Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

MODE会社紹介Ver.1.0

 MODE会社紹介Ver.1.0

MODEは、Google、Twitter、Yahooといった大量データを扱う企業でエンジニアリングとマネージメントを経験してきた創業者と日米の様々なIT企業出身のエンジニアや事業経験者が、IoTという発展途上の分野で、まだ解決方法が模索されている未知の難しい技術的問題に取り組んでいます。世界中で使われるサービスを開発するために、グローバルでありながらローカルの強みを生かしたユニークで働きやすいチームづくりを目指しています。会社紹介を是非ご覧になりご興味いただけましたら、こちらのサイトよりご応募いただければ幸いです。よろしくお願いいたします!
https://www.tinkermode.jp/careers

2c8c984f4cb7f80da81052d7435db297?s=128

MODE, Inc.

May 03, 2021
Tweet

Transcript

  1. 会社紹介 Ver1.0

  2. © 2021 MODE, Inc. 
 私たちの会社について COMPANY

  3. © 2021 MODE, Inc. 
 会社概要 MODE, Inc. 上田学 イーサン・カン 2014年7月

    社名 創業者 設立 投資家 カリフォルニア・東京 拠点
  4. © 2021 MODE, Inc. 
 創業者 上田 学 GAKU UEDA

    CEO/Co-Founder イーサン・カン ETHAN KAN CTO/Co-Founder 1997年 スタンフォード大学修士課程卒。2012 年までシリコンバレーのSun Microsystems、 Yahoo! などでソフトウェアエンジニアとしてソフトウェア開発 に従事。 2012〜2014年までサンフランシスコの50Cubes社で Director of Engineeringとして勤務。2014年に上田学とともに、MODE, Inc.を設立。現在は MODEの技術統括を行う。 早稲田大学大学院卒業後就職し、渡米。2003年からGoogle 2人目の日本人エンジ ニアとして、Google Mapsの開発に携わる。その後、当時まだスタートアップだっ たTwitterに移り、公式アカウント認証機能や非常時の支援機能などのチーム立ち 上げ、開発チームのマネジメントを経験。2014年にイーサン・カンとともに、シリ コンバレーを拠点とするMODE, Inc.を設立。
  5. © 2021 MODE, Inc. 
 MODEの歩み(ハイライト) アメリカ・シリコンバレーで創業 2014年 7月 日本・東京拠点を設立

    2017年 9月 2018年 8月 300万ドルの資金調達に成功 MODE Labsを提供開始 2019年 9月 MODE ROBOT CLOUDを提供開始 2020年 9月 2020年 12月 600万ドルの資金調達に成功
  6. © 2021 MODE, Inc. 
 地球上で起こっていることをデータで正確に理解することで、 より良い世界をつくること MODEのミッション

  7. © 2021 MODE, Inc. 
 ソフトウェア中心 スマートフォンやパソコンに入力された膨大な データを活用し、今まで分からなかった unknownをバーチャル世界のデータから導き出 して来たのが今までのデータ活用です。

    例えば文字情報やGoogleマップの渋滞情報、 Twitterのトレンドワードなどをイメージして頂 けると分かりやすいかもしれません。 何を目指しているのか 今までのデータ活用
  8. © 2021 MODE, Inc. 
 何を目指しているのか ソフトウェア+ハードウェア これからはIoTにより、身のまわりのあらゆるモ ノがインターネットに繋がりモノも情報を発信す ることで、リアル世界のデータからunknownを

    導き出すようになります。 例えば保冷車の温度情報、人流計測センサーから 集めた過密状況データ、サービスロボットが撮影 した画像データなどです。 リアル社会からのデータ収集・活用を当たり前の ものにすることで、自動化やビッグデータの分析 ・AIが活用される社会が実現します。 これからのデータ活用
  9. © 2021 MODE, Inc. 
 経験と知識が豊富なエンジニアリングチームによる卓越した技術力 創業者たちの世界を代表するIT企業での大量データを扱うシステムを構築した経験に 加え、メンバーの大半を占める日米のエンジニアが有力IT企業で培った多岐にわたる 様々な技術を結集しています。 過去7年で蓄積し続けてきた産業IoTの知見

    MODEは過去7年間お客様に寄り添いながら、IoTで必要となる広範な技術を用いる 複雑なソリューションを開発してきました。ビジネスチームは売上だけではなく、 お客様の将来のビジネスの成功に貢献することを主眼として提案活動をしていま す。 MODEの強み
  10. © 2021 MODE, Inc. 
 IoT IoTの代表的なプラットフォームになることを目指します ERP CRM

  11. © 2021 MODE, Inc. 
 地球上のあらゆる企業のビジネスに データ活用を広める MODEが目指す世界(ビジョン)

  12. © 2021 MODE, Inc. 
 そのためにMODEができること クラウドサービスは登山に似ています。

  13. © 2021 MODE, Inc. 
 そのためにMODEができること クラウドサービスは登山に似ています。 知識や道具だけでは登頂できない! 残念ながら‥

  14. © 2021 MODE, Inc. 
 そのためにMODEができること クラウドサービスは登山に似ています。 知識や道具だけでは登頂できない! 残念ながら‥ MODEはお客様のプロジェクトを成功に導くシェルパになります!

  15. © 2021 MODE, Inc. 
 事業内容について BUSINESS

  16. © 2021 MODE, Inc. 
 MODEの適用領域

  17. © 2021 MODE, Inc. 
 パッケージソリューションとコンサルティングサービスで お客様のIoT化を徹底サポート IoTソリューションとサービスを提供 ✖ •

    IoT/コネクテッド開発支援サービス • コンサルティングサービス MODE Labs パッケージソリューション コンサルティングサービス
  18. © 2021 MODE, Inc. 
 IoTシステム開発でやるべき項目 G/W ソフトウェアの開発 G/W ハードウェアの選定

    センサー/デバイスの選定 データベースの設計 クラウド構築 アプリケーション開発 可視化・機械学習 データベース クラウド ゲートウェイ センサーデバイス ゲートウェイ
  19. © 2021 MODE, Inc. 
 • 安定した運用(耐障害性、保守) • セキュリティ、データ管理、アクセス管理 →

    こうした課題に対する解決策として MODEではプラットフォームを提供しています。 IoTシステム運用で考慮するべきこと
  20. © 2021 MODE, Inc. 
 IoTシステム開発でやるべき項目 G/W ソフトウェアの開発 G/W ハードウェアの選定

    センサー/デバイスの選定 データベースの設計 クラウド構築 アプリケーション開発 可視化・機械学習 データベース クラウド ゲートウェイ センサーデバイス ゲートウェイ
  21. © 2021 MODE, Inc. 
 IoTシステム開発でやるべき項目 G/W ソフトウェアの開発 G/W ハードウェアの選定

    センサー/デバイスの選定 データベースの設計 クラウド構築 アプリケーション開発 可視化・機械学習 データベース クラウド ゲートウェイ センサーデバイス ゲートウェイ
  22. © 2021 MODE, Inc. 
 IoTシステム開発でやるべき項目 G/W ソフトウェアの開発 G/W ハードウェアの選定

    センサー/デバイスの選定 データベースの設計 クラウド構築 アプリケーション開発 可視化・機械学習 データベース クラウド ゲートウェイ センサーデバイス ゲートウェイ 目的に合わせた パッケージ ソリューション をご用意します
  23. © 2021 MODE, Inc. 
 様々なデバイスやセンサーからデータ収集 お客様のハードウェアに、データ収集という新た な価値を与えるソリューションです。 取得したデータはクラウドに保存され、リアルタ イムでの活用が可能です。

    ソリューション : MODE センサークラウド
  24. © 2021 MODE, Inc. 
 ドライバーや車両のデータをリアルタイムに 収集 保冷車の温度管理や運転環境の計測、事故防 止、経路の最適化&効率化など配送・輸送に まつわる課題をIoTで解決します。

    ソリューション : MODE モビリティクラウド
  25. © 2021 MODE, Inc. 
 インダストリー4.0やスマートファクトリーを 実現 生産現場におけるデータを活用することで、稼 働率向上・予知保全・コスト削減・省エネな ど、さまざまな課題を解決します。

    ソリューション : MODE ファクトリークラウド
  26. © 2021 MODE, Inc. 
 ロボットの開発・運用を圧倒的に簡単に MODEのセンサーデータ収集技術を集約した サービスロボット向けのフレキシブルで強固な クラウド基盤です。ロボットを開発・運用する ために必要不可欠なコンポーネントを提供しま

    す。 ソリューション : MODE ロボットクラウド
  27. © 2021 MODE, Inc. 
 ビジネスから開発までをワンチームで実装 MODEは、テクノロジーが色々なことを起こしてくれる世界を、お客様と一 緒に作っていきたいと考えています。 「IoTやIT技術のアイデアはあるものの、どこから手をつけたら良いか分から ない」

    そんなお客様の業務委託ではなく、一緒にIoTを作るパートナーとなれるよ う、コンサルティングサービス MODE Labsを提供しています。 コンサルティングサービス
  28. © 2021 MODE, Inc. 
 導入企業例 事例インタビュー :https://www.tinkermode.jp/interview MODEはさまざまな企業にご利用いただいております。

  29. © 2021 MODE, Inc. 
 会社の組織

  30. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィスの役割 San Francisco Bay Area

    (SFO) Tokyo (TYO) Global One Team  MODEではUSを本社と呼ばずオフィス同士の関係がフラットです。 EU office / Singapore office 2014年 2017年 Sometime in the future! Our Future Offices
  31. © 2021 MODE, Inc. 
 チームの役割 ENTERPRISE SOLUTIONS CORPORATE MANAGEMENT

    BUSINESS PRODUCT ENGINEERING CUSTOMERS Customer happiness! Business growth! Great products! Company operations and growth! スピーディーな意思決定と責任ある行動を促しながらも、各個人は組織の形にとらわれず 共有された会社のミッションやゴールの実現を最優先し柔軟に行動するチームです。
  32. © 2021 MODE, Inc. 
 社風・文化について

  33. © 2021 MODE, Inc. 
 • 自分でも使いたいと思える、自信を持って世に出せる製品を作る • 嘘をつかない。正直であろう •

    チームワークを重視する • お互いを才能のあるプロフェッショナルとして扱う • 継続的な学びの場 • 自分たちの文化は自分たちの手で ※全文はこちら https://www.tinkermode.jp/culture MODE Culture Statement
  34. © 2021 MODE, Inc. 
 働く環境について

  35. © 2021 MODE, Inc. 
 働き方のコンセプト できるだけ ルールは 設けない 情報は

    オープンに 共有 各自の判断 と裁量で 働く ミッション 実現
  36. © 2021 MODE, Inc. 
 MODEには以下のような待遇・制度があります。 • 給与は個人と会社のパフォーマンスに応じて随時見直し • 交通費支給(月額3万円まで)

    • 社会保険完備 • iDeCo対応済み • ストックオプション制度 • 入社時、入社月に応じた有給休暇を付与 • 健康診断、インフルエンザ予防接種費用補助 • 産休・育休 • TOEIC等、スキルアップや作業効率を上げるための費用サポート • 期待される責任を果たした上で、競合などの場合を除き副業可 待遇・制度
  37. © 2021 MODE, Inc. 
 このようなメンバーが働いています Rieさんは10年にわたりIT業界でハイタッチセールスを行ってきました。 MODE初の営業担当者として革新的な製品を多くのお客様に届けることを 目指しています。 Junさんはエンタープライズシステムの開発を中心に10年以上大手のシス

    テムインテグレーターで活躍してきました。アイディアを実際の製品と して実現することを心から楽しみ、MODEにはIoTによって世の中をもっ と良くすることを目標に2019年に入社しました。 MasaさんはMODEのUSオフィスから日本に赴任してきました。Yahooを 始め初期の著名ウェブ関連企業で働いた後、Pixarでアニメーションソフ トウェアの開発に携わりました。MODE入社前はIoT製品を通じた子ども たちへのSTEM教育関連のソフトウェア開発チームを率いていました。
  38. © 2021 MODE, Inc. 
 メンバーの声「MODEで働いて良かったこと」 グローバルにインパクトのある製品開発とそれを可能とする組織や働き 方を実現しようとしているところです。素晴らしいエンジニアと共に働 けているのもありますね。これから事業がどんどん伸びている過程に関 わり、会社と一緒に未来を作っているようで、とても楽しく仕事ができ

    ています。 裁量ある業務をまかせてもらえる点でしょうか。他のメンバーも、一人 ひとりが自律して仕事に取り組んでいます。 また、チャレンジする姿勢も評価してもらえていると思います。会社や 製品、組織についてなど、気になることを積極的に発言することを推奨 されているので、とても働きやすいです。
  39. © 2021 MODE, Inc. 
 メンバーの声「MODEで働いて驚いたこと」 メンバーがみな、高い向上心を持ち、日々の業務に取り組んでいること に驚きました。例えば、必ずしも現時点の英語力が高いわけではない人 も、常に向上しようと日々努力して英語を日常的に使っています。 SFOもTYOも、チームメンバーが穏やかで気さく。完全リモートの環境

    にありながら、メンバー同士のコミュニケーションが円滑に取れている ところに驚きました。まだ入社したばかりですが、お茶会やTGIFといっ た業務外で話せる時間が設けられており、すぐに打ち解けることができ ました。 新型コロナ拡大を機にMODEでは在宅勤務が基本となりました。オンライン環境でもコミュ ニケーションが取れるよう、平日にTea Time(お茶会)を開きカジュアルな会話を楽しんだ り、月に1度TGIAF(Thank God It's Almost Friday)を開いてSFOとTYO両拠点のメンバーが 集まったりと、新たな社内交流を模索しています。
  40. © 2021 MODE, Inc. 
 成長を促すフィードバックとチームワークを重視 なるべく多くの同僚から直接フィードバックを得ることによって、個人とチーム が成長し、より大きな目標と成果に向かっていくことを目指しています。高い志 と良い人格を持つ人材が意義ある仕事を行うことで、結果として給与に反映され るという考え方に基づきます。

    長時間労働よりも効率性を重視 会社目標やチーム目標は2ヶ月ごとに設定されます。目標を達成するための仕事量 はメンバーの能力に応じたレベルになるようマネージャーやチームメイトと相談 しながら決めることにより、適切なものとしていきます。 MODEでは長時間労働を推奨していません。健康で効率的に働けるよう、柔軟な働 き方ができる環境を作っていきます。 人事制度に関する考え方
  41. © 2021 MODE, Inc. 
 採用について

  42. © 2021 MODE, Inc. 
 MODEはIoTスタートアップ企業。アメリカ・日本だけでなく世界 中にインパクトを与えるIoTソリューションを開発することで、社 会に貢献できる企業を目指しています。 会社の成長を加速させ、さらなるグローバル展開を実現すべく、 意欲に溢れた多様な人材の採用を積極的に進めています。

    グローバルな職場環境の中で、会社とともに成長してくれるみな さんのご応募をお待ちしています。 採用に対する考え方
  43. © 2021 MODE, Inc. 
 MODEでは、以下のような方と一緒に働きたいと考えています。 • 多様なメンバーと働くことを楽しめる方 • 自身の専門分野において卓越している方

    • 役割や部署を超え、会社全体の利益を優先できる方 • チームプレーヤーとして会社に貢献することを楽しめる方 • 成長意欲が高く、未知の課題に対して学び取り組める方 • IoTで未来の世界を良くすることに強い関心がある方 • 社内の共通言語である英語の習得に対し、前向きな方 • 新しい価値や方法を追求する独創性のある方 • 自ら問題意識を持ち、挑戦することを楽しめる方 • 一つの考えに固執しない柔軟性を備えている方 求める人物像
  44. © 2021 MODE, Inc. 
 採用プロセス ご 応 募 書

    類 選 考 面 接 採 用 会 議 内 定 約4週間 • 書類選考後ポジションによっては課題提出が求められます。 • 採用決定はマネージャーの一存ではなく複数人で行う採用会議を 経て行われます。
  45. © 2021 MODE, Inc. 
 1990年代から爆発的に広がったインターネット。膨大な情報がすぐ 手に入ったり、より多くの人と繋がったり、私たちの生活は大きく変 わりました。昔のPCではニュースは読めませんでした。昔のPCでは 友達とやり取りはできませんでした。昔のゲームは1人用でした。今 はどうでしょう?

    私は2013年頃に初めてIoTという言葉を知りました。現実世界のもの がインターネットと繋がることで、今まで以上に便利な世界が来るこ とは想像に堅くありません。 そういう世界を想像するとワクワクしませんか?私は、子供の頃思い 描いた「未来の世界」を自分たちの手で実現していきたいなと思って います。 私たちは、現実社会からのデータ収集・活用を当たり前のものにする ことで、自動化やビッグデータの分析・AIが活用される社会を実現し ます。私たちと一緒に未来を作っていただける方々のご応募を心より お待ちしております! CEOメッセージ
  46. © 2021 MODE, Inc. 
 ご応募お待ちしています! https://www.tinkermode.jp/careers

  47. © 2021 MODE, Inc. 
 MODEの風景

  48. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィス沿革(US) 2014年 創業

  49. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィス沿革(US) 2015年

  50. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィス沿革(US)  2017年

  51. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィス沿革(US) 2019年

  52. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィス沿革(東京/大手町) 2017年

  53. © 2021 MODE, Inc. 
 オフィス沿革(東京/汐留) 2019年

  54. © 2021 MODE, Inc. 
 2019 オフサイトミーティング / ナパ

  55. © 2021 MODE, Inc.