Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Pirika Hiring Information in 2021

Pirika Hiring Information in 2021

Transcript

  1. 株式会社ピリカ 採用候補者向け資料 2021年4月30日

  2. ピリカとは 科学技術の力であらゆる環境問題を克服 することを目指す会社/非営利組織。 一歩目としてごみ(特にプラスチック)の自然 界流出問題に注力している。 ※ピリカ = アイヌ語で「美しい」 代表:小嶌 不二夫(こじま

    ふじお) 7歳の時に読んだ本の影響で環境問題の解決を志す 大阪府大で環境工学、京大院でエネルギー経済を専 攻。大学院時代に世界を一周し、ごみの自然界流出問 題に着目。帰国後にごみ拾い SNSピリカの開発を開 始。2011年に京大を中退し、会社を設立 副業、インターン等を含め 40人以上の多様なメンバーが所属 沿革: 2010年 京大の学生発プロジェクトとして開始 2011年 メンバーが中退、株式会社を東京で設立 2018年 環境大臣賞(掃除大賞2018)を受賞 非営利型の一般社団法人を設立 2019年 令和元年度の環境白書に取り組みが掲載 会社や事業の概要はYouTubeでもご覧いただけます https://youtu.be/F1VKp2_9iBM
  3. 深刻化する海洋プラスチック問題 世界的なプラスチック消費量の増加に伴い、流出が深刻化。 現状の流出ペースでは、2050年には海を漂うプラスチック ごみが海を漂う魚の重量(7.5億トン)を上回る。 海洋に流出したごみの回収は事実上不可能、不可逆な問題。 気候変動と同様、取り返しがつかなくなる前に対策が必要。 日本政府もG20で「2050年までに海洋プラスチックごみに よる追加的な汚染をゼロにまで削減する」と表明。 国際社会における最重要課題であると共に、今後5年間で 100億ドル超の資金投入が発表されている有望市場でもある。

  4. 創業の経緯 図書室で環境問題の本と出会い、解決を決意(1994年, 7歳) 世界を放浪、ごみ流出問題の深刻さを知る(2009-2010年) 研究室の片隅でプロジェクトをスタート(2010年) 京都大学を中退、拠点を東京に移し会社を設立(2011年)

  5. 各分野のプロフェッショナルを集めたチーム メンバーの半数以上が2 カ国語で業務可能。 弁護士、公認会計士、 広報など各分野で副業 メンバーが活躍。 構成(2021/3/31現在) - フルタイム 8名

    - パートタイム 28名 - プロボノ 9名
  6. ピリカが提供するごみ対策サービス スマホのカメラとAIを使ったポイ捨て ごみの分布調査サービス ①ピリカ ごみ拾いSNS ②タカノメ ポイ捨て調査 世界最大のごみ拾い SNS 累計1.8億個以上のごみを回収

    ③アルバトロス マイクロプラ調査 マイクロプラスチックの調査サービ ス、国連環境計画でも導入 地図データ(Google、 ZENRIN) ④複合調査・コンサル ⑤流出ごみ資源化 ①〜③の組み合わせによる大規模調査や、顧客の要 望に応じたコンサル、環境分野における共同研究や事 業開発などを実施 ごみを再資源化・製品化するプロセスを確立することで 回収されたごみの出口を作る事業、既に人工芝や漁業 用ブイの再資源化に成功している
  7. 情報公開とメディア露出 2019年10月~2020年9月の出演・露出メディア: NHK (クローズアップ現代, おはよう日本), NHK WORLD (英語版, 中国語版), 日本テレビ

    (news every) 朝日新聞×5, 日本経済新聞×3, 毎日新聞×3, 読売新聞, 共同通信, 中日新聞, 京都新聞, 北海道新聞 日経ビジネス×2, 日経ESG, Yahooニュース, 他多数 記者発表や結果のオープンデータ化を通じて、事実に基づく議論と解決を促進。 これまでに「人工芝や肥料カプセルの大量流出」や「コロナによるポイ捨てマスク50倍 増」など様々な事実を明らかに。
  8. 環境問題解決へのこだわりと成長性を両立 売上推移 ピリカSNS タカノメ アルバトロス 複合調査 ・コンサル 流出ごみ 資源化

  9. 募集中の職種(2021年4月30日現在) - プロダクトマネージャー - WEBエンジニア - セールス - プロジェクトマネージャー -

    マーケティング - バックオフィス
  10. 勤務環境 【勤務場所】 オフィスは東京都渋谷区(恵比寿駅から徒歩3分) 在宅・出社は自主判断(2021年4月現在、平均20%程度が出社) 【機器類】 パソコン:会社から貸与(セキュリティ要件を満たせば個人所有のPCも利用可) 携帯電話:個人で用意(電話代は電話アプリを通じて負担) 【導入サービス(一部抜粋)】 Slack(社内コミュニケーション) Google

    Workspace(メール・ビデオ会議・書類作成・データ保管・他) Bitwarden(パスワード管理)
  11. 制度設計にあたって大切にしていること - すべては環境問題解決のために - 中長期的な視点 - 自由闊達な議論と科学に基づいた判断 - 実力主義 -

    効率&生産性重視 - 自立性 - 挑戦と失敗の推奨 - 組織に価値を蓄積する - 現場主義
  12. 給与・評価制度 - 期中は1on1で目標やパフォーマンスの管理を行う。 - 評価者は半期ごと(3, 9月)に、1on1の中で得たパフォーマンスの情報を元に翌半期の等級の原案を 作成。複数人の評価者の合意を得て等級を決定し、 1on1によって等級をフィードバック。 - ただし、新入社員や役職が大きく変動した者については、実績に基づいた正確な評価を行うため期中

    に再評価を行う場合がある。 リアルタイムの目標設定(期 間を区切っての目標を設定 しない) パフォーマンスのフィードバッ クを1on1にて実施 翌半期の等級の 原案を作成 半期末の振り返り を1on1にて実施 年度中 半期末(3, 9月) 複数人の評価者 でメンバーの翌 半期の等級を決 定 半期のパフォーマン スと翌半期の等級を 1on1にてフィードバッ ク 半期始 (4,10月) 評 価 対 象 者 上 長 他 評 価 者
  13. 期待役割表(1) ※業務プロセス(業務遂行)のみ、エンジニアは別基準で判断(次ページ)

  14. 期待役割表(2) エンジニアの業務プロセス(業務遂行)は非エンジニアと異なる基準で測られる。 - プロダクトマネージャー - システムアーキテクト - テクノロジスペシャリスト の3タイプのキャリアパスを選択可能。

  15. 給与レンジ(非エンジニア) 役職 手当の目安 事業部長 100〜200万円/年 CXO 100〜300万円/年 等級ごとの報酬の目安は以下の通り。報酬決定における柔軟性を保つため、等級 間で重複部分を持たせる。非役職者には残業代が、役職者には役職手当が加算さ れる。

    B3 5,000,000 3,600,000 4,200,000 6,000,000 B4 5,400,000 7,500,000 6,000,000 9,600,000 7,200,000 12,000,000 B5 B6 B7 等級 時給レンジ B1 1,100〜2,500 B2 1,500〜3,000
  16. 給与レンジ(エンジニア) 役職 手当の目安 事業部長 100〜200万円/年 CXO 100〜300万円/年 等級ごとの報酬の目安は以下の通り。報酬決定における柔軟性を保つため、等級 間で重複部分を持たせる。非役職者には残業代が、役職者には役職手当が加算さ れる。

    E3 E4 E5 E6 E7 等級 時給レンジ E1 1,500〜3,000 E2 2,000〜5,000 7,000,000 5,000,000 5,500,000 8,000,000 6,000,000 9,000,000 7,200,000 1,100,000 7,800,000 13,000,000
  17. 採用プロセスと申込方法 正社員採用のプロセスは通常0.5~2ヶ月かけて進みます。一部のプロセスは、業務委託 やプロボノとしてピリカで勤務することで省略できる場合があります。 応募はピリカ人材募集ページ https://careers.pirika.org/ から受け付けています。 皆様からのお申し込み、お待ちしています!