Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Business Technology向け会社紹介資料/company-profile-biztech

Business Technology向け会社紹介資料/company-profile-biztech

ネクストビートのBusiness Technology Division(データサイエンティスト・Selsforce系職種)向けの会社紹介資料です。

1a35d5fba18d2e964c10edc453523187?s=128

nextbeat

May 20, 2022
Tweet

More Decks by nextbeat

Other Decks in Business

Transcript

  1. Ver 2022.07.13
 Business Technology nextbeat Corporate Presentation

  2. 2 01.About Nextbeat

  3. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Company Profile 会社情報 株式会社ネクストビート

    / nextbeat Co.,Ltd 三原 誠司 2013年10月1日 東京都渋谷区恵比寿4-9-10   札幌/仙台/名古屋/京都/大阪/金沢/ 広島/高松/福岡(WEST/EAST)/那覇 社 名 設 立 拠 点 代 表 本社所在地 3
  4. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Data 4 平均年齢 30.1歳

    社員数 355人 男女比 25人 創業期 54人 165人 230人 355人 2015 2017 2018 2021 男性 47% 女性 53%
  5. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 人口減少社会において 必要とされる インターネット事業を創造し、 ニッポンを元気にする。

    Mission ミッション 5
  6. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Statement ステイトメント 人口減少、高齢化、過疎化、 この国の課題を前に、為すべきことはたくさんある。

    けれど、誰にも解けない難題にこそ、未来の鉱脈はあるはずだ。 それらを乗り越えた先にはきっと、世界に示せる未来があるはずだ。 挑もう、何度でも。動こう、自分たちから。 摩擦を恐れず、向き合おう。 ライフイベント、地方創生、グローバル。 テクノロジーと推進力、そしてベンチャーらしい不屈の心で 人と社会の可能性を引き出し続ける。 今を、未来を、鼓動させる。私たちなら、できると信じて。 6 未来の「ふつう」を次々と。
  7. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Culture カルチャー 永遠ベンチャー 現状に留まらず、

    あえて変化に飛び込むこと。 できない理由を挙げるなら、 できる方法を捻り出すこと。 小綺麗さよりも、泥臭さを。 失敗の回避よりも、意義ある挑戦を。 何度つまずいても、立ち上がる。 我々は、永遠に進化を続ける ベンチャーだ。 ALL実践者 問題を指摘するなら、 解決の主体であること。 あるべき姿から逆算し、 結果に執着すること。 先延ばしの議論よりも、最速の行動を。 自己満足よりも、顧客のため、社会のため。 非連続な成長を、非常識な速度で。 我々は、評論家ではなく実践者だ。 One Vibes 関わるすべての人との、 相乗効果を信じること。 一人で悩むくらいなら、 周りをとことん巻き込むこと。 馴れ合いよりも、切磋琢磨を。 迎合よりも、真摯な進言を。 想像を超える価値は、 シナジーから生まれる。 我々は、共振することで前進する。 「nextbeat identity 」 nextbeatは、永遠にベンチャー精神で挑み続けます。 7
  8. 8 02.Product

  9. Copyright © nextbeat All Rights Reserved ネクストビート3大ブランド 9

  10. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Strategy 事業戦略 2013 2020

    2023 STEP 01 STEP 02 STEP 03 「子育て支援領域」で プラットフォーム事業を展開 ライフイベント・地方創生・グローバルの新たな 3本柱でプラットフォーム群を構築 複数領域にて未来の「ふつう」となる事業を 次々と展開。 「ミッションに基づく課題 × ビジネスチャンス」を軸にドメイン設定し、 プラットフォーム事業を展開 するという戦略をとっています。 「子育て支援領域」で培ったノウハウ・アセットを活かし、複数領域でプラットフォーム群を構築して参ります。 保育士
 保育園
 ママ・パパ
 ONE ID グローバル
 地方創生
 ライフ イベント
 AI
 教育 COMING SOON ライフ イベント
 地方創生
 グローバル
 COMING SOON 10
  11. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Strategy 事業戦略 11 現在、未就学児を含むステークホルダーに多くの利便性を提供するため、複数のプロダクトの連携基盤となるプラット

    フォームを構築中です。 保育園の課題解決 toB Platform 子育ての課題解決 toC Platform
  12. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 保育園の課題解決toB Platform「保育士バンク!プラットフォーム」 12

  13. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 累計 350,000 名以上が登録している、日本最大級の保育士専門の転職支援 サービスです。保育学生向けには就職支援サイト「保育士バンク!新卒」も運

    営しております。 日本最大級の保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイト ・市場シェア40%の実現 ・保育園と保育士の”最高の出会いが生まれるプラットフォーム” 待機児童問題につながる保育園の人材不足を解決に向き合ってい ます。子育てと両立しながら社会復帰を図る女性をサポートし、社 会へ経済面で価値貢献して参ります。 FY23に 目指す状態 向き合う 課題 Product プロダクト紹介 13
  14. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Product プロダクト紹介 “保育園・幼稚園の『タイヘン』を『カンタン』に”をテーマに作られた、 保育士の業務効率を改善する

    保育施設向け業務支援システムです。 シフト管理や延長保育請求など労務機能を中心にご提案いたします。 保育園・幼稚園向け業務管理ツール ・保育ICTシステムの業界シェア No1を獲得 ・保育施設向けの人材労務プラットフォーム化の実現 ・監査業務に完全対応したシステムの実現 FY23に 目指す状態 保育士の業務負担軽減につながるサービスの提供を通して、 保育業界の課題改善、ひいては潜在保育士の社会進出の 促進など、社会課題解決の重要な役割を担っています。 向き合う 課題 14
  15. 15 03. Team

  16. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Business Technology Divisionのチーム編成 16

    Business Technology Division
 Business Platform
 Information Systems
 CIO / 三井 CDSO / 烏谷 情報システム セキュリティ Salesforceプロジェクトマネージャー Salesforceデベロッパー 新設チーム
 データサイエンティスト データエンジニア
  17. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Team Team Team Team

    セールス Team v Team v v v v Team Team Team Team 開発 デザイン C S マーケ CORP Team 17 全プロダクトに横断的に関わる体制 ここに属します
  18. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Business Platformチームの特徴 18 ビジネス

    × テクノロジーのハイブリッド体制 全事業、全顧客の商談管理をSalesforceを用いて行っているため、社内ビジネスコンサルタントとして動くことが可能です。全社が 「お客様」になるので、幅広い業務知識を得ることが可能です。 Salesforceがビジネスにおけるコアコンポーネント ビジネスオペレーションとしての利用だけでなく、プロダクト開発側とも連携しているため、ネクストビートの事業を成長させる上で、 Salesforce開発は重要な位置づけとなっています。
  19. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Board 1児の父として、日本の人口減少問題に当事者意識を強く感じるようになり、 CEOが事業を通じて社会課題に向き合う姿勢に強く惹かれネクストビートに 入社しました。私は自分の子ども世代のためによりよい世の中を作りたいと考えています。

    それは、ネクストビートのビジョン・ミッションそのものです。 それを成し遂げるために私は「強固な事業基盤の構築」を 実現します。 複数の事業をスピード感を持って展開していくにあたり、事業の最前線で活躍するメン バーの足場となる強固な基盤の構築が必要です。業務システムやデータ基盤・セキュリ ティの他、法務・総務も一体となったガバナンスを構築し、事業の迅速な展開を後押ししま す。 ビジョンを実現するための強固な事業基盤の構築を 執行役員 VPoE / CPO / CIO 三井 陽一 経歴 東京大学理学部卒。 1997年、テニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタート。 ITエンジニアに転身後、スタートアップ 2社において、テックリード/ CTOとして様々なプロダクト開発に従事。その後、株式会社ラックにおいて 8年半に渡り サイバーセキュリティのプロダクト開発・研究開発を推進。クラウドマネージドサービスのトップベンチャーである株式会社 FIXERを経て、 2020年3月、CIO兼VPoEとしてネクストビートに入社。 2021年11月CPO就任。CISSP, CCSP, CISA, CISM, CSM, CSPO, PMP, 知的財産アナリスト。 19
  20. Copyright © nextbeat All Rights Reserved データサイエンスチームの特徴 20 全事業に横断的に関われる組織 専門性を深めることはもちろん、全事業に横断的に関われる組織のため、営業・エンジニア・マーケターなど他職種と共に仕事を進

    めることが多く、データ分析以外の領域に業務や知識を広げることが可能です。 豊富なチャレンジの機会 データに関する課題に対して様々な挑戦を行う機会があります。 • インハウス体制のため提案~実装、効果検証まで幅広い業務に携われる • CDSO(Chief Data Science Officer)直下のポジションのため、様々な場面で意思決定に携われる • 職務経歴書や求人票、電話ログ等の非構造化データを扱った分析が多く、自然言語処理や非構造化データへの機械学習の適用
  21. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Board 私には「民間のビッグデータを活用し、社会の課題解決に役立てたい」という目標がありま す。それを実践していくのに、今のネクストビートが最適だと考え入社を決意しました。 データというものは、個人や個社の範囲を超えて、社会全体を映す鏡であると思っていま

    す。例えば、ネクストビートが保持するあらゆるデータを用いることで、保育業界が今どうい う状況にあるのかが明らかになってきます。 データを通じ、会社として携わる業界全体を盛り上げ、社会が抱える課題を解決することに までアプローチしていきたいです。 ビッグデータ活用による事業成長を実現し、業界・社会の課題 解決に挑む 執行役員 CDSO(Chief Data Science Officer) 烏谷 正彦 経歴 慶應義塾大学総合政策学部卒。アクセンチュア株式会社に入社し、システムコンサル・ CRM業務コンサルなどに従事。 2015年、株式会社True Dataに転職。購買データの分析業務を推進するとともに、データサイエンスの組織・仕組みづくり、システム開発、新規ソリューション立ち上げなど、データサイ エンス業務全般を担当。 2022年4月、CDSOとしてネクストビートに入社。 21
  22. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 全社的な課題 22 • 膨大な保育園・保育士データが「とりあえず貯めている」状態で活用しき

    れていない。 • 新規機能開発に必要なデータ整備や、データに基づいた UX改善が十分 でない。 • 社員個人の能力に依存した利益創出の体制になっている。
  23. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 実現したいこと(Business Platformチーム) 23 プラットフォーム構想


    事業によってバラバラなSaleforce環境を統合していく ことを視野に入れています。 • 統一の顧客基盤の構築 • One ID化 • トータルソリューション化 • 事業間シナジーの創出 Salesforce新機能の検証・導入
 Salesforceでは、年3回(春・夏・冬)革新的な新しい 機能をリリースしているため、新機能の検証や導入を 積極的に行っていきたいと考えています。 新機能の検証・導入にあたっては、 Salesforceライセ ンスを多数保有しているため、Salesforce側とダイレ クトにやり取りが可能です。
  24. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 実現したいこと(データサイエンスチーム) 24 サービスの質向上
 •

    最適な転職活動を支援するための求職者と園を適切なマッ チングを目的とした、数値データや自然言語データを用いた レコメンデーションエンジンの開発 • 転職活動や業務で忙しい求職者とコミュニケーションを取る ために、過去実績から最適なタイミング・手段での連絡を提 案 社内の業務改善・ビジネス課題の解決
 • ビジネス課題に対して、データサイエンス・機械学習を適用 する領域を広げていき、ビジネス側のメンバーと連携しなが ら、課題解決を推進 • 社内でビッグデータの利活用を推進し、データの民主化を 実現するための取り組み推進 • データサイエンス・機械学習を PoCとして進めるだけでなく、 実際の業務プロセスに載せるための MLOPs基盤の構築・ 改善
  25. Copyright © nextbeat All Rights Reserved AI・データ分析 BigQuery Python 25

    Tools scikit-learn Jupyter Notebook Google Cloud Dataflow Vertex AI Tableau クラウドプラットフォーム Google Cloud salesforce Support Tool AWS Azure その他 TypeScript Angular MySQL DataSpider
  26. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Bussiness Technology Divisionで募集しているポジション 26

    Bussiness Technology Divisionでは、以下の4ポジションのメンバーが協力して社内の課題解決を進めています。 データサイエンティスト
 Salesforceプロジェクトマネージャー
 ネクストビートが運営する全サービスのデータを用いて、事業ごと にビジネス課題の抽出、課題分析~解決に向けた提案や機械学 習による効率化を行うポジション 3つの事業領域・バックオフィス業務において、業務システム (Salesforce)を軸にした、システム開発・業務改善や、平行稼働 する複数のプロジェクトを全体統括するポジション データエンジニア(業務委託)
 CDSO(Chief Data Science Officer)が事業ごとにビジネス課題の 抽出、課題分析~解決に向けた提案や機械学習による効率化を 行うにあたって、全事業のデータの分析業務を担うポジション Salesforceデベロッパー
 3つの事業領域・バックオフィス業務において、業務システム (Salesforce)を軸にした、システム開発・業務改善をリード。 Salesforceの画面・機能開発や対象事業の分析などのデータアナ リティクスまで、幅広く担うポジション
  27. 27 04.Work Style

  28. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 評価制度 Grade4以上は「マネジメント」と「スペシャリスト」の 2軸から キャリアの選択が可能です。

    また、2軸を跨ぐことも可能なため、自分だけのキャリアを形 成することができます。 グレード制での運営 グレード
 マネジメント スペシャリスト 役割の影響範囲のイメージ Grade1 CXO(執行役員)/ VPoX
 パートナー / フェロー
 全社レベル
 Grade2 ゼネラル
 マネージャー
 シニアプリンシパル
 複数事業
 Grade3 マネージャー
 プリンシパル
 単一事業
 Grade4 チームリーダー
 アソシエイト
 チームリード
 Grade5 メンバー
 メンバー
 Grade6 メンバー
 ・マネジメント:組織のマネジメント力を高める ・スペシャリスト:専門性を高め、事業・組織横断に貢献する 28
  29. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 生産性向上 Crew’s Aniversary 3rdプレイス

    社員が、自宅でも職場でもない、居心 地のよい3rdプレイスを活用する費用を サポートすることで、業務目標の達成を 支援します。 ベビーシッター利用制度 保育園入園前までの「 KIDSNAシッ ター」費用を100%補助します。またベ ビーシッターサービスを通常価格の 50%割引で利用できます。 All for One 業務以外の時間の効率化を通し、 より業務に集中できるサポートを 家事代行利用制度 株式会社Casyの家事代行サービスを 会社負担50%の金額で利用できます 他職種との連携が重要なオールインハウス体制で 社内成果の最大化に向けたサポートを サミット(全体総会) 半期に一度全国の拠点から集まり、全社 総会を開催します。表彰や、懇親会などを 通し、全国の社員の交流を図っています。 正社員、契約社員、アルバイト、派遣 社員の誕生月に、上長よりプレゼント を贈呈します。本社では誕生月者・上 長が任意で集まりお祝いする会も開い ています。 全役職者が役割を超えて、一定作業を 理解し担う。One Vibesを強化しつつ、 事業グロースを加速。 コミュニケーション活性化 個人 × 会社のMission実現に向けたサポート  29
  30. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 働く環境 30