Speaker Deck

えー?Datadogなにそれ?って言ってたエンジニアやマネージャに歓迎されたダッシュボードご紹介 - AWS Summit Tokyo 2017

by Shun Takagiwa

Published May 31, 2017 in Technology

えー?Datadogなにそれ?
って言ってたエンジニアや
マネージャに歓迎された
ダッシュボードご紹介
(株) QualiArts
事業準備室 システムエンジニア
高際 隼
AWS Summit Tokyo 2017
アジェンダ
自己紹介
ダッシュボードご紹介
Tipsご紹介
クラスタ内の異常ノード検出
サイバーエージェントのゲーム子会社群 (SGE) にて
Datadogを布教している話
おわりに
自己紹介
高際 隼 (たかぎわ しゅん)
twitter: @shun_tak
2013年 (株)サイバーエージェント入社
ゲーム部門に配属
運用タイトル・新規タイトルともに3本ずつ経験
現在 (株)QualiArts
2016年、旧アメーバゲーム事業本部からスピンオフ設立
事業準備室にて新規タイトル開発中
たまにSGEのメンバーとしてグループ会社の火消し開発支援
ロール
ゲーム開発者
システムエンジニア
パブリッククラウド (AWS/GCP) を使ったシステム設計/構築/実装/運用
採用や育成
e.g. オンプレで育ったエンジニア向けクラウド勉強会
https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/273/
ダッシュボードご紹介
全体
ダッシュボードのタイトル
「パッと見で現状把握」
ファーストビュー
中〜下の方
その他に作ってるダッシュボード
トレンド把握
TimeBoardでより長いトレンドを追えるようにしてる
Tipsご紹介
クラスタ内の異常ノード検出
RANK機能で異常ノードを検出
Heatmap機能で異常ノードを検出
DBSCAN機能で異常ノードを検出
DBSCAN機能で異常ノードを検出
SGEにて
Datadogを布教している話
SGE = サイバーエージェントのゲーム子会社群
Datadog布教手順
火消しのついでに入れていく
現場のエンジニアやマネージャに見せて
良いものだと分かってもらう
2週間無料ですし、使えなかったらやめてもいいですし
火消し案件がなくても導入済みのダッシュボードを見せていく
パッと見で現状把握
さくさく作れるところをデモしたり
すごく良いものですよこれは!という刷り込みをしていく
実際いいですよ
実際の反応
muninとzabbix捨てられるじゃん
ダッシュボードの自由度が高い
かっこいい
簡単
サポートが日本語対応してないから辛い
→最近は対応してます
オートスケールすると高い
→時間課金もあります
うちのプロジェクトにも導入してくれ
→え、俺がやるの?(やるけど…)
おわりに
ビジネスに集中
Datadogでモニタリングや分析を効率化
開発者のリソースを付加価値創出に集中しよう
教えてください!
Datadog使い始めたばかりなので、
実際あまり良くわかってません
でもすごく良いものだと感じてます
ぜひ情報交換しましょう!お気軽にご連絡ください!
twitter: @shun_tak
e-mail: takagiwa_shun@qualiarts.jp
スライドはSpeaker Deckに上げます
アジェンダ
自己紹介
ダッシュボードご紹介
Tipsご紹介
クラスタ内の異常ノード検出
サイバーエージェントのゲーム子会社群 (SGE) にて
Datadogを布教している話
おわりに