Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

LINE Financial - We Are Hiring!

7817a37f86a649081722e52270d2ba75?s=47 LINE
July 30, 2020

LINE Financial - We Are Hiring!

LINE Financial株式会社及びFintech Companyの紹介資料です。
(20200714改定)

金融事業にご関心がある方からのご応募お待ちしております。

●金融事業採用中ポジション
https://linecorp.com/ja/career/ja/all?tag=86

●LINE Financial株式会社HP
https://linefinancialcorp.com/ja/

●LINE採用情報
https://linecorp.com/ja/career/

7817a37f86a649081722e52270d2ba75?s=128

LINE

July 30, 2020
Tweet

Transcript

  1. None
  2. None
  3. 3

  4. 数値で見るLINE 国内のMAUは8,900万人以上で、日本の人口の70%以上をカバーしています。 日本国内の「生活インフラ」として定着 ※1 自社調べ LINEアプリ 月間アクティブユーザー 2021年6月末時点 ※2 LINEの国内月間アクティブユーザー

    8,900万人÷日本の総人口1億2541万人(令和3年4月1日現在(確定値) 総務省統計局)
  5. 数値で見るLINE TOP 4 MAU: 1億7100万人 ※2021年6月末時点 日本 8,900万人 タイ 5,000万人

    台湾 2,100万人 インドネシア 1,100万人
  6. LINEの成長戦略 広告・コンテンツ・その他をコア事業、 Fintech・AI・コマースを戦略事業と位置づけています スマートポータル=スーパーアプリ構想の実現

  7. Mission / Services

  8. None
  9. None
  10. ミッション:金融が変わる。LINEが変える。 人と金融の距離を縮め、 ユーザーにとって身近で、安全な金融サービスを 私たちのミッションであり、コアバリューは「CLOSING THE DISTANCE」です。 私たちはこれまで「LINE」を通して、人と人、サービス、企業などの距離を近づけ、「メッセージ」の受け渡しをおこなってきました。 新たなフェーズとして人間が生活していくにあたって必須である「お金」とユーザーの皆様との距離を近づけ、ブロックチェーン技術 などの研究開発を積極的に推進し、金融サービスの課題やユーザーニーズにLINEらしく向き合おうとしています。 私たちは将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、いつでも、どこでも、どの金融機関を利用していても関係なく、

    自由に「お金」の移動や交換、投資などが可能となる世界を実現しようとしています。その実現のためには、 私たちの思いや情熱を共有し、共に挑戦する優秀な力がひとりでも多く必要です。 パラダイムシフトが起こっている今こそ、私たちが世界を変えるチャンスです。 「LINE」がコミュニケーションを変えたように。 まだ誰も見たことのない、Fintechの未来そして新たな金融体験を共に創り出していきましょう。 LINE Financial株式会社 代表取締役社長CEO 齊藤哲彦
  11. Fintechカンパニー

  12. LINEグループのFintech 様々な金融サービスをリリース 「LINE」からいつでもどこでもアクセスできる手軽さやLINEのもつ優れたUI・UXから いずれのサービスも短期間でユーザーを伸ばしている LINE証券 2019.8 2019.8 LINEスコア LINEポケットマネー 2022

  13. 2014年12月:モバイル送金・決済サービス「LINEPay」提供開始 2018年01月:FOLIOとの提携発表 2018年01月:LINE Financial設立 2018年03月:LINEウォレット新設 2018年04月:損害保険ジャパン日本興亜株式会社との業務提携発表 2018年05月:野村ホールディングス株式会社との合弁契約書締結 2018年07月:グローバルの仮想通貨交換所「BITBOX」を提供開始 2018年10月:「LINEほけん」提供開始 2018年10月:「LINEスマート投資」提供開始

    2018年11月:マイカード /LINEクーポン提供開始 2018年11月: 「LINE家計簿」提供開始 2018年11月:みずほフィナンシャルグループとの共同出資による 準備会社設立合意 2018年11月:LINE Creditによる第三者割当増資実行に関して合意 2019年05月:LINE Bank設立準備会社設立 2019年06月: 「LINE Score」提供開始 2019年08月: 「LINE 証券」提供開始 2019年08月: 「LINE Pocket Money」提供開始 2019年09月:仮想通貨取引サービス「BITMAX」提供開始 2020年03月:「LINE FX」提供開始 2021年05月:「LINEのiDeCo」提供開始 LINE Fitech 沿革
  14. ・1株単位で取引ができる「いちかぶ」、取引所取引(現物取引・信用取引)、投資信託、 個人型確定拠出年金「LINEのiDeCo」、IPOサービスを提供。総口座数60万口座突破(2021年3月時点) ・最短3分で口座開設申込 、証券業界初*1の「かんたん本人確認」(eKYC)の利用で、最短翌営業日より取引が可能 いちかぶ (単元未満株) 1株数百円から購入可能 1,015銘柄をご用意 平日21時まで即時注文・即時約定可能*2 投資信託

    厳選30銘柄の投資信託 全て購入手数料0円、100円から購入可能 つみたて投資も提供開始 現物取引 ・買付手数料が無料 ・東京証券取引所に上場している約3,700銘柄に対応 ・東京証券取引所が取引している9時~ 11時半(前 場)、12時半~ 15時(後場)に取引可能*3 信用取引 ・売買手数料が無料 ・保有ポジションや資金管理のしやすいデザイン ・口座開設は、「LINE証券」の口座を開設後、追加の 書類提出なしで申込み可能 *1: LINE証券の「かんたん本人確認」は、2018年11月30日付けにて施行された犯収法施行規則の改正案に基づく、オンラインで本人確認を完結するeKYC「顔・写真付き本人確認書類の画像情報の送信を受ける方法」 (改正規則6条1項1号ホ)に対応し、証券口座開設の本人確認が完了する証券会社としては、証券業界初となります。(当社調べ:2019年10月2日時点) *2:単元未満株の取引時間は、右記の時間となります。【日中取引】 9:00 ~ 11:20、11:30 ~ 12:20、12:30 ~ 14:50、【夜間取引】17:00 ~ 21:00 *3:15:00まで当日注文、17:00以降は翌営業日注文となります。前場が終了する直前、後場が終了する直前は注文が出来ない可能性がありますので、ご注意ください。
  15. ・「LINE証券」初の専用アプリ ・投資情報を「LINE」でタイムリーに受け取ることが可能 ・直感的にわかりやすい高機能チャートを用意 ・23通貨ペアを業界最狭水準のスプレッドで取引可能 ・1,000通貨単位での取引が可能 ・ PC版取引ツール「LINE FX Pro」の提供を開始 ・約8ヶ月で口座開設数10万口座を突破

  16. ・AIを活用した独自のスコアリングモデル ・LINEの行動データを活用して100~1000点満点でスコ アを算出 ・スコアに応じたベネフィットをご提供 ・スコアの算出は必ずユーザーの同意のもと行う、通話・ メッセージの内容等はスコア算出に活用しない ・LINEスコア登録ユーザー数は600万人を突破 (2021年5月時点)

  17. ・「信用の再設計」の思想を体現する、あたらしいローン サービス ・LINE上の行動データから算出した「LINEスコア」を軸と した独自の与信評価を採用 →属性や肩書きに頼らない、よりフェアな与信、条件提示 の実現へ ・「LINE Pay」残高に入金、自動引き落とし ・申込み、借 入、返済までアプリ上で完結、いつでも利用可能

    ・貸付実行額は200億円超 (2021年3月時点)
  18. ・テーマ型でユニークな商品 ・短期型商品をメインに必要な時に必要な分だけ加入可能 ・LINEPayで支払い可能、100円から手頃な保険料 ・登録完了後は最短1分ほどで加入可能

  19. ・プロが厳選したテーマで投資ができる ・直感的で洗練されたUI ・1日500円から始められる少額積立投資 「ワンコイン投資」も開始

  20. ・LINE およびみずほフィナンシャルグループ"スマホ銀行"の設立 に向け、LINE Financial、みずほ銀行を通じた共同出資による LINE Bank設立準備株式会社を設立 ・「LINE」の月間利用者数8,900万人を超えるユーザーベース、 ユーザビリティの高いUI/UXと、みずほ銀行が培ってきた銀行業 におけるノウハウを活かし、「LINE」とリンクした、親しみやす く利用しやすい”スマホ銀行”を提供を目指す

    LINE Bank設立準備会社
  21. ・登録ユーザー数:5,670万人超(グローバル)、約3,900万人(日本) ※2020年12月時点 ・2020年度グローバル年間取扱高:1兆5923億円 ・連携銀行数105行を突破(メガバンク、ネット銀行、地銀など含む) 決済 前払い:コード支払い、プリペイドカード、請求書支払い、 オンライン支払いに加え、ApplePayとGoogle Payでの決済に も対応 後払い:Visa

    LINE Payクレジットカード(カードショッピング、 チャージ&ペイ) 送金 LINE友だち間送金、銀行振込サービス※ かんたん送金サービス(BtoC) ※国内決済サービス初。法人・個人の口座への振込 請求書支払い ・導入数2,000団体を突破(電気・ガス・水道料金を含む公共 料金の請求書発行元は500団体以上)※2021年1月時点 ・東京都・大阪府・神奈川県などで公共料金すべてに対応
  22. Visa LINE Pay クレジットカード事業 2020年4月より新たにクレジットカード事業を開始し、後払いにも対応。 LINEポイント2%還元の高還元率のほか、Visaのタッチ 決済機能を搭載し、世界中のVisa加盟店で安心・ 安全かつスピーディーにご利用いただけることが特長のクレジットカード。 国内クレジットカードとして初めて、利用後即時LINEで通知が受け取り可能となっており、安心安全な利用や、 カードの使い過ぎ防止に貢献。

  23. ・完全無料の個人向け家計簿・資産管理サービス ・LINEで簡単に収支の記入・管理ができる ・ 銀行やLINE Payなどの金融サービスと連携し、 家計簿を自動管理 ・トーク入力機能でトーク画面から支出入力も可能 ・登録ユーザー数600万人を突破(2020年9月時点)

  24. ・暗号資産取引サービス ・初心者にもわかりやすいシンプルなUI/UX ・LINE Payとの連携でスピーディな入出金 ・1,000円以下からの少額取引が可能 ・国内で唯一LINEの独自暗号資産「LINK」を取扱う販売所

  25. グローバル グローバルで金融事業を準備中

  26. タイにて、LINE初の銀行サービス「LINE BK」を提供開始 リリース4ヶ月で登録ユーザー数が200万人を突破 銀行サービス「LINE BK」

  27. 働く環境

  28. 大崎オフィス(受付)

  29. 大崎オフィス(カフェエリア)

  30. 大崎オフィス(執務スペース)

  31. 制度・福利厚生 心身ともに健康で働けるように チームワークを大切に 多様な人材・働き方を  定期健康診断  再検査の費用補助  インフルエンザ予防接種補助

     自転車通勤の推奨  無料朝食  受動喫煙防止措置の実施 【屋内原則禁煙(屋内に喫煙室あり)】 大崎オフィス・四谷オフィス  月の懇親会費支援  サークル制度  入社オリエンテーション  同期会のサポート  全体集会  日本語講座  文化体験  Visa申請  外国籍社員支援  通訳・翻訳 自由かつメリハリのある働き方を 家族を大切に 成長へのサポートを  夏季休暇を自由に取得可能  リフレッシュ休暇制度  LINE Mobile Communication Support Plan  LINE Family Day  結婚休暇(7日以内)・祝い金支給  記念ギフト  育児休暇  妊活支援制度  出産祝い金支給  時差・時短勤務  LINE Pay Card Benefit Plan  勉強会支援  語学支援(韓国語・英語)  各種研修
  32. 本資料に記載された情報は、LINE株式会社が信頼できると判断した情報源を元にLINE株式会社が 作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性等について、何ら保証を行っておら ず、また、いかなる責任を持つものではありません。 本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告なく変更する場 合があります。本資料はお客様限りで配布するものであり、LINE株式会社の許可なく、本資料を お客様以外の第三者に提示し、閲覧させ、また、複製、配布、譲渡することは堅く禁じられてい ます。 本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はLINE株式会社に帰属し、事前にLINE株式会社の 書面による承諾を得ることなく、本資料に修正・加工することは堅く禁じられています。