Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新米Red Hatterの振り返り

新米Red Hatterの振り返り

Ba5ae1ea2df9b26b39bb359e4389275b?s=128

Kiyo Nagamine

July 17, 2019
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. CONFIDENTIAL Designator RHCP 2019/07/17 新米Red Hatterの振り返り Associate Consultant Kiyohiko Nagamine

  2. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED 1.あなたは誰? WHOAMI 5.いまのお仕事とかとか WHAT I DO

    2.経歴をみる TIMELINE 3.失敗して学ぶ LEARN FROM FAILURE 4.飛びこえて学ぶ JUMP OVER AND LEARN AGENDA 今日のお題目 Intro Previous Now Goal みなさんが学ぶ意味を 考えるきっかけになれば幸せ
  3. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED 3 Red Hatでコンサルタントをやってます 名前:長嶺 精彦 (Kiyohiko

    NAGAMINE) 職種:Associate Consultant 入社:2019/04/01 前職:ISPのSI部門で構築/運用 WHOAMI プレゼンなんて何年ぶりだろう ...緊張します
  4. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED 4 TIMELINE 社会人になって長らくはSIに従事。そしてコンサルタントに。 一貫してエンタープライズのお客様を相手にしている。 新卒入社 ‘13

    東京に異動 ‘17 Red Hat入社 ‘19 Previous job Red Hat Now インフラ設計/構築/試験 プロジェクトマネジメント NW運用 アカウントマネジメント Fukuoka Tokyo
  5. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED 手順書とは ワンオペ、手順書無しでコマンド 空打ちしてミス。 要件か否か 自分たちを守るが故に、もともと の要件からはみでた要求をただ

    ただはじく。 本当にそれでいい? 依頼された運用作業。手順も作 業結果も問題なかったが、結局 お客様のやりたいことができて ない。 LEARN FROM FAILURE 段取りを理解してない 相手を考えていない 目的が把握できていない 5
  6. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED LEARN FROM FAILURE 失敗すると、 ・通っちゃいけない道 (

    or ノード)、通るべき道がわかる ・より短い経路がわかる S G Must 6
  7. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED 技術領域 技術領域が広がると、多角的なアプローチが可能  ex) L7ルーティングねじまげたい   プロキシサーバ、L3SWでPBR ポジション

    ポジションが代わると、見る領域が広がる • 水平方向:客上層、他チーム、他部署 • 垂直方向:先輩、マネージャ、後輩、新人 JUMP OVER 視点を増やす PL 構築メンバ 運用L 運用メンバ Tech OS App NW Middle
  8. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED JUMP OVER 飛び越えると... ・選択肢が広がる(ことで迷うことも...w) S G

    Must 8
  9. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED Certification 資格、何のために取っていますか? • 会社の方針/事情 ◦ ◯◯パートナー契約するために△△の資格保有者☓☓人以上

    ◦ 予算が余ってるからこれ受けてみない? • インセンティブ ◦ Aの取得で一定の報酬金 • 自学自習 ◦ 他分野の道に進むため:初学 ▪ 近道とは限らないが中長期で携わるなら有用 ◦ チョットワカルけど取ってみる: ▪ 腕試し ▪ 本当にチョットしかワカッテないことに気づける かもしれない ▪ 自分を疑うきっかけ 9
  10. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED Certification 資格のメリットは体系的に学べること 10 A B C

    D E F 資格 現状 習熟度 学んだこの差分をどう活かす?
  11. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED Fix it 作業手順書を見直してみませんか? • 日頃通り過ぎてしまう「実績」を見直す •

    手順レビューのついでに 3分考えるだけでもいい 11 RouterA RouterB ISAKMP SA IPSec SA IKE Phase1 IKE Phase2 IKE Phase1:show crypto isakmp sa IKE Phase2:show crypto ipsec sa 日常を見直す 学ぶ 改善 モチベーションUP 品質UP 効率性UP
  12. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED Force it 環境を強制することで小さく学ぶ機会を作る。業務に差し支えないのない程度に ... • 普段からLinuxを使う

    ◦ WindowsでやったことをFedoraでやる ◦ ドキュメントをテキストで作る ▪ マークアップ言語 • キーボードから手を離さない ◦ ブラウザもViキーバインドなプラグイン • 英語縛り ◦ UIの言語選択を英語にする ◦ ググるときも英語サイトを • 自宅ラボ環境 ◦ 家族からオンコール 12
  13. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED After joining to Red Hat 自由です

    13 • 「RHCEは免許」 • 「Ansibleは呼吸」 • 「cdとlsは知ってるよね?じゃあ RHELはもう大丈夫です」
  14. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED WHAT I DO いまこんなことしました /してます。 14

    • 仕事のやり方を学ぶ ◦ ベストプラクティス(Why)を学ぶ ▪ 1つのことを上手くやる    ▪ 小さく、早く作る ▪ 標準/自動化する ◦ 開発(How)を学ぶ ▪ バージョン管理 ▪ テスト ▪ コードリーディング • プロダクトナレッジを学ぶ ◦ OpenShift ◦ Ansible ◦ RHEL • コントリビュートする ◦ Bugfix/Enhancement ◦ Red Hatのカルチャーを盛り上げる 仮説/検証 再利用性・再現性 VCS Programming languages RHLS 属人性排除 Bugzilla, Upstream
  15. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED Make a chance ステキにハマった例 15 Google

    Drive Internal SCM Laptop (Fedora) Text Playbook Playbook test Build test Documents build Customer Red Hat sync push Text Playbook Documents
  16. INSERT DESIGNATOR, IF NEEDED Conclusion まとめ 16 • 小さく、早く作る •

    学んだことを使って日常を見直す • できる範囲で環境を強制してみる ◦ そこを通らなくてはいけない状況づくり ◦ 慣れれば日常 • コントリビュートする ◦ 社外、社内、チーム内 ◦ 貢献は循環する
  17. CONFIDENTIAL Designator linkedin.com/company/red-hat youtube.com/user/RedHatVideos facebook.com/redhatinc twitter.com/RedHat Red Hat is the

    world’s leading provider of enterprise open source software solutions. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. Thank you 17