Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DevOps輪読会_2回目

 DevOps輪読会_2回目

Effective DevOps の 1章~4章分の輪読会資料です.

3f848c0c0b9a6603894e157da93e4655?s=128

SadayoshiTada

May 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. DevOps 輪読会 DevOps 輪読会 DevOps 輪読会 DevOps 輪読会 DevOps 輪読会

    DevOps 輪読会 - 2019/05/19 - - 2019/05/19 - - 2019/05/19 - - 2019/05/19 - - 2019/05/19 - - 2019/05/19 - © 2019 tady0919 1 / 15
  2. 本日のアジェンダ 本日のアジェンダ 本日のアジェンダ 本日のアジェンダ 本日のアジェンダ 本日のアジェンダ 各章の理解のすり合わせ 各章の理解のすり合わせ 各章の理解のすり合わせ 各章の理解のすり合わせ

    各章の理解のすり合わせ 各章の理解のすり合わせ 1章 大局を見る 1章 大局を見る 1章 大局を見る 1章 大局を見る 1章 大局を見る 1章 大局を見る 2 章 devops とは何か 2 章 devops とは何か 2 章 devops とは何か 2 章 devops とは何か 2 章 devops とは何か 2 章 devops とは何か 3 章 devops の歴史 3 章 devops の歴史 3 章 devops の歴史 3 章 devops の歴史 3 章 devops の歴史 3 章 devops の歴史 4 章 基本的な用語と概念 4 章 基本的な用語と概念 4 章 基本的な用語と概念 4 章 基本的な用語と概念 4 章 基本的な用語と概念 4 章 基本的な用語と概念 まとめ まとめ まとめ まとめ まとめ まとめ                                     © 2019 tady0919 2 / 15
  3. 1章 1章 1章 1章 1章 1章 DevOps は文化 DevOps は文化

    DevOps は文化 DevOps は文化 DevOps は文化 DevOps は文化 現状を改善するツールや仕組みの開発に当てる時間やリソー 現状を改善するツールや仕組みの開発に当てる時間やリソー 現状を改善するツールや仕組みの開発に当てる時間やリソー 現状を改善するツールや仕組みの開発に当てる時間やリソー 現状を改善するツールや仕組みの開発に当てる時間やリソー 現状を改善するツールや仕組みの開発に当てる時間やリソー スが与えられたか スが与えられたか スが与えられたか スが与えられたか スが与えられたか スが与えられたか 文化的な改革を大切にする組織がDevOps 文化的な改革を大切にする組織がDevOps 文化的な改革を大切にする組織がDevOps 文化的な改革を大切にする組織がDevOps 文化的な改革を大切にする組織がDevOps 文化的な改革を大切にする組織がDevOps コミュニティでtips を共有、学習、成長した コミュニティでtips を共有、学習、成長した コミュニティでtips を共有、学習、成長した コミュニティでtips を共有、学習、成長した コミュニティでtips を共有、学習、成長した コミュニティでtips を共有、学習、成長した 参考情報 参考情報 参考情報 参考情報 参考情報 参考情報 What is DevOps? - In Simple English What is DevOps? - In Simple English What is DevOps? - In Simple English What is DevOps? - In Simple English What is DevOps? - In Simple English What is DevOps? - In Simple English                         © 2019 tady0919 3 / 15
  4. 1 章 1 章 1 章 1 章 1 章

    1 章 組織を縦割りじゃなく職能横断型に変更し、マネージャーも 組織を縦割りじゃなく職能横断型に変更し、マネージャーも 組織を縦割りじゃなく職能横断型に変更し、マネージャーも 組織を縦割りじゃなく職能横断型に変更し、マネージャーも 組織を縦割りじゃなく職能横断型に変更し、マネージャーも 組織を縦割りじゃなく職能横断型に変更し、マネージャーも 常駐 常駐 常駐 常駐 常駐 常駐 システムだけでなく、利用者の声も聞く システムだけでなく、利用者の声も聞く システムだけでなく、利用者の声も聞く システムだけでなく、利用者の声も聞く システムだけでなく、利用者の声も聞く システムだけでなく、利用者の声も聞く SW だけでなく、人も障害点になりうる SW だけでなく、人も障害点になりうる SW だけでなく、人も障害点になりうる SW だけでなく、人も障害点になりうる SW だけでなく、人も障害点になりうる SW だけでなく、人も障害点になりうる 失敗の価値は失敗から学ぶことができること 失敗の価値は失敗から学ぶことができること 失敗の価値は失敗から学ぶことができること 失敗の価値は失敗から学ぶことができること 失敗の価値は失敗から学ぶことができること 失敗の価値は失敗から学ぶことができること 自分の選択での理由を大切にする( どんな状況だからその選 自分の選択での理由を大切にする( どんな状況だからその選 自分の選択での理由を大切にする( どんな状況だからその選 自分の選択での理由を大切にする( どんな状況だからその選 自分の選択での理由を大切にする( どんな状況だからその選 自分の選択での理由を大切にする( どんな状況だからその選 択をしたか) 択をしたか) 択をしたか) 択をしたか) 択をしたか) 択をしたか)                               © 2019 tady0919 4 / 15
  5. 2 章 2 章 2 章 2 章 2 章

    2 章 DevOps の理解は「新しい見方」を理解する DevOps の理解は「新しい見方」を理解する DevOps の理解は「新しい見方」を理解する DevOps の理解は「新しい見方」を理解する DevOps の理解は「新しい見方」を理解する DevOps の理解は「新しい見方」を理解する チーム内の信頼 チーム内の信頼 チーム内の信頼 チーム内の信頼 チーム内の信頼 チーム内の信頼 事故の予防 事故の予防 事故の予防 事故の予防 事故の予防 事故の予防 イノベーションの促進 etc イノベーションの促進 etc イノベーションの促進 etc イノベーションの促進 etc イノベーションの促進 etc イノベーションの促進 etc DevOps は「共同体」で構成される DevOps は「共同体」で構成される DevOps は「共同体」で構成される DevOps は「共同体」で構成される DevOps は「共同体」で構成される DevOps は「共同体」で構成される                               © 2019 tady0919 5 / 15
  6. 2章 2章 2章 2章 2章 2章 Sparkle Corp の事例 Sparkle

    Corp の事例 Sparkle Corp の事例 Sparkle Corp の事例 Sparkle Corp の事例 Sparkle Corp の事例 チームメンバーが自分たちのチームの目的、方針を理解( 共 チームメンバーが自分たちのチームの目的、方針を理解( 共 チームメンバーが自分たちのチームの目的、方針を理解( 共 チームメンバーが自分たちのチームの目的、方針を理解( 共 チームメンバーが自分たちのチームの目的、方針を理解( 共 チームメンバーが自分たちのチームの目的、方針を理解( 共 通理解) 通理解) 通理解) 通理解) 通理解) 通理解) 共通理解があればオーナーシップやドキュメント整備を自 共通理解があればオーナーシップやドキュメント整備を自 共通理解があればオーナーシップやドキュメント整備を自 共通理解があればオーナーシップやドキュメント整備を自 共通理解があればオーナーシップやドキュメント整備を自 共通理解があればオーナーシップやドキュメント整備を自 発的に行う 発的に行う 発的に行う 発的に行う 発的に行う 発的に行う                   © 2019 tady0919 6 / 15
  7. 3 章 3 章 3 章 3 章 3 章

    3 章 DevOps の歩み DevOps の歩み DevOps の歩み DevOps の歩み DevOps の歩み DevOps の歩み 結果を重視する傾向 結果を重視する傾向 結果を重視する傾向 結果を重視する傾向 結果を重視する傾向 結果を重視する傾向 DevOpsDaysTokyo DevOpsDaysTokyo DevOpsDaysTokyo DevOpsDaysTokyo DevOpsDaysTokyo DevOpsDaysTokyo DevOps のチームが「何を」することから「なぜ」するに意識が DevOps のチームが「何を」することから「なぜ」するに意識が DevOps のチームが「何を」することから「なぜ」するに意識が DevOps のチームが「何を」することから「なぜ」するに意識が DevOps のチームが「何を」することから「なぜ」するに意識が DevOps のチームが「何を」することから「なぜ」するに意識が 向ける 向ける 向ける 向ける 向ける 向ける DevOps でチームの協力を重視し、人とプロセスを重視する DevOps でチームの協力を重視し、人とプロセスを重視する DevOps でチームの協力を重視し、人とプロセスを重視する DevOps でチームの協力を重視し、人とプロセスを重視する DevOps でチームの協力を重視し、人とプロセスを重視する DevOps でチームの協力を重視し、人とプロセスを重視する                               © 2019 tady0919 7 / 15
  8. 4 章 4 章 4 章 4 章 4 章

    4 章 DevOps を支える開発手法の考え方 DevOps を支える開発手法の考え方 DevOps を支える開発手法の考え方 DevOps を支える開発手法の考え方 DevOps を支える開発手法の考え方 DevOps を支える開発手法の考え方 ウォーターフォール ウォーターフォール ウォーターフォール ウォーターフォール ウォーターフォール ウォーターフォール アジャイル アジャイル アジャイル アジャイル アジャイル アジャイル スクラム スクラム スクラム スクラム スクラム スクラム                         © 2019 tady0919 8 / 15
  9. 4章 4章 4章 4章 4章 4章 スクラムはチームと顧客のニーズの変化に対応するための開 スクラムはチームと顧客のニーズの変化に対応するための開 スクラムはチームと顧客のニーズの変化に対応するための開 スクラムはチームと顧客のニーズの変化に対応するための開

    スクラムはチームと顧客のニーズの変化に対応するための開 スクラムはチームと顧客のニーズの変化に対応するための開 発手法 発手法 発手法 発手法 発手法 発手法 「デイリースクラム」 「デイリースクラム」 「デイリースクラム」 「デイリースクラム」 「デイリースクラム」 「デイリースクラム」 目的達成のために昨日何をしたか 目的達成のために昨日何をしたか 目的達成のために昨日何をしたか 目的達成のために昨日何をしたか 目的達成のために昨日何をしたか 目的達成のために昨日何をしたか 目的達成のために今日何をするか 目的達成のために今日何をするか 目的達成のために今日何をするか 目的達成のために今日何をするか 目的達成のために今日何をするか 目的達成のために今日何をするか 目的達成を妨げるものは何か 目的達成を妨げるものは何か 目的達成を妨げるものは何か 目的達成を妨げるものは何か 目的達成を妨げるものは何か 目的達成を妨げるものは何か スクラムマスターの役割が重要 スクラムマスターの役割が重要 スクラムマスターの役割が重要 スクラムマスターの役割が重要 スクラムマスターの役割が重要 スクラムマスターの役割が重要                                     © 2019 tady0919 9 / 15
  10. 4章 4章 4章 4章 4章 4章 運用手法 運用手法 運用手法 運用手法

    運用手法 運用手法 ITIL ITIL ITIL ITIL ITIL ITIL COBIT COBIT COBIT COBIT COBIT COBIT システム手法 システム手法 システム手法 システム手法 システム手法 システム手法 リーン生産( ムダの除去、フローの改善) リーン生産( ムダの除去、フローの改善) リーン生産( ムダの除去、フローの改善) リーン生産( ムダの除去、フローの改善) リーン生産( ムダの除去、フローの改善) リーン生産( ムダの除去、フローの改善)                               © 2019 tady0919 10 / 15
  11. 4章 4章 4章 4章 4章 4章 開発、リリース、デプロイの諸概念 開発、リリース、デプロイの諸概念 開発、リリース、デプロイの諸概念 開発、リリース、デプロイの諸概念

    開発、リリース、デプロイの諸概念 開発、リリース、デプロイの諸概念 バージョン管理 バージョン管理 バージョン管理 バージョン管理 バージョン管理 バージョン管理 TDD TDD TDD TDD TDD TDD デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ CI/CD CI/CD CI/CD CI/CD CI/CD CI/CD                               © 2019 tady0919 11 / 15
  12. 4 章 4 章 4 章 4 章 4 章

    4 章 インフラ インフラ インフラ インフラ インフラ インフラ 構成管理 構成管理 構成管理 構成管理 構成管理 構成管理 クラウド クラウド クラウド クラウド クラウド クラウド インフラの自動化 インフラの自動化 インフラの自動化 インフラの自動化 インフラの自動化 インフラの自動化 アーティファクト管理 アーティファクト管理 アーティファクト管理 アーティファクト管理 アーティファクト管理 アーティファクト管理 コンテナ コンテナ コンテナ コンテナ コンテナ コンテナ                                     © 2019 tady0919 12 / 15
  13. 4 章 4 章 4 章 4 章 4 章

    4 章 文化的な側面 文化的な側面 文化的な側面 文化的な側面 文化的な側面 文化的な側面 レトロスペクティブ(KPT と似た考え) レトロスペクティブ(KPT と似た考え) レトロスペクティブ(KPT と似た考え) レトロスペクティブ(KPT と似た考え) レトロスペクティブ(KPT と似た考え) レトロスペクティブ(KPT と似た考え) ポストモーテム( 組織的な改善) ポストモーテム( 組織的な改善) ポストモーテム( 組織的な改善) ポストモーテム( 組織的な改善) ポストモーテム( 組織的な改善) ポストモーテム( 組織的な改善) 非難のない文化 非難のない文化 非難のない文化 非難のない文化 非難のない文化 非難のない文化 非難がないよう継続的な学習 非難がないよう継続的な学習 非難がないよう継続的な学習 非難がないよう継続的な学習 非難がないよう継続的な学習 非難がないよう継続的な学習                               © 2019 tady0919 13 / 15
  14. まとめ まとめ まとめ まとめ まとめ まとめ DevOps は組織、チームの文化に関する活動 DevOps は組織、チームの文化に関する活動

    DevOps は組織、チームの文化に関する活動 DevOps は組織、チームの文化に関する活動 DevOps は組織、チームの文化に関する活動 DevOps は組織、チームの文化に関する活動 DevOps 導入したことで、専門の優位性ではなく協調と協力す DevOps 導入したことで、専門の優位性ではなく協調と協力す DevOps 導入したことで、専門の優位性ではなく協調と協力す DevOps 導入したことで、専門の優位性ではなく協調と協力す DevOps 導入したことで、専門の優位性ではなく協調と協力す DevOps 導入したことで、専門の優位性ではなく協調と協力す るプロセスを重視する方向へ るプロセスを重視する方向へ るプロセスを重視する方向へ るプロセスを重視する方向へ るプロセスを重視する方向へ るプロセスを重視する方向へ DevOps の文脈で色々なツールや仕組みがあるけど、「自分の DevOps の文脈で色々なツールや仕組みがあるけど、「自分の DevOps の文脈で色々なツールや仕組みがあるけど、「自分の DevOps の文脈で色々なツールや仕組みがあるけど、「自分の DevOps の文脈で色々なツールや仕組みがあるけど、「自分の DevOps の文脈で色々なツールや仕組みがあるけど、「自分の 組織に合ったもの」を見つける 組織に合ったもの」を見つける 組織に合ったもの」を見つける 組織に合ったもの」を見つける 組織に合ったもの」を見つける 組織に合ったもの」を見つける 協調する雰囲気, コミュニケーションの心理的安全性, 平等性 協調する雰囲気, コミュニケーションの心理的安全性, 平等性 協調する雰囲気, コミュニケーションの心理的安全性, 平等性 協調する雰囲気, コミュニケーションの心理的安全性, 平等性 協調する雰囲気, コミュニケーションの心理的安全性, 平等性 協調する雰囲気, コミュニケーションの心理的安全性, 平等性 etc etc etc etc etc etc                         © 2019 tady0919 14 / 15
  15. 関連情報 関連情報 関連情報 関連情報 関連情報 関連情報 10+ Deploys Per Day:

    Dev and Ops Cooperation at Flickr 10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr 10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr 10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr 10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr 10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr DevOps スターターパック DevOps スターターパック DevOps スターターパック DevOps スターターパック DevOps スターターパック DevOps スターターパック Effective DevOps Effective DevOps Effective DevOps Effective DevOps Effective DevOps Effective DevOps 『はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps 〜 @ 京都』で各社の取 『はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps 〜 @ 京都』で各社の取 『はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps 〜 @ 京都』で各社の取 『はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps 〜 @ 京都』で各社の取 『はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps 〜 @ 京都』で各社の取 『はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps 〜 @ 京都』で各社の取 り組みを聞いて色々考えた話 り組みを聞いて色々考えた話 り組みを聞いて色々考えた話 り組みを聞いて色々考えた話 り組みを聞いて色々考えた話 り組みを聞いて色々考えた話                         © 2019 tady0919 15 / 15