RailsGirlsTokyo#13 MedPeer スポンサーLT

RailsGirlsTokyo#13 MedPeer スポンサーLT

RailsGirlsTokyo 13th でMedPeerのスポンサーLTを行ったときの資料です。
http://railsgirls.com/tokyo.html

Bfc42a2fb137897db919bac632c83085?s=128

Teruhisa Fukumoto

February 15, 2020
Tweet

Transcript

  1. メドピア スポンサー

  2. 1. 自己紹介 2. メドピアについて 3. メドピアのエンジニア達 4. 成長していける環境 Agenda

  3. 自己紹介 01 Chapter.

  4. • MedPeer [2019.10~] • ex. Zeals VPoE / PM •

    Ruby / Python /JavaScript • Gotanda.rb Organizer • Gotanda.js Organizer Teruhisa Fukumoto f-teruhisa @terry_i_
  5. #railsgirlstokyo

  6. メドピアについて 02 Chapter.

  7. 医師12万人(国内医師の3人に1人)が登録する、 日本最大級の医師専用コミュニティサイト

  8. 技術スタック

  9. メドピアの エンジニア達 03 Chapter.

  10. Ruby使い、集まる 2017年:10人 ↑CTO 2020年1月:40人 ↑CTO

  11. OSSに貢献する人 ①『メドピア16期目初の開発合宿@熱海を開催しました! 』 (https://tech.medpeer.co.jp/entry/2019/11/28/105550) ②『松本の地でSass/SCSSの邪悪なアンパサンドを撲滅するために立ち上がった 』 (https://tech.medpeer.co.jp/entry/2019/07/22/080000)

  12. コミュニティに貢献する人 大阪RubyKaigi#2 CFP採択 平成RubyKaigi CFP採択 RailsDM登壇 コミュニティのOrganize(ステマ)

  13. 最新バージョンに追従する人

  14. ①『技術的負債の上手な積み上げ方・返し方 』 (https://logmi.jp/tech/articles/321990) ②『レガシーな独自フレームワークから脱却して Railsへ徐々に移行している話 』 (https://tech.medpeer.co.jp/entry/2017/01/31/004227) Ruby化3年でここまで来れた (実は...)

  15. 04 Chapter. 成長していける環境

  16. エンジニア文化 社内LT会 PR振り返り会 読書会

  17. 学びの支援 テックサポート 勉強会の開催 開発合宿

  18. ①『エンジニアの目線が〇〇に向いていること ――自由な働き方に欠かせないたった一つの視点 』 (https://medpeer.co.jp/corp_blog/513.html) ②『Tailwind CSSという風と共に走るフロントエンド開発 』 (https://tech.medpeer.co.jp/entry/tailwindcss-is-good) 技術が事業価値に直結

  19. さいごに

  20. None
  21. Thank you!!