Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

スパイダープラス株式会社のご紹介

 スパイダープラス株式会社のご紹介

Transcript

  1. スパイダープラス株式会社のご紹介

  2. スパイダープラス株式会社は何をしているの? © SpiderPlus & Co. 2 建設Tech SaaS 巨⼤な建設業界をDXする

  3. スパイダープラス株式会社は何をしているの? © SpiderPlus & Co. 3 サービス ビジネスモデル 市場性 IT化が進んでおらず、課題が多い62兆円の巨⼤な建設市場

    現場経験から⽣まれたプロダクトSPIDERPLUS 成⻑し続ける積み上げ型ビシネスモデル(SaaS型課⾦モデル)
  4. 建設業界の課題 ⼤きなイノベーションが求められる業界 そこには⼤きな課題があります © SpiderPlus & Co. 4 労働⽣産性の低さ (全産業:4,300円/⼈・時間/

    建設業:2,687円/⼈・時間) 長時間労働 ⾼齢化、若年 層・後継者不⾜ 人手不足 研究費対 売上⾼⽐率の低さ (全産業:3.3%/建設業:0.9%) 改善不足 図⾯ 書類 記録写真 検査記録
  5. 業界の課題を解決する スパイダープラス

  6. SPIDERPLUSとは © SpiderPlus & Co. 6 iPadによる施⼯現場の記録 ⻑時間労働などの就業環境を改善し 技術者の⼈材不⾜問題を解決する 現場作業の「楽しい」を

    創造するアプリSPIDERPLUS 現場作業をラクにして “働く“にもっと 「楽しい」を創造するアプリ 図⾯ 書類 記録写真 検査記録
  7. SPIDERPLUSの概要 © SpiderPlus & Co. 7 図⾯と写真を結び付け、エクセルで報告書を作成するまでを ワンストップで可能なSaaS型のサービス 社内 建設現場

    大量の図面 大量の現場写真 報告書 オプション機能 大量の図面 「事務所・現場」どこでも図面を確認・現場の情報が瞬時にインプット・反映が可能 データ入力 データ入力 データ入力 反映 反映 PC タブレット
  8. SPIDERPLUS機能⼀覧 © SpiderPlus & Co. 8 標準機能 オプション機能 図⾯管理機能 ⼯事写真機能

    配筋検査機能 仕上検査機能 杭施⼯記録機能 図面閲覧 写真貼付 コメント入力 図面内手書き入力 図面内図形入力 図面内距離測定 図面メモ共有 図面メール送信 iPad PC 図面管理 ユーザー権限設定 エクセル出力・印刷 コメント入力 写真貼付 電子黒板 写真帳(エクセル出力) 配筋検査入力画面 写真帳(エクセル出力) 業者別指摘事項一覧 (エクセル出力) 指摘写真一覧 (エクセル出力) 仕上げ検査入力画面 施工杭入力画面 • 既製杭、場所打ちコンク リート杭のいずれにも適応 可能。 • ⼯程に沿った確認項⽬を チェック、記録写真が撮影 でき、記録漏れを防ぎます。 • 杭伏図に各杭のアイコンを ⾊分け、施⼯状況や全体進 捗を把握できます。 • 登録した杭設計データや ボーリングデータ等をiPad 上で確認でき、現場での効 率化や品質改善効果が⾒込 まれます。 • 今まで作成に時間を要して いた⼀連の杭施⼯記録を、 簡単にExcelファイルに出⼒ できます。
  9. 建設現場で求められる機能を開発・提供 © SpiderPlus & Co. 9 各検査機器メーカー等と連携し、様々な機能の開発を進め、 お客様のご要望をかたちにしています。 電⼦納品・電⼦⿊板改ざん検知対応機能 撮影する写真に対して、改ざん検知機能を設定、電⼦納品対応設定(国

    ⼟交通省2017年1⽉30⽇ガイドラインに準拠)が可能。 総合設備会社向けCADソフト Tfasデータを登録対応 撮影する写真に対して、改ざん検知 機能を設定、電子納品対応設定(国 土交通省2017年1月30日ガイドライ ンに準拠)が可能。 確認・チェック・承認に便利な スタンプ機能 「危」「未」などを「スタンプ」とし て図⾯上のどこにでも置こことができ、 押下したスタンプに対して写真やメモ を登録可能。オリジナルの画像データ もスタンプとして登録可能。 照度測定機能 測定した照度結果を現場で入力、 事務所で図面やExcel帳票作成を する作業時間を削減。 チェックリスト機能 検査業務の効率化機能。 予め登録した検査項⽬にそって 現場で作業内容の確認を⾏い、 エクセル帳票出⼒ができる。
  10. リリース機能紹介 © SpiderPlus & Co. 10 「⾵量測定機能」オプションを ⼤⼿サブコン会社と共同開発 ⾵量測定が3⼈作業から2⼈、1⼈作業で可能に テストー社の⾵量測定器とiPadをBluetooth接続、計測データを送信・記録でき

    るので、別途計測したデータを⼿⼊⼒する必要が無く、検査帳票出⼒までの⼀ 連の作業を⼊⼒ミス等なくスムーズに⾏え、より検査業務の効率化が図れます。 また、従来のように「計測」「補助ダクト」「記録」といった3⼈体制が必要 だった⾵量測定の業務が、「計測・記録」「補助ダクト」の2⼈作業、もしくは 「計測・記録・補助ダクト」の1⼈作業での遂⾏が可能になり、⾵量測定の⼤幅 な作業時間の削減や、作業効率化を実現します。 RICOH THETA(リコー シータ)と連携、 施⼯記録を360°写真で保存可能に 現場調査業務を⼤幅に効率化 株式会社リコーが開発した全天球カメラ「RICOH THETA」をiPadの外部 カメラとしてWi-Fi接続。撮影した360°写真を施⼯記録写真として撮影・ 保存・登録。現場調査に必要な写真撮影の回数を劇的に減らすことができ、 撮影漏れを少なくすることができます。また事務所での写真整理業務を⼤ 幅に削減できます。 360°写真はSPIDERPLUS登録後、⼀部分を⻑⽅形に切り抜き、⼀般的な 写真データとしても使⽤でき、THETAで撮影した写真にも電⼦⿊板機能が 使⽤できます。
  11. SPIDERPLUSの導⼊効果 導⼊後⼀⽇平均約2.5hの業務効率を実現 © SpiderPlus & Co. 11 年間 300時間 ⽉間

    50時間 1⽇ 2.5時間 2.5時間×20⽇=25時間 ⽉間25時間×12ヶ⽉=300時間 年間300時間の業務改善 1⽇2.5時間の業務改善が⽉に20⽇あった場合 ※電気⼯事業導⼊企業の社内調査による 導⼊前 導⼊後 改善例(⼀⽇) 2.5h 削減時間 4h 1h 0.5h 現場巡回 写真整理 5h 2h 1h 現場巡回 写真整理 指摘事項チェック
  12. 導⼊企業のご紹介 © SpiderPlus & Co. 12 全国約700社、35,000⼈以上に利⽤されています

  13. スパイダープラス株式会社 について

  14. 経営陣のご紹介 © SpiderPlus & Co. 14 各セクション毎の経験を豊富に有す経営メンバーで事業を経営 伊藤 謙⾃|Kenji Ito

    CEO/代表取締役社⻑ 建設資材商社営業、熱絶縁⼯事の施⼯管理を経て、 1997年伊藤⼯業を創業。建設業界のIT化の遅れを ⾃ら体感し、タブレット登場とともに建設業を ターゲットにしたIT事業を開始。 増⽥ 寛雄| Hiro Masuda CTO/取締役 2010年のIT事業開始の際に参画。 SPIDERPLUSのプロダクト部⾨を統括。 鈴⽊ 雅⼈|Masato Suzuki CBO/取締役 インテリアデザイナーとして店舗やオフィスなど の設計・デザインやWebやグラフィックデザイン を経験し2010年のIT事業開始の際に参画。コーポ レートブランディング、デザイン、IRを統括。 ⼤村 幸寛| Yukihiro Omura CAO/取締役 公認会計⼠としてEYにて監査業務に従事した後、 2017年に参画。財務責任者としてコーポレート部 ⾨を統括。 ⽯⼾ 祐輔| Yusuke Ishito CRO/取締役 建設業界で施⼯管理技⼠として現場管理に従事。 その後上場ITベンチャーにて営業職、⼤⼿営業コ ンサルティング企業でITを中⼼にプロジェクトの コンサルタント、ディレクター業務を経験。2019 年SpiderPlusに参画。SPIDERPLUSの事業を統括。 川合 弘毅|Hiroki Kawai CPO/取締役 公認会計⼠としてEYにて監査業務に従事した後、 ゼネコンに⼊社。その後数社の上場企業などの社 外役員を経験し、2018年よりSpiderPlusに参画。 新規事業開発、採⽤を統括。
  15. Mission Statement © SpiderPlus & Co. 15 私たちは、“働く“にもっと 「楽しい」を創造します。 お客様の課題を解決していく喜びや楽しさを通じて

    仕事にもっと夢中になれる世の中をつくり続けます。 私たちは、 働く を⼼底楽しいと思えることが 最も⽣産性を向上させると信じています。 「楽しい」を創造していくことが、 私たちの壮⼤なるミッションです。
  16. Way © SpiderPlus & Co. 16 01. 仕事を楽しむ 世の中に「楽しい」を創造するために、まずは私たち⾃ ⾝の仕事に「楽しい」を⾒出そう。

    02. 現場を楽しむ お客様に寄り添い、そのお客様の現場にとって何が本当 に「楽しい」か⾒極め、価値を創造する事に喜びを⾒出 そう。 03. 協調を楽しむ 私たちの取り組むミッションは、⼀⼈では到底成し得な い。チームの同僚や、異なるチームと協調し、⼀丸と なって邁進しよう。 04. 挑戦を楽しむ ⼀⼈⼀⼈が困難に⽴ち向い、常にムーンショットを狙っ て、⾃らのチャレンジングな環境を楽しみ続けよう。 05. 成⻑を楽しむ 私たちひとりひとりの成⻑が、より⼤きな価値を⽣み出 し、ミッションを果たすための原動⼒となる。ひとりひ とりが仕事に真剣に向かい合い、楽しみながら成⻑し続 けよう。 06. 変化を楽しむ 求められているものや価値のあるものは時とともに変わ りゆく。その潮流に合わせて、⾃らを絶えずスピード感 をもって変化させ続けよう。変化はやがて進化となって、 私たちのステージをより⾼度なものに引き上げてくれる。