oisixradaichi会社説明資料_20200803

 oisixradaichi会社説明資料_20200803

D3e9e9edfe2703e510993856a7e45335?s=128

Oisix ra daichi

August 03, 2020
Tweet

Transcript

  1. 会社紹介資料 Last Upsate 28 May 2020

  2. 会社について コンテンツ 事業の紹介 社会課題への取り組み これからのこと 働く環境

  3. 3 会社について

  4. 企業概要 1 オイシックス・ラ・⼤地株式会社 代表取締役社⻑ 髙島 宏平 1,691,323千円 710.4億円 連結 1,688名

    社 名 代 表 者 資 本 ⾦ 売 上 従 業 員 会社について ※2020年3月末時点の情報
  5. 2 ⾷に関する社会課題を ビジネスで解決する 私たちの仕事は単に安心で美味しい食品を 提供するだけでなく、新しい食の体験、 食を通じて笑顔になる食卓、食品ロスを減らす、 農家の方が安心して農業に取り組める仕組み、 買い物にお困りの方への移動販売など、 食に関わるビジネスを通じて 新しい価値を提供しています。

    会社について
  6. 3 沿⾰ 1975年 設 立 1988 2000 2017 2018 設

    立 設 立 統 合 統 合 会社について
  7. 4 売上推移 ※2017年第1四半期より連結財務諸表作成 0.0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0

    3.5 4.0 4.5 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 80,000 2 0 1 4 2 0 1 5 2 0 1 6 2 0 1 7 2 0 1 8 2 0 1 9 0.0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 3.5 4.0 4.5 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 80,000 2 0 1 4 2 0 1 5 2 0 1 6 2 0 1 7 2 0 1 8 2 0 1 9 売上高 営業利益率 経常利益率 ( 年 度 ) (百万円) ( % ) 18,060(百万円) 20,158 23,016 39,987 64,026 71,040 会社について
  8. 個性的な経営陣 5 ⾼橋 ⼤就 執⾏役員/ Oisix⾹港・上海代表 外務省、マッキンゼーを経て現 職へ。東の食の会事務局代表。 復興支援の大ヒット商品(累計 販売800万缶)の「サヴァ缶」を

    プロデュース。 奥⾕ 孝司 執⾏役員 COCO (株)顧客時間 共同CEO 取締役。 良品計画を経て現職へ。 日本のオムニチャネルにおける 第一人者。 ⻄井 敏恭 執⾏役員 CMT (株)シンクロ代表取締役社長。 ドクターシーラボを経て現職へ。 複数社のマーケティング支援を 行う。サブスクモデルのEC戦略 担当。 会社について
  9. 6 会社について 個性的な経営陣 星 健⼀ 執⾏役員 COO アマゾンジャパンでリーダーシップ チームメンバー(経営会議メンバー) を経て、自身のコンサルティング

    会社を立上げる。 池⼭ 英⼈ 執⾏役員/OisixEC事業本部 ・ 本部⻑ 広告代理店でWebマーケティ ングに携わったのち、現職へ。 OisixECの全体を統括する。 菅 美沙季 執⾏役員/サービス進化室 ・ 室⻑ 化粧品会社で働いたのち、 現職へ。オリジナルミールキット 「Kit Oisix」を開発。
  10. 7 拠点 札幌ステーション :オイシックス :らでぃっしゅぼーや :大地を守る会 仙台デポ 板橋ステーション 習志野ステーション 海老名ステーション

    キットキッチン 横浜南部キッチン 狭山ステーション 座間ステーション 一宮デポ 東大阪ステーション 上海愛宜食食品 貿易有限公司 Oisix Hong Kong Co.,Ltd. 会社について
  11. より多くの⼈が、よい⾷⽣活を楽しめるサービスを提供します よい⾷を作る⼈が、報われ、誇りを持てる仕組みを構築します ⾷べる⼈と作る⼈とを繋ぐ⽅法をつねに進化させ、 持続可能な社会を実現します ⾷に関する社会課題を、ビジネスの⼿法で解決します 私たちは、⾷のこれからをつくり、ひろげていきます 8 会社について 企業理念

  12. ORDism | ⾏動規範 私たちのミッションである 「これからの⾷卓、これからの畑」 を実現するために 7つの⾏動規範を評価の軸に定め、⽇々の業務を⾏っています。 9 会社について

  13. ベストを尽くすな、 ミッションを成し遂げろ ベストを尽くしても、Missionを成し遂げることができないとプロフェッショナルとはいえない。 メンバーはプロフェッショナルとして、それぞれのMissionを成し遂げようと活動する。 一人ひとりのメンバーのMissionはチームのMissionの分解なので、 誰か一人のメンバーがMissionを果たすことが出来なければチームのMissionも果たせない。 Missionを成し遂げるにはゴールから逆算した計画に基づいて活動する必要がある。 同時に、どのように動けばMissionを成し遂げるための活動を効率よく実行することができるか 考え、常に生産性を向上させるチャレンジをすることも必要である。 各メンバーが責任感と自主性をもって活動することが重要です。

    ORDism | ⾏動規範 10 会社について
  14. 早いもの勝ち、速いもの価値 戦略の精度以上に、スピードに乗って戦略を素早く実行できることが 急成長するためには必要である。すぐに実行すれば簡単に効果が出ることでも、 タイミングを逸すると大した効果が出せなかったり実行に多大なコストがかかってしまうことが多い。 ただし、スピードに乗った施策をする上では、 その施策の成否を判断できるレベルの品質が必要である。 スピードに乗って、新たなチャレンジをどんどん実行し、たくさん失敗を重ねることで、 自分たちが進むべき道が明らかになる。 早いものは勝ち、速いものには価値があるという考え方です。 ORDism

    | ⾏動規範 11 会社について
  15. 12 徹底的にお客さまの声を聞き、お客様の顕在的潜在的なご要望を客観的に知り、 どういう方法でお客様のご要望に叶えるか、 どうやって半歩先のサービスを提供するか全身全霊で考える。 期待どおりのサービスでは、満足してもらえても感動は生まれない。 期待を超え、いい意味でお客さまを裏切ったサービスからのみ、感動が生まれる。 常にお客さまへ「嬉しい驚き」を提供するのが我々の仕事で、 お客さま一人ひとりの「嬉しい驚き」の積み重ねが当社の価値であり喜びです。 ORDism |

    ⾏動規範 お客さまを裏切れ 会社について
  16. 13 私たちは、チームの勝利、つまり当社の存在価値の証明に向けて活動する。 そのため、時には自分の持ち場ではない仕事をすることによってチームとして支え合うことも必要です。 野球では、ポジションが固定されており、一人ひとりが担う行動範囲は限定的です。 しかし、サッカーは大まかな役割分担はあるものの、時には普段の役割を超えて、 ピンチでは一番近い人が守り、チャンスでは一番確率の高い人が攻める。 チームの勝利のために、それぞれの強みを活かしてどのようにチームに貢献できるか考え、 行動していくことが求められます。 ORDism |

    ⾏動規範 サッカーチームのように 会社について
  17. 14 一人ひとりが課題に対して強い当事者意識を持ち、チームの主役の一人として行動することにより、 チームの力は増大し、勝利の確率は上がります。 当事者意識を持つには、人の意見を聞き、自分の意見を伝え、 建設的な議論を経てチームのコンセンサスが得られれば、それに向けて全力でコミットします。 たとえうまくいかないときも、その原因を周囲や外部環境に求めず、すべてを自分の責任と 捉えてみることで、自分が主体的に動けば状況を変えられることに気付くことができます。 当事者意識を持ちゴールに向けて、自ら道を切り開き行動することが必要です。 ORDism |

    ⾏動規範 当事者意識、当事者⾏動 会社について
  18. 15 今の実力のままでは、掲げている大きな目的を達成することが難しかもしれない。 しかし、成長力という強い武器をもっていれば、 自分たちの実力を向上させ、大きな目的を達成することができます。 自社のMissionを成し遂げるためには、一人ひとりの圧倒的な成長が必要。 そのために、すべてのメンバーが貪欲に学び、刺激し合い、お互いを高めていく。 今まで培われてきた知識や知恵は徹底的に収集するが、 これから通じない過去の成功体験は潔く捨て、新たに学ぶ。 自分の成長力を信じ、必ず社会にインパクトを残そうとすることが求められます。 ORDism

    | ⾏動規範 強さの源泉は成⻑⼒ 会社について
  19. 16 過去の常識にとらわれたことをやっていても、私たちの存在価値は証明できない。 過去に前例のないイノベーティブなことをどんどん進めていきたいと考えています。 初期の反対意見の多くは、チャンスの証かもしれないと思う方がいい。 業界や他社の慣習、慣例といった社外の常識だけでなく、 社内で徐々に作られてきたサービスや、会社/チームの運営手法などの常識にも縛られないよう、 常にイノベーティブに取り組む必要があります。 奇をてらう必要はありませんが、正しいと思える打ち手であれば、 常識にとらわれず情熱をもって実行し道を切り開いていくことが求められます。 ORDism

    | ⾏動規範 前例はない。だからやる 会社について
  20. 事業の紹介

  21. 事業内容 17 主要3ブランド その他 国 内 宅 配 事 業

    そ の 他 事 業 事業の紹介 ・海外宅配事業 ・店舗外販事業 ・ 他 社 E C ⽀ 援 ・ とくし丸(子会社) ・ O i s i x ・ らでぃっしゅぼーや ・ ⼤地を守る会
  22. 事業の紹介 事業内容 18 主要3ブランド その他 国 内 宅 配 事

    業 そ の 他 事 業 ・海外宅配事業 ・店舗外販事業 ・ 他 社 E C ⽀ 援 ・ とくし丸(子会社) ・ O i s i x ・ らでぃっしゅぼーや ・ ⼤地を守る会
  23. Oisix(オイシックス) 子育てと仕事の両立に忙しい ワーキングママ らでぃっしゅぼーや ⼤地を守る会 30代〜40代 料理スキルをアップさせたい 専業主婦 40代〜50代 健康不安を抱える

    シニア層 50代後半〜 19 主要3ブランド 事業の紹介
  24. 事業のフェーズ 事業⽴て直し 「 プレミアム時短 」 のニーズ増を捉え、 事業成⻑を加速 オペレーション エクセレンスの改善 取り組み中

    2020年度下半期以降 取り組み予定 商品・サービス作り 事業拡⼤ 20 事業の紹介 ターゲットニーズ に沿ったサービス ・ 商品を開発中 完 了
  25. ビジネスモデル 21 オイシックス・ラ・大地の3ブランドはすべて会員制の 定期購入のビジネスモデルを採用しています。 お客様は定期的にWEBやカタログで生産者から 野菜や果物、加工品を注文しそれぞれのサービスブランドからお届けします。 またお客様だけでなく全国約4,000軒の生産者とも 事前に取引条件を決めて調達を行うサブスクリプションネットワークにより、 お互いがリスクを軽減し持続的に取引を行っています。 サブスクリプション型(会員制の定期購⼊)

    事業の紹介
  26. サブスクリプションモデルの強み 22 事業の紹介 ⼀般的な 農産品の流通 当社の取引 生 産 者 消

    費 者 生 産 者 農 協 等 卸 売 市 場 消 費 者 小 売 店 作況により相場が変動し 収入の見通しが不明瞭 市場調達のため、調達量 や価格はコントロール不可 作況により購入価格が 大きく変動 収入の見通しが 明確に なり、投資判断も可能に 予定供給量から販売プランを 立てて需要をコントロールしやすい 相場に関係なく、 安定価格で購入
  27. 販売開始 シェフコラボ・ 冷凍キット開始 日経MJ ヒット予測に選出 ヴィーガンキット 開始 23 主要ブランド |

    Oisix 「プレミアム時短」など便利で美味しく、料理を作る人に寄りそったサービスを展開 オリジナルミールキット 2020年3月 累計販売数 5,000万食 突破! 事業の紹介
  28. 24 野菜で食卓がかわるコースを新設 焼く、漬ける、和える「だけ」で美味しい野菜(1ヶ月で30品目) 料理が楽しくなるサービス 農家さんのオンライン料理教室や週末お料理Kit 主要ブランド | らでぃっしゅぼーや 笑顔あふれる食卓づくりを手伝う、シチュエーションに合わせたサービスを展開 事業の紹介

  29. 25 シニア層へのオフライン発信 雑誌とのコラボレシピや、新聞広告を実施 主要ブランド | ⼤地を守る会 つくる人と食べる人をつなげ、手軽にちゃんとした食生活を実現するサービスを展開 大地の野菜おかずセット たっぷり野菜とたんぱく質が詰まった定期ボックス 「Dr.クロワッサン」

    「きょうの料理」 新聞広告 他、「NHK出版」監修の免疫力に特化した“食生活”の提案など 事業の紹介
  30. 26 事業の紹介 事業内容 主要3ブランド その他 国 内 宅 配 事

    業 そ の 他 事 業 ・海外宅配事業 ・店舗外販事業 ・ 他 社 E C ⽀ 援 ・ とくし丸(子会社) ・ O i s i x ・ らでぃっしゅぼーや ・ ⼤地を守る会
  31. 27 他社EC⽀援 当社の強みである 「サブスクリプションECノウハウ」 や、 「物流スキーム」 を活⽤し、 他社のECサイトを⽀援しています。 ISETAN DOOR

    三越伊勢丹HDのEC宅配事業の支援事業。 ECサイト運営管理から物流・配送まで受託。 dミールキット ドコモの契約者様向けにミールキットを 中心とした定期宅配運営を実施。 事業の紹介
  32. 28 とくし丸( ⼦会社 ) 買い者困難者を救う、移動スーパー。 対応エリアは全国47都道府県。 軽トラで運ぶ 「究極のセレクトショップ」 提携スーパー125社 全国の地域スーパーと提携し、

    商品をそろえています。 事業の紹介 販売パートナー540台 各地域の販売パートナーと契約し、 移動スーパーとくし丸を運営しています。 ※2020年5月28日時点の情報
  33. 事業の紹介 29 事業内容 主要3ブランド その他 国 内 宅 配 事

    業 そ の 他 事 業 ・海外宅配事業 ・店舗外販事業 ・ 他 社 E C ⽀ 援 ・ とくし丸(子会社) ・ O i s i x ・ らでぃっしゅぼーや ・ ⼤地を守る会
  34. ⽶国のヴィーガンミールキット「パープルキャロット」。 2019年より 連結開始し、 ノウハウを得てOisixでもミールキットを提供しています。 30 海外宅配事業 | Purple Carrot 米国生まれのヴィーガンミールキットブランド。

    「時々ヴィーガン」の人たちが手軽にヴィーガンを楽しめる、 食卓への新しいアプローチを提案している。 ヴィーガン食×日本食の 「ヘルスコンシャスフード」 を、アジア・ アメリカ双方へグローバル展開。当社の食のサブスクモデルの 経営ノウハウを横展開することにより、早期の黒字化を目指す。 ヴィーガンKit 事業の紹介
  35. 31 海外宅配事業 | ⾹港・上海事業 Oisix ⾹港法⼈ (2015年設立) 香港への越境EC事業の売上規模の 拡大を図るため、現地での輸入代行、 物流、業務のオペレーション等を行ってる。

    Oisix 中国法⼈ (2017年設立) Oisixの商品取り扱い基準をもとに、 中国国内で調達した商品をECにて 販売する事業を展開。 ⾹港法⼈は⾹港⼈向けのサブスクモデルの確⽴に注⼒、 中国法⼈では「Kit Oisix」を軸にサービス展開予定です。 事業の紹介 Hong Kong Shanghai
  36. 32 店舗外販 リアル店舗( Shop in Shop ) 提携スーパーの一角にOisixと 大地を守る会の販売コーナーを設置。 関東の157店舗で購入可能。

    保育事業向け⾷品宅配 安心・安全な食材を保育園に届け、 施設運営や保育士の業務をサポート。 現在373園が導入。 ※提携先店舗、保育園とも2020年3月31日時点 実際に⼿にとって購⼊できるお店はブランドのタッチポイントに。 2015年よりスタートした保育園施設への⾷材販売は多くのニーズを頂いています。 事業の紹介
  37. 33 関連会社 | Future Food Fund Future Food Fund 株式会社

    日本で唯一のフードイノベーション領域に 特化したCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)。 食領域の事業会社が、国内外の先進的 な「食・農・ヘルスケア」領域への積極的な 投資を行い、エコシステムの構築を目指し ている。 当社発の、⽇本初 「⾷」 を専⾨としたファンド、 「 Food Tech Fund 」 から発展。 ⾷の未来に投資しています。 出 資 会 社 他 ⾷領域のスタートアップ企業 他 株式会社HiOLi/東京 クラフトアイスクリーム ⼯房の運営 株式会社MiL/東京 サブスク型離乳⾷の 開発・販売 株式会社ファームノート ホールディングス/北海道 クラウド⽜群管理システム 等の開発 Fifty Food Inc. /サンフランシスコ ヴィーガンインスタント ヌードルの開発・販売 投 資 事業の紹介
  38. 34 関連会社 株式会社CRAZY KITCHEN (子会社) 「食時を、デザインする。」をコンセプトに、 食事を楽しむ、空間、時間、コミュニケーションを デザインするオーダーメイドのケータリングサービス。 株式会社ウェルカム (関連会社)

    DEAN&DELUCAを中心とした、小売及び飲食 業を通したライフスタイル事業。輸入食品及び 加工食品等の製造・販売、カフェの運営。 ⾷にまつわるビジネス展開をしている⼦会社・関連会社との提携で、 オイシックス・ラ・⼤地だけではカバーできない領域を担っています。 事業の紹介
  39. 社会課題への取り組み

  40. 35 SDGs | 持続可能な開発⽬標 オイシックス・ラ・⼤地は、事業を通じてSDGsへの貢献に取り組んでいます。 2015年9月に国連で開かれたサミットの 中で決められた、国際社会共通の目標。 世界が抱える問題を解決し、持続可能 な社会をつくるために世界各国が合意し た17の目標と169のターゲット。

    社会課題への取り組み
  41. 36 ⽣産から消費までの取り組み ⽣ 産 調 達 物 流 販 売

    消 費 直接契約している 生産者数 約4,000軒 自社基準を満たす 有機・低農薬野菜の出荷量 約 15,000トン 定期契約会員数 約 340,000⼈ 生産者同士の 勉強会 参加人数 のべ 864⼈ 生産者と消費者をつなぐ 交流イベント 参加人数 のべ 6,250⼈ 当社食材を使った給食を 食べている園児数 約 14,000⼈ 社会課題への取り組み
  42. 37 環境課題への取り組み ⾷品ロス削減 規格外食材の販売や、 子ども食堂への提供。 野菜くずの還元など。 廃棄プラスチック削減 「Kit Oisix」のパッケージ を

    、 植 物 由 来 の プ ラ ス チック素材に切り替え。 社会課題への取り組み
  43. 38 医療従事者のサポート We Support 医療機関と食品サポート企業とを つなぐプラットフォームを RCF・ココネットと連携して設立。 支援先医療機関:32機関 支援企業:73社 支援総額:約2億円

    社会課題への取り組み
  44. 39 ⽀援活動 開発途上国への⽀援 「TABLE FOR TWO」 対 象 商 品

    の 購 入 で 、 売上の一部が給食支 援 に つ な が る 活 動 。 ほ か 古 着 回 収 な ど 。 被災地⽀援 被災した生産地の食材 を安全基準のもと販売。 社会課題への取り組み
  45. これからのこと

  46. 40 今後の成⻑戦略 コロナ禍によるお客さまニーズの変化に対応した、 ブランドごとの成⻑戦略 プレミアム時短価値の強化 多様化した家庭での 食事ニーズへの対応 オペレーション改善の継続 家庭での調理時間が 楽しくなるサービス提供

    再拡大フェーズへの移行 高まった健康・免疫 向上への対応 稼働台数の拡大スピードを加速 顕在化した 高齢者の買い物支援 オペレーション改善の継続 宅配ニーズ増に対応する 出荷キャパ拡大 サブスクサービス拡大・定着 顕在化した 食ニーズへの対応 ミールキットのサービス開始 多様化した家庭での 食事ニーズへの対応 これからのこと
  47. 41 安定的な出荷体制の構築 農産品物流の課題解決に向けた「ベジネコ」プロジェクトを共同研究 BEFORE AFTER BEFORE AFTER 物流センターへ 「ベジネコ」 プロジェクト

    受発注からお届けまでがワンストップなオープンプラットフォーム これからのこと
  48. 42 Oisix物流キャパシティ拡⼤に向けて新ステーションの着⼯が開始 従 来 今 期 2 0 2 1

    年 1 0 ⽉ 〜 ▪2020/4/30から少SKUの新サービスリリース ▪藤沢に専用サテライトセンターを増設 ▪お試しセット出荷にらでぃっしゅぼーや 座間ステーションの一部を利用 安定的な出荷体制の構築 ▪2020/4/30から段階的に新規獲得を再開 (検討中) 座間 藤沢 海老名 海老名 ▪現海老名ステーションのみ稼働 ▪需要急増によるキャパオーバー 2020/3/26〜4/29まで、 新規獲得を一時停止 2020年秋頃 サテライトセンター 増設を予定 新海老名ステーション までのキャパをカバー 新海老名 ▪新海老名ステーションに稼働集約 ▪現センターの出荷キャパから 約3倍に拡大 これからのこと
  49. コロナ禍の影響を踏まえた、 新しい収益強化戦略 43 収益性強化施策の実⾏ 客単価 商品 原価 物流 配送費 限界利益

    その他 配管費 商品原価の削減 顧客の選択肢を増やし売上増 NEW 物流・配送費の削減 NEW これからのこと
  50. ⾷品宅配 これからのこと 44 今後の事業展開 テクノロジー O2O etc. 飲⾷店 ヘルスケア さらに先には、⾷品宅配を軸として

    様々な⾷にまつわる社会課題を解決する事業を 担っていきたいと考えています。 店舗販売 D2C 海外
  51. 働く環境

  52. 45 働く環境 社会保険 健康保険・厚生年金 雇用保険・労災保険 インフルエンザ ワクチン 予防接種 通勤手当 社員割引

    病児保育 補助 DC制度 (確定拠出年金) 完全週休 2日制 祝祭日・ 年末年始休み 年次 有給休暇 慶弔休暇 産休・育休 男性の育休 実績あり 福利厚⽣ 休⽇・休暇 働く環境
  53. 46 働く環境 働く環境 裁量労働制 /エンジニア・ デザイナー 服装・髪型 自由 オフィス内 おやつ販売

    大崎駅直結 駅から濡れずに 来れます ORD ライブラリ 昼寝 スペース 復職支援 プログラム 時短勤務・ 時差出勤 社内報 (毎週) 環境・サポート
  54. 47 働く環境 表彰制度 週次・半期 兼業副業 あり ダブル ミッション制度 社長とランチ PC選択制

    /エンジニア・ デザイナー リモート 就業可 社内勉強会 飲み物食べ物 支援 カルチャー 働く環境
  55. 48 働く環境 社内Bar 月1回 社内で飲み会 味噌汁Bar 毎週水曜日 振る舞われます ORDicle サークル活動補助

    2000円/1人 畑の体感研修 生産者のところに 体感へ ORDトーーク 4半期に1回テーマ別 の交流会(補助あり) コミュニケーション 問題解決講座 ロジカルシンキング を学ぶ講座 クリエイティブ・ アワード/毎月 水野学さんから学ぶ 研修費負担 外部での学びを サポート 働く環境 スキルアップ
  56. これからの⾷卓、これからの畑