Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Effective DevOps 輪読会 vol.12

Effective DevOps 輪読会 vol.12

14.8~14.14までの内容になります.

3f848c0c0b9a6603894e157da93e4655?s=128

SadayoshiTada

August 18, 2019
Tweet

Transcript

  1. Effective DevOps 輪読会 vol.12 Effective DevOps 輪読会 vol.12 Effective DevOps

    輪読会 vol.12 Effective DevOps 輪読会 vol.12 Effective DevOps 輪読会 vol.12 Effective DevOps 輪読会 vol.12 - 2019/08/18 - - 2019/08/18 - - 2019/08/18 - - 2019/08/18 - - 2019/08/18 - - 2019/08/18 - © 2019 tady0919 1 / 13
  2. 目次 目次 目次 目次 目次 目次 14.8 チームの成長とスケーリング事例 14.8 チームの成長とスケーリング事例

    14.8 チームの成長とスケーリング事例 14.8 チームの成長とスケーリング事例 14.8 チームの成長とスケーリング事例 14.8 チームの成長とスケーリング事例 14.9 チームのスケーリングの成長戦略 14.9 チームのスケーリングの成長戦略 14.9 チームのスケーリングの成長戦略 14.9 チームのスケーリングの成長戦略 14.9 チームのスケーリングの成長戦略 14.9 チームのスケーリングの成長戦略 14.10 組織のスケーリング 14.10 組織のスケーリング 14.10 組織のスケーリング 14.10 組織のスケーリング 14.10 組織のスケーリング 14.10 組織のスケーリング 14.11 ケーススタディ:gov.uk 14.11 ケーススタディ:gov.uk 14.11 ケーススタディ:gov.uk 14.11 ケーススタディ:gov.uk 14.11 ケーススタディ:gov.uk 14.11 ケーススタディ:gov.uk 14.12 ケーススタディ:Target 社の取り組み 14.12 ケーススタディ:Target 社の取り組み 14.12 ケーススタディ:Target 社の取り組み 14.12 ケーススタディ:Target 社の取り組み 14.12 ケーススタディ:Target 社の取り組み 14.12 ケーススタディ:Target 社の取り組み 14.13 Target の分析 14.13 Target の分析 14.13 Target の分析 14.13 Target の分析 14.13 Target の分析 14.13 Target の分析 14.14 まとめ 14.14 まとめ 14.14 まとめ 14.14 まとめ 14.14 まとめ 14.14 まとめ                                           © 2019 tady0919 2 / 13
  3. 14.8.1~14.8.3 14.8.1~14.8.3 14.8.1~14.8.3 14.8.1~14.8.3 14.8.1~14.8.3 14.8.1~14.8.3 オンライン販売企業と, グローバルデジタルマーケティング企 オンライン販売企業と, グローバルデジタルマーケティング企

    オンライン販売企業と, グローバルデジタルマーケティング企 オンライン販売企業と, グローバルデジタルマーケティング企 オンライン販売企業と, グローバルデジタルマーケティング企 オンライン販売企業と, グローバルデジタルマーケティング企 業の採用アプローチの違いを扱う 業の採用アプローチの違いを扱う 業の採用アプローチの違いを扱う 業の採用アプローチの違いを扱う 業の採用アプローチの違いを扱う 業の採用アプローチの違いを扱う オンライン販売企業では,2 回の電話の予備選考-> 現場メンバ オンライン販売企業では,2 回の電話の予備選考-> 現場メンバ オンライン販売企業では,2 回の電話の予備選考-> 現場メンバ オンライン販売企業では,2 回の電話の予備選考-> 現場メンバ オンライン販売企業では,2 回の電話の予備選考-> 現場メンバ オンライン販売企業では,2 回の電話の予備選考-> 現場メンバ ーとの面接-> エンジニアリングのVP との面接 ーとの面接-> エンジニアリングのVP との面接 ーとの面接-> エンジニアリングのVP との面接 ーとの面接-> エンジニアリングのVP との面接 ーとの面接-> エンジニアリングのVP との面接 ーとの面接-> エンジニアリングのVP との面接 受験者の前の職場に対する好き/ 嫌い, 何を求めてるか, モチベ 受験者の前の職場に対する好き/ 嫌い, 何を求めてるか, モチベ 受験者の前の職場に対する好き/ 嫌い, 何を求めてるか, モチベ 受験者の前の職場に対する好き/ 嫌い, 何を求めてるか, モチベ 受験者の前の職場に対する好き/ 嫌い, 何を求めてるか, モチベ 受験者の前の職場に対する好き/ 嫌い, 何を求めてるか, モチベ ーションの源泉 ーションの源泉 ーションの源泉 ーションの源泉 ーションの源泉 ーションの源泉 英雄文化を強調する採用条件を出さないし, リクルーターを 英雄文化を強調する採用条件を出さないし, リクルーターを 英雄文化を強調する採用条件を出さないし, リクルーターを 英雄文化を強調する採用条件を出さないし, リクルーターを 英雄文化を強調する採用条件を出さないし, リクルーターを 英雄文化を強調する採用条件を出さないし, リクルーターを 使わない, 求人票も改善を行った 使わない, 求人票も改善を行った 使わない, 求人票も改善を行った 使わない, 求人票も改善を行った 使わない, 求人票も改善を行った 使わない, 求人票も改善を行った                         © 2019 tady0919 3 / 13
  4. 14.8.4~14.8.5 14.8.4~14.8.5 14.8.4~14.8.5 14.8.4~14.8.5 14.8.4~14.8.5 14.8.4~14.8.5 グローバルマーケティング企業は社内にリクルーターがいる グローバルマーケティング企業は社内にリクルーターがいる グローバルマーケティング企業は社内にリクルーターがいる グローバルマーケティング企業は社内にリクルーターがいる

    グローバルマーケティング企業は社内にリクルーターがいる グローバルマーケティング企業は社内にリクルーターがいる ため, チームや企業のビジョンを共有可能 ため, チームや企業のビジョンを共有可能 ため, チームや企業のビジョンを共有可能 ため, チームや企業のビジョンを共有可能 ため, チームや企業のビジョンを共有可能 ため, チームや企業のビジョンを共有可能 面接は, 電話面接-> 対面面接を行う 面接は, 電話面接-> 対面面接を行う 面接は, 電話面接-> 対面面接を行う 面接は, 電話面接-> 対面面接を行う 面接は, 電話面接-> 対面面接を行う 面接は, 電話面接-> 対面面接を行う 新卒はキャリア開発担当者( メンター) が4 人つく 新卒はキャリア開発担当者( メンター) が4 人つく 新卒はキャリア開発担当者( メンター) が4 人つく 新卒はキャリア開発担当者( メンター) が4 人つく 新卒はキャリア開発担当者( メンター) が4 人つく 新卒はキャリア開発担当者( メンター) が4 人つく 業績評価は360 度評価し,FB はメンターから. 毎週の技術スタッ 業績評価は360 度評価し,FB はメンターから. 毎週の技術スタッ 業績評価は360 度評価し,FB はメンターから. 毎週の技術スタッ 業績評価は360 度評価し,FB はメンターから. 毎週の技術スタッ 業績評価は360 度評価し,FB はメンターから. 毎週の技術スタッ 業績評価は360 度評価し,FB はメンターから. 毎週の技術スタッ ク会議ではチームメンバー全員が自分の取り組みとプロジェ ク会議ではチームメンバー全員が自分の取り組みとプロジェ ク会議ではチームメンバー全員が自分の取り組みとプロジェ ク会議ではチームメンバー全員が自分の取り組みとプロジェ ク会議ではチームメンバー全員が自分の取り組みとプロジェ ク会議ではチームメンバー全員が自分の取り組みとプロジェ クトに対して行った経験を話す クトに対して行った経験を話す クトに対して行った経験を話す クトに対して行った経験を話す クトに対して行った経験を話す クトに対して行った経験を話す 2 つの企業に共通するのは, 有能なエンジニアの定着に力を入 2 つの企業に共通するのは, 有能なエンジニアの定着に力を入 2 つの企業に共通するのは, 有能なエンジニアの定着に力を入 2 つの企業に共通するのは, 有能なエンジニアの定着に力を入 2 つの企業に共通するのは, 有能なエンジニアの定着に力を入 2 つの企業に共通するのは, 有能なエンジニアの定着に力を入 れている れている れている れている れている れている 企業の文化があって採用や定着の戦略を作る 企業の文化があって採用や定着の戦略を作る 企業の文化があって採用や定着の戦略を作る 企業の文化があって採用や定着の戦略を作る 企業の文化があって採用や定着の戦略を作る 企業の文化があって採用や定着の戦略を作る                                     © 2019 tady0919 4 / 13
  5. 14.9.1~14.9.3 14.9.1~14.9.3 14.9.1~14.9.3 14.9.1~14.9.3 14.9.1~14.9.3 14.9.1~14.9.3 チームのスケーリングの秘訣は, チームを小さく柔軟なものに保つ, コ チームのスケーリングの秘訣は,

    チームを小さく柔軟なものに保つ, コ チームのスケーリングの秘訣は, チームを小さく柔軟なものに保つ, コ チームのスケーリングの秘訣は, チームを小さく柔軟なものに保つ, コ チームのスケーリングの秘訣は, チームを小さく柔軟なものに保つ, コ チームのスケーリングの秘訣は, チームを小さく柔軟なものに保つ, コ ラボを育てる, 摩擦や対立をうまく捌く ラボを育てる, 摩擦や対立をうまく捌く ラボを育てる, 摩擦や対立をうまく捌く ラボを育てる, 摩擦や対立をうまく捌く ラボを育てる, 摩擦や対立をうまく捌く ラボを育てる, 摩擦や対立をうまく捌く チームの対立とその解決方法 チームの対立とその解決方法 チームの対立とその解決方法 チームの対立とその解決方法 チームの対立とその解決方法 チームの対立とその解決方法 チームの目標との不一致 チームの目標との不一致 チームの目標との不一致 チームの目標との不一致 チームの目標との不一致 チームの目標との不一致 組織の目標との不一致 組織の目標との不一致 組織の目標との不一致 組織の目標との不一致 組織の目標との不一致 組織の目標との不一致 インセンティブの不一致 インセンティブの不一致 インセンティブの不一致 インセンティブの不一致 インセンティブの不一致 インセンティブの不一致 チーム外部との対立、摩擦 チーム外部との対立、摩擦 チーム外部との対立、摩擦 チーム外部との対立、摩擦 チーム外部との対立、摩擦 チーム外部との対立、摩擦 非現実的な機体への反発 非現実的な機体への反発 非現実的な機体への反発 非現実的な機体への反発 非現実的な機体への反発 非現実的な機体への反発 チームに対する期待とキャパシティーのズレの評価 チームに対する期待とキャパシティーのズレの評価 チームに対する期待とキャパシティーのズレの評価 チームに対する期待とキャパシティーのズレの評価 チームに対する期待とキャパシティーのズレの評価 チームに対する期待とキャパシティーのズレの評価                                                 © 2019 tady0919 5 / 13
  6. 14.10.1~14.10.2 14.10.1~14.10.2 14.10.1~14.10.2 14.10.1~14.10.2 14.10.1~14.10.2 14.10.1~14.10.2 中央集権チームと臨時チーム 中央集権チームと臨時チーム 中央集権チームと臨時チーム 中央集権チームと臨時チーム

    中央集権チームと臨時チーム 中央集権チームと臨時チーム 効率的なチームシステムを機能するための必要な機能がある 効率的なチームシステムを機能するための必要な機能がある 効率的なチームシステムを機能するための必要な機能がある 効率的なチームシステムを機能するための必要な機能がある 効率的なチームシステムを機能するための必要な機能がある 効率的なチームシステムを機能するための必要な機能がある チームを構築するためにリーダーが必要で, 行動様式として説明責任, チームを構築するためにリーダーが必要で, 行動様式として説明責任, チームを構築するためにリーダーが必要で, 行動様式として説明責任, チームを構築するためにリーダーが必要で, 行動様式として説明責任, チームを構築するためにリーダーが必要で, 行動様式として説明責任, チームを構築するためにリーダーが必要で, 行動様式として説明責任, 集中, フォローも必要 集中, フォローも必要 集中, フォローも必要 集中, フォローも必要 集中, フォローも必要 集中, フォローも必要 組織内での変更とその対応に時間がかかるとみられる 組織内での変更とその対応に時間がかかるとみられる 組織内での変更とその対応に時間がかかるとみられる 組織内での変更とその対応に時間がかかるとみられる 組織内での変更とその対応に時間がかかるとみられる 組織内での変更とその対応に時間がかかるとみられる アジャイルな動きでは変更の頻度をあげFB サイクルを短く アジャイルな動きでは変更の頻度をあげFB サイクルを短く アジャイルな動きでは変更の頻度をあげFB サイクルを短く アジャイルな動きでは変更の頻度をあげFB サイクルを短く アジャイルな動きでは変更の頻度をあげFB サイクルを短く アジャイルな動きでは変更の頻度をあげFB サイクルを短く チームがどう構築され、影響を与えるようになっているか チームがどう構築され、影響を与えるようになっているか チームがどう構築され、影響を与えるようになっているか チームがどう構築され、影響を与えるようになっているか チームがどう構築され、影響を与えるようになっているか チームがどう構築され、影響を与えるようになっているか                                     © 2019 tady0919 6 / 13
  7. 14.11.1~14.11.2 14.11.1~14.11.2 14.11.1~14.11.2 14.11.1~14.11.2 14.11.1~14.11.2 14.11.1~14.11.2 政府デジタルサービス(GDS) のケーススタディ 政府デジタルサービス(GDS) のケーススタディ

    政府デジタルサービス(GDS) のケーススタディ 政府デジタルサービス(GDS) のケーススタディ 政府デジタルサービス(GDS) のケーススタディ 政府デジタルサービス(GDS) のケーススタディ 「 「 「 「 「 「gov.uk gov.uk gov.uk gov.uk gov.uk gov.uk 」は英国の公共部門情報ウェブサイト 」は英国の公共部門情報ウェブサイト 」は英国の公共部門情報ウェブサイト 」は英国の公共部門情報ウェブサイト 」は英国の公共部門情報ウェブサイト 」は英国の公共部門情報ウェブサイト デジタルの7 つの原則と10 個の設計原則を作った デジタルの7 つの原則と10 個の設計原則を作った デジタルの7 つの原則と10 個の設計原則を作った デジタルの7 つの原則と10 個の設計原則を作った デジタルの7 つの原則と10 個の設計原則を作った デジタルの7 つの原則と10 個の設計原則を作った 計画立案時はソリューション候補の検討と提案されたソリューショ 計画立案時はソリューション候補の検討と提案されたソリューショ 計画立案時はソリューション候補の検討と提案されたソリューショ 計画立案時はソリューション候補の検討と提案されたソリューショ 計画立案時はソリューション候補の検討と提案されたソリューショ 計画立案時はソリューション候補の検討と提案されたソリューショ ンの価値の検討に時間を使う ンの価値の検討に時間を使う ンの価値の検討に時間を使う ンの価値の検討に時間を使う ンの価値の検討に時間を使う ンの価値の検討に時間を使う 大規模組織で計画立案時は, 他のチームや外部のステークホルダー 大規模組織で計画立案時は, 他のチームや外部のステークホルダー 大規模組織で計画立案時は, 他のチームや外部のステークホルダー 大規模組織で計画立案時は, 他のチームや外部のステークホルダー 大規模組織で計画立案時は, 他のチームや外部のステークホルダー 大規模組織で計画立案時は, 他のチームや外部のステークホルダー を考慮して計画する を考慮して計画する を考慮して計画する を考慮して計画する を考慮して計画する を考慮して計画する                               © 2019 tady0919 7 / 13
  8. 14.11.3 14.11.3 14.11.3 14.11.3 14.11.3 14.11.3 政府が抱える問題の1 つに「グループ間での仕事の重複」がある 政府が抱える問題の1 つに「グループ間での仕事の重複」がある

    政府が抱える問題の1 つに「グループ間での仕事の重複」がある 政府が抱える問題の1 つに「グループ間での仕事の重複」がある 政府が抱える問題の1 つに「グループ間での仕事の重複」がある 政府が抱える問題の1 つに「グループ間での仕事の重複」がある 政府内のマルチテナントプラットフォームの主要な要件: セルフサー 政府内のマルチテナントプラットフォームの主要な要件: セルフサー 政府内のマルチテナントプラットフォームの主要な要件: セルフサー 政府内のマルチテナントプラットフォームの主要な要件: セルフサー 政府内のマルチテナントプラットフォームの主要な要件: セルフサー 政府内のマルチテナントプラットフォームの主要な要件: セルフサー ビス, 複数のサービスを利用可能, コード/ データ/ ログが分離可能 ビス, 複数のサービスを利用可能, コード/ データ/ ログが分離可能 ビス, 複数のサービスを利用可能, コード/ データ/ ログが分離可能 ビス, 複数のサービスを利用可能, コード/ データ/ ログが分離可能 ビス, 複数のサービスを利用可能, コード/ データ/ ログが分離可能 ビス, 複数のサービスを利用可能, コード/ データ/ ログが分離可能 コード/ データ/ ログが分離可能なことはマルチテナントプラットフ コード/ データ/ ログが分離可能なことはマルチテナントプラットフ コード/ データ/ ログが分離可能なことはマルチテナントプラットフ コード/ データ/ ログが分離可能なことはマルチテナントプラットフ コード/ データ/ ログが分離可能なことはマルチテナントプラットフ コード/ データ/ ログが分離可能なことはマルチテナントプラットフ ォームをやるときに一番重要 ォームをやるときに一番重要 ォームをやるときに一番重要 ォームをやるときに一番重要 ォームをやるときに一番重要 ォームをやるときに一番重要 セキュリティとプライバシーの要件を満たすために必要 セキュリティとプライバシーの要件を満たすために必要 セキュリティとプライバシーの要件を満たすために必要 セキュリティとプライバシーの要件を満たすために必要 セキュリティとプライバシーの要件を満たすために必要 セキュリティとプライバシーの要件を満たすために必要                         © 2019 tady0919 8 / 13
  9. 14.11.4 14.11.4 14.11.4 14.11.4 14.11.4 14.11.4 GDS がアフィニティ構築のため行っていること GDS がアフィニティ構築のため行っていること

    GDS がアフィニティ構築のため行っていること GDS がアフィニティ構築のため行っていること GDS がアフィニティ構築のため行っていること GDS がアフィニティ構築のため行っていること Global GovJam に参加した Global GovJam に参加した Global GovJam に参加した Global GovJam に参加した Global GovJam に参加した Global GovJam に参加した 情報共有のために定期的にブログを書く 情報共有のために定期的にブログを書く 情報共有のために定期的にブログを書く 情報共有のために定期的にブログを書く 情報共有のために定期的にブログを書く 情報共有のために定期的にブログを書く OSS に参加する OSS に参加する OSS に参加する OSS に参加する OSS に参加する OSS に参加する GDS はユーザーの問題を解決することに注力し,UX 工場に努める GDS はユーザーの問題を解決することに注力し,UX 工場に努める GDS はユーザーの問題を解決することに注力し,UX 工場に努める GDS はユーザーの問題を解決することに注力し,UX 工場に努める GDS はユーザーの問題を解決することに注力し,UX 工場に努める GDS はユーザーの問題を解決することに注力し,UX 工場に努める                               © 2019 tady0919 9 / 13
  10. 14.12~14.13 14.12~14.13 14.12~14.13 14.12~14.13 14.12~14.13 14.12~14.13 Target Target Target Target

    Target Target では組織のDevOps は個々のチームで作ったものを結合した では組織のDevOps は個々のチームで作ったものを結合した では組織のDevOps は個々のチームで作ったものを結合した では組織のDevOps は個々のチームで作ったものを結合した では組織のDevOps は個々のチームで作ったものを結合した では組織のDevOps は個々のチームで作ったものを結合した 変化は言葉で表現し, 個人からはじめることで変わる可能性がある 変化は言葉で表現し, 個人からはじめることで変わる可能性がある 変化は言葉で表現し, 個人からはじめることで変わる可能性がある 変化は言葉で表現し, 個人からはじめることで変わる可能性がある 変化は言葉で表現し, 個人からはじめることで変わる可能性がある 変化は言葉で表現し, 個人からはじめることで変わる可能性がある 組織的な学習を行うための変革で大切にしたのは実験, テスト, 失敗と 組織的な学習を行うための変革で大切にしたのは実験, テスト, 失敗と 組織的な学習を行うための変革で大切にしたのは実験, テスト, 失敗と 組織的な学習を行うための変革で大切にしたのは実験, テスト, 失敗と 組織的な学習を行うための変革で大切にしたのは実験, テスト, 失敗と 組織的な学習を行うための変革で大切にしたのは実験, テスト, 失敗と 成功 成功 成功 成功 成功 成功 変革のアクションで外部にもヒント求めたり,GitHub に経験を公開 変革のアクションで外部にもヒント求めたり,GitHub に経験を公開 変革のアクションで外部にもヒント求めたり,GitHub に経験を公開 変革のアクションで外部にもヒント求めたり,GitHub に経験を公開 変革のアクションで外部にもヒント求めたり,GitHub に経験を公開 変革のアクションで外部にもヒント求めたり,GitHub に経験を公開 した した した した した した ツールは特定のものを使うことにして, サイロ化を避けてAPI を管理 ツールは特定のものを使うことにして, サイロ化を避けてAPI を管理 ツールは特定のものを使うことにして, サイロ化を避けてAPI を管理 ツールは特定のものを使うことにして, サイロ化を避けてAPI を管理 ツールは特定のものを使うことにして, サイロ化を避けてAPI を管理 ツールは特定のものを使うことにして, サイロ化を避けてAPI を管理 可能 可能 可能 可能 可能 可能 知見の共有は内部DevOpsDays で行ったり, コーチを設けて一貫した 知見の共有は内部DevOpsDays で行ったり, コーチを設けて一貫した 知見の共有は内部DevOpsDays で行ったり, コーチを設けて一貫した 知見の共有は内部DevOpsDays で行ったり, コーチを設けて一貫した 知見の共有は内部DevOpsDays で行ったり, コーチを設けて一貫した 知見の共有は内部DevOpsDays で行ったり, コーチを設けて一貫した メッセージを送れるようにした メッセージを送れるようにした メッセージを送れるようにした メッセージを送れるようにした メッセージを送れるようにした メッセージを送れるようにした                                     © 2019 tady0919 10 / 13
  11. 14.14 14.14 14.14 14.14 14.14 14.14 DevOps を取り入れる最大の難問はスケーリング DevOps を取り入れる最大の難問はスケーリング

    DevOps を取り入れる最大の難問はスケーリング DevOps を取り入れる最大の難問はスケーリング DevOps を取り入れる最大の難問はスケーリング DevOps を取り入れる最大の難問はスケーリング スケーリングの成功には継続的な実践と失敗からの学習が不可欠 スケーリングの成功には継続的な実践と失敗からの学習が不可欠 スケーリングの成功には継続的な実践と失敗からの学習が不可欠 スケーリングの成功には継続的な実践と失敗からの学習が不可欠 スケーリングの成功には継続的な実践と失敗からの学習が不可欠 スケーリングの成功には継続的な実践と失敗からの学習が不可欠 変化しつける環境の中で正しい道を選び, 個人, チーム, 組織で必要と 変化しつける環境の中で正しい道を選び, 個人, チーム, 組織で必要と 変化しつける環境の中で正しい道を選び, 個人, チーム, 組織で必要と 変化しつける環境の中で正しい道を選び, 個人, チーム, 組織で必要と 変化しつける環境の中で正しい道を選び, 個人, チーム, 組織で必要と 変化しつける環境の中で正しい道を選び, 個人, チーム, 組織で必要と されるスキルのレベルアップが成功の準備となる されるスキルのレベルアップが成功の準備となる されるスキルのレベルアップが成功の準備となる されるスキルのレベルアップが成功の準備となる されるスキルのレベルアップが成功の準備となる されるスキルのレベルアップが成功の準備となる                   © 2019 tady0919 11 / 13
  12. Appendix Appendix Appendix Appendix Appendix Appendix © 2019 tady0919 12

    / 13
  13. 参考情報 参考情報 参考情報 参考情報 参考情報 参考情報 Joblint Joblint Joblint Joblint

    Joblint Joblint gov.uk gov.uk gov.uk gov.uk gov.uk gov.uk Target のGitHub Target のGitHub Target のGitHub Target のGitHub Target のGitHub Target のGitHub                   © 2019 tady0919 13 / 13