賢く」置けますよ? https://speakerdeck.com/fufuhu/k3sdezuo-ru-qing-liang- k8setuzikonpiyuteinguhuan-jing https://speakerdeck.com/ytaka23/cloudnative-days-tokyo-2019
  26. カテゴリ別(5) • 開発者向け関連 • 1D3 Cloud Nativeに立ち向かうJVMユーザー必見。KubernetesでJava/JVMアプリを動かすための 実践的ノウハウ集 • 1E2

    オイラ大地のECサイトのマイクロサービス化をVA Linuxが性能分析してみた • 1G4 Actor model meets the Kubernetes • 2HL Deep Environment Parity https://speakerdeck.com/toshiiw/oirada-di- falseecsaitofalsemaikurosabisuhua-wova-linuxgaxing-neng- fen-xi-sitemita https://speakerdeck.com/spring_mt/deep-environment-parity-cdnt-2019
  27. カテゴリ別(6) • アーキテクチャ関連 – チーム作り、基盤全体の考え方など、上位層向け • 1B2 adtech studioにおけるCRD~抽象化したGPUaaSによる段階移行計画 &

    AKE Ingress v2~ • 1E4 ヤフーのクラウドネイティブへの取り組みとそれを支えるシステム開発 • 1FL Re-architecturing of Microservices • 1F3 PTLのお仕事とOpenStackリリースパイプラインの裏側 • 1GL コンテナ化に向けたクラウドベンダー比較選定のイロハ • 1HL Kubernetes クラスタのポータビリティを保つための8原則 • 1H4 Mackerelチームのコンテナエージェント開発における戦略とこれから • 2A4 ZOZOTOWNのCloud Native Journey ~トール・マカベッチのアンサーソング付き~ • 2A5 マイクロサービス運用における最高のDXを目指して • 2B4 Microservices を支える Infrastructure as Software • 2C3 クラウドネイティブを創る技術 • 2G1 いつもニコニコあなたの隣に這い寄るカオスエンジニアリング! https://www.slideshare.net/techblogyahoo/cndt2019-osdt2019-roome-1e4
  28. カテゴリ別(7) • 会社 / 特定プロダクト関連 - 特定の会社orプロダクトに特化したもの • 1AL Datadogで実現するこれからのコンテナ監視(Datadog)

    • 1C2 エンタープライズが求めるサービスメッシュとは?(VMware) • 1E3 Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャ(Knative) • 1H2 k8s上のアプリケーション向け Secure Service MeshをA10でつくる(A10ネットワークス) • 2C1 A deep dive into service mesh and Istio(Istio) • 2D3 Understanding Envoy(Envoy) • 2D4 サーバレス・ネイティブ が お伝えする、フルサーバレス開発の魅力(JAMStack: JS開発) • 2H1 Spinnakerで実現する、クラウド開発者のためのデプロイパターン入門(Spinnaker: CI/CD) https://www.slideshare.net/KunihikoIkeyama/datadog-v2 https://speakerdeck.com/taiki45/cloudnative- days-tokyo-2019-understanding-envoy https://speakerdeck.com/sansanbuildersb ox/introduction-to-deployment-patterns- with-spinnaker
  29. カテゴリ別(8) • OpenStack関連 - OpenStackに関連するもの • 1A4 LINEにおけるOpenStackの運用とUpstreamへの取り組み • 1D1

    OpenStack コミュニティの現在と今後 • 1F1 Bifrost standalone Ironic を使ったGPU基盤構築運用への適用について • 1F2 OpenStackオンプレクラウド開発に必要だったこと -アジャイル開発とインフラ- • 1F3 OpenStackアップストリーム活動実践(中級) • 1F5 Zuul と OpenStack で作る気の利いた CI 環境 • 1G5 Ansibleから学ぶOpenStack Python SDK活用法 • 1H1 TripleO Deep Dive • 1H3 TungstenFabricでk8sとOpenStackのラクラクNW統合 • 1H5 HCIとOpenStackを用いたプライベートクラウド基盤 • 2E5 OpenStackにおけるプリエンプティブインスタンス • 2G3 OpenStack上の環境構築自動化に向けたTerraform/Pulumiの活用 • 2G4 Challenging Secure Introduction with SPIFFE • 2H3 Cluster APIで簡単Kubernetes on OpenStack • 2H5 OpenStackとIngress Controllerで作るContainer Nativeロードバランシング
  30. 今日話したこと • #CNDT2019 / #OSDT2019 とは • 膨大な資料で見る気を無くしている人へ導線を • 初心者向け

    • 最新動向 • カテゴリ別
  31. 補足 • 公式サイトにて埋め込み対応(8/6) • 実はCloudNative Days Fukuoka 2019 も埋め込み対応済み •

    セッション時の動画もあるので是非!