実践ジョブ理論101

 実践ジョブ理論101

Twitter: https://twitter.com/miz_kushida
note: https://note.mu/miz_kushida

ジョブ理論をプロダクトマネジメントでどのように活用するか、実践編を整理しました

Transcript

  1. 実践プロダクトマネジメント 実践ジョブ理論101 Jobs-To-Be-Done Theory in Action 101 Oct. 24, 2018

    Roppongi Product Manager Meetup #6 Mizuho Kushida https://note.mu/miz_kushida
  2. 自己紹介: 櫛田 瑞穂 | Kushida, Mizuho 2 Project Manager Program Manager

    VP of Design CEO Engineer
  3. ジョブ理論を実践するために 本資料は左記の文献とこれまでの経験 から得られた内容を元に作成しておりま す。クリステンセン教授のジョブ理論を読 む前に、UXリサーチの道具箱のジョブ理 論の箇所を読んでおくと、より理解しやす いと思いますのでオススメです。また、 ジョブ理論はリーンキャンバスとの相乗 効果が見込めます。 3

  4.  ジョブ理論の基礎 4

  5. ジョブ理論とは • 2016年10月に出版 • 英題: Jobs to be Done: Theory

    to Practice • 略はJTBD • クレイトン・クリステンセン著 ◦ ハーバード・ビジネス・スクール教授 ◦ 「イノベーションのジレンマ」の著者 • 「これはプログレス(進歩)についての本だ」 • 「何が原因で何が起こるのか」 • 「顧客が雇用したがるプロダクトとサービスとは」 Wikipediaより 5
  6. ジョブ理論の基礎 • ジョブとは ◦ ある特定の状況で人がなし遂げたい進歩 • 状況とは ◦ 文脈(どこ、だれ、社会的・感情的なプレッシャー) •

    ジョブ理論とは ◦ 「顧客がなぜ特定のプロダクト/サービスを生活の中に引き入れるのか」を説明する方法論 ジョブ 状況 進歩 6
  7. ジョブ理論の基礎 reference: What is Jobs to be Done (TBD)? By

    Alan Klement https://jtbd.info/2-what-is-jobs-to-be-done-jtbd-796b82081cca ある特定の状況のもとで、、、 7
  8. • 状況 ◦ 仕事先まで、長く退屈な運転をしなければ ならない • 進歩 ◦ 時間をつぶせるもの •

    ジョブ・ステートメント ◦ 「朝の通勤の間、時間をつぶせるもの」 ジョブ理論の例:ミルク・シェイク ミルク シェイク 飲むまで20分かかり、 片手で飲める 毎朝の車での通勤中 両手を使う、直ぐに 食べ終わる バナナ 顧客 Hire Fire 8
  9. • 機能的側面 ◦ 品質は他に劣らない ◦ 価格は安く設定 • 社会的・感情的側面 ◦ 赤ちゃんの寝付きが30%早くなる

    ◦ 睡眠時間が30分長くなる ◦ 子供がよく寝ることと脳の成長に相関 • 機能的側面 ◦ 品質は他に劣らない ◦ 価格は安く設定 ジョブ理論の例:パンパース 9 パンパースの中国進出 Job Statement: 夜よく寝る子は、頭が良くなる
  10. ジョブ理論の基礎(再) • ジョブ:「ある特定の状況で人がなし遂げたい進歩」 • ジョブ・ステートメント Ref: Jobs-to-be-Don in Action by

    Mike Boysen (Medium) https://medium.com/@mikeboysen/jobs-to-be-done-in-action-b933d780736b ランニング中に 音楽を 聞く 10
  11. ジョブ理論の基礎 • ニーズのようなあいまいなもの ◦ ぼんやりした方向性しか示さない ◦ 顧客が他でもないそのプロダクト/サービスを自分の生活に引き入れる理由にならない • 社会面・感情的側面を考慮しないもの ◦

    パンパースの例: 排泄物を閉じ込める機能を持った器 11 ジョブではないもの
  12. ジョブ理論を使うタイミング • 仮説の構築にジョブ理論(JTBD)は有効 • 既にキャンバスを作成している場合は、課題の検証 ビジネス アイデア (コンセプト) 仮説の 洗い出し

    リーン キャンバス PMF JTBD 12
  13.  ジョブ理論の実践 13

  14. 事業の説明 #1 • 尿がどれくらい蓄積されているか見える化 • 超音波により膀胱の伸縮をトラッキング • 24時間装着できるIoTデバイス 14 ❏ 機能的側面

  15. 事業の説明 #2 介護施設 高齢者 効率化 個別ケア※ ※ パーソナライズされたケア 15 •

    ターゲット:介護施設 ジレンマ 経営・業務を効率化 して事業を安定させ たい 自分にあったケアを してほしい 介護施設を効率化しつつ、高齢者への個別ケアを行う新し い介護の方法とは?
  16. 事業の説明 #3 介護施設側には効率的な介護を、高齢者にはそれぞれにあった個別ケアを DFreeにより実現し、人の尊厳を取り戻す 介護施設 高齢者 効率化 個別ケア※ ※ パーソナライズされたケア

    16 ・失禁削減 ・QOL向上 人の尊厳
  17. ジョブ理論の実践 #1 17 ジョブ (ネガティブ・ジョブ) 直接ジョブ 間接ジョブ • 失禁時のオムツ交換 •

    濡れた衣類を交換 • シーツの洗濯 • 人手を確保する • 感染症を対処する • ADL/QOLを向上する
  18. ジョブ理論の実践 #2 18 ジョブ (ネガティブ・ジョブ) 直接ジョブ 間接ジョブ • 失禁時のオムツ交換 •

    濡れた衣類を交換 • シーツの洗濯 • 人手の確保 • 感染症の対処 • ADL/QOLの向上 Hire DFree Fire 無消費 惰性:失禁が当たり前 不安:DFreeで業務が増える
  19. ジョブ理論の実践 #3 19 ジョブ (ネガティブ・ジョブ) 直接ジョブ 間接ジョブ Hire DFree ❏

    機能的側面 • 尿のたまり具合を可視化 ❏ 感情的・社会的側面 • 考えるケア • ADL/QOLの向上 • 失禁時のオムツ交換 • 濡れた衣類を交換 • シーツの洗濯 • 人手の確保 • 感染症の対処 • ADL/QOLの向上
  20. ジョブ理論の実践 #4 20 ジョブ (ネガティブ・ジョブ) 直接ジョブ 間接ジョブ Hire DFree •

    失禁時のオムツ交換 • 濡れた衣類を交換 • シーツの洗濯 • 人手の確保 • 感染症の対処 • ADL/QOLの向上 ❏ 機能的側面 • 尿のたまり具合を可視化 ❏ 感情的・社会的側面 • 考えるケア • ADL/QOLの向上 Job statement 介護施設での排泄ケアで、入居者のトイレのタイミングを、計る
  21. ジョブ理論の実践 #5 21 Job statement 介護施設での排泄ケアで、入居者のトイレのタイミングを、計る 仮説 • 介護施設の経営者・職員は、トイレのタイミングを計りたい • トイレでの排泄を支援し、失禁を減らしたい

    • 失禁を減らすことは、ADL/QOLの維持・向上に寄与する • ・・・ etc. ユーザー・インタビュー https://note.mu/miz_kushida/n/n9096bba0fbd9 仮説検証
  22.  T 22