Nyle_MediaTechnology_Slide

902713222a094efd7cdf170ab1e6a7d7?s=47 Nyle Inc.
September 07, 2020

 Nyle_MediaTechnology_Slide

メディアテクノロジー事業についてのnoteまとめ:https://note.com/nyle_inc/n/nc91ed0b1dbe1

902713222a094efd7cdf170ab1e6a7d7?s=128

Nyle Inc.

September 07, 2020
Tweet

Transcript

  1. Office of Media Technology Operations

  2. Mission Vision 組織体制 メディアテクノロジー事業について

  3. For Your Happy Life ਓੜΛ๛͔ʹ͢Δ޾ͤͷΤοηϯεΛɺ ϝσΟΞΛ௨ͯ͡ಧ͚Α͏ 「幸せの追求」はポスト資本主義時代におけるイデオロギーだと考え、⼈々の幸せに様々な 形で貢献したいという想いからFor your Happy

    Lifeというミッションを掲げています。 Mission
  4. No.1 No.1 No.1 No.1 No.1 ⼈々の⽣活と密接する複数の領域で、多⼤な影響 ⼒を持つことによって「For your Happy Life」の

    ミッション実現を⽬指します。 インフルエンシャルメディア群の創出 Vision
  5. Appliv事業部 Appliv Games事業部 タチヨミ事業部 広告事業部 事業本部 事業本部 事業部 複数領域で影響⼒のあるメディア展開を進めるため、2020年には事業部単位での経済的な収⽀や意思決 定が⾏われるように、迅速な経営の実現を⽬的に事業本部体制へと移⾏しました。

    事業本部制
  6. プロジェクト紹介 Appliv Appliv TOPICS Appliv Games 広告事業

  7. 国内最⼤級アプリ発⾒メディア⽉間1,100万UUのAppliv 1,100万⼈が利⽤するApplivは、アプリレビューサイトとして国内最⼤級。インストール意欲の⾼い検索ユーザーが多 く、常に新しいユーザーからの流⼊があります。 10,000,000 7,500,000 5,000,000 2,500,000 2012/09 2019/10 Appliv月間UU数推移

  8. No.1 Growth No.1

  9. アプリとの出会いを通して、より多くの⼈に 豊かな暮らしを届ける Applivを選ぶ理由をつくる 提供価値 挑戦 Appliv 開発マネージャー 三瓶 勝之 Appliv

    事業責任者 針替 健太 アプリとの接点を通じてユーザーさんの生活を豊かにしたいという想いで運営して います。Applivには約3,000のカテゴリがあり、細分化されたニーズにマッチしたア プリをレコメンドできるのが強みです。直近の挑戦として、スマホが普及しきった 時代だからこそ必要になる新たな価値を提供できるように、プロダクトを進化させ ていこうとしています。 全員がマーケ視点を大事にする文化があります。例えば、エンジニアがGoogle OptimizeでA/Bテストして次のアクションを決めるま でマルッと一人でやっています。どうすれば広告売上が上がるのか?ユーザーのインサイトは何か?という視点を持って開発する、 そういう人が活躍できる環境です。現在のシステムは技術的負債が蓄積していて生産性低下の原因にもなっています。また、一方で Applivはサイトとして変革が必要なタイミングに差し掛かっています。これらの課題を一手に解決するため、現在リニューアル最中 です。そこでは最適かつ最新の技術を採用し、技術的な面でもチャレンジをしています。
  10. Appliv TOPICS開発マネージャー ⾺場園 祐樹 Appliv TOPICSはスマホやアプリで困っているユーザーさんの問題解決を担って います。これまではSEOでの検索流入でトラフィックを伸ばしてきましたが、今 後はメディアの認知度を上げていくことで、ファンを増やすことにも挑戦してい きます。私自身もエンジニアですが、単に開発実装をするだけではなく、メディ アをグロースさせるための企画から実行〜改善まで一貫して関われるのが面白い

    点です。 ユーザーさんに面白い・役立ったと思ってもらえる記事を作るのがミッションです。単純にキーワードを詰め込んでSEO対 策した記事を量産するのではなく、インサイトを見つけるためにSprintというインタビューツールを導入するなど、編集者の 感覚ではなく、マーケ視点を持って企画します。前職では開発部署が分かれていて開発はお伺いを立てる感じでしたが、ナ イルのエンジニアは快く話を聞いてくれるし、「やりましょう!」とすぐに開発してくれるので頼もしいです。 Appliv TOPICSコンテンツディレクター 福原 望 おたすけスマホ情報サイト スマホの『困った』を『楽しい』に変える アプリの問題解決No1メディアになる 提供価値 挑戦
  11. ApplivGames 開発マネージャー 塚本 祐⼀郎 ApplivGames 事業責任者 ⼭本 貴⼠ 新型コロナの影響で世の中が大きく変わり、自宅にいながら楽しめるエンタ ーテイメントの需要が高まっています。また、5G環境やクラウドゲームの普

    及により、アクションゲームやMMO、FPSが盛り上がっていきます。そのな かで、私たちはユーザー同士のコミュニケーションをより活性化させる攻略 メディアやサービスを作り、ゲームを通じたコミュニケーションによってゲ ームがもっともっと面白くなるような世界を作ろうとしています。 ゲームをもっともっと⾯⽩く クラウドゲーム時代を象徴するリードメディアをつくる 提供価値 挑戦 エンジニアも企画から関わることができるので、ゲーム好きなエンジニアであれば非常に面白い環境だと思いま す。メンバーはみんなゲーマーで、飲み会もコアなゲームの話ばかりです(笑)。様々なゲームジャンルの特徴 などを理解した上で、戦略に落とし込んでいく。そして「戦略を実現するためのシステム」を作るのがミッショ ンです。
  12. 顧客が真に求める広告サービスを追求し、 広告業界に変⾰をもたらす アドフラウドから顧客を守り、良質な新規ユーザー獲得 提供価値 挑戦 ビジネスマネージャー ⽯井 優樹 自社メディアの広告提案していた時に、顧客の成果分析をする中でアドフラウド問題が発覚し ました。アドフラウドで困っている広告主ってもっといるのでは?ということで生まれたのが

    「ピタッとROAS」というサービスです。2019年に当初2人体制で始まったのですが、今は約 10名に人員も増えて、2020年1月から事業部として独立しました。 フラウドによってはマルウェアが入っていて、知らないうちに自分の端末が悪用されるリスクがあるん です。アドフラウドの撲滅は、最終的にはユーザーさんのスマホの安全を守ることにつながるんですよ ね。メディア側、広告主側の双方を啓蒙して、業界自体を健全化させていきたいんです。 ⽊村 圭太 ⾈橋 ⼤裕 2019年のアドフラウド被害額は680億円にも上ります。広告主はこれらのアドフラウドを警戒 しつつ、配信先ごとのROIまで見ていかないといけません。2020年はiOSアップデートにより ユーザー情報取得が困難になり、ROI最適化は更に難易度が上る事が予想されます。広告主を 取り巻く課題をワンストップで解決するソリューションをチームで作っていきたいです。
  13. 事業本部、プロダクト横断の取り組み ࣄۀຊ෦ͷPONUH͸૊৫ύϑΥʔϚϯεͷ࠷େԽΛ໨తͱ͍ͯ͠·͢ɻϝϯ όʔ͕ॱௐͳ࣌͸ʮϙςϯγϟϧʯΛ্͛ΔͨΊʹڧΈΛ৳͹͢ΞϓϩʔνΛɺ ॱௐͰͳ͍࣌͸ʮൃش౓ʯΛ্͛ΔͨΊʹ՝୊੔ཧΛ͢Δ৔ͱͯ͠׆༻ɻ૬ஊ ͷ͖͔͚ͬΛ࡞ΔͨΊͷఆ఺؍ଌγʔτ΍ɺΩϟϦΞΞοϓͷͨΊͷࣗݾධՁ γʔτͳͲɺଟ༷ͳϑΥʔϚοτ͕༻ҙ͞Ε͍ͯ·͢ɻ   ʮࣄۀՈʯਁಁ 1on1mtg ⁡

    ػցֶश ⁠ 31"ಋೖଅਐ ࣄۀຊ෦ʹ͸ɺࣗΒͷۀ຿࣌ؒͷˋΛࡏ੶͢ΔϓϩμΫτͷ୲౰ۀ຿Ҏ֎ͷ ࢓ࣄʹ࢖͏͜ͱ͕Ͱ͖Δ੍౓͕͋Γ·͢ɻ௅ઓ͢ΔܦݧɺφϨοδͷ॥؀Λ໨ తͱ͓ͯ͠Γɺ࢛൒ظ͝ͱʹຊ෦ԣஅͷϓϩδΣΫτʹཱީิ͢Δ͜ͱͰࢀՃ ՄೳͰ͢ɻݱࡏ͸ɺҎԼͷ͕݅ՔಇதɻػցֶशϓϩδΣΫτͰ͸ɺ֎෦ߨࢣ Λট͍ͯʮλνϤϛʯͷίϯςϯπϨίϝϯυΛ։ൃ͍ͯ͠·͢ɻ 10%プロジェクト ⁞ ৽نϝσΟΞاը ⁢ PO඼࣭޲্
  14. 事業責任者からの候補者の⽅へのメッセージ 私たちは生活に密接する複数の領域で大きな影響力を持つメディアを世に送り出す 「インフルエンシャルメディア群の創出」を目指して、主にエンタメ領域のデジタ ルメディアを開発・運営している事業です。 一つのメディアを立ち上げ、大きく育てるのは簡単なことではありません。メディ アでの多角化で大成功している企業は国内でも数えるほどでしょう。 しかし私たちが持つWEB集客・接客などのデジタルマーケティングのノウハウと、 全員自走全員企画という独自の運営方針がメディアの多角化を可能にしています。 多くの企業においてエンジニアやデザイナーの主な役割は、マネージャーから下り てきた仕様をもとに実装することに特化しており、目的や背景がわからないまま作

    業だけする、又は企画会議に参加することがあっても、良いアイデアが出せなかっ たり、アイデアを出しても通らないということも良く耳にします。 私たちは職種に関わらずSEOやGoogle Analyticsなどデジタルマーケティングの概 念や手法の修得、実践することを推奨しています。 全員がデジタルマーケターであるという前提が情報格差によるコミュニケーション ロスを無くし、企画の精度を上げ、最小単位でスピーディーなPDCAを回すことに 繋がっていきます。 メンバー全員が所属するメディアの成長にコミットし、企画と実行を担う永遠のス タートアップ思考が私たちの強みであり大事にしていきたい文化です。 ナイル株式会社 取締役 メディアテクノロジー事業本部 本部長 ⾼階 良輔