Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社オプティム_採用会社紹介資料 / optim-recruit

optim
July 20, 2022

株式会社オプティム_採用会社紹介資料 / optim-recruit

optim

July 20, 2022
Tweet

More Decks by optim

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 株式会社オプティム エンジニア向け会社紹介 2022/07

  2. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 2  会社概要

     事業紹介  ◦◦ x IT  業績サマリー&積極投資  開発体制  利用技術  働く環境 コンテンツ
  3. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 3 会社概要 サブタイトルの補足

  4. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 4 基本情報 •

    商号:株式会社オプティム(東京証券取引所プライム市場:3694) • 設立:2000年 • オフィス: OPTiM TOKYO(東京本社) OPTiM SAGA(佐賀本店:佐賀大学内) OPTiM KOBE • 代表者:菅谷俊二(佐賀大学農学部招聘教授) • 総スタッフ数:645名 (2022年4月1日現在:派遣・契約・バイト含む) • 主要株主 • 菅谷 俊二、東日本電信電話株式会社、富士フイルムビジネスイノベー ション株式会社(旧 富士ゼロックス株式会社)等 東京本社 佐賀本店
  5. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 5 オプティムのミッション

  6. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 6 オプティムの強みの一つ:知財戦略

  7. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 7 事業紹介 サブタイトルの補足

  8. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 8 自動セットアップツール

  9. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 9 リモートサポートサービス

  10. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 10 Optimal Biz

  11. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 11 Optimal Biz

  12. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 12 PC・モバイル管理からAI・IoTプラットフォーマーまでの経緯 予測値

    第4次産業革命 の中心的な企業へ あらゆる産業の リーディングカ ンパニーとの 提携、合弁戦略 AIパッケージ サービスの提供 AI/IoTプラット フォームへの 拡大 IoTプラット フォームへの 拡大 パソコン・スマ ホ・タブレット 向け管理サービ スの提供 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 447.9 200億台 400億台 170.7 205.1 241.0 274.9 307.1 348.7 394.0 オフィスのほかの 機器も管理してほ しい IoTから上がる データの急速な 増加 さまざまな企業で使 う共通のキラーAI サービスを開発 産業界のリーディングカン パニーとの業界ごとAI/IoT サービスの展開 IoTデバイス出荷台数 出典 総務省令和元年版 情報通信白書 第1部 第2節 デジタル経済を支えるICTの動向、(2)IoTデバイスの急速な普及、図表1-2-1-3 世界のIoTデ バイス数の推移及び予測より。: https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd112120.html
  13. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 13 AI・IoT の活用が不可欠な時代に

    IoT(モノのインターネット)の普及に伴う爆発的なデータ量の増加 416億台のIoTデバイスが約80ZBのデータを生成、IDCが2025年を予測 (ZB=1GBの約1兆倍) 出典 IDC 2019 年 国内データエコシステム/ Data as a Service に関わるプレイヤー分析: IoT 関連事業者を中心に https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ45371219 79.4兆GB 有益な情報を導くためにAI利用が不可欠に
  14. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 14 AIのパッケージサービス提供

  15. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 15 OPTiM AI

    Camera ぐるなびの「飲食店LIVEカメラ」に、 新型コロナウ イルスの感染抑止サービスとして 「OPTiM AI Camera」のWithコロナソリューションを提供 上野動物園混雑マップに「OPTiM AI Camera」を提供 園内の混雑状況をリアルタイムでお知らせし、快適な 観覧を実現
  16. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 16 OPTiM AI

    Camera 蔦屋家電様 事例 店舗の実際の様子など、下記記事にて紹介されています! ▪BCN+R 店内一等地を「Apple」から「蔦屋家電+」に変更、蔦屋家電の今を追った https://www.bcnretail.com/market/detail/20200820_187507.html
  17. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 17

  18. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 18 OPTiM Cloud

    IoT OS プラットフォーマーのためのプラットフォーム AI・IoTプラットフォームとしてエコシステムを形成するための一連の機能を具備
  19. 19 Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 各産業とIT(AI・IoTなど)を組み合わせる 「◦◦×IT」により

    全ての産業を第4次産業革命型産業へと 再発明してまいります
  20. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 20 農業 x

    IT
  21. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 21 農業 x

    IT
  22. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 22 農業 x

    IT AIによる画像解析を行い、不必要な農薬(肥料)を散布せず減農薬栽培(施肥)を実現 ピンポイント農薬散布 テクノロジーの特許、 九州地方発明表彰の 「文部科学大臣賞」を 受賞 2019.11.08 プレスリリース
  23. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 23 農業 x

    IT
  24. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 24  AIやドローンを使い、農薬使用量を抑えたあんしん・安全なお米「スマート米2022」、

    2021年度産新米の販売を開始 農業 x IT
  25. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 25 NTT e-Drone

    Technology 各産業における国産ドローンサービスの利用を推進すべく、 NTT e-Drone Technologyを設立 農業向け機体 産業向け機体 ・農業分野を起点に、点検、測量、公共などへの他分野 に展開を行う ・国産、軽量、省電力を強みとした、機体開発に加え、オ プティムがもつAI、IoTのソフトウェアサービスを融合 させた事業展開を図る ※出典:インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2020」 国内のドローンビジネス市場規模の予測より
  26. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 26 建設 x

    IT
  27. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 27 あらゆる建設生産プロセス全体をつなぐオープンプラットフォーム 「LANDLOG」

    出典:コマツ様 中期経営計画(2019年度~2021年度) 2017.07.19 プレスリリース
  28. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 28 OPTiM Geo

    Scan 2021.05.12プレスリリース iPhone Pro、iPad Proを使って誰でも簡単に高精度 3次元測量ができるアプリ、 「OPTiM Geo Scan」を正式提供開始 ~測量時間の短縮や人件費の削減、技術者不足問題を解決~ 「OPTiM Geo Scan」の特長 1. 一人で手軽に測量が可能 2. 測量業務の短縮が可能 3. 誰でも高精度な測量が可能 4. ICT土工の実現 (※特許出願中) iPhoneおよびiPadによる点群プレビュー
  29. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 29 医療 x

    IT
  30. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 30 株式会社メディカロイド様 国産初手術支援ロボットシステム

    「hinotori™ サージカルロボットシステム」2020年8月製造販売承認取得 2020年12月14日 hinotori™ 初の手術に成功 神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター にて前立腺がんを全摘出 ▪神戸大学 お知らせ 国産初の手術支援ロボット「hinotori ™ 」1例目の手術 が無事終了しました https://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/info/2020_12_17_02.html 提供元:株式会社メディカロイド様 ※株式会社メディカロイド様:川崎重工業株式会社様とシスメックス株式会社様 共同出資の合弁会社
  31. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 31

  32. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 32 オンライン診療プラットフォーム

  33. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 33 農 業

    エネルギー 小 売 医 療 建設・土木 金 融 製造・ロボット
  34. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 34 業績サマリー&積極投資 サブタイトルの補足

  35. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 35

  36. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 36 強固なライセンス収益をベースに積極投資 日本経済新聞2020.01.27付記事に

    て、売上高100億円以下の中堅上場企 業「NEXT1000」で売上高研究開発比 率 過去3年間平均が首位だった、と紹 介されています。 ▪ 「オプティム、デジタル変革・AIが 成長の糧に」 https://www.nikkei.com/article/DG XMZO54898470X20C20A1TJP000/
  37. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 37 〇〇×IT戦略の推進により、オプティムのAI/IoTプラットフォームへの 接続デバイス、産業向けキラーサービスが飛躍的に増加

    今後も、更なる〇〇×ITの推進によるデバイスカバレッジ、産業用キラーサービス開発を推進 全世界450億台のデバイスへの接続と産業用キラーサービス提供を目指す PC・スマホ・ タブレット カメラ 建機・ダンプ・ トラック 手術ロボット ドローン・ センサー等 各種検査ロボ 産業向けサービス Industrial DX 更なる 〇〇×ITを推進 ロボット 農業・IoT 医 療 建 設 産業共通 ID管理・デバイス管理・遠隔制御・クラウド管理・セキュリティ・エコシステム運用・課金管理 AIサービス OPTiM IoT OPTiM AI Camera ロボットDX サービス 農業DX サービス MINS OPTiM Geo Scan 450億台になる さまざまな業界・ ハードウェアへ展開 … 次々に新サービス を投入予定
  38. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 38 2021年度~:第二弾のさらなる積極的な投資を遂行

  39. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 39 開発体制 サブタイトルの補足

  40. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 世界の人々に大きく良い影響を与える普遍的な テクノロジー・サービス・ビジネスモデルを創 り出すことを目的として事業に取り組む。

    また、存続を目的とせず、たえず身の丈に合わ ない大きな志を持ち、楽しみながら挑戦する。 社内外を問わず、あらゆる属性を意識せず、互 いが互いの立場を思いやり人間力の向上をおこ なう。 ネットを空気に変える 当社は、「ネットを空気に変える」というコンセプ トを掲げ、もはや生活インフラとなったインター ネットが、いまだに利用にあたりITリテラシーを 必要とする現状を変え、インターネットそのものを 空気のように、全く意識することなく使いこなせる 存在に変えていくことをミッションとして、創業以 来すべての人々が等しくインターネットのもたら す、創造性・便利さを享受出来るようサポートする プロダクトの開発に尽力しております。
  41. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 41  新サービスの企画・立ち上げから運用・成長まで

    一貫して携われる機会 • 新サービスをスピード感を持って次々ローンチ (企画~ローンチ:半年目標) • 2021/5 7つの新サービスを発表  幅広い自社サービスを展開、その組み合わせとビジネスデベロップメント力による挑戦機会 • 実証実験ではなく、AI・IoT ・Roboticsを活用した産業変革にビジネスとして取り組み • 特定業務に特化したサービスを提供してる企業とは異なり、様々な産業に総力戦で挑戦  技術を楽しみ切磋琢磨する環境 • モダンな技術スタックでの開発、(良くも悪くも)自由度の高い開発 • 経営層から現場まで一貫した技術に対するコミュニケーションの活発さ、実世界適用のモチベーションの高さと実績 • サービスを安定して提供しながら成長させ続ける(泥臭さを含めた)一連の経験、開発しているサービスへの想いの強さ • → 当社テックブログでは、その雰囲気を感じていただけると自負しております。 オプティムで提供できる機会
  42. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 42 総スタッフ数におけるサービス・製品開発人員比率および正スタッフ比率

  43. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 43

  44. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 44 エンジニアのキャリア エンジニア

    Lv1 Lv2 Lv3 エンジニアスキル認定制度 リーダー サブマネージャ マネージャ スタッフ シニア エンジニア ゼネラル マネージャ エグゼクティブ エンジニア
  45. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 45  テックリード

    • 数名以上の開発チームをリードして新規プロダクトや新機能開発を推進し、社内外に向けて仕様面/技術面の窓口となるとともに、チームやメン バーの技術面の育成にも携わる  スペシャリスト • 専門の技術領域に精通し、プロダクトの技術観点での競争優位性確立/難易度の高い技術課題解決をリードするとともに、社内外に技術情報を発 信する  エンジニアリングマネージャ • 5-10名~のチームのエンジニアリングマネージャとして、チーム/メンバーを育成しながら、プロダクト開発・運用をリードする  大規模案件プロジェクトマネージャ • 顧客の現場やその先の顧客に向き合い、OPTiMの技術やプロダクトを活用しながらプロジェクトを推進して、◦◦ x IT戦略を実現していく  プロダクトマネージャ • エンジニアのバックボーンを生かしながら、ユーザーを深く理解して、プロダクト戦略・ロードマップの策定や推進をリード、ビジネスサイドと 協業してプロダクトの成長にもコミットする エンジニアのキャリア(ロールモデルの一例)
  46. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 46 Optimal Biz

    / リモートサポート 農業 / OPTiM Geo Scanなど 組織体制 OPTiM Cloud IoT OS / OPTiM Store 医療 /AIパッケージサービスなど セールス /企画 バックオフィス 開発/運用 ビジネス統括本部 社長室 サービス開発統括本部 技術統括本部 経営企画本部 経営管理本部 企画:マーケティング、ア ライアンス、契約書/利用規 約整備、販売代理店網整備 など 開発/運用:各チームは5-10 名で構成 1チーム複数プロダクト、逆 に複数チーム1プロダクト のケースも 開発ロードマップ /要求定義 R&D ロボティクス 事業部
  47. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 47 組織体制(一例です) SmartField

    OPTiM AI Camera OPTiM Contract OPTiM IoT ・・・ ①プロダクト軸 ・プロダクトOKR ・顧客理解の解像度を 上げる ・セールス/企画/開発 /運用がお互いの顔が見 える 開発/ 運用 セールス 企画 ②人/チームが育ち情報を発信する組織 ・プロダクト/チームを超えてお互いの顔が見える、それぞれのチャレンジが見える ・部全体で、オンライン/非同期でも、よりオープンに、和気藹々と仕事する ・価値ある情報をチーム内外で流通させる
  48. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 48  スクラム開発を導入するチームが多くなってきている

    • OPTiM Cloud IoT OS開発チームは、3チーム / 20名程度でLarge Scale Scrum (LeSS)を導入 • 一方で、チケット駆動的な開発スタイルのチームも  Optimal Biz開発チーム スクラム導入イメージ 開発プロセス SM PO 開発T Dev QA Dev Pla n スプリ ント テスト リ リ ース スプリントプランニング スプリントレビュー ふりかえり 朝会 カンバン バーンダウン スクラムチーム Good / Bad / Fact / Emo Fun / Done / Learn Optimal Bizの開発マネージャーが 開発チームに起こした変化と 起こった変化 https://speakerdeck.com/optim/optimal-biz-agile-journey
  49. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 49 とあるエンジニアの1日(一例です) 09:30

    10:00-10:15 11:30-11:45 13:00-14:00 18:00-18:15 19:00 出勤 朝会 リリース責任者デイリー 月次のリリースについて 4チームがリリースする内容を共有します。 チームのルールとして木曜日は全員出社 それ以外は2日間どこかで出社して、 基本週3出社です。 お昼休み 出社は基本バラバラなので、 対面とTeamsを併用 今日チームに貢献することなど 進捗を報告します。 基本私はお弁当派ですが、 浜松町オフィス街なのでランチ やっているところは結構あります! もくもく会 参加は自由のもくもく勉強会 トレンド技術や、気になっている技術についての インプットをして知見を増やすことが目的です。 実務 コーディング、レビュー、調査など 基本的に一つのタスクをペアプロで サポートしながら進めます! テレワークの日はTeamsや バーチャルオフィスツールなどで 通話を繋ぎながら。 夕会 夕会では主に困っていること 詰まっている部分は無いか確認 ここで何かあればその場でみん なで確認、すぐに解決できなけ れば明日の予定を作成します。 退勤 本日分の進捗状況をタスク に反映したり、日報を書い て、退勤します。 お疲れ様でした! 定時 18:30
  50. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 50 利用技術 サブタイトルの補足

  51. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 51 利用技術(主なものを抜粋) AWS

    Azure GCP Docker / Kubernetes さくら インターネット クラウド インフラ データストア /メッセージング MySQL /PostgreSQL MongoDB Redis NATS バックエンド Go (GIN) Ruby (Ruby on Rails) Java (SpringBoot) Webフロントエンド JavaScript / TypeScript (Vue.js) ネイティブ C++ Swift/Kotlin AI学習 Python (PyTorch) AI推論 C++ Rust 開発基盤 GitLab Redmine ・・・ Microsoft Teams (Slack) WebRTC 時雨堂社 Sora 監視・通知 Datadog Zabbix Terraform PagerDuty
  52. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 52 社内の技術情報共有 社内情報共有ツール

    stamp テックリード会 ※現在はオンライン開催 オライリー全巻購入
  53. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 53 OPTiMを支える技術情報をエンジニアたちが 毎週更新中

    ▶︎▶︎ • プロダクトマネージャー • エンジニアリングマネージャー • プロジェクトマネージャー • UI/UXデザイナー • テックリード • 機械学習エンジニア • ロボティクス • バックエンドエンジニア • フロントエンドエンジニア • モバイルエンジニア • SRE • QAエンジニア • ・・・ OPTiM テックブログ OPTiM採用 エンジニア 募集中
  54. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 54  Rust.Tokyo2019(

    https://rust.tokyo/ )  DEEP LEARNING LAB( http://dllab.ai/ )  SRE NEXT( https://sre-next.dev/ )  技術書展8、9( https://techbookfest.org/event/tbf08 )  Infra Study Meetup #6( https://forkwell.connpass.com/event/187694/ ) など 技術系イベント協賛
  55. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 55 働く環境 サブタイトルの補足

  56. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 56

  57. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 57  勤務時間:

    • 9:30~18:30(所定労働時間8時間、休憩60分)  場所: • オフィス出社と在宅勤務を併用し、各チーム毎に運用しています。  休暇: • 完全週休2日制(土・日)、祝日 • GW・夏季・年末年始 • 結婚休暇 • 慶弔休暇 • 入社半年間(試用期間)特別休暇3日間 基本情報(勤務時間・場所・休暇)
  58. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 58  考課実施頻度:

    • 上期と下期に対して実施(年2回) • 上長との定期的な1-on-1を実施(頻度は上長との相談にて決定)  考課の観点: • 期初に設定した目標に対しての達成度合い • オプティムが定める「求める行動」が出来ていたかどうか など  Reward: • 昇給:昇減給 年2回 ※個人評価に応じて支給 • 賞与:年2回(7月末日、1月末日) ※会社、個人業績に応じて支給  その他: • 若手エンジニア向けにエンジニアスキルの認定制度あり 人事考課制度
  59. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 59 オフィス紹介 カウンタースペース

    リフレッシュルーム エントランス 執務スペース
  60. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 60 全体MTG 月1の全体MTGはオンラインで開催

    全体MTGの後は恒例の懇親会 ★オンライン組とオフライン組に分けて開催
  61. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 61 OPTiM Day(創立記念日)にて

  62. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 62 ぼくらの地球規模イノベーション戦略 オプティムの創業期からのストーリーが記載されています!

    当社代表・オプティムメンバーのイノベーションに対する情熱 や、オプティムの雰囲気を感じ取る事が出来ます。 もしよろしければ、是非ご一読下さい。
  63. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 63 OPTiM採用