Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

KubeCon + CloudNativeCon NA Virtual 2020 Overview at Kubernetes Meetup Tokyo #37 / k8sjp37-kubecon-na-2020-overview

KubeCon + CloudNativeCon NA Virtual 2020 Overview at Kubernetes Meetup Tokyo #37 / k8sjp37-kubecon-na-2020-overview

De266761b955b2636e454a1bc7a99ed4?s=128

Masaya Aoyama (@amsy810)

December 22, 2020
Tweet

Transcript

  1. Masaya Aoyama CyberAgent KubeCon + CloudNativeCon NA 2020 Overview @Kubernete

    Meetup Tokyo #37 amsy810 @amsy810
  2. - Co-chair Masaya Aoyama + CREATIONLINE - 技術アドバイザ + SAKURA

    Internet Research Center – 客員研究員 + 3-shake 技術顧問 + PLAID - Organizer - KaaS Product Owner - Publications Twitter: @amsy810
  3. Overview

  4. 開催⽇︓2020/11/17 – 2020/11/20 (11/17 は pre-conference) ⽇本時間 午前 3:00-9:00 前後

    参加費︓$50 - $100(Keynote のみの場合は無料) 会場︓InXPo platform によるオンライン開催 参加者数︓登録者 25000⼈ (前回の EU 2020 Virtual は登録者 18700 ⼈、参加者 13000 ⼈) KubeCon + CloudNativeCon NA 2020
  5. KubeCon EU 2021 オンライン開催 5/4 - 5/7 ࣍ճҎ߱ͷ KubeCon +

    CloudNativeCon KubeCon NA 2021 カリフォルニア州 ロサンゼルス開催 10/12 - 10/15
  6. Dan Kohn ⽒の追悼 CNCF の Exective Director でもある Dan Kohn

    ⽒が旅⽴ち、追悼から始まりました https://github.com/cncf/memorials/blob/master/dan-kohn.md Certified Kubernetes Security Specialist (CKS) 試験のリリース セキュリティに特化した Kubernetes 試験がリリース ٕज़Ҏ֎ͷτϐοΫ
  7. Apple • from Mesos to Kubernetes GoSpotCheck(モバイルタスクマネジメントツールを提供する会社) • from Heroku

    to Kubernetes Keywords 「エコシステムの豊富さ」「拡張性の⾼さ」 「学習コスト」「Kubernetesに適した形での再構成」 「考え⽅の変化に組織が適⽤できるか」「CNCFプロダクトを利⽤した開発者体験の⾼め⽅」 Apple は他にも、「microVM(secure runtime)」「WASM」「Virtual Cluster」 「Multicluster workload management」などにも取り組んでいるとのこと。 Keynote ͰͷҠߦࣄྫ
  8. • マルチリージョンに展開された研究機関向け基盤 • Rook で管理された 4 つの Ceph クラスタ(20PB+、SSD、NVMe、etc) •

    Admiralty を使った Kubernetes Cluster 後ほど⼤村さんによるセッションがあるため、詳細は割愛します。 Pacific Research Platform
  9. • Kubernetes Issue に対してトリアージの導⼊ • https://github.com/kubernetes/community/blob/master/contributors/guide/issue-triage.md • Ingress の機能強化 •

    pathType による前⽅⼀致・完全⼀致の制御 • IngressClass のリソース化(Class ごとにパラメータの設定も可能) • オブジェクトストレージ向けの共通インターフェース(Container Object Storage Interface) • CSI に続くオブジェクトストレージ向けインターフェースの実装 • Bucket の作成・削除、権限の管理など • https://github.com/kubernetes-sigs/container-object-storage-interface-spec • Windows でのストレージ周りのサポート拡充 Kubernetes ͷಈ޲
  10. Falco • Pdig を使った Fargate サポート userspace driver の追加 •

    ARM64/7 サポート • 様々なインテグレーションの追加とパフォーマンス修正 Thanos • Cortex との部分的なコレボレーション • https://grafana.com/blog/2020/07/16/how-the-cortex-and-thanos- projects-collaborate-to-make-scaling-prometheus-better-for-all/ • ReactUI の追加 • マルチテナンシー機能の追加 • 同時実⾏による Querier の⾼速化 CNCF Project Updates
  11. Vitess • Hubspot • 100TB 以上のデータベースクラスタ • Slack • 約

    2.5 年かけて主な 10 tables を移設し 70 %は Vitess 化 • マイグレーションツールを作成し、現在は 99 % のトラフィックに対して利⽤ • https://sched.co/ekF5 • 年末までには完了予定 OpenTelemetry Collector • 「メトリクス・ログ・トレースなどのデータ」の「受信・処理・エクスポート」を⾏うコンポーネント • https://qiita.com/uesyn/items/a595eb4cfe462dc8a438 CNCF Project Updates
  12. Bayer Crop Science が Google と協⼒して 15k node cluster を実現したパフォーマンス改善の道のり

    • etcd read 時のロック時間の短縮 • Bookmark event type の追加による watch 時の負荷低減 • EndpointSlice による⼤規模 Service 更新時の負荷低減 • Secret/ConfigMap の Immutable による watch 負荷の低減 https://www.youtube.com/watch?v=1SNbxd-3L1E Keynote: Kubernetes and etcd Features That Unlocked 15k Node Clusters
  13. Thank you for your attention Twitter: @amsy810