Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Effective DevOps 輪読会 vol.10

Effective DevOps 輪読会 vol.10

Effective DevOps 13章~14章の途中までの資料です.

3f848c0c0b9a6603894e157da93e4655?s=128

SadayoshiTada

July 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. Effective DevOps 輪読会 vol.10 Effective DevOps 輪読会 vol.10 Effective DevOps

    輪読会 vol.10 Effective DevOps 輪読会 vol.10 Effective DevOps 輪読会 vol.10 Effective DevOps 輪読会 vol.10 - 2019/07/21 - - 2019/07/21 - - 2019/07/21 - - 2019/07/21 - - 2019/07/21 - - 2019/07/21 - © 2019 tady0919 1 / 16
  2. 目次 目次 目次 目次 目次 目次 13 章 ツール: 誤解と問題解決

    13 章 ツール: 誤解と問題解決 13 章 ツール: 誤解と問題解決 13 章 ツール: 誤解と問題解決 13 章 ツール: 誤解と問題解決 13 章 ツール: 誤解と問題解決 14 章 スケーリング: 変曲点 14 章 スケーリング: 変曲点 14 章 スケーリング: 変曲点 14 章 スケーリング: 変曲点 14 章 スケーリング: 変曲点 14 章 スケーリング: 変曲点 スケーリングの理解 スケーリングの理解 スケーリングの理解 スケーリングの理解 スケーリングの理解 スケーリングの理解 大企業のdevops について考えるべきこと 大企業のdevops について考えるべきこと 大企業のdevops について考えるべきこと 大企業のdevops について考えるべきこと 大企業のdevops について考えるべきこと 大企業のdevops について考えるべきこと 組織の構造 組織の構造 組織の構造 組織の構造 組織の構造 組織の構造 チームの柔軟性 チームの柔軟性 チームの柔軟性 チームの柔軟性 チームの柔軟性 チームの柔軟性 組織のライフサイクル 組織のライフサイクル 組織のライフサイクル 組織のライフサイクル 組織のライフサイクル 組織のライフサイクル 複雑さと改革 複雑さと改革 複雑さと改革 複雑さと改革 複雑さと改革 複雑さと改革                                                 © 2019 tady0919 2 / 16
  3. 13.1.1~13.1.2 13.1.1~13.1.2 13.1.1~13.1.2 13.1.1~13.1.2 13.1.1~13.1.2 13.1.1~13.1.2 意思決定プロセスやツール整備に関するワークフローの問題 意思決定プロセスやツール整備に関するワークフローの問題 意思決定プロセスやツール整備に関するワークフローの問題 意思決定プロセスやツール整備に関するワークフローの問題

    意思決定プロセスやツール整備に関するワークフローの問題 意思決定プロセスやツール整備に関するワークフローの問題 を扱う を扱う を扱う を扱う を扱う を扱う devops ソリューションツールの重要性に関するものが多い devops ソリューションツールの重要性に関するものが多い devops ソリューションツールの重要性に関するものが多い devops ソリューションツールの重要性に関するものが多い devops ソリューションツールの重要性に関するものが多い devops ソリューションツールの重要性に関するものが多い ツールを選ぶときは結果ではなくプロセスに重きを置く ツールを選ぶときは結果ではなくプロセスに重きを置く ツールを選ぶときは結果ではなくプロセスに重きを置く ツールを選ぶときは結果ではなくプロセスに重きを置く ツールを選ぶときは結果ではなくプロセスに重きを置く ツールを選ぶときは結果ではなくプロセスに重きを置く 人がどう使ってどんな課題を解決するのか、足枷はあるか 人がどう使ってどんな課題を解決するのか、足枷はあるか 人がどう使ってどんな課題を解決するのか、足枷はあるか 人がどう使ってどんな課題を解決するのか、足枷はあるか 人がどう使ってどんな課題を解決するのか、足枷はあるか 人がどう使ってどんな課題を解決するのか、足枷はあるか などに目を向ける などに目を向ける などに目を向ける などに目を向ける などに目を向ける などに目を向ける                         © 2019 tady0919 3 / 16
  4. 13.1.3 13.1.3 13.1.3 13.1.3 13.1.3 13.1.3 『間違ったツールを選ばないように注意しなければならない』 『間違ったツールを選ばないように注意しなければならない』 『間違ったツールを選ばないように注意しなければならない』 『間違ったツールを選ばないように注意しなければならない』

    『間違ったツールを選ばないように注意しなければならない』 『間違ったツールを選ばないように注意しなければならない』 ツール選定の考え方を誤らないこと ツール選定の考え方を誤らないこと ツール選定の考え方を誤らないこと ツール選定の考え方を誤らないこと ツール選定の考え方を誤らないこと ツール選定の考え方を誤らないこと ツールをどう使い、使い方のメリデメに注意を払う ツールをどう使い、使い方のメリデメに注意を払う ツールをどう使い、使い方のメリデメに注意を払う ツールをどう使い、使い方のメリデメに注意を払う ツールをどう使い、使い方のメリデメに注意を払う ツールをどう使い、使い方のメリデメに注意を払う 失敗 = 間違い ではない 失敗 = 間違い ではない 失敗 = 間違い ではない 失敗 = 間違い ではない 失敗 = 間違い ではない 失敗 = 間違い ではない                         © 2019 tady0919 4 / 16
  5. 13.1.4 13.1.4 13.1.4 13.1.4 13.1.4 13.1.4 『devops ツール全部入りやSaaS を買えばいい』 『devops

    ツール全部入りやSaaS を買えばいい』 『devops ツール全部入りやSaaS を買えばいい』 『devops ツール全部入りやSaaS を買えばいい』 『devops ツール全部入りやSaaS を買えばいい』 『devops ツール全部入りやSaaS を買えばいい』 ツールを買えばdevops が成功するという誤解 ツールを買えばdevops が成功するという誤解 ツールを買えばdevops が成功するという誤解 ツールを買えばdevops が成功するという誤解 ツールを買えばdevops が成功するという誤解 ツールを買えばdevops が成功するという誤解 devops は単なるツールの話ではなく、組織・文化・協調等なの devops は単なるツールの話ではなく、組織・文化・協調等なの devops は単なるツールの話ではなく、組織・文化・協調等なの devops は単なるツールの話ではなく、組織・文化・協調等なの devops は単なるツールの話ではなく、組織・文化・協調等なの devops は単なるツールの話ではなく、組織・文化・協調等なの で一概にツールで片付けられない課題が多い で一概にツールで片付けられない課題が多い で一概にツールで片付けられない課題が多い で一概にツールで片付けられない課題が多い で一概にツールで片付けられない課題が多い で一概にツールで片付けられない課題が多い 文化は買えないし、内部から生み出す必要がある 文化は買えないし、内部から生み出す必要がある 文化は買えないし、内部から生み出す必要がある 文化は買えないし、内部から生み出す必要がある 文化は買えないし、内部から生み出す必要がある 文化は買えないし、内部から生み出す必要がある 大切なのはツールを評価し、効果的に使うこと 大切なのはツールを評価し、効果的に使うこと 大切なのはツールを評価し、効果的に使うこと 大切なのはツールを評価し、効果的に使うこと 大切なのはツールを評価し、効果的に使うこと 大切なのはツールを評価し、効果的に使うこと                               © 2019 tady0919 5 / 16
  6. 13.2.1 13.2.1 13.2.1 13.2.1 13.2.1 13.2.1 ツールは問題解決に役立つからという理由で選ぶようにする ツールは問題解決に役立つからという理由で選ぶようにする ツールは問題解決に役立つからという理由で選ぶようにする ツールは問題解決に役立つからという理由で選ぶようにする

    ツールは問題解決に役立つからという理由で選ぶようにする ツールは問題解決に役立つからという理由で選ぶようにする 特定技術に対するベストプラクティスに固執しない 特定技術に対するベストプラクティスに固執しない 特定技術に対するベストプラクティスに固執しない 特定技術に対するベストプラクティスに固執しない 特定技術に対するベストプラクティスに固執しない 特定技術に対するベストプラクティスに固執しない 問題の所在はどこか 問題の所在はどこか 問題の所在はどこか 問題の所在はどこか 問題の所在はどこか 問題の所在はどこか 問題対処の選択肢 問題対処の選択肢 問題対処の選択肢 問題対処の選択肢 問題対処の選択肢 問題対処の選択肢 意思決定を下し、そのプロセスもドキュメント化する 意思決定を下し、そのプロセスもドキュメント化する 意思決定を下し、そのプロセスもドキュメント化する 意思決定を下し、そのプロセスもドキュメント化する 意思決定を下し、そのプロセスもドキュメント化する 意思決定を下し、そのプロセスもドキュメント化する                               © 2019 tady0919 6 / 16
  7. 13.2.2 13.2.2 13.2.2 13.2.2 13.2.2 13.2.2 全員一致の合意はできないことを割り切る 全員一致の合意はできないことを割り切る 全員一致の合意はできないことを割り切る 全員一致の合意はできないことを割り切る

    全員一致の合意はできないことを割り切る 全員一致の合意はできないことを割り切る ツールの評価でドッグフーディングする ツールの評価でドッグフーディングする ツールの評価でドッグフーディングする ツールの評価でドッグフーディングする ツールの評価でドッグフーディングする ツールの評価でドッグフーディングする ツールを変えることではなく置き換わることで既存との差 ツールを変えることではなく置き換わることで既存との差 ツールを変えることではなく置き換わることで既存との差 ツールを変えることではなく置き換わることで既存との差 ツールを変えることではなく置き換わることで既存との差 ツールを変えることではなく置き換わることで既存との差 異を見極めるようにする 異を見極めるようにする 異を見極めるようにする 異を見極めるようにする 異を見極めるようにする 異を見極めるようにする ツール選択プロセスが組織のツール導入を左右する ツール選択プロセスが組織のツール導入を左右する ツール選択プロセスが組織のツール導入を左右する ツール選択プロセスが組織のツール導入を左右する ツール選択プロセスが組織のツール導入を左右する ツール選択プロセスが組織のツール導入を左右する トップダウンで一方的に決めず関係者とコミュニケーショ トップダウンで一方的に決めず関係者とコミュニケーショ トップダウンで一方的に決めず関係者とコミュニケーショ トップダウンで一方的に決めず関係者とコミュニケーショ トップダウンで一方的に決めず関係者とコミュニケーショ トップダウンで一方的に決めず関係者とコミュニケーショ ンをとって影響と時間をおいて切り替える ンをとって影響と時間をおいて切り替える ンをとって影響と時間をおいて切り替える ンをとって影響と時間をおいて切り替える ンをとって影響と時間をおいて切り替える ンをとって影響と時間をおいて切り替える 共感とコミュニケーションが有益である 共感とコミュニケーションが有益である 共感とコミュニケーションが有益である 共感とコミュニケーションが有益である 共感とコミュニケーションが有益である 共感とコミュニケーションが有益である                                     © 2019 tady0919 7 / 16
  8. 14.1 14.1 14.1 14.1 14.1 14.1 スケーリングとは企業が発展・成長・進化すること スケーリングとは企業が発展・成長・進化すること スケーリングとは企業が発展・成長・進化すること スケーリングとは企業が発展・成長・進化すること

    スケーリングとは企業が発展・成長・進化すること スケーリングとは企業が発展・成長・進化すること チーム、部門、組織の変化は簡単ではない 変化は直感ではわ チーム、部門、組織の変化は簡単ではない 変化は直感ではわ チーム、部門、組織の変化は簡単ではない 変化は直感ではわ チーム、部門、組織の変化は簡単ではない 変化は直感ではわ チーム、部門、組織の変化は簡単ではない 変化は直感ではわ チーム、部門、組織の変化は簡単ではない 変化は直感ではわ からない からない からない からない からない からない 変化は景観として捉える 変化は景観として捉える 変化は景観として捉える 変化は景観として捉える 変化は景観として捉える 変化は景観として捉える 経験したことでどのように進むかを学ぶ 経験したことでどのように進むかを学ぶ 経験したことでどのように進むかを学ぶ 経験したことでどのように進むかを学ぶ 経験したことでどのように進むかを学ぶ 経験したことでどのように進むかを学ぶ                         © 2019 tady0919 8 / 16
  9. 14.2 14.2 14.2 14.2 14.2 14.2 devops に組織の大小の違いはない devops に組織の大小の違いはない

    devops に組織の大小の違いはない devops に組織の大小の違いはない devops に組織の大小の違いはない devops に組織の大小の違いはない 成功の定義が1 つではなく同じ結果が出るわけではない 成功の定義が1 つではなく同じ結果が出るわけではない 成功の定義が1 つではなく同じ結果が出るわけではない 成功の定義が1 つではなく同じ結果が出るわけではない 成功の定義が1 つではなく同じ結果が出るわけではない 成功の定義が1 つではなく同じ結果が出るわけではない 大企業が他と違うのは原則の適用、実現の方法である 大企業が他と違うのは原則の適用、実現の方法である 大企業が他と違うのは原則の適用、実現の方法である 大企業が他と違うのは原則の適用、実現の方法である 大企業が他と違うのは原則の適用、実現の方法である 大企業が他と違うのは原則の適用、実現の方法である                   © 2019 tady0919 9 / 16
  10. 14.2.1 14.2.1 14.2.1 14.2.1 14.2.1 14.2.1 組織の成功にはスケーリングの方法を知る必要がある 組織の成功にはスケーリングの方法を知る必要がある 組織の成功にはスケーリングの方法を知る必要がある 組織の成功にはスケーリングの方法を知る必要がある

    組織の成功にはスケーリングの方法を知る必要がある 組織の成功にはスケーリングの方法を知る必要がある 必要に応じて組織が拡大・縮小する 必要に応じて組織が拡大・縮小する 必要に応じて組織が拡大・縮小する 必要に応じて組織が拡大・縮小する 必要に応じて組織が拡大・縮小する 必要に応じて組織が拡大・縮小する 一部の組織のみに当てはまる原則・プラクティス・技術はない 一部の組織のみに当てはまる原則・プラクティス・技術はない 一部の組織のみに当てはまる原則・プラクティス・技術はない 一部の組織のみに当てはまる原則・プラクティス・技術はない 一部の組織のみに当てはまる原則・プラクティス・技術はない 一部の組織のみに当てはまる原則・プラクティス・技術はない それぞれの組織が最適な行動をその時々でとって、devops それぞれの組織が最適な行動をその時々でとって、devops それぞれの組織が最適な行動をその時々でとって、devops それぞれの組織が最適な行動をその時々でとって、devops それぞれの組織が最適な行動をその時々でとって、devops それぞれの組織が最適な行動をその時々でとって、devops の原則とプラクティスを入れている の原則とプラクティスを入れている の原則とプラクティスを入れている の原則とプラクティスを入れている の原則とプラクティスを入れている の原則とプラクティスを入れている                         © 2019 tady0919 10 / 16
  11. 14.2.2 14.2.2 14.2.2 14.2.2 14.2.2 14.2.2 スケーリングするときは様々な要素がありソフトウェアも組 スケーリングするときは様々な要素がありソフトウェアも組 スケーリングするときは様々な要素がありソフトウェアも組 スケーリングするときは様々な要素がありソフトウェアも組

    スケーリングするときは様々な要素がありソフトウェアも組 スケーリングするときは様々な要素がありソフトウェアも組 織も様々な視点を入れて設計する必要がある 織も様々な視点を入れて設計する必要がある 織も様々な視点を入れて設計する必要がある 織も様々な視点を入れて設計する必要がある 織も様々な視点を入れて設計する必要がある 織も様々な視点を入れて設計する必要がある 過去の経験から将来全てを予測できるわけではないから 過去の経験から将来全てを予測できるわけではないから 過去の経験から将来全てを予測できるわけではないから 過去の経験から将来全てを予測できるわけではないから 過去の経験から将来全てを予測できるわけではないから 過去の経験から将来全てを予測できるわけではないから             © 2019 tady0919 11 / 16
  12. 14.2.3 14.2.3 14.2.3 14.2.3 14.2.3 14.2.3 組織で柔軟に検討していい部分が決まっていれば、強固なが 組織で柔軟に検討していい部分が決まっていれば、強固なが 組織で柔軟に検討していい部分が決まっていれば、強固なが 組織で柔軟に検討していい部分が決まっていれば、強固なが

    組織で柔軟に検討していい部分が決まっていれば、強固なが 組織で柔軟に検討していい部分が決まっていれば、強固なが ら適度に柔軟な基礎があることがわかるので、将来の変化に ら適度に柔軟な基礎があることがわかるので、将来の変化に ら適度に柔軟な基礎があることがわかるので、将来の変化に ら適度に柔軟な基礎があることがわかるので、将来の変化に ら適度に柔軟な基礎があることがわかるので、将来の変化に ら適度に柔軟な基礎があることがわかるので、将来の変化に 対応していける 対応していける 対応していける 対応していける 対応していける 対応していける ソフトウェアと同様の考え ソフトウェアと同様の考え ソフトウェアと同様の考え ソフトウェアと同様の考え ソフトウェアと同様の考え ソフトウェアと同様の考え             © 2019 tady0919 12 / 16
  13. 14.3 14.3 14.3 14.3 14.3 14.3 組織の構造を変えるとスケーリングしやすくなることがある 組織の構造を変えるとスケーリングしやすくなることがある 組織の構造を変えるとスケーリングしやすくなることがある 組織の構造を変えるとスケーリングしやすくなることがある

    組織の構造を変えるとスケーリングしやすくなることがある 組織の構造を変えるとスケーリングしやすくなることがある 組織の機能や目的を考えて、必要なスキルセットを持つ小集 組織の機能や目的を考えて、必要なスキルセットを持つ小集 組織の機能や目的を考えて、必要なスキルセットを持つ小集 組織の機能や目的を考えて、必要なスキルセットを持つ小集 組織の機能や目的を考えて、必要なスキルセットを持つ小集 組織の機能や目的を考えて、必要なスキルセットを持つ小集 団を作ると動きやすい 団を作ると動きやすい 団を作ると動きやすい 団を作ると動きやすい 団を作ると動きやすい 団を作ると動きやすい 組織の機能と社員の士気の維持をうまくバランスをとる組織 組織の機能と社員の士気の維持をうまくバランスをとる組織 組織の機能と社員の士気の維持をうまくバランスをとる組織 組織の機能と社員の士気の維持をうまくバランスをとる組織 組織の機能と社員の士気の維持をうまくバランスをとる組織 組織の機能と社員の士気の維持をうまくバランスをとる組織 を作ることが大事 を作ることが大事 を作ることが大事 を作ることが大事 を作ることが大事 を作ることが大事                   © 2019 tady0919 13 / 16
  14. 14.4 14.4 14.4 14.4 14.4 14.4 効果的なチームの規模は様々な研究が行われてきた 効果的なチームの規模は様々な研究が行われてきた 効果的なチームの規模は様々な研究が行われてきた 効果的なチームの規模は様々な研究が行われてきた

    効果的なチームの規模は様々な研究が行われてきた 効果的なチームの規模は様々な研究が行われてきた 9~10 人以上のチームではアジリティが不足する 9~10 人以上のチームではアジリティが不足する 9~10 人以上のチームではアジリティが不足する 9~10 人以上のチームではアジリティが不足する 9~10 人以上のチームではアジリティが不足する 9~10 人以上のチームではアジリティが不足する 大きなチームは個人の反対意見を抑圧したり、想像力や問題 大きなチームは個人の反対意見を抑圧したり、想像力や問題 大きなチームは個人の反対意見を抑圧したり、想像力や問題 大きなチームは個人の反対意見を抑圧したり、想像力や問題 大きなチームは個人の反対意見を抑圧したり、想像力や問題 大きなチームは個人の反対意見を抑圧したり、想像力や問題 解決能力が低下する恐れがある 解決能力が低下する恐れがある 解決能力が低下する恐れがある 解決能力が低下する恐れがある 解決能力が低下する恐れがある 解決能力が低下する恐れがある                   © 2019 tady0919 14 / 16
  15. 14.5 14.5 14.5 14.5 14.5 14.5 組織のライフサイクルは内外からの圧力と組織の成長や衰退 組織のライフサイクルは内外からの圧力と組織の成長や衰退 組織のライフサイクルは内外からの圧力と組織の成長や衰退 組織のライフサイクルは内外からの圧力と組織の成長や衰退

    組織のライフサイクルは内外からの圧力と組織の成長や衰退 組織のライフサイクルは内外からの圧力と組織の成長や衰退 から分析可能 から分析可能 から分析可能 から分析可能 から分析可能 から分析可能 吸血鬼プロジェクトとゾンビプロジェクトの整理が組織の変 吸血鬼プロジェクトとゾンビプロジェクトの整理が組織の変 吸血鬼プロジェクトとゾンビプロジェクトの整理が組織の変 吸血鬼プロジェクトとゾンビプロジェクトの整理が組織の変 吸血鬼プロジェクトとゾンビプロジェクトの整理が組織の変 吸血鬼プロジェクトとゾンビプロジェクトの整理が組織の変 化をうまく切り抜ける 化をうまく切り抜ける 化をうまく切り抜ける 化をうまく切り抜ける 化をうまく切り抜ける 化をうまく切り抜ける プロジェクトが組織に付加価値を与えているかどうかの検 プロジェクトが組織に付加価値を与えているかどうかの検 プロジェクトが組織に付加価値を与えているかどうかの検 プロジェクトが組織に付加価値を与えているかどうかの検 プロジェクトが組織に付加価値を与えているかどうかの検 プロジェクトが組織に付加価値を与えているかどうかの検 討 討 討 討 討 討                   © 2019 tady0919 15 / 16
  16. 14.6 14.6 14.6 14.6 14.6 14.6 政府機関では技術やプラクティスを導入するときに考慮する 政府機関では技術やプラクティスを導入するときに考慮する 政府機関では技術やプラクティスを導入するときに考慮する 政府機関では技術やプラクティスを導入するときに考慮する

    政府機関では技術やプラクティスを導入するときに考慮する 政府機関では技術やプラクティスを導入するときに考慮する 法律がたくさんある 法律がたくさんある 法律がたくさんある 法律がたくさんある 法律がたくさんある 法律がたくさんある 政府機関がリスク回避以外の目標を見つけない場合、企業が 政府機関がリスク回避以外の目標を見つけない場合、企業が 政府機関がリスク回避以外の目標を見つけない場合、企業が 政府機関がリスク回避以外の目標を見つけない場合、企業が 政府機関がリスク回避以外の目標を見つけない場合、企業が 政府機関がリスク回避以外の目標を見つけない場合、企業が 業績以外の目標と見つけた時と同じ大きな価値がある 業績以外の目標と見つけた時と同じ大きな価値がある 業績以外の目標と見つけた時と同じ大きな価値がある 業績以外の目標と見つけた時と同じ大きな価値がある 業績以外の目標と見つけた時と同じ大きな価値がある 業績以外の目標と見つけた時と同じ大きな価値がある ケーススタディではコード変更かかる時間の縮小し納税者 ケーススタディではコード変更かかる時間の縮小し納税者 ケーススタディではコード変更かかる時間の縮小し納税者 ケーススタディではコード変更かかる時間の縮小し納税者 ケーススタディではコード変更かかる時間の縮小し納税者 ケーススタディではコード変更かかる時間の縮小し納税者 のためにコスト削減した方法を紹介する のためにコスト削減した方法を紹介する のためにコスト削減した方法を紹介する のためにコスト削減した方法を紹介する のためにコスト削減した方法を紹介する のためにコスト削減した方法を紹介する                   © 2019 tady0919 16 / 16