Slide 1

Slide 1 text

We are Wunderbar, Culture Deck As of 2024-06

Slide 2

Slide 2 text

We are Wunderbar, Culture Doc @8 Our Company 5 '8 Our Culture5 98 Selection Flow5 8 Finaly Summary Contents この度は、Wunderbar社の説明にお時間頂戴しありがとうございます。 本資料では、皆様にWunderbarがどういった組織で、何に取り組んでおり、どこに 向かっているのかを分かりやすく伝えることを目的にしています。 2

Slide 3

Slide 3 text

We are Wunderbar, Culture Doc Who we are Wunderbarについて 3

Slide 4

Slide 4 text

We are Wunderbar, Culture Doc 株式会社Wunderbar カブシキガイシャヴンダーバー 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-5 Spark SHIBUYA 10階 6期目 19名(2024年6月現在) 3名 IPプラットフォームSkettt 三井住友銀行 築地支店, 三菱UFJ銀行 月島支店, 日本政策金融公庫 渋谷支店 ANOBAKA Eastventures 社名 カナ 住所 期数 社員数 ボード数 事業 取引先金融機関 外部株主 Company overview 会社概要 4

Slide 5

Slide 5 text

We are Wunderbar, Culture Doc What is Wunderbar “Wunderbar(ヴンダバー)”にはドイツ語で「素晴らしい」「驚くべき」 という意味があります。 英語で同様な意味では"wonderful"という単語がありますが、Wunderbar には"素晴らしい"以外の意味として「驚嘆すべき」「奇跡的な」「不思議 な」という意味も存在します。 この言葉はドイツでは対人間で衝撃的な出来事や、感動する場面において使 われるケースが多く、Wunderbarが使われることでポジティブで明るく、 希望に満ちた空気が作られます。 私たちは人と人の間で、たくさんのWunderbar(衝撃的で感動する場面) を多く生み出すことで、人々が前向きに、明日に希望を持てるような社会を 作りたい。そんな想いを込めています。 社名にかけた想い 5

Slide 6

Slide 6 text

Pre series A We are Wunderbar, Culture Doc 私たちはシード期(アイデアの事業化)を超え、プレシリーズA(成果が出 始めPMF手前)のステージにいます。 これからシリーズA(マーケットfitし事業拡大するフェーズ)を迎えるにあ たり、最も重要なサービスのコアバリューを構築し、力強く、高く遠くに飛 べるよう準備を行います。 サービスが急拡大する前に、プロダクトコアメンバーとして事業拡大を担っ ていただける方を募集しています。もちろん0→1、1→100いずれもトライ できる環境です。 フェーズ Pre series A Next Round Seed 6

Slide 7

Slide 7 text

at SHIBUYA Wunderbar office at SHIBUYA We are Wunderbar, Culture Doc 2022年11月に建てられた新築ビル。エントランスからエレベーター、オ フィス全体も非常に綺麗で働きやすい環境です。 リラクゼーションソファスペース、喫煙者用のベランダ、全面ガラス張りの カフェ風テーブル、リモート会議用電話BOXなどリラックスして働ける環境 を用意。近隣も渋谷ストリーム、スクランブルスクエア、ヒカリエに囲ま れ、明治通り沿いの美味しい飲食店も多くランチ開拓も醍醐味。 オフィス 7

Slide 8

Slide 8 text

Member We are Wunderbar, Culture Doc CXO紹介 8 Keito Nagao 長尾 慶人 30 Chief Executive Officer 15歳の頃にジュノンボーイコンテストにて上位入賞後、某大手芸 能事務所に所属するも挫折。 その後、家庭事情で16歳の頃に高校を一年で中退し、札幌&福岡 で光通信系会社の立ち上げ→上京し色々ありカプセルホテル生活 →GMOインターネット→ディーエヌエー→Recustomer(旧 ANVIE共同創業)→Wunderbar立ち上げと波瀾万丈な経歴。 「自らを超越し、世界を沸かせ」という強いミッションを掲 げ、「IPの可能性を広げ、人々に衝撃と感動を」という中期ビ ジョンに向かってIP×テクノロジーという文脈で挑戦。 Shun Ito 伊藤 駿 30 Chief Product Officer 大学時代にフィリピンやカンボジアでインターン→クラウドファ ンディングのMakuakeでインターンを経験。 新卒では鉄鋼商社のメタルワンに入り、その後すぐにWeb制作会 社のLIGに転職。フィリピンでの駐在も経験させていただき、多 国籍スタートアップのYOYO Holdingsへ。 LIG時代から副業でご縁のあった代表の長尾から、本格的にプロ ダクトを作っていきたいと誘いがありWunderbarにジョイン 。 プロダクト戦略の責任者として戦略立案と実行の日々。 人が好きで人懐っこい性格。 Hiroki Yanagisawa 柳澤 宏樹 41 Chief Technical Officer SIベンダーの中に入って、.NetやJava, PHP, Cobolなどを使った シ ス テ ム 開 発 や 設 計 、 プ ロ ジ ェ ク ト 管 理 を 経 験 。
 その後フリーランス時代には普通のフリーランスでは関われない 規模の案件にも関わったり、中規模のC向けのサービスに関わっ たりなど、貪欲に時代に合わせた技術とふれあう。インフラや開 発言語など、システムに関する能力だけではなく、デザインの基 礎能力を吸収し、スキルの高いメンバーと関わり、改めて技術吸 収。 自身の軸となる「システム開発構築」を強みにその他の基礎知識 を持って、運営しているサービスの開発責任者として日々奔走。

Slide 9

Slide 9 text

Member We are Wunderbar, Culture Doc メンバー紹介 9 Blezel Tajor Unit head QA Jerven Clark Chua Unit head Backend Clint Eric Mosqueda Unit head Frontend Naomasa Adachi Group Manager Business Ryosuke Katano Unit head Agency development Takahiro Miyashita Group Manager Design solution Mireka Murakami Public relations Shohei Nagasaka IP solution Yuki Kihara Group manager Human resources Kazuhiro Watanabe Unit head Account relation Minami Urata Media communications Kentaro ​Kamakura unit head Sales development Akiko Ogasawara General affairs Ryota Kudo Unit head Account relation

Slide 10

Slide 10 text

Venture capital and evaluation Venture Capital Evaluation Media We are Wunderbar, Culture Doc 外部VC/評価系/メディア掲載 ANOBAKA,East venturesの2社、東京都中小企業振興公社,日本SDGs協会の2社から評価、 日経トレンド,@DIME,日経エンタテインメント,創業手帳の4社にメディア掲載 10

Slide 11

Slide 11 text

We are Wunderbar, Culture Doc Our MVV. Mission Vision Value MVVについて 11

Slide 12

Slide 12 text

Our Mission We are Wunderbar, Culture Doc ミッションについて Going beyond yoursel 自らを超越し、 世界を沸かせ ミッションとは、自らが顔をあげ前を向く、常に心の中心にある原動力、言うなれ ば使命である。私たちはこのミッションに2つの意味を込めています。 1つは己の成長、1つはグローバルの志。 何を目指すにも己が納得がいく形で成長が伴わなければ、いかに組織が拡大、成長 しようともやりがいを感じない。長尾自身がキャリアを通じて感じたことだ。自分 の成長が会社とリンクし、自らが高みを目指すことで企業も成長し、結果として多 くの価値が生まれる。自らが会社を成長させる。高いオーナー意識を持って欲し い。その強い想いを言葉にした。2つ目、グローバルの志。多くの人々が笑顔にな ること、その幸せを周囲と共有し、循環することで、生きる希望が生まれる。これ が私たちの幸福のバロメーターである。より多くの人々に笑顔、衝撃、感動、すな わちWunderbarを届けるためには常に世界レベルのパフォーマンス、世界規模・世 界基準の価値提供を目指し、たくさんの笑顔を生み出し=社会に生きる明日生きる 希望を与えたい。私たちが心を燃やす理由、それがここにあります。 12

Slide 13

Slide 13 text

Our Vision We are Wunderbar, Culture Doc ビジョンについて IPの可能性を広げ、 人々に衝撃と感動を 私たちにとってのビジョンとは「企業が目指す中期目標であり、ミッ ション遂行のための手段の1つ」という考え方です。私たちはこのビ ジョンに、会社方針の軸となる「IP」というキーワードを込めていま す。その理由は大きく2つ、「現象」そして「インパクト」です。1つ 目、現象。インターネットが普及する前と今では、大きく変わったこ との1つとして「生活空間」が挙げられます。人とのコミュニケー ション、娯楽を過ごす時間、仕事の環境、その多くがインターネット 上で行われるようになり同時に、人々が1つのデータとして、オンラ イン上に滞在することが増えたように思います。「データとしての価 値」すなわち著作権や肖像権、ネット空間における個人そのもの、あ るいは個々から生まれる権利などはIPデータとして重要度を増してい き今後、数年・数十年で表現の場は進化し、メタバース空間の台頭に より全ての人々が「データ」としての存在感を強める時代に入りま す。これらの現象を捉え、IPがさまざまな形で新たな価値を見出して いく、そのための空間、仕組みづくりが大切だと考えます。 2つ目、インパクト。ミッション、ビジョンにもあるように、私たち のベクトルは"いかに多くの人に喜んでいただけたか"にあります。面 白い映画とそれを映す映画館、彼女といく美味しいご飯とそのお店、 笑いの絶えない時間を生み出す大切な友人とその場所私たちが受け 取ってきた多く笑顔は「モノと場所」によって成り立っています。表 現するものと、それを支える空間。その表現側にあるものこそが、こ れからデータとして価値が高まるIPと考えます。面白いもの、感動す るもの、発狂するもの、その全てがオンラインへ移行した時にIPデー タとして扱われそれらを届ける場所や空間もまた、IPの価値を最大化 するための重要なキーとなると考えます。これまでに感動した体験、 出会ったことのない素晴らしい人、誰も見たことがない素晴らしいも のなどがIPデータ化されることでWEB3.0の新たな空間を通し多くの 人にその素晴らしさを届け、結果としての笑顔を生み出し、少しでも 明日へ希望を持てる社会へ繋げていく。私たちはこれらのテクノロ ジーの進化とこれからのIPの可能性を広げることで、多くの人々に衝 撃と感動を与え続けたい、そう思っています。 13

Slide 14

Slide 14 text

Our Value We are Wunderbar, Culture Doc バリューについて バリューとは、組織内外で発揮してほしい価値。これらは事業を前進させる潤滑油とな り、半期の短期評価でも重要な評価指標として捉えております。バリューは3つ設けてお り、短期目標としても置き換えられます。個々人がバリューの意識を高め、アウトプット に反映させることでビジョンに近づきまたミッション達成にも大きな影響を与えることに なります。そのためバリューは半期評価において重要な指標と位置付けています。ミッ ションやビジョンを達成するために全てが紐づいており対象と紐付きから逆算された行動 原則が設定されています。 上流から戦略的に考え抜くことで、 視点も広がり、行動の質が上がる 自分の行動や思考に採算意識を持ち、 経営感覚に近しい高い視座を養う 定性的な「早さ」ではなく、定量的な「速さ」 速さは全てに勝る Deep Thinking Profitability Quick Win 深く考える 採算意識 速さが全て 14

Slide 15

Slide 15 text

Our Spirit We are Wunderbar, Culture Doc スピリットについて 感謝 協調 尊重 どんな時でも、相手を尊敬し、 異なるを認め合う 1人では何もできない。 仲間がいることの感謝を言葉、行動で示す 自分の意見を持ちつつも、 周囲の意見を取り入れて最適な決定を一緒にできる スピリットとは、組織、協力ネットワークを円滑に回すための言動精神です。 人は1人ではできることに限りがあります。今この瞬間を共にする仲間を大切 に、時間と共にチームワーク/外部協力チームのシナジーが向上するよう固い 精神をベースにした言動を心がけていただきたいです。 15

Slide 16

Slide 16 text

09 We are Wunderbar, Culture Doc Our Service 事業について 41 We are Wunderbar, Culture Doc Road map 組織ロードマップ 16

Slide 17

Slide 17 text

Organization chart We are Wunderbar, Culture Doc 組織図 タレント数 800件突破 素材数 4万点突破 相談数 500件突破 組織も徐々に拡大 Skettt マーケティング開始 採用強化による さらなる組織拡大へ 組織規模10倍以上に成長 Global Product MVP開始 Sketttスタート 2021 2022 2023 2026 圧倒的なエンターテイナー集団へ。 4年で組織規模X倍へ。 6 9 20 50 100 17

Slide 18

Slide 18 text

Recruitment Plan We are Wunderbar, Culture Doc 採用計画 新規事業においては、グローバルで勝負するために 基本はグローバルチームを想定。 現状ですでにSketttのサービスはフィリピンメン バーによる開発が行われています。 5年後を見据えた、 チーム拡大プラン Global TEAM 18

Slide 19

Slide 19 text

Open positions We are Wunderbar, Culture Doc 募集ポジション(オープン) 監査委員会 株主総会 取締役会 代表取締役 プロダクト管理 フロントエンド バックエンド インフラ QA セールス 全職種オープンポジション、 キャリアシフトも可能 バックオフィス管理 人事部門 総務部門 法務部門 経理部門 ビジネス部門 デザイン部門 マーケ部門 開発部門 直販 広告運用 代理店 取引先責任者 IPソリューション PR・広報 メディア デザイナー 38

Slide 20

Slide 20 text

09 We are Wunderbar, Culture Doc Our Service 事業について 45 We are Wunderbar, Culture Doc Working Culture 働く環境 20

Slide 21

Slide 21 text

Work style We are Wunderbar, Culture Doc 働き方 11:00-17:00 Coretime 働きやすく、効率良く Face to Faceの価値も大事に 全員集合Day フレックス出社 入社後半年以降は週に1回リモートOK ビジネス / マーケサイド 開発クリエイター 第2、第4の金曜日 21 フレックス出社 (リモート可)

Slide 22

Slide 22 text

Tools to use We are Wunderbar, Culture Doc 使うツール 効果的なツールは積極導入 コミュニケーション ※メインはslackを使用 ドキュメント タスク管理 CRM・MA デザイン 開発 ビデオ通話 22

Slide 23

Slide 23 text

Welfare We are Wunderbar, Culture Doc 福利厚生 EN 英語学習の書籍も会社負担 国内または海外 月2冊まで 社内おやつ、コーヒー、ミネラルウォーターなど 慶弔見舞金 書籍購入 オフィスコンビニ設置 ワーケーション 合宿 慶弔休暇 英会話費用 50%補助 結婚 3万円 出産 3万円 弔慰 1.5万円 傷病 1.5万円 家族や大切な人、自身のバースデー休暇や 結婚式、忌引休暇 23

Slide 24

Slide 24 text

Routine We are Wunderbar, Culture Doc ルーティン 懇親ランチ/飲み会 ワーケーション合宿 ギャザー 1Jan. Feb. Mar. Apr. May. Jun. July. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 四半期戦略会 上場までの時間を共有する 痛みも嬉しさも全て All-hands MTG 毎月1回実施 毎月1回実施 随時実施 3月・9月 適宜実施 3・6・9・12月/MVP評価 1on1 美味しい食事を囲み英気を養う 月初に計画確認、褒め合う会、違和感会 四半期ごとの振り返り・MVP評価、次クォーターの戦略立て リゾート地でリラックスし ながら仕事 ・親睦を 深め る アイデア会 上長との 1on1 決算期 24

Slide 25

Slide 25 text

Scene We are Wunderbar, Culture Doc シーン 25

Slide 26

Slide 26 text

Scene We are Wunderbar, Culture Doc シーン 45

Slide 27

Slide 27 text

50 Regulation We are Wunderbar, Culture Doc レギュレーション English as standard 全社チャットは英語で 親しみを込めて コミュのじぶんごと化 掃除はみんなで。 Stamp! Nickname Culture Keep Clean 素晴らしい行動は褒め称える Wunderbar! Hello! 27

Slide 28

Slide 28 text

Evaluation We are Wunderbar, Culture Doc 評価制度 12Dec. 能力・成果に 応じた給与 半期評価 インセンティブ Jan. 1 Feb. 2 Mar. 3 Apr. 4 May. 5 Jun. 6 July. 7 Aug. 8 Sep. 9 Oct. 10 Nov. 11 インセンティブ評価 評価見直し インセンティブ 評価見直し 決算期 2月に入社した場合 5月に入社した場合 試用期間(3ヶ月) 評価スタート 評価スタート 期を跨いでいる場合は、1回目の評価はスキップ 試用期間(3ヶ月) 半期ごとの適正評価で 成果が報われる仕組みを 28 当月分から反映 (翌月末払いから給与日変更)

Slide 29

Slide 29 text

09 We are Wunderbar, Culture Doc Our Service 事業について We are Wunderbar, Culture Doc Selection Flow 選考フロー 30

Slide 30

Slide 30 text

Selection Process We are Wunderbar, Culture Doc 選考の流れ 二 次 面 談 最短採用決定から1ヶ月以内に稼働開始可能。 初回面談から平均2-3ヶ月。 書 類 選 考 カ ジ ュ ア ル 面 談 内 定 承 諾 ・ 入 社 手 続 き 一 次 面 談 内 定 面 談 0〜1週間 1〜2週間 3〜4週間 4〜6週間 6〜8週間 8〜10週間 WCM※整理・前OB(役割整理) ※Will Can Must 最 終 面 談 食 事 会 31

Slide 31

Slide 31 text

We are Wunderbar, Culture Doc Our Service 事業について 56 We are Wunderbar, Culture Doc Onboarding flow 入社後について 32

Slide 32

Slide 32 text

Post-employment alumni flow We are Wunderbar, Culture Doc 入社前の準備 ①条件面の整理/理解 ②Slack chへ参加 ④入社準備 ③理解を深める ・給与の合意 ・評価制度の合意 (インセンティブ含む) ・ポジション合意 ・働き方の合意 ・副業の合意 ・コミュニケーション ・業務内容の理解 ・進行度の理解 ・三井住友銀行用意 ・労働契約書の対応 ・組織図の理解 ・チームの理解 ・カルチャーの理解 ・スピリットの理解 迷いなくチームに合流し、 最高のパフォーマンスを最短で出せるように準備 33

Slide 33

Slide 33 text

What you need to prepare We are Wunderbar, Culture Doc 1年間のフロー Start 1week 1-2week 2-3week 1month 2month 3month 6month 12month 納得感を持ち、顧客、チーム、自分のために 迷いなく最善のパフォーマンスを発揮するために 会社やってるこ と、向かってる 方向は理解した マーケットをも う一歩踏み込ん で理解できた 企業側の課題も 把握できた 事務所側の課題 も把握できた 組織にも一定溶 け込み、最低限 やらないといけ ないことは見え た 最低限のタスク は完璧にこなせ る状態 与えられている 成果にコミット し達成できる状 態 最低限のタスクに おける パフォーマ ンスに 加えて、 自 分にしかできない 価値を見 出す 圧倒的な成果、 圧倒的な 突出ス キル、 唯一 無に な 価値を 提供で きている 目標状態 34

Slide 34

Slide 34 text

We are Wunderbar, Culture Doc Our Service 事業について 59 We are Wunderbar, Culture Doc Last 4 points Wunderbarまとめ 35

Slide 35

Slide 35 text

Organization We are Wunderbar, Culture Doc Wunderbarの魅力 ・WEB3時代に向けIPの重要度が増してくる、 そのど真ん中でNo1に ・コロナで気づいたエンタメ業界が一気にオンラインへ踏み出してくる。  レガシー業界を次世代のエンタメへ ・世界で戦える日本のIP文化を武器に、本気で日本と世界で名を轟かせる ・潜在領域のため注目度が高く新規性が高い ・IPドメイン中心に事業を立ち上げるため新しい事業に挑戦できる ・業界No1になるならIPテック領域が一番熱い ・ 既存事業が 伸びて おり、一気に 人を増 やすタイ ミン グ、 立ち上げで 関われる ・ 自分の 力が 企業の 成長に 直で 反映される 手応え ・ シリーズA間近のためP R面で一気に 名前を出していく 注目感 36 ・ 自身の領域を 超え、 グロー バルメン バーで 仕事を する 楽し さ ・ 年齢の バラン スが 取れたた だ若い だけ じゃない 組織 ・ 優秀かつ素晴らしいメン バーが 揃う環境で トライ Domain事業 Organization組織 Phaseフェーズ Industry業界

Slide 36

Slide 36 text

We are Wunderbar, Culture Doc ご拝読、ありがとうございました。私たちはあなたを待っています!