Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

第49回RC65_エネルギー業界の需要家サイドの価値シフトとDX化を支援するエネがえるのご紹介_国際航業樋口様_.pdf

 第49回RC65_エネルギー業界の需要家サイドの価値シフトとDX化を支援するエネがえるのご紹介_国際航業樋口様_.pdf

109732ee6f79ce8bd76989c7a7a88c45?s=128

エネがえる

November 12, 2021
Tweet

Transcript

  1. エネルギー業界の 需要家サイドの価値シフトとDX化 を支援するエネがえるのご紹介 国際航業株式会社 公共コンサルタント事業部コトづくり部 樋口 悟 2021.01 東京大学生産技術研究所SENS様向け

  2. ①国際航業:再エネを活用したまちづくり(10分) ・地産地消・自立分散志向 - 地域新電力×創蓄省エネ×防災・地域貢献など ②エネがえる:需要家サイドのDX支援(25分) ・顧客起点の新規事業・エネルギー診断クラウドサービス(SaaS・API・AI IoT) ③いま注目している分野や課題:(10分) ・インスパイアされる3つの欧州のDER領域サービスや今後の課題 本日お話すること(45分)

  3. 本日のゴール 聞き終わった会員の皆様の中から1人でもいいので 「ぜひ一緒にプロジェクトやりましょう。」 とお声がけいただくこと。 私も東京大学でエネルギーの研究をしたい…

  4. 自己紹介 学生時代は、サッカー。20代後半から10年以上、インターネット領域の事業開発。 エネルギーの世界でも起きつつある「自律・分散・協調的なコト」に興味があります。

  5. 本日お話すること(45分) ①国際航業:再エネを活用したまちづくり(10分) ・地産地消・自立分散志向 - 地域新電力×創蓄省エネ×防災・地域貢献など ②エネがえる:需要家サイドのDX支援(25分) ・顧客起点の新規事業・エネルギー診断クラウドサービス(SaaS・API・AI IoT) ③いま注目している分野や課題:(10分) ・インスパイアされる3つの欧州のDER領域サービスや今後の課題

  6. 国際航業の事業ご紹介

  7. 国際航業(株)とは? 商号 国際航業株式会社 資本金 167億29百万円 売上高 369億7,000万円(2018年3月期) 代表者 土方 聡

    設立 1947(昭和22)年9月12日 所在地 東京都千代田区六番町2番地 従業員 1,847名(2018年3月末現在) 事業所 全国46都道府県に64拠点 事業内容 空間情報事業(空間情報技術サービス、建設コンサルタント サービス)、RE(Renewable Energy)関連事業、防災関連事業、 環境保全事業、社会インフラ事業、マーケティングおよび 位置情報サービス、その他 「Save the Earth, Make Communities Green」 700以上の地方自治体との取引。まちづくりの会社。
  8. 70年に渡り日本の測量・地理空間ビジネスを開拓

  9. いまは、どんな事業をしているか?

  10. 事業紹介の前に・・ なぜ、わたしたちが需要家サイドに注目するのか? 事業開発担当として、どんな捉え方をしているか?

  11. なぜ需要家サイドか?欧米のDemand-SideのStartup群 参照:Whitepaper: The top 5 things investors should know about

    the energy transition(delta-ee) https://www.delta-ee.com/downloads/1-research-downloads/45-new-energy-business-models-research/2701-whitepaper-the-top-5-things-investors-should- know-about-the-energy-transition.html
  12. エネルギー構造変化の5Dに加える色んなDとReとWe Depopulation 人口減少 Digitalization / Dx デジタル化による事業モデル変革 Deregulation 自由化・規制緩和 Decentralization

    分散化 Decarbonization 脱炭素 Supply-Side 供給者サイド isaster ウィルス 感染 自然 災害 気候 変動 Data Driven SaaS・API・AI IoT・電力D Direct D2C・DirectMarketing・P2P Dynamic 市場連動・気象連動 Demand-Side 需要家サイド 価値シフト、DR、DSF Weather Tech 衛星データ・気象データや気象テック 同時多発・複合災害リスク Re-XX RE100・Resilience・ReDesign 顧客起点で 痛みや悩みを 見つけてカエル 価値の源泉は需要家サイドへ
  13. 需要家サイドでの3つの領域が当社の主戦場 大規模電源 電力系統 蓄電池 EV(V2X) 大規模再エネ EQ Supply-Side (供給者) PV

    自治体遊休地で太陽光発電 約30MW 太陽光PPA・LEDリース 避難所向け蓄電池VPP Demand-Side (需要家) 産業用 ①公共PV・避難所DER SmartCiti/Town運営 ②電力小売・ 地域新電力 ③家庭用DER 導入支援 グループ会社 約240MW B2B SaaS・AI IoT 経済効果診断&最適制御 太陽光 最適な電気料金プラン
  14. 海外メディアで良く出てくる需要家Flexibilityに注目 この領域でどんな商売ができるか?

  15. 国際航業のアプローチ エネルギーを道具にまちをカエル 地産地消・雇用創出・安全安心

  16. ①地方自治体と再エネ・DERを活用したまちづくり 宮崎県・都農町・弊社グループの三者でパートナーシップ協定 を締結。リニアモーターカーの実験線として使われていた⾧さ 3.9kmの高架上にパネルを設置したメガソーラー発電所を運営。 地 域 に 根 差 し

    た 地 産 地 消 モ デ ル の 実 現 世界一⾧い太陽光発電の建設・運営 国内初のエネルギーマネジメント会社設立 「災害に強く、地球にやさしい低炭素まちづくり」がコンセプト のエコモデルタウン『グリーン・コミュニティ田子西』。太陽光 発電、自立型エネファーム、蓄電池などを活用した最先端のシス テムで災害時も自立可能。集合住宅の一括受電・熱供給も実現し ました。 宮崎県都農町 仙台市田子西 総務省スマコミ事業として全市公共施設の省エネ化+EMS導入 宮城県 塩竃市 離島における太陽光,EV(iMIV)、蓄電池による自立分散型システム導入 東京都 神津島村 地域新電力会社を設立して町公共施設に電力供給 国と都の補助獲得(自己資金20%以下)。設計施工一括方式によりわずか1年間で導入 奈良県 三郷町 SDGs未来都市を目指して低炭素化事業を展開中。 全14施設にLED、蓄電池、EMSを導入し、エネルギーの有効利用を図る。 グリーンコミュニティの創造 ミッション 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー を 活 用 し た ま ち づ く り の 実 践
  17. 最大出力 708kW 敷地面積 12,549.58 ㎡ 工事着工 2014 年 1 月

    運転開始 2014 年 4 月 (和歌山・橋本ソーラーウェイ) 【施設の特徴】 和歌山県所有の「旧ダイオキシン類無害化処理対策地」にて建設。 官民一体といった要素が加わった今後のまちづくりを示唆する 象徴的な事業であり、 ①環境学習の支援(見学施設・設備の設置、見学会実施) ②非常用電源の提供 ③防災対策及びまちづくりの提案 等、和歌山県の防災政策に貢献できる提案を行っています。 ②自治体遊休地での小規模PV施設を全国約20ヶ所 全国6ヶ所の廃棄物処分場跡地(活用に困る)で太陽光発電 ※大規模太陽光・バイオマス発電所はグループ会社のJAG国際エナジーが全国展開(全国約280MW規模)
  18. ③地域新電力設立・運営(奈良県三郷町) 地産地消・地域内資源の活用を志向 公共施設ソーラーカーポートでの太陽光PPA事業など 防災倉庫屋上に太陽光PPA 災害時無償(非常用電源)

  19. ④仙台田子西グリーンコミュニティ

  20. 国内初のエネルギーマネジメント会社設立 (当社・NTT東日本・NTTファシリティーズ) 一般社団法人仙台グリー ン・コミュニティ 推進協議会 戸建住宅 復興公営住宅 設備使用料 電気・ガス供給、 DRサービス

    電気・ガス使用料 設備レンタル
  21. ▪電源を活用した自立型スマートハウス群 「スマートヴィレッジ」 電力の自給自足率を向上させるため、各戸建住宅に太陽電池 (PV)、燃料電池(FC)、定置型リチウムイオン蓄電池 (LiB)もしくは電気自動車(EV)を設置します。 PVやFCが発電した電力をLiBやEVに効率的に蓄電する制御技 術に加え、電力の発電・消費状況を可視化する高度なホームエ ネルギーマネージメントシステム(HEMS)を導入するほか、 ⾧期停電時には系統と解列して、PV、FCを利用し電力を供給 する仕組みも導入します。

    ▪高圧一括受電+デマンドレスポンス サービスを導入「復興公営住宅」 国内でも稀な集合住宅4棟を自営線で結び、高圧一括受電、 電力供給を行うモデルを導入します。居住者には通常の電 気料金を徴収しますが、デマンドレスポンスサービスを導 入し、省エネ応答した居住者に対して、電気料金の割引可 能なポイントを発行します。 また、⾧期停電時には太陽電池(PV)、ガスコージェネ レーションシステム(CGS)を活用して集会所に最低限の 電力を供給する仕組みを導入します。 スマートヴィレッジ街区イメージ
  22. ⑤ノキシタ(田子西:100%出資子会社AiNest設立) 「まちのちからで、社会保障費を縮減する」(脱補助金・脱助成金) ・厚労省ソーシャル・インパクト・ボンドのモデル事業(2017年) ・企業主導型保育園+障害者サポートセンター+障害者就労支援カフェ+コレクティ ブスペース+コミュニティースペース+再エネ関連事業(屋根PV等)

  23. ⑥東京都ソーラー屋根台帳(ポテンシャルマップ) 航空写真データ提供・判読・解析等 ※測量×エネルギー・脱炭素領域のソリューション

  24. ⾧野県でも。信州屋根ソーラーポテンシャルマップ 航空写真データ提供・判読・解析等 ※測量×エネルギー・脱炭素領域のソリューション

  25. 2025-2030に向けた取組み デジタルツイン・4D都市 3D・4D都市モデル デジタルツイン 再エネ・脱炭素系シミュ 電力データ利活用 特に空き家・防災 自治体VPP 地域マイクログリッド (レジリエンス)

    単体API×組合せ 統合プラットフォーム・データ基盤 エネルギーを道具として利活用したまちづくりDX
  26. 本日お話すること(残り35分) ①国際航業:再エネを活用したまちづくり(10分) ・地産地消・自立分散志向 - 地域新電力×創蓄省エネ×防災・地域貢献など ②エネがえる:需要家サイドのDX支援(25分) ・顧客起点の新規事業・エネルギー診断クラウドサービス(SaaS・API・AI IoT) ③いま注目している分野や課題:(10分) ・インスパイアされる4つの欧州のDER領域サービスや今後の課題

  27. エネがえるのアプローチ テクノロジーを道具にエネルギーをカエル クラウド・SaaS・APIs・AI IoT・DX めんどうで難しいエネルギー診断・予測・制御を だれでも安くカンタンにできるように

  28. きっかけは、お客様の声(顧客志向の事業開発) きっかけは、2015年 仙台市田子西地区 震災復興事業の一環でスマートシティ開発を実施。 「HEMS,太陽光,蓄電池等を搭載したスマートハウスなのに どうして電気代が高いんだ!?」 お客様の声からエネがえるが誕生しました。

  29. エネがえるとは? 「むずかしいエネルギーをかんたんにカエル」 大企業から1人社⾧経営者まで全国500社が導入 3タイプのクラウドサービスで需要家サイドのエネルギー事業者のDXを支援。 •販売施工店・商社など:B2B SaaS(0円プラン・有償月5万) •新電力・商社、TPO/PPA事業者など:APIサービス(月30万) •蓄電池メーカーなど: AI蓄電池充放電最適制御システム ・3日かかるシミュレーションや診断・提案書作成が15秒で完了

    ・太陽光・オール電化・蓄電池の経済効果シミュレーター ・家庭用蓄電池の販売施工・工務店には圧倒的な知名度とシェア率 ・独自のWebシミュレーターや提案・見積システムが簡単に作れる ・Bルート・Cルート・HEMS等の実電力消費量データ連携も標準対応 ・料金プランや製品情報のメンテナンス不要(エネがえるが自動更新) ・気象データAPI、発電量予測・需要予測ロジック+エネがえるAPI ・気象警報や3,000プラン以上のTOU含む料金プランと連携した最適制御 ・最適制御実装後の製品を当社顧客の自治体VPP等へ販売支援も展開
  30. エネがえる導入企業 大手から中小まで全国520社・診断回数450万回 主に低圧・家庭向けスマエネ事業者(*今後、高圧産業用に対応)

  31. 家庭向け蓄電池は経済効果がないのに売れるのか?

  32. 太陽光・蓄電池商社は?

  33. 日本の「100年に一度の台風豪雨」は2040年までに3倍増する可能性……マッキンゼーがレポート | Business Insider Japan https://www.businessinsider.jp/post-219600 日本の「100年に一度の台風豪雨」は 2040年までに3倍増する可能性 マッキンゼーがレポート ※東京含む首都圏のほか四国・九州の一部地域、伊勢湾沿岸地域にあたる三重県なども含まれている。

    論理的に予測不可能な蓄電池の突発ニーズ 蓄電池に注目する最大の理由
  34. 台風が通過するときのTwitterの様子 「停電 蓄電池」で検索すると・・・わんさか。 SNSで検索して検証してみると・・・

  35. 避難も分散型の時代=DERの必然性

  36. Product①エネがえるASP 料金:0円プラン~ お気軽に 太陽光・オール電化・蓄電池経済効果シミュレーター (最適な電気料金プランも自動提案) ▼ 経済効果の計算式は? =①PV余剰売電+②PV自家消費+③蓄電池効果+④電気料金プラン切替差額 3日かかる仕事 人に依存する。エクセル計算で残業

    適当な計算でクレーム 15秒で完了 だれでも簡単。いつでもどこでも 信頼されるので受注率アップ 営業DX
  37. 診断レポートのイメージ

  38. お客様の声 顧客視点をもつ誠実なお客さんが多い

  39. エネルギー診断エンジンを30種以上のAPIとして提供(OEM) 内製やスクラッチ開発なんて高いし遅いし無理・・・な悩みを、APIで迅速に解決 新電力 Web料金シミュレータ 大手通信会社 Bルート連携アプリ 新電力 低圧・高圧の見積自動化 蓄電池商社 オリジナル提案システム

    蓄電池メーカー AI充放電最適制御 HEMSメーカー エネルギー診断の実装 お客様 (需要家) ・家庭(主) ・低圧事業者 ・高圧産業用 当社 (AWS) ・実装の支援 ・予測ロジック ・比較診断ロジック ・APIの保守管理 ・料金プランや製品 データ収集・更新 ①電気料金プランDB ②ガス料金プランDB ③PV発電量予測 ④蓄電池製品DB ⑤オール電化製品DB API導入企業 Product②エネがえるAPI 料金:0円お試し~ お気軽に
  40. 新電力向けWeb料金プランシミュレータを簡単に安価に実装できるAPIサービス提供 最大300社5,000プラン対応 (隔月2回上位100社自動更新) 導入事例1 – TRENDEあしたでんき

  41. 導入事例2 - サニックスでんき

  42. エネがえるAPI×3万サイトAI解析の知見=成果の出るDX DXコンサル 大量データ (現在34,000サイト) 定石を発見して自動化 安価に提供して ユーザー数拡大 コンサルの価値UP AIアナリスト (自動で改善提案する)

    研究所 WACUL 取締役 垣内勇威 新電力・メーカー・蓄電池D2Cのデジタルマーケ支援 ×
  43. Product③エネがえるAI Sense(IoT) 蓄電池メーカーやリソースアグリゲータ向け AI蓄電池充放電最適制御システム ▼主な機能 ①気象予測・気象データAPI ・郵便番号・住所単位。5kmメッシュ・3時間毎 ②発電量予測・需要予測・余剰電力予測 ・衛星データから日射量予測。 ③蓄電池制御用の電気料金プランAPI

    ・100社3,000プラン以上(新電力・TOU含む) ④蓄電池導入効果見える化API ⑤蓄電池運転情報を加味した最適プラン提案API ⑥充放電最適制御ロジック・スケジュール送信 ・通常時:気象・TOUによる経済性重視の制御 ・非常時:気象警報トリガーで自動優先的に満充電制御
  44. 導入事例-村田製作所 (エネがえるAI Sense)

  45. Solution:避難所向け蓄電池VPP 「よなご未利用エネルギー活用事業」VPP 構築 米子市・ローカルエナジー 再エネ設備+クラウド型EMSをセット提供 https://www.lenec.co.jp/info_files/7928675349.pdf ①環境効果(消化ガス発電による未利用エネルギー+避難所への太陽光設置) ②地産地消の経済効果(DER開発・蓄電池VPPにより地域外流出コスト削減。地域内循環) ③防災・レジリエンス(避難所4ヶ所PV+13ヶ所蓄電池:9.8kWh+気象警報連動の自動充電)

  46. 注目 - 電力融通制御ソフト(Sony CSL)が無償OSS公開 これを活用し、地産地消マイクログリッドの実装やまちづくりに使えないか?

  47. 本日お話すること(残り10分) ①国際航業:再エネを活用したまちづくり(10分) ・地産地消・自立分散志向 - 地域新電力×創蓄省エネ×防災・地域貢献など ②エネがえる:需要家サイドのDX支援(25分) ・顧客起点の新規事業・エネルギー診断クラウドサービス(SaaS・API・AI IoT) ③いま注目している分野や課題:(10分) ・インスパイアされる3つの欧州のDER領域サービスや今後の課題

  48. Inspire1# Social Energyの豪州市場 家庭向けVPP 参照:https://onestepoffthegrid.com.au/social-energy-launches-solar-and-battery-vpp-based-retail-offer-in-australia/ ▼蓄電システムの投資回収期間:約6年目標(※$9,000/11.6kWh=約8万円/kWhのSolaXのLiB) ・サービス・・・電力小売+太陽光・蓄電池+VPP ・VPP報酬・・・ $450/年(9.5kWh以上の蓄電システムの場合) ・太陽光(6.6kWp)+蓄電池(11.5kWh)セット価格:$12,000(Duracell

    or SolaX) ▼Duracell社蓄電システム(家庭用) ・ $9,000 /11.6kWh=$775/kWh →日本円換算で約8万/kWh
  49. Inspire#2 Utilihive(オスロのGreenbird社)のiPaaS for Utilities ▼配電事業者・小売事業者のDXを加速するiPaaS(=Integration Platform as a Service) ・ユースケース別に素早く実装できるAPIやData

    LakeをSaaS方式で提供→最大80%実装期間短縮 ・デジタルグリッド、スマートシティ、eMobility、マイクログリッド、DERを支援するData API →国内スマートメータデータの8割、台湾電力(120万世帯データ管理)などの導入実績 https://www.greenbird.com/utilihive
  50. Inspire#3 openLEADER (LF Energy社 / 米サンフランシスコ) ▼オープンソースのOpenADR対応のプログラミングコード(Python3ベース) ・VPPシステムに必要なOpenADR(規格)をより簡単に低コストで実装できるオープンソース ・ LF

    Energyは、OSSを通じた送電網のエネルギー転換を目指すリナックス財団の非営利団体 ・python3(プログラミング言語)で書かれたVTN/VEN等のソースコードが公開されている →より汎用的かつ安価にOpenADR対応のVPPシステム等を開発・実装できる可能性 https://www.lfenergy.org/projects/openleadr/
  51. これらを踏まえた当社の課題と制度設計への期待 ▼DERを推進する上での3つの課題 ①家庭用蓄電池の投資回収期間の短縮(価格低減以外のアイデア) ②小規模な地域新電力や自治体にも提案できる激安EMS(VPP市場参入促進) ③エネルギー領域のソフトウェアへの投資促進(モノからコトへのシフト加速) ▼上記課題を制度設計サイドとの恊働で解消するアイデア ①リアルな顧客接点をもつ全国TOPクラスの販売施工店を巻き込めないか? ②エネ事業者がSaaS・API・IoT等に積極投資できるインセンティブ設計ができないか?

  52. ご清聴ありがとうございました。 まちづくりやDXの視点でぜひご一緒に