Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Progate会社紹介資料/ We are hiring!

Ee974eb4dea26c2f17f42460366bb745?s=47 Progate
April 01, 2021

Progate会社紹介資料/ We are hiring!

株式会社Progateの会社紹介資料です。(2021年4月1日更新)

プログラミング教育の課題を解決し、
“創れる人”を生み出す事に情熱を注ぐ仲間を求めています!

ご興味もっていただいた方はぜひご応募ください!

すぐに転職をお考えでなくても、
まずは気軽にカジュアル面談も可能です。

▼採用ページ(全職種共通)
https://prog-8.com/about/careers

▼Tech Blog
https://tech.prog-8.com/

▼Progateコース一覧
https://prog-8.com/courses

▼Progate Journey
https://journey.prog-8.com/

▼最新ニュース
https://prog-8.com/about/news?page=1&category=all

Ee974eb4dea26c2f17f42460366bb745?s=128

Progate

April 01, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021年4月更新

  2. None
  3. None
  4. None
  5. None
  6. None
  7. None
  8. None
  9. None
  10. None
  11. None
  12. None
  13. None
  14. None
  15. None
  16. None
  17. None
  18. None
  19. None
  20. None
  21. None
  22. None
  23. None
  24. None
  25. None
  26. None
  27. None
  28. あらゆる役割や業務を担ったメンバーが 誰かの人生の可能性を広げられる最高のプロダクトを追求し Deliver the bestのために行動しています。 「プログラミングを学ぶなら、Progateが一番」 Progateを創る人・Progateで働く人・Progateに触れた人 Progateに関わる全ての人が、サービスを心から薦められることを目指しています。 プロダクトドリブンなカルチャー 常に「ユーザーにとって」というマインドで話し合いが進められます。

    機能改修では職種に関係なくメンバー全員で意見を出し合ったり 定期的にユーザー視点でのレビュー会が行われたりします。
  29. お互いを尊重し、フラットな関係性を大切にしながらも、 時に刺激し合い、One Teamでビジョンの実現、ミッション達成を目指します。 役員や会社が目指す世界観・各自の想いを定期的に共有し合えるための取り組み ・社内ラジオ ・国内外でのKickoff 他メンバーの人柄や活躍について誰もが気軽にキャッチアップできるための取り組み ・雑談会(グローバルメンバー含む) ・Unipos 

  30. 一人ひとりが当事者意識と心理的安全性を持ちながら自発的に動けるような制度作りや環 境を大切にしています。 「情報の透明性」 DocbaseやAsanaで、議事録や社内資料などを全社員に閲覧可能にしたり、 Slackで雑談チャン ネルを作ったりと、オンライン上でも自分の意見を言いやすい環境を整えています。 「フリーバジェット制度」 年間1人10万円、業務や学習に関連する書籍や 備品等に使用できる経費予算を支給します。 「Learning

    Leave」 有給休暇制度に加え、自己学習を目的とし た1時間単位で取得できる休暇制度。
  31. None
  32. None
  33. None
  34. 勤務時間帯 スーパーフレックス制(エンジニアは一部裁量労働制) 休日 土日祝 休暇 年末年始・特別休暇(3日/年) 有給 最大12日/年 〜 (1時間単位で取得可)

    シックリーブ 4日 / 年 〜 (体調不良及び身内の看護時に使用可) ラーニングリーブ 10日 / 年 〜 (自己学習のために使える有給) 福利厚生 交通費支給(上限あり) 社会保障完備 健康診断 育児休暇 永年勤続表彰制度 モニター支給制度 フリーバジェット制度 お祝金制度 その他制度 Unipos(ピアボーナス)
  35. None
  36. None
  37. None
  38. None
  39. None
  40. None
  41. None
  42. None
  43. 今後はGate(入り口)だけではなくPath(道のり)になれるようなサービスを 提供していきたいと考えています。 そのためには、ユーザーさんにとってより最適かつ、さらに実践的なカリキュラムの提供が 必要です。既存サービスの改善や新規サービスの開発、各国にあわせた対応なども必要 ですが、全てを叶えるためにはまだまだ人が足りていません。 世界中で必要とされるプロダクトへと成長するために ビジネス、開発、コンテンツ制作など、各領域のメンバーが日々、 Vision達成に向けて「Deliver the best」を追求しています。

    私たちは新たなプログラミング教育を提供し、 "創れる人"を生み出す事に情熱を注ぐ仲間を求めています。 一緒に「誰もがプログラミングで可能性を広げられる世界」を作り出しましょう! 全ては、ビジョン達成のために
  44. None