Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Ubie Discovery, Biz Dev採用資料 / About Ubie Discovery, Biz Dev

Ubie Discovery, Biz Dev採用資料 / About Ubie Discovery, Biz Dev

UbieのUbie Discovery, Biz Dev紹介資料です。
ご興味を持っていただいた場合はこちらよりご応募ください。
https://recruit.ubie.life/biz

Ubie全体のことが知りたい方はこちら。
https://bit.ly/2xIUAo8

カジュアルに話を聞いてみたい方は社員への連絡や全社採用説明会(Ubie Day)にご応募ください。
・社員リスト
https://twitter.com/i/lists/1017277658483183616

457364db88ddd22885eb7461e77310dd?s=128

Ubie株式会社

March 22, 2021
Tweet

Transcript

  1. ※本資料は Ubie株式会社の機密情報を含んでおり、公開は貴社内に限定させていただいております。  第三者への開示は原則禁止で、必要な場合は事前に当社へに対し文書での確認をお願いいたします。 Q. テクノロジー×ビジネスで、世界の医療課題を解決せよ A. 2021年4月 Ubie株式会社 Ubie Discovery,

    Biz Dev紹介資料
  2. 2 Q. 勤務制度について教えてください 2 2 - 完全フレックスタイム制度。コアタイム無しですが、10:00~18:00頃に柔軟に働いています - 週休2日制(土曜、日曜、祝日) -

    休暇:年末年始・夏季・GW・婚姻・慶弔・転勤・産前産後・看護・介護など - 有給休暇:入社時に14日分付与(フルタイム正社員の場合、契約形態に寄ります) - リモートワークOK - 副業OK。Biz Dev も実績あり - 講演 / イベント/勉強会の登壇/参加、推奨 - 業務中Twitter推奨(社員一人ひとりの発信を重視しています) - 就業時間中は禁煙としています。就業時間外については規定しませんが、禁煙を推奨。 入社に伴い禁煙される場合は禁煙外来を全額補助します 基本的に、チームと個人が一番パフォーマンスを発揮しやすい形での勤務 を推奨しています。 環境は与えられるものでなく、自らの積極的な課題提起・改善が推奨されるカルチャーです
  3. 3 We’re hiring!! Ubie の Ubie Discovery, Biz Dev 職種の採用資料です。ご興味をお持ちの方は、以下の方法にてご連絡ください

    1 2 3 求人に応募 知り合いの社員に連絡 メンバーとお知り合いの方は、まずメンバー宛にご連絡ください *他の職種のメンバーでも構いません *まずはカジュアルな情報収集で構いません UbieのWebサイトから、現在募集中の求人詳細をご確認ください 募集職種一覧  https://recruit.ubie.life/#job 最新情報を受け取る Ubie Day(オンライン会社説明会)にご参加ください 詳細・応募フォーム  https://forms.gle/cxe8pEroSH2KGTbF9 LINEで友達登録(Ubie の最新情報を月に1回程度配信します) LINE登録  http://nav.cx/mbpecia
  4. 4 1. Ubieについて 目次 4 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  5. 5 1. Ubieについて 目次 5 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  6. 6 会社概要 6 6 医師とエンジニアで創業 「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」 ことを目指したヘルステックスタートアップ 社名 :Ubie株式会社 代表 :阿部吉倫(医師:総合診療内科) 久保恒太(エンジニア)

    設立 :2017年5月 従業員:約114名(2021年4月時点) 資本金:39.2億円(資本準備金含む)
  7. 7 創業から現在まで スズケンから20億円を資金調達 シンガポール法人を設立 共同代表 エンジニアの久保が大学院で AIによる病気推測の研究を開始 久保がもう一人の共同代表となる医師の阿部 (当時は医大生)を誘い、共同研究へ 共同研究の社会実装を決め、

    Ubie株式会社を創業 D4Vから6,000万円を資金調達 医療機関向けサービス「 AI問診ユビー」をローンチ K4 Ventures等から計5.1億円を資金調達 生活者向けサービス「 AI受診相談ユビー」をローンチ スズケンから20億円を資金調達 シンガポール法人を設立し、グローバル展開を本格始動 4 4 5 8 5 4 5 8 9 2013 2014 2017 2019 2018 2020
  8. 8 Ubieのプロダクト 医療機関の診療場面で用いられる「 AI問診ユビー」と、一般生活者が自身で症状や病気を調べられる 「AI受診相談ユビー」により、医療への入口全体をカバー。 生活者向け (toC) 医療機関向け (toB)

  9. 9 1. Ubieについて 目次 9 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  10. 10 サービス背景:医療を取り巻く2つの課題 医療従事者が抱える課題 患者が抱える課題 医療現場の 過酷な労働環境 適切な医療情報 へのアクセス 課題 アプローチ

    実績
  11. 11 サービス背景:医療を取り巻く2つの課題 医療現場の 過酷な労働環境 医療従事者が抱える課題 患者が抱える課題 課題 アプローチ 実績 適切な医療情報

    へのアクセス
  12. 12 医師は、医師本来の診療業務以外で忙殺されている 外来診療が増えると... それ以上に 電子カルテ記載など事務作業が増える * Annals of Internal Medicine(2016年9月)

    +1時間 +2時間 +1時間 課題 アプローチ 実績
  13. 13 医療従事者が抱える課題:過酷な労働環境 医師の過労死ラインを超える残業量 は、非効率な書類作業が主な原因 課題 アプローチ 実績

  14. 14 AI問診ユビーとは AIが患者向けに”個別化”された問診を行い、医師の見る画面に問診結果を自動的に提供 し、診療業務の効率化と充実化に貢献します。 医師向け画面 患者向け画面 ▪ 患者の主訴・回答に応じて、AIが有効な質問を出し分け ▪ 20-30問で、初診問診に必要な全ての情報をカバー

    ▪ 問診結果を医師用語に翻訳してサマリー ▪ ワンクリックでコピー & ペーストで電カルに転記 ▪ 関連性の高い疾患や参照情報を掲示 課題 アプローチ 実績
  15. 15 AI問診ユビーの活用で問診時間を大幅に短縮 データ更 新 課題 アプローチ 実績

  16. 16 導入実績 リリースから約3年で、350の医療機関にご導入契約をいただいております。 ※契約済の施設数( 2021年3月現在) 導入都道府県 (導入準備中を含む) 導入済み医療機関数 導入済み医療機関例 亀田総合病院

    慶應義塾大学病院 恵寿総合病院 座間総合病院 順天堂医院 長野中央病院 日本海総合病院 兵庫医科大学ささやま医療センター ヨコクラ病院 (50音順) 350 施設超 46 / 47都道府県 課題 アプローチ 実績
  17. 17 導入医療機関の声:大規模病院の業務効率化に 問診時間が10分ほど短縮で き、追加問診も不要になった ので各科受付の看護師を 10 名から8名に。病棟側に派遣 するなど最適な人員配置が できている。 済生会京都府病院

    藤 信明 副院長 患者さんの滞在時間が 20分以上削減された。 10年試行錯誤してきた中 で、ここまで滞在時間が減る のには、正直驚いた。 岡山旭東病院 土井 英之 副院長 https://intro.dr-ubie.com/posts/FEwQLDhF https://intro.dr-ubie.com/posts/gyYkh3WM
  18. 18 導入医療機関の声:「コロナ対策に効果あり」との声も 業務効率化サービスとして 導入していたAI問診Ubieが、こ のコロナ禍においては欠かせな い安全弁として機能しています。 現場の医療者も守るためにも導 入をお勧めします。 スマホ問診や事前問診に より、問診時間の短縮と紙や機

    器の受け渡しが不要に。 アラートを確認して患者動線を 早期から分けることが可能とな り、感染リスク低減や効率化に 貢献できると考えております。 (岐阜・羽島郡) (福岡・久留米市)
  19. 19 サービス背景:医療を取り巻く2つの課題 適切な医療情報 へのアクセス 医療従事者が抱える課題 患者が抱える課題 課題 アプローチ 実績 医療現場の

    過酷な労働環境
  20. 20 患者がかかえる課題:適切な医療情報へのアクセス 20 課題 アプローチ 実績 医療情報検索へのニーズの高まり 医療機関を受診する前に、 なんらかの情報収集を行う人は約 8割と言われる*今だからこそ、

    真に自分にとって有用な医療情報にアクセスできる価値が高まっています。 適切な受診タイミング・受診先を知るのは困難 世界最高水準の医療制度と言われる日本でさえ、 自覚症状を様子見しているうちに手遅れになり、 命を落とす人、情報不足・誤情報によって 不要不急の受診を繰り返す 人は後を絶ちません。 6割以上の人は受診タイミングを逃している といわれる現状で、適切な医療にアクセスできることが 今まさに求められています。 *厚生労働省平成 29年受療行動調査より
  21. 21 患者が抱える課題:適切な医療情報へのアクセス 総務省消防庁によると全国で 10年に救急車で 搬送された患者498万人のうち、 50.4%が入院などを必要としない軽症 だった。 病院や業界団体などの中には 安易な救急車の 利用や夜間、休日時間帯の救急外来の利用

    を コンビニエンスストアに行く気軽さと重ね合わせて 「コンビニ受診」と呼んで批判する声も少なくない。 軽症者の「コンビニ受診」 コロナ禍で加速する 重症者の「受診控え」 出典:神奈川県保険医協会 2020/08 歯科 59% 耳鼻 咽喉 科 55% 皮膚 科 48% 内科 42% 小児 科 42% 受診控えや重症化が報告された診療科 出典:NIKKEI STYLE 2012/5/9 課題 アプローチ 実績 患者自身の判断で、適切なタイミングで受診するのは難しい
  22. 22 自宅などにてスマートフォン等から、 症状に応じた地域の医療機関や相談先を探す ことができる。 通常疾患に加え、新型コロナウイルス (COVID-19)の症状チェックも可能 課題 アプローチ 実績 指先から適切な医療情報にアクセス

  23. 23 適切な受診先・タイミングがわからない ◦軽症重症に関わらず救急・大病院へ ◦受診控えによる家庭や職場等での感染拡大・重症化 ◦新型コロナの院内感染拡大の一因に 適切な受診先・タイミングがわかる ◦通常疾患および新型コロナのAI受診相談  かかりつけ医や#7119等の公的機関等への  受診前TEL相談促進→適切な受診行動の支援 これまでの受診行動

    ユビーを使った受診行動 症状に応じて地域の医療機関や相談先を表示 課題 アプローチ 実績
  24. 24 月間80万人以上が利用するサービスに成長( 2021年3月現在) 課題 アプローチ 実績 ✔ 気になる症状があったら、まずはチェック ✔ 病名辞書より関連性のある参考病名を複数表示

    ✔ その病気を治療できる近隣の医療機関を検索 ✔ その場で電話予約・WEB問診まで完了 ご利用者数 オンライン症状チェッカー AI受診相談ユビー 80万人 月間
  25. 25 【今後の展望】AI受診相談から広がる、未来の医療体験 25 診察予約 医療相談 PHR (健康情報管理) 医療情報 症状チェック 病院検索

    病院予約 問診履歴 電カル連携 データ追加 問診 検査情報 相談 電話相談 医師検索 病気情報 指先で医療とつながる医療プラットフォームへ
  26. 26 1. Ubieについて 目次 26 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  27. 27 Vision Hello, healthy world. 今、この瞬間にも予期せぬ病に苦しんでいる人が世界中にい ます。 地域、貧富、情報、意識の差によって健康である人とそうでな い人と分かれるのが世の常となっています。 しかし、生まれた地域や貧富の格差が生死を分かつことが

    あってはならない。 私たちが目指すのは、健康が空気や水のように自然なものに なった世界です。
  28. 28 Mission テクノロジーで 人々を最適な医療に案内する いつでもどこでも情報を得られるようになった今日でも、 医療においては情報が適切に患者や医療従事者に行き渡って いません。 どうしてあの時病院に行かなかったのか、重篤化して後悔したり、最悪 の場合命を落とす方が大勢います。 一方で多くの医療従事者は、早期に発見されていれば救えたはずの

    患者の死を、無念の思いで見届けています。それが現状です。 私たちは、テクノロジーによって世界中の人々を適切な医療に案内し ます。 世界中の人々に最適な医療の選択肢を提案することで、健やかに幸 せな日々を過ごせる人を増やしていきたいと考えています。
  29. 29 Values Giant Leap 常にムーンショット級の非連続な成長を狙う 揺るぎないアセットの根幹をなすプロダクトは発明的で あるはずだ Launch & Launch

    100の議論より1の実行を大切にする 不確実性の嵐の中において、大胆な仮説検証と継続的な 失敗・学習を促進 Stay Healthy 透明性と率直さで健全な組織・事業をつくる Internalには集合知の蓄積を、 Externalには倫理観の維持を
  30. 30 Ubieが短期的に達成したいこと 2023年までに 「世界になくてはならないオープンな 医療プラットフォーム」となる

  31. 31 Ubieの戦略方向性:目標到達に向けて成す事 2023年までに「世界になくてならないオープンな医療プラットフォーム」となることを目指す 医療の意思決定全体で 価値提供する 「医療版のGoogle」 となる 患者 / 医療マッチング

    最適化を実現する 同時多拠点突破 医療の意思決定の「入口」いわば「医療版のGoogle」を作り、さらにUbie 固有のストックを蓄積して医療の意思決定「全体」で不可欠なプロダクトとなる (BS発想>>PL発想) 患者と医療機関のマッチングを起点に、 医療システム全体の生産性に寄与する事業群を展開する - 対生活者:症状チェッカーを通じ、患者を最適な医療に案内 - 対医療機関:医療従事者の業務負荷低減+患者の身体・疾患情報を提供 既存事業で蓄積したアセットでレバレッジをかけて、各事業の並行した開発・育成(同時多拠点突 破)により、指数関数的に全体成果を最大化する - 患者および医療機関向けに、製品機能高度化と販売・サクセスを行う。また、政策 決定者と連携し、ブランドの蓄積と、各プロダクトのユーザー基盤とデータ取得を拡大
  32. 32 Ubieの事業展開状況(国内) 患者と医療機関のマッチングを起点に、医療システム全体の生産性を向上する事業群を展開 生活者 病院 クリニック 生 活 者 医

    療 機 関 関 連 企 業 ・ 組 織 Ubieの提供価値 Ubieのサービス 参考病名の提示による 適切な受診行動の支援 生活者、医療機関と 周辺事業者の連携強化 各種新規事業 1 1 3 3 1 問診業務の負荷低減 による労働生産性向上 医療機関同士の 連携強化 2 3 2 2 3 製薬会社 保険者 自治体 その他
  33. 33 Ubieの事業展開状況(グローバル) To C向け症状チェッカーを通じたユーザーテストを経て、 2020年より医療機関向けの AI問診事業開発を 推進。日本と同様に医療機関を基盤とする医療データエコシステムの構築 /マネタイズを目指す 2020年8月、Ubie初の海外拠点となるシンガポール法人を設立 Phase

    1 PSF (Today) Phase 2 PMF Phase 3 Scaling Phase 0 Research 2.「AI問診Ubie」の医療機関への導入 1. To C症状チェッカーのリリース、ユーザーニーズ理解 3. 多国展開、周辺事業連携 /マネタイズ
  34. 34 1. Ubieについて 目次 34 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  35. 35 今、Ubie Discovery, Biz Devとして Ubieに入社してやることあるの?

  36. 36 山ほどあります!!

  37. 37 医療データプラットフォームからスケールするUbieの事業 Ubieが目指すのは、AI問診技術を中核とした医療データプラットフォームを構築し、周辺事業を指数関数的に成長 させること。現時点では、プラットフォームの足掛かりを構築したに過ぎない 医療機関 向け サービス 一般 ユーザ向け サービス

    周辺事業 周辺事業 周辺事業 周辺事業 「医療データプラットフォーム」 の中核をなす、医療機関 /一 般ユーザー向けサービスの質 量最大化 「医療データプラットフォーム」 から派生する、周辺新規事業 の立ち上げ Ubie Discovery, Biz Devの”Next”① Ubie Discovery, Biz Devの”Next”②
  38. 38 Ubie Discovery, Biz Devの”Next” ① 医療機関/一般ユーザー向けサービスの質量最大化 ペイシェントジャーニー、診療科、地域いずれの観点においても、 Ubieが抑えられているのはごく一部。 数年で、医療機関/一般ユーザー向けサービスの質量最大化を、同時多拠点的に実現していく必要がある 地域

    ペイシェント ジャーニー 診療科 北米 アジア諸国 日本 シンガポール 初診 再診 経過観察 内科 整形外科 婦人科 ・・・ ・・・ Ubieの現在地 UbieのNext ペイシェント ジャーニー 診療科 地域 – ペイシェントジャーニーには初診だけでな く、再診、経過観察、更には初診前の平時 のバイタルデータ等が存在 – 抑えるべき面を可及的速やかに拡大する 必要がある – 現在、Ubieが主に扱っている疾患は、総 合内科や呼吸器系が中心 – 整形外科や婦人科、精神科など、診療科 の観点でもデータ接面を広げていく必要が ある – 現在、日本においては46都道府県の医療 機関に導入され、シンガポールへの進出 も果たしたが、Ubieが目指すのは世界市 場 精神科 入退院 ・・・
  39. 39 Ubie Discovery, Biz Devの”Next” ① 同時多発的に価値創出が可能なシステムに向けた取り組み 問診エンジンを中心に、一般ユーザ向け、医療機関向けの両面で、新たなプロダクトを同時に開発していく 問診 エンジン

  40. 40 Ubie Discovery, Biz Devの”Next” ① Ubieのテクノロジーで地域医療連携を実現 例えば、すべての医療の入り口となる「問診データ」を軸に地域内での患者と医療機関の適切なマッチングを支援。 大病院~診療所(かかりつけ医)連携など医療機能の分担と専門化を推進し、持続可能な医療体制の構築へ – AI問診により業務効率化

    – 疾患に紐づく紹介候補 (急性期病院の診療科)を提示 – ワンクリックで紹介状作成 等 生活者 診療所 病院 適切な受診 適切な紹介 適切な逆紹介 かかりつけ医への受診 診療所での診察 病院での診察 症状自覚 罹患疑い 受診意欲 受診 問診 検査 紹介 情報引き継ぎ 問診 治療 周辺医療機関 の提示 ユビーを介した問 診情報連携 AI問診ユビーfor クリニックを導入 AI問診ユビー導入 – 最適なタイミングでの 近隣クリニック受診 (受療体験の向上) – 受入れ患者の疾患情報 (問診結果)の事前把握 – 紹介事務の効率化 等 AI受診相談ユビー を利用
  41. 41 Ubie Discovery, Biz Devの”Next” ② 周辺新規事業の開発 医療機関向け/一般ユーザー向け事業から生成される医療データをはずみ車とし、 医療業界内外のステークホルダーと提携・協業することによって、新たな事業を創出してゆく 製薬企業

    保険者 行政/ 地方自治体 To C / To B 両プロダクトによる 医薬品開発の迅速化 提携・協業内容(例) To C プロダクトによる 被保険者の医療費の適正化 To C / To B 両プロダクトによる 健康寿命の延伸 提携・協業先(例) 医療 機関 向け 事業 一般 ユーザー 向け事業
  42. 42 Ubie Discovery, Biz Devの”Next” ② 周辺新規事業の開発 問診技術を起点に狙い得るあらゆる医療関連産業がターゲット。 3つのレバレッジポイントを核に戦略的に事業拡大し、「データプラットフォーム」としての 価値を高めていく

    狙い得る領域: 医療関連産業全域 次なる新規事業領域 事業領域の拡大 レバレッジ・ポイント プラットフォームバリュー 既存事業領域 Biz Dev の付加価値 新たなデータフローを 生み出す 既存のデータフローを 加速する データアセット・フローを 高付加価値化する 既存事業
  43. 43 中長期のチャレンジ Ubie が解決可能な医療関連産業の課題は膨大で、市場価値はまさに天文学的規模 43 時間軸 医療機関 経営支援 医療関係会社との Alliance強化

    製薬・保険 連携強化 データアセット・フローを 高付加価値化 戦略方向性 to Cサービスの Growth toC × to B 地域医療連携 既存のデータフローの加速 医療機関サービスの Growth 診療科拡大 問診→検査・診断 経過観察・ 予防・予後 新たなデータフローの創出
  44. 44 1. Ubieについて 目次 44 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  45. 45 Ubieの組織構成:Ubie Discovery, Ubie Customer Science, Ops 45 Ubie の組織は、開発を担う

    Ubie Discovery と、拡張を担うUbie Customer Scienceで 構成されています。Biz Dev メンバーは全員 Ubie Discovery に所属。 組織運営方針も0→10の開発に最適化されています。
  46. 46 Ubie Discovery, Biz Devのポジション例 46 医療データプラットフォームの基幹となる医療機関向け・一般患者向け事業はもちろん、製薬会社向けの事業開発 や、パートナー企業とのアライアンス開発等、幅広いポジションで人材を募集しています 医療機関向け 事業開発

    一般ユーザー 向け事業開発 周辺事業者 向け事業開発 生活者向けサービス 「AI受診相談ユビー」の事業開発 生活者向けマーケティング 医療機関向けサービス 「AI問診ユビー」の事業開発 製薬企業向けサービスの事業開 発 パブリック・ アフェアーズ 公共政策渉外・企画 政府、有識者、外部団体など外部 ステークホルダーとの関係構築・ 折衝などの渉外業務 保険会社等、 周辺事業者向けの新規事業開発 医療機関向けカスタマーサクセス 組織の立ち上げ https://recruit.ubie.life/biz 現在募集中の職種はこちら
  47. 47 Ubie Discovery, Biz Dev 採用フロー Ubieへの応募 カジュアル面談 現場面接×2 最終面接

    履歴書や職務経歴書などを 作成いただく必要は ありませんが、  ご経歴や実績の分かる URL (LinkedInなど)が あるとスムーズです 「まずは話を聞きたい」という 場合、カジュアル面談から開 始します 候補者の方には、 業務イメージを 深めてもらいます Biz Devの社員を中心に 面接を2回実施し、 双方が一緒に働く イメージを持てるのか フィットを確認します 共同代表阿部・久保 どちらかとの最終面接を 行います 前提  採用に際しては、人材要件である 「Ubiness(ユビネス)」へのマッチを最重要視 しています(次項詳述) 面談形式  全ての面談はリモート (Google Meet) で実施可能です。日程調整後に URLをお送りいたします ご注意事項  面談の内容によって、面談順や回数は変更する場合があります
  48. 48 Ubie Discoveryの人材要件「Ubiness(ユビネス)」 Ubie のバリューを体現でき、バリューを発揮できるよう設計された組織にフィットする人材は極めて稀少であり、Ubie Discoveryでは そのような人材を採用できるよう、以下6つの人材要件「Ubieness (ユビネス)」として規定しています ゼロベース思考 今まで身につけた常識や慣習をUnlearnでき、常に

    ゼロから最適解を組み立てられる思考の柔軟性がある 突破力 事業価値の高い目標に対して、実行可能な課題を 設計し、方法論を問わず実行しきる力 論理性 バイアスに飲まれず再現性のある論理的な思考と コミュニケーションをする ラーニングアニマル 常にLearnしつづける情熱を持ち課題解決への 最善のアプローチのために活かすことができる 全社への当事者意識 全社観点でやるべき重要なことを発見し、組織として 最速で、最高の結果に到達する方法を考える 率直かつ建設的なコミュニケーション 社内のあらゆる場面において、 自分の考えを率直に伝え、物事を前に進める
  49. 49 Ubie Discovery, Biz Dev メンバー 紹介 (1/3) 島津 尚人

    Global Biz Dev 上智大学卒業後 IT企業を経て、 SMS海 外子会社2社の社長を歴任 現在はシンガポールオフィスにて、海外 事業立ち上げをリード 兵頭 克也 医療機関 Biz Dev 京都大学卒業後、 BCGを経て、VCである D4Vに入社。D4Vでの初の投資案件が Ubie。現在は地域医療連携など医療機関 BizDevを担当 岡 アキラ 製薬 Biz Dev 東京大学Ph.D中退。 Arthur D. Little にて製造業企業・官公庁 へのコンサルティング業務に従事。 現在は製薬事業開発を担当 重藤 祐貴 公共政策渉外 早稲田大学卒業後、リクルートにて営業 部マネージャー・企画営業など。 現在はUbieの政策渉外 /一般社団法人設 立・運営をリード 菊地 慧 製薬 Biz Dev 東京大学卒業後、中外製薬を経て Arthur D. Little にてヘルスケア産業に対するコ ンサルティング業務に従事。 現在は製薬事業開発を担当 中川 瑞穂 医療機関 BizDev 東京大学卒業後、外資系金融機関での セールス、NYでの起業、アカツキ社子会 社執行役員などを経て Ubieへ 篠原 拓人 医療機関 Biz Dev 早稲田大学卒業後、リブセンス社経営企 画室、社長室、基幹事業部にて領域問 わず新規事業の立ち上げ。 Ubieではクリ ニック向け事業開発を担当 柴山 友貴 マーケ / UAC代表 同志社大学卒業。 SMSでの全国営業統 括、メガベンチャーでの新規事業、上場 企業グループ会社取締役などを経て現 職。拡張組織である UACの代表を務め る 森 俊彦 医療機関 Biz Dev 東京大学卒業後、エムスリー社にて製 薬企業のeプロモーション支援事業や 海外事業など担当。 Ubieでは製薬向け事業等を立ち上げ
  50. 50 西村 里穂 医療機関 Biz Dev 理学療法士。京都大学院卒業後、 DeNA にてアライアンス営業や新規サービス ディレクションを経て、一人目の

    Bizとして 入社。黎明期のサービスを開発とビジネ ス両面から牽引 柳田 夢時 医療機関 Biz Dev 慶應義塾大学卒業後、集英社やメガベ ンチャーの事業責任者を経てビズリーチ で新規事業開発に従事。 Ubieでは医療機関 BizDevとして主にア ライアンスパートナーを務める 細川 渉 ToC事業 Biz Dev 東京大学院卒業後、コンサルティング 企業を2社経験。Arthur D. Little にて マネージャー職に従事。 UbieではToC 事業の戦略策定やプロダクト開発に携 わる 松村 直樹 医療機関 Biz Dev / PO (Product Owner) 東京大学大学院卒業後、野村総合研究 所にて、経営コンサルに従事。 Ubieでは toB 事業のProduct Ownerと医 療機関BizDevを兼務 山田 健治 医療機関 Biz Dev SIerやtoCサービスPM等を経験後、エム スリーキャリア、エムスリー新領域カンパ ニー執行役員を経て Ubieへ。現在はクリ ニック向けの事業をリードしている 永見 早耶花 製薬 Biz Dev 慶應義塾大学薬学部卒業後、中外製薬 にて臨床開発。既にブロックバスターに もなったエミシズマブの開発等を担当。 現在はサイエンスの面から Ubieの事業 価値最大化を目指す Ubie Discovery, Biz Dev メンバー 紹介 (2/3) 本道 進二 ToC事業 Biz Dev 早稲田大学卒業後、電機メーカー、国内 大手インターネット企業、起業、 Google パートナーシップ統括部長を経て Ubieへ 大原 聡 製薬 Biz Dev 早稲田大学卒、米国シカゴ大学 MBA。 グローバル戦略コンサルティング会社な どの パートナー/MDを経てUbieへ。現在は製 薬BizDevを担当 大串 昭光 医療機関 Biz Dev 京都大学卒業後、三菱商事で経理、営業 等を経験。複数の IT系企業での経営企 画、新規事業開発を経て、 Ubieへ。現在 は医療機関 BizDevを担当
  51. 51 大橋 明弘 医療機関 Biz Dev 東京大学卒業後、フロムスクラッチを経 て、Ubie入社。 Ubieでは病院向けのカスタマーサクセス 立ち上げなど、医療機関向け事業開発

    を担当 藤島 礼 医療機関 Biz Dev 京都大学院卒業後、 BCGを経て、 SoftbankRobotcsでは新規事業立ち上 げを担当。 Ubieでは地域医療連携などの医療機関 BizDevを担当 野上 慧 製薬/医療機関 Biz Dev 京都大学卒業後、大手通信企業、複数 のコンサルティングファームを経て、 Ubie 入社。 Ubieでは、製薬会社向けの事業開発 や、地域医療連携などの新規事業開発 を担当 髙津 啓彰 医療機関 Biz Dev 大阪大学院卒業後、 ADLを経て、 エクサウィザーズにて事業開発、新規事 業立ち上げ従事。 Ubieではクリニック向けの事業開発、カス タマーサクセスを担当 福田 宙音 医療機関 Biz Dev 慶應義塾大学卒業。海外での起業、 VC投 資担当を経て、メガベンチャーでの経営企 画・カスタマーサクセスに従事。 Ubieではカスタマーサクセス立ち上げなど、 医療機関向け事業開発を担当 Ubie Discovery, Biz Devメンバー 紹介 (3/3)
  52. 52 メンバーそれぞれが Ubie の PR も担っており、 各々から見た Ubie についてnote や

    Twitter等で積極的に発信しています メンバー発信まとめ : https://note.com/ubie/magazines 52
  53. 53 1. Ubieについて 目次 53 2. 医療を取り巻く課題とユビーのアプローチ 3. UbieのVMV(Vision, Mission,

    Values)と事業戦略 4. Ubie Discovery, Biz Devの役割 5. 募集ポジション・採用情報 6. 働く環境
  54. 54 給与・福利厚生 54 54 ストックオプションは 全員に付与しており、ライフプランに合わせた選択・比重調整が可能 です。 なお年収600万〜1200万のレンジのメンバーが多いですが、現年収がこれ以上の場合は 個別にご相談ください

  55. 55 Q. 共同代表はどんな人ですか? Biz Dev メンバーに聞いてみました Q. 久保の魅力は? A. バリューの体現者・仮説検証マシーン

    Q. 阿部の魅力は? A. ビジョナリー × ロジカル Q. 「あべくぼ」コンビの魅力は?  A. ベクトルは一致。能力は補完関係 ・ビジョンやゴールの高さとカルチャーや採用へのこだわりが一致している ・信頼しあっているからいい意味で適当にお互い任せられる。  違いや特徴はあれど、同じベクトルでブレない。 ・でこぼこ相互補完 ・100人を超える組織でこれだけ社員全員に慕われ、どこまでもフラットな  創業者はそうそう居ない。良い意味で、Ubieに入社したら驚くと思う ・いずれか一方のみでも素晴らしい会社のファウンダーになっていたと思う。 完璧な補完関係、二人揃ってこそのUbie! ・真の意味でのエンジニアであると同時にUbieの精神的支柱。  Done is better than perfectが口癖で、本当にその通りに新プロダクトを  立ち上げ開発陣が追随することも。カルチャーやバリューの支柱そのもの ・カルチャーや採用への信念の強さ。Launch & Launch (Ubieのバリュー) の  体現者。エンジニア・BizDev両面に優れた経営者 ・常に先陣を切って事業をゴリゴリ進めていくスタイルは本当にすごい一方、  お茶目な面もあって親しみやすい ・本質思考でいつも鋭い質問を投げかけてくれ、毎回新しい気づきをもらえる ・ビジネス、エンジニアリングへの理解も深い ・意思決定をするスピード感と正確性が抜群。  一方で自身の考えを社員に押し付けるようなことは全くなく、  それぞれの考えを尊重・理解し適切な助言を即座に出してくれる ・抜群の頭の回転の速さ、事業への熱量の高さ、伝播力の強さ ・ファウンダーとしての熱気と狂気、同僚への愛、外部環境を見据えた冷静な投資 判断 ・医師であり、投資家、営業マン、みんなの友達
  56. 56 Q. 入社して最も記憶に残る仕事は何ですか?Biz Dev メンバーに聞いてみました 56 toCのサービスリリースや一般社団法 人設立のPublic Relationsの戦略と実 行

    COVID-19が猛威を振るっているそのタイミ ングでの入社だったので、入社から 1週間 がまるで数か月に感じられるほど濃密だっ た。社会的困難な問題に対して自分たちの プロダクトがまさに価値を提供できたと感じ られた、すごい体験だった ・足元の仕事を全力で進めながら、事 業の将来像を描き常に一歩先の手を 考え続けること ・自分たちのプロダクト・ソリューション で世界を変える絵を描き、その実行に 携われること ゼロベースで考えてソリュー ション開発を行ったこと UACチーム誕生に至るプロセスと、病院100件導入に 向けて取り組んだ時期。全員が同じ目標に向かい、現 地で拾ってきた声を生かしていた。何が顧客にとっての 価値なのか、二次情報でなく現場からの一次情報をも とに開発していった。 この時は同じ方向に向かい全員が熱中していて、無茶 苦茶楽しかった。意見をかわしながら、本気でぶつかり 合い信頼関係を築くこともできた。 シリーズB資金調達
  57. 57 Q. 今後、中長期問わずUbieで取り組みたいことは?Biz Dev メンバーに聞いてみました 57 57 今見えている弾をスケールさせていく道筋を 作るとともに新しい弾を仕込む(保険や介護 領域等)将来の成長・上場に向けた阻害要

    因を排除する まだ医療の一機能断面の兆ししか見えてい ない。この面を完全平定してプラットフォーム 化させるために、まずは日本のリレーション をとりきる。 バリューチェーンを書き換えるような課題 の発掘と解決 患者の医療体験は病院だけでな く、クリニックも、その後の経過観 察もある。適切な医療機関に最適 なタイミングで患者がいけ、医療従 事者にとっても負担を減らしながら 価値が得られる地域医療連携を構 築したい Ubieのプロダクトの良さについてエビデンス を創出・発信したい。Ubieで医療連携を実 現させ、日本の治験を活性化させたい。 地域医療圏をUbieを通して構築する。病院8000 件と、クリニック10万件に導入した上で、患者の 動きが常に最適化できる状態をつくりたい。 医療機関は患者からみてどこが適切か分からな い。それがUbieを使うことで患者が困った時に 適切な医療を受けることができて、適切な医療 機関にいける。困った時に、Ubieがあるから安 心して医療を受けられる世界観をつくりたい。 海外事業。本当のゼロから事業を 作っているところ 保険事業の開拓
  58. 58 We’re hiring!! ご興味をお持ちの方は、以下の方法にてご連絡ください 1 2 3 求人に応募 知り合いの社員に連絡 メンバーとお知り合いの方は、まずメンバー宛にご連絡ください

    *他の職種のメンバーでも構いません *まずはカジュアルな情報収集で構いません UbieのWebサイトから、現在募集中の求人詳細をご確認ください 募集職種一覧  https://recruit.ubie.life/#job 最新情報を受け取る Ubie Day(オンライン会社説明会)にご参加ください 詳細・応募フォーム  https://forms.gle/cxe8pEroSH2KGTbF9 LINEで友達登録(Ubie の最新情報を月に1回程度配信します) LINE登録  http://nav.cx/mbpecia