宇宙開発の人が集まって システムデザインについて考えてみた話

Dcd6ae6de2452585b6d18137a4e1cd97?s=47 m-miura.jp
June 27, 2020

宇宙開発の人が集まって システムデザインについて考えてみた話

4年前、スピーカーを含むJAXA宇宙科学研究所で一緒に学んだ仲間たち数名が集まって「株式会社レヴィ」を創業しました。いわゆる、大学発ベンチャーという形の起業です。レヴィは、宇宙開発やソフトウェア工学などの分野で発展してきたシステムズエンジニアリングの手法群を出発点としながら、より一般的で幅広いレベル/分野のシステムに適用可能なシステムデザインの方法について考えています。そして、そのような方法を効果的に実行できるフレームワークやツールを構築し、研修・コンサル・WEBサービスなどの形で企業や個人に提供しています。今回の発表では、レヴィが構築したシステムデザインのためのフレームワーク「システミング」について、そのコンセプトと具体的なメソッドの一部を紹介します。

Dcd6ae6de2452585b6d18137a4e1cd97?s=128

m-miura.jp

June 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. 8.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. 宇宙科学研究所(ISAS) ▪ 神奈川県相模原市 ▪

    科学研究を目的とした 宇宙開発を担う機関 ▪ 固体燃料ロケット の開発と打ち上げ ▪ 科学衛星・探査機の 開発と運用 ▪ 東京大学の研究室を 前身としており、 大学院として機能               
  2. 13.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. 大阪府立大学の小型人工衛星開発で様々な課題に直面 計画 現実 曖昧なシステム設計

    楽観的なスケジュール 本来必要だった 明確なシステム設計 乖離 非常に困難なスケジュール ちょっとした認識の齟齬が原因で、人工衛星は動かない
  3. 16.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. そもそも宇宙開発から発展してきたシステムズエンジニアリング images from: nasa.gov

    100万の部品/コード、数百億円の予算、数千人のエンジニア、分野横断… 人類は宇宙開発(など)の中で複雑さに挑む手法群を構築してきた。 システムズエンジニアリング =
  4. 17.

    Volatility 変動性 V U C A Uncertainty 不確実性 Complexity 複雑性

    Ambiguity 曖昧性 VUCAな現代社会では、様々な場面で システムズエンジニアリングが必要になるのでは?
  5. 18.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. 2016年5月:株式会社レヴィを創業 • 宇宙開発の現場で培った経験を活かして、真に価値あるシステムの 実現に本気で取り組む

    • 誰もがシステムズエンジニアリング(特にシステムデザイン)を実践で きるようになるためのフレームワークを構築することを目指している • 構築したフレームワークに基づいたトレーニング、コンサルティング、 デザインツールなどを提供している レヴィのミッション:複雑さの中に価値と面白さを見つけよう
  6. 22.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. • システムデザインを上手く実践するためのフレームワークを「システミング」と 名付けて絶賛売出し中(というより、名付けてから構築に取り組んでいる) •

    ガイドブックを制作中だが、まだ未完成               システムデザインのためのフレームワーク:システミング
  7. 24.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. システミングの最も基盤的な考え方 目的 課題 システム

    システムを外から見る システムの中を見る コンテ キスト 業務 フロー 概念 ユース ケース 機能 アクティ ビティ コード 画面 整合性 整合性 整合性 整合性 データ 構造 ① 様々な視点(ビュー)に分けて理解したり表現したりすること ② ビューとビューをつなげること(整合性をとること) <ビューモデル>
  8. 25.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. ビューポイントとビュー <ビューポイント> ある側面に関心をあてて システムを記述したり理解

    したりしようとするときの 視点・立ち位置。 <ビュー> あるビューポイントから見た ときの、システムの全部また は一部の見え方。 システムを表現するときの 切り取り方と考えてもよい。
  9. 29.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. システミングの基本 目的 課題 システム

    システムを外から見る システムの中を見る AAA ビュー BBB ビュー CCC ビュー DDD ビュー FFF ビュー GGG ビュー HHH ビュー EEE ビュー 整合性 整合性 整合性 整合性 • システムを様々なビューに分けて表現する • 大きく「システムの中」と「システムの外」に分けて考える • ビューの間の整合性をとって、目的とシステムをつなげることがゴール
  10. 30.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. システミング三原則 • 多元的視点 •

    不確実性の発見 • 検証と合意               他にも… システミングのプロセス:KATA • 特定の目的(誰と何について合意するのか)を持ったマイルストーンを設定する • マイルストーンの中では複数のモデルについて整合性を確認しながら 構築・改善を実施し、合意形成を目指す               システムデザインの敵:5つの分からない • 他人の頭の中はわからない(認識ギャップ) • 何がおきるかわからない(リスク) • 何がわかっていないかわからない(無知) • やってみないとわからない(曖昧さ) • 変化に対してどう対処しがらよいか分からない(適応)               ま た 今 度
  11. 34.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. • システミングもBalusもまだまだブラッシュアップが必要です • ディスカッション/フィードバックを頂きながら進んでいます

    • 学びながらやっています: 「サルでもわかるNASA式システム開発」シリーズ NASA Systems Engineering Handbook を翻訳&要約しています                まだまだ道半ば https://levii.co.jp から 
  12. 35.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. • NASAでは「優秀な人が共通してやってる こと」をコンピテンシーモデルとして 整理しています

    • サルNASA第5話では、NASA式の コンピテンシーモデルについて解説して います                NASA式をちょっとだけ紹介①
  13. 36.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. • NASAではこれまでのデータから、 プロジェクトの各ステージにおける 設計変更コストを算出しています

    • その結果、初期のステージにおける 設計や検証が極めて重要だというこ とが示されています。 • サルNASA第4話では、プロジェク トの進行と設計コストの増大につい て解説しています                NASA式をちょっとだけ紹介②
  14. 38.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. 株式会社中海テレビ放送 様 • AI

    を使った再生エネルギー買取システム の開発にBalusを導入。 • 多拠点・多組織にまたがるチームを編成 してシステムを設計開発。 • 2週間に一度の会議では最初に Balus を 確認し、チームで認識を揃える。 • 手戻りを防ぎ、開発コストを抑えること ができた。 事例紹介ページ:https://levii.co.jp/cases/02/   
  15. 40.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. 三洋テクノソリューションズ鳥取株式会社 様 • システムデザイン体験ゲームで

    システムデザインの全体像を把握 • システムデザインと不確実性の観点から ウォータフォールやアジャイルなどの プロセスについてディスカッション • 現状のワークプロセスを可視化する ワークショップ 事例紹介ページ: https://levii.co.jp/cases/06/   
  16. 43.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. • 宇宙科学研究所の仲間たちが集まって株式会社レヴィを 創業しました。 •

    宇宙開発分野で発展してきたシステムズエンジニアリン グの考え方や方法論はVUCAな現代社会で役に立ちます • レヴィは宇宙開発の方法論をベースとして、誰でもシス テムデザインを上手くやるためのフレームワークを構築 することを目指しています(システミング) • システミングの肝は、いろいろな視点から分けて見て、 さらに視点の間をつなげることです • 鳥取のエンジニアリング企業の皆様にお世話になってい ます。                サマリー
  17. 44.

    Copyright levii Inc. All rights reserved. • 「サルでもわかるNASA式システム開発」など、レヴィの解説やお知らせを チェックしたい場合は、ぜひレヴィメールニュースにご登録下さい。 •

    システムデザイン体験ゲーム「ペジテの自転車」など、気軽なところから お試しできるワークショップも用意しています。                ご興味・ご関心があればぜひお声がけ下さい。     メールニュース登録、お問い合わせなどは https://levii.co.jp/contact/