[ Zbrush ] Retopology by EazyRemesh Test#01

[ Zbrush ] Retopology by EazyRemesh Test#01

[ Rebuild srf > Retopology(Decimation) ]
by EazyRemesh Plugin Test#01

7cce294666041702c8c54c335f458a0b?s=128

onion craft

May 13, 2020
Tweet

Transcript

  1. Z Brush Eazy Remesh test#01 ~ Eazy Remesh を用いたリトポロジー #01

    ~ [ Rebuild > Retopology ]
  2. ダウンロードした Eazy Remeshを展開して、Installation.txtを参照

  3. 指定のフォルダーにプラグインのデータをコピー&ペースト

  4. [ アプローチA:ポリペイントからPGを指定する場合 ] ポリペイントを利用してポリグループを指定する場合はPaintに持ち替えて

  5. ( 補足 : 塗分けが識別しやすいように単調なシェーダーに切替えました。)

  6. 指定の領域をペイント。”ポリグループ>ポリペイントから”を 実行するとペイントの領域でPGが作成されます。

  7. ( 補足:もともとメッシュが粗い場合は鮮明なペイントはできませんが ShiftKey + Paint で描画することであえてぼかしにする事もできます。)

  8. [ アプローチB:マスクから領域をPGを指定する場合 ] マスクからポリグループを分割するために、Maskへもちかえて

  9. 読み込んだ画像を利用してマスクを作成。

  10. Ctrl + Wでマスク領域に対して新規のポリグループを適応

  11. [ 下処理なしでEazyRemeshを実行 ] 下処理なしで使用した結果。端部で食込みが生じています。

  12. [一時的にクリースをかけてからEazy Remeshをする方法 ] “ジオメトリー>PGクリース”を用いて境界線にクリースを作成。

  13. “EasyRemesh” や “Half it” から何度かポリゴンの削減を行いました。

  14. 削減する必要がなくなった段階で 一時的に利用していたクリース解除を行います。 END