SaaS startup career event for engineer 2020-07-14

SaaS startup career event for engineer 2020-07-14

以下のイベントでの発表資料です。
https://forkwell.connpass.com/event/180705/

A8341bc33e5d88f607328d5a82fa42e1?s=128

SMARTCAMP

July 14, 2020
Tweet

Transcript

  1. スマートキャンプ株式会社 会社説明 SaaSスタートアップキャリアイべント for エンジニア 2020.07.14 プロダクト本部 本部長 米元智

  2. 自己紹介 2 SIer、ネット広告ベンチャー、エンジニア向けB2B SaaSのスタ ートアップを経て2018年2月にスマートキャンプに入社。 BOXIL・BALES CLOUDの開発に携わり、現在はプロダクト本部 の本部長として開発組織のマネジメントをしています。 米元 智(Yonemoto

    Satoshi)
  3. みなさんの中で こんな方いませんか? 3

  4. 4 • スクラムでチーム開発したい方 • ユーザーファーストかつデータドリブンな開発をしたい方 • 成長サービスのマイクロサービス化や設計の改善に取り組みたい方 • マネジメントも嫌いじゃないけどもっとコードを書きたいシニアな方 •

    開発者体験を向上しプロダクト開発を爆速にしたい方
  5. いずれかに当てはまる方は今すぐ面談のお申込みお願いします! 5 面談お申し込みフォーム

  6. 本日のアジェンダ 6 • 会社概要 • 事業説明(BOXIL、他) • BOXIL開発チームの紹介 • 開発組織全体について

  7. 会社概要 7

  8. 会社情報 代表 代表取締役社長 古橋 智史 設立 2014年6月4日 資本金 224,861,971円 従業員数

    75名(正社員・時短正社員・契約社員) 取得認証 プライバシーマーク グループ 株式会社マネーフォワードグループ ※ 2019年11月11日よりジョイン スマートキャンプ株式会社 SMARTCAMP CO., LTD. 8
  9. 会社情報 9 本社は田町。まだ移転して1年ちょっとですが、今年はほぼリモートになりあまり使えず・・・

  10. MISSION テクノロジーで社会の非効率を無くす VISIONである「Small Company, Big Business.」 を実現するために果たすべき使命 10

  11. B2B × 営業活動の生産性向上 (マーケティング・セールス領域) 11 主な事業ドメイン

  12. BOXILについて 12

  13. BOXILとは 13 SaaS導入を検討しているユーザーとSaaSベンダーをマッチングするサービスです

  14. 国内の主要SaaSプロダクトを網羅 14 1,000以上のSaaSプロダクトを掲載。

  15. 国内No.1のSaaSマーケティングプラットフォーム 15 * 当社調べ。利用者数の定義は*2に基づく。 *2 2019年9月1日から同年9月30日の期間に発生した、セッション(Webサイトを開いて閉じるまでの一連の流れ)数をSimilarWebにて計測。 540万

  16. ちなみに 16 SaaSの潜在市場規模 6兆円 逆に言うとSaaSの普及はまだまだこれから。 総務省の調査によるとSaaSを導入している企業はそうでない企業よりも 約30%生産性が高い。 今後、少子高齢化により日本の労働人口が減少していく中で、BOXILは SaaSの普及を通して日本全体の生産性向上にも貢献していきます。

  17. 取り組んでいること 17 • ユーザーインタビュー・ユーザーテスト起点でのプロダクト改善 • SaaS選びに必須の口コミやサービス詳細ページの強化 • SEOの強化

  18. 取り組んでいること(システム改善) • Rails 6.0.3(最新)へのアップデート ✔ • Ruby 2.7.1(最新)へのアップデート ✔ •

    モダンなフロントエンド環境への移行 • EC2からFargateへの移行 • マイクロサービス化 or 疎結合な設計へ改善 18
  19. その他の事業 19

  20. BALES・BALES CLOUD(インサイドセールス) 20

  21. BOXIL EXPO(日本最大級のオンライン展示会事業) 21

  22. 詳しくは会社説明資料を御覧ください 22 または『スマートキャンプ 会社説明資料』で検索 https://smartcamp.co.jp

  23. BOXIL開発チームの紹介 23

  24. BOXILの開発体制 24 PdM Design Engineer

  25. BOXILの開発体制 25 プロダクトマネージャー は エンジニア出身 3ラインでの開発 PdM Design Engineer

  26. 開発の流れ(スクラム) 26 - スクラムを導入 - 1週間で1スプリント - MTGは全て金曜日に集め、月〜木曜日に集中して開発 - 金曜日にやっていること:

    一週間の成果物共有、振り返り、次週開発するものの確認
  27. スクラム × リモート 27 Sprint Reviewの様子 (金曜日の成果物共有MTG) リモートでのモブプロ開発 もともと週1日リモート開発をしており、コロナ以降はフルリモートで開発中 ※今週から週1出社を試しています

  28. 28 ホワイトボード+付箋 Figma スクラム × リモート 以前はオフラインで行っていた振り返り(KPT)もオンライン化しました

  29. 利用技術 29 BOXILは2015年にリリースされました。 レガシーな技術とモダンな技術が混在していますが、より高いDXを実現するために改善を重ねています。

  30. 開発組織全体の取り組み 30

  31. 大事にしている価値観・目指す状態 31 HRT 自己組織化 謙虚(Humility) 尊敬(Respect) 信頼(Trust) チームが自ら課題を発見し その課題を解決できる

  32. 32 社外のアドバイザーにより先人の知見を得られる環境 Launchable, inc. 庄司嘉織 サイボウズ株式会社 天野祐介 技術顧問 アジャイルコーチ

  33. イベント・合宿・TDDワークショップ 33 B2B SaaSエンジニアMeetup 他のB2B SaaS企業と共同で勉強 会を開催しています。 開発合宿 普段とは違うチームで2泊3日の 開発合宿。

    社内の課題を解決するシステム を開発。 昨年は熱海で実施しました。 twadaさんによるTDDワークショップ 2020年2月にはtwadaこと和田卓人さんにお願い してTest Driven Developmentのワークショップ を開催しました。 ※今後はリモートで実施
  34. テックブログ 34 月間15,000〜20,000PVまで成長 約10人で持ち回り制 業務として記事を書いており、 開始から1年半、毎週欠かさず更新中

  35. 技術向上やプロセスの改善に積極的な環境です 35

  36. 36 興味を持った方、ぜひ面談でお話しましょう!

  37. Q&A (参考:メンバーの入社理由) 37 面談お申し込み フォーム

  38. 38