$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

ReactとValue Objectで凝集度を高める

Naoto
November 18, 2021

ReactとValue Objectで凝集度を高める

Naoto

November 18, 2021
Tweet

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Confidential ReactとValue Objectで凝集度を高める 2021.11.18

  2. Confidential Confidential 2 ©Showcase Gig 今日話す内容 ReactにValue Objectを適用した事例と、 実装で得た気づきを共有します。

  3. Confidential 3 ©Showcase Gig 1. 自己紹介 2. 背景 3. 提案手法

    4. まとめ アジェンダ
  4. Confidential Confidential 4 ©Showcase Gig 自己紹介 • 金子 直人(かねこ なおと)

    • 株式会社Showcase Gigに2021年8月入社 • ReactとGraphQLが好き • 最近は、WasmとBlitz.jsに興味があります • テイクアウト向けモバイルオーダーサービス 「O:der ToGo(オーダートゥーゴー)」のフロントエンドエンジニア
  5. Confidential Confidential 5 ©Showcase Gig 背景 多くのドメインロジックをフロントエンドで実装していた 引用元: https://github.com/takefumi-yoshii/redux-ddd-example#demand-of-domain-model

  6. Confidential Confidential 6 ©Showcase Gig 多くのドメインロジックをフロントエンドで実装していた 引用元: https://github.com/takefumi-yoshii/redux-ddd-example#demand-of-domain-model 1. 作成日時を取り出す

    2. 現在時刻のタイムスタンプを取得 3. 作成日時のタイムスタンプを取得 4. 現在時刻と作成日時の差分を計算 5. 差分の単位をdayに変換 6. 下記の場合、nullを返す • 「完了済み」 • 「フラグがfalse」 • 「差分が1日以上ある」 背景
  7. Confidential Confidential 7 ©Showcase Gig 具体例 「カード番号のテキストフィールド」を例に説明します

  8. Confidential Confidential 8 ©Showcase Gig カード番号のテキストフィールドにおける仕様 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  9. Confidential Confidential 9 ©Showcase Gig 特定の桁数ごとに空白を入れる 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  10. Confidential Confidential 10 ©Showcase Gig 特定の桁数ごとに空白を入れる 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  11. Confidential Confidential 11 ©Showcase Gig 特定の桁数ごとに空白を入れる 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  12. Confidential Confidential 12 ©Showcase Gig 特定の桁数ごとに空白を入れる 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  13. Confidential Confidential 13 ©Showcase Gig カード番号よりブランドを判別する 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  14. Confidential Confidential 14 ©Showcase Gig カード番号よりブランドを判別する 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  15. Confidential Confidential 15 ©Showcase Gig カード番号よりブランドを判別する 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  16. Confidential Confidential 16 ©Showcase Gig カード番号よりブランドを判別する 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  17. Confidential Confidential 17 ©Showcase Gig 14桁〜16桁の数字 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  18. Confidential Confidential 18 ©Showcase Gig 14桁〜16桁の数字 1. 特定の桁数ごとに空白を入れる 2. カード番号よりブランドを判別する

    3. 14桁〜16桁の数字
  19. Confidential Confidential 19 ©Showcase Gig カード番号を引数とする 関数がバラバラと 作られていた まとめると

  20. Confidential Confidential 20 ©Showcase Gig プリミティブ型の 表現力は高められれば良 いのでは? カード番号を引数とする 関数がバラバラと

    作られていた まとめると
  21. Confidential Confidential 21 ©Showcase Gig プリミティブ型の 表現力は高められれば良 いのでは? カード番号を引数とする 関数がバラバラと

    作られていた まとめると Value Objectを検討
  22. Confidential Confidential 22 ©Showcase Gig 「プリミティブ型の問題点」を整理します

  23. Confidential Confidential 23 ©Showcase Gig プリミティブ型の問題点 値を更新する際に、空白を除去する関数をかませることにより 実現していた。 不正な値が 存在し得る

    ブランド判定のメソッドを、別の関数をかますことにより実現して いた。 表現力が低い 空白付与、空白除去、ブランド判定、などのメソッドをその都度つくって いた。 ロジックが 散財する
  24. Confidential Confidential 24 ©Showcase Gig 「値オブジェクトを採用するモチベーション」を整理します

  25. Confidential Confidential 25 ©Showcase Gig 値オブジェクトを採用するモチベーション 引用元: ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる !

    ドメイン駆動設計の基本 成瀬 允宣 (著) 1. 表現力が増す 2. 不正な値を存在させない 3. 誤った代入を防ぐ 4. ロジックの散在を防ぐ
  26. Confidential Confidential 26 ©Showcase Gig 「カード番号のテキストフィールド」に 値オブジェクトを適用した場合

  27. Confidential Confidential 27 ©Showcase Gig 値オブジェクトを適用すると? 空白文字列を含んだカード番号を、存在させないようにできる。 不正な値を存在させ ない /

    誤った代入を防ぐ カード番号に振る舞いを追加できるようになる。 表現力が増す カード番号特有のロジックを Value Objectに凝集できる。 ロジックの散財を 防ぐ 引用元: ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる ! ドメイン駆動設計の基本 成瀬 允宣 (著)
  28. Confidential Confidential 28 ©Showcase Gig Value Objectの具体例 「カード番号のテキストフィールド」に Value Objectを適用してみます。

  29. Confidential Confidential 29 ©Showcase Gig カード番号のValue Object • コンストラクタで空白を除去し、空白なしの カード番号のみ存在するようにする

    • カード番号に関連する振る舞いを Value Object内に凝集する
  30. Confidential Confidential 30 ©Showcase Gig カード番号のValue Object • コンストラクタで空白を除去し、空白なしの カード番号のみ存在するようにする

    • カード番号に関連する振る舞いを Value Object内に凝集する
  31. Confidential Confidential 31 ©Showcase Gig カード番号のValue Object • コンストラクタで空白を除去し、空白なしの カード番号のみ存在するようにする

    • カード番号に関連する振る舞いを Value Object内に凝集する
  32. Confidential Confidential 32 ©Showcase Gig React から Value Object を利用する

    1. useStateにカード番号インスタンスを設定 2. クレカ判定 (isVisa) や 空白付与 (withWhiteSpace) 等のメソッドを呼び出す 3. 値を更新する際は、新しいインスタンスを作成し、交換する
  33. Confidential Confidential 33 ©Showcase Gig React から Value Object を利用する

    1. useStateにカード番号インスタンスを設定 2. クレカ判定 (isVisa) や 空白付与 (withWhiteSpace) 等のメソッドを呼び出す 3. 値を更新する際は、新しいインスタンスを作成し、交換する
  34. Confidential Confidential 34 ©Showcase Gig React から Value Object を利用する

    1. useStateにカード番号インスタンスを設定 2. クレカ判定 (isVisa) や 空白付与 (withWhiteSpace) 等のメソッドを呼び出す 3. 値を更新する際は、新しいインスタンスを作成し、交換する
  35. Confidential Confidential 35 ©Showcase Gig まとめ・気づき 表現力が増し、不正な値は存在しなくなり、ロジックの散財を防げるようになった。 Value Objectの不変かつ交換可能という性質が、 Reactのステートの特性と相性が良かった。

    Value Objectの恩恵を得られた React と Value Object の親和性