Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

会社説明資料(新卒用)202202.pptx

061805b0c41c8ed88f59fd21f42ce57b?s=47 unilabo
February 04, 2022

 会社説明資料(新卒用)202202.pptx

2022年2月に修正

061805b0c41c8ed88f59fd21f42ce57b?s=128

unilabo

February 04, 2022
Tweet

More Decks by unilabo

Other Decks in Business

Transcript

  1. 株式会社ユニラボ会社概要 -受発注を変革するインフラを創る- 2022年度版 株式会社ユニラボ

  2. ユニラボの概要 設立年月日 事業概要 本店所在地 従業員数 資本金 経営理念 主要株主 2012年10月1日 (アイミツ事業の開始は

    2014年2月~) ビジョン :受発注を変革するインフラを創る ミッション:すべては「便利」のために バリュー :「まっすぐ」 (顧客にまっすぐ向き合う、チーム全員にまっすぐ向き合う、成すべきことにまっすぐ向き合う) B2B受発注プラットフォーム「アイミツ」の運営 東京都品川区三丁目20番14号 住友不動産高輪パークタワー 12F 206名(うち正社員96名)※2022年2月現在 100,000,000円 経営陣、ニッセイ・キャピタル、日本郵政キャピタル、 SpiralCapital他 代表者 代表取締役CEO 栗山 規夫 / 代表取締役 COO 柴田 大介
  3. 経営者の紹介 栗山 規夫 代表取締役CEO Founder 2003年に三菱商事株式会社を経て、 2004年株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)に入社。 Eコマース営業部長、ECビジネス部長を歴任後、 2009年最年少で同社執行役

    員に就任。2011年からマーケティング統括執行役員として全社のマーケティン グプロモーションを担当。 EコマースやSNSなど、数多くの新規事業立ち上げに 関与した経験を持つ。 2012年にインターネットメディアサービスを運営する株式会社ユニラボを創業。 「受発注を変革するインフラを創る」をビジョンに掲げ、ベンチャーキャピタルか ら出資を受けず、サービス開始からわずか 1年半で単月黒字化、 3年目に通期 黒字化を果たした。 柴田 大介 代表取締役 COO   2003年に三井住友銀行を経て、株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)に入社。 DeNAではEC事業のマネージメント、新規事業( BtoBサービス)の立ち上げを行 い、2009年より執行役員として広告事業、ゲーム 3rdパーティー事業など事業部 門を歴任。2014年からはコーポレート部門に異動し、 HR本部長、経営企画本 部長、マーケティング本部長、社長室長などを歴任。合計 15年間をDeNAで過 ごし、内9年間を執行役員として重要な役割を果たした。 2018年よりユニラボに入社し、 2020年より共同代表として代表取締役 COOに 就任。
  4. ビジョン 受発注を変革するインフラを創る 「企業間の受発注を活発にし、流通や日本経済を大きく変え ていくこと」がユニラボの大きな目標です。 「受発注」という行為は、規模感、どの業界の企業でも毎日必 ず発生していますが、発注先探しは属人的なものが多く、未 だにデジタルトランスフォーメーション(DX)による効率化が進 んでいない状況です。 ユニラボは、IT技術×ヒトの力によって、これからのニュースタ ンダートを作り出し、企業の生産性向上、DX改革の実現に向

    けて日々取り組んでいます。
  5. ビジョン <企業経営を構成する課題領域> 人事領域(採用、労務) 会計・経理領域 営業・販売領域 製造・技術・R&D領域 法務・リスク管理領域 Webマーケティング領域 ここ数年、あらゆるSaaS製品が登場し、企業経営活動はより一層効率化さ れるようになった。

    一方で、特定業務領域にフォーカスされたSaaSの成功はあっても、 DX改革の本丸と言える「受発注」は旧態依然のまま。 受発注領域 経営の本丸、受発注に切り込む
  6. プロダクト 新規事業(2021年春ローンチのSaaS型プロダクト) BtoBマッチングサービス「アイミツ」を運営

  7. ビジネスモデル 発注コンシェルジュとして発注の成功に導く ・発注者と受注者を最適な形でマッチングさせるプラットフォーム ・IT(テクノロジー)と人(ヒューマン)が融合した究極のパーソナルサービス 発 注 者 受 注 者

    集 客 力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 ・相場を知りたい ・優良業者を知りたい ・評判を知りたい ・相見積もりが面倒 ・得意な領域でマッチ  したリードを取りたい ・自社で集客工数が取れ  ない(ノウハウもない) 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済 アイミツコンシェルジュと受発注データ が最適なマッチングを担う 累計17万件の 受発注データ 発注者課題 受注者課題
  8. 他業界(特にTO C)のインフラサービス 飲食娯楽 不動産・引越し 冠婚葬祭 生活 旅行 就職・転職 「 BtoCで成功したプラットフォームをBtoBで実現する

  9. 創業者(栗山)の想い ・400万社中、中小企業が 99%を占める ・内、赤字企業が6割を超える ・東京と地方(最下位の県)で 2倍の生産性の差分がある ・有効求人倍率の開き、消費性向、進学率などの  全ての生活水準で同じような地方格差が広がる 「中小企業」の赤字実態 「地方創生」への貢献

    大企業  1万社 中小企業  400万社  ※内、小規模事業者( 350万社) 参考)日本経済新聞( 2019年6月19日) 調査対象国内 269万社のうち、 2017年度に赤字だった企業の割合は 62.6% (16年度比0.9ポイント減)で、 8年連続で減少したことが 19日、国税庁の調査で分かった。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46303070Z10C19A6CR8000/ 赤字企業が6割超 参考)内閣府「平成 28年度県民経済計算」より 20代から一貫して、中小企業支援を志してきた
  10. なぜやるのか? 日本経済における中小企業、および地方企業の割合は大きく、経済復活に向けた ポテンシャルを秘めていながらも、その解決策は見い出せずに格差は広がっている。 現状の中小企業実態 ✓99.7%を占める中小企業 ✓労働人口ベースでは約 7割を   占める ✓大企業と中小企業の差は

    2倍以上 ✓構造的に労働生産性が低い状況 出所:2020年中小企業白書、2016年経済センサス活動調査、労働生産性国際比較(日本生産性本部) 単位:万円 中小企業の課題は 労働生産性 日本の労働生産性は 先進主要国で最下位 ✓OECD加盟37か国中でも21位 ✓国際比較においても課題 中小企業の生産性向上から、日本経済に貢献する
  11. 壮大な市場 数兆円を目線(対象)としたインフラを創る ※経済産業省「電子商取引実態調査」 平成30年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引) 市場規模は344.2兆円(前年318.2兆円、前年比8.1%増) 将来 今現在

  12. 上場後のストーリー ファイナンス事業 (アイミツPAYMENT) 海外展開 (アイミツGLOBAL) Vision 「受発注を変革するインフラを創る」 中小企業向けのマーケットプレイス(アイミツコンシェルジュ) 法人向け受発注SaaS (アイミツCLOUD)

    地方創生事業 (アイミツLOCAL) 2030年 マッチング数 (取引流通量) 上場後も非連続な成長を続ける
  13. 一緒に働くメンバー 新卒入社 コンサル会社 コンサル会社 金融業界 製造業研究職 製造業 ベトナム出身エンジニア アパレル、商社出身 様々なバックグラウンドを持ったメンバー

  14. 大切にしてる価値観(バリュー) 「 まっすぐ 」

  15. キャリアパス スタートアップ企業ならではの早いローテーション、抜擢

  16. キャリアパス_事例① ◆中央大学 法学部時代 ・ブラジル半年留学 ・ユニラボで半年インターン(自分で調べて探してきた) ・就職活動はコンサル、人材、商社 ◆ユニラボ入社からの変遷 ・1年目 営業トップセールス ・2年目 営業リーダー ・3年目 CS部副部長

    ・4年目 マーケティングチームリーダー ・5年目 新規事業立ち上げ      2021年7月から室長に昇進 アイミツCLOUD企画室 室長(プロダクトマネージャー)
  17. キャリアパス_事例② ◆東北大学 工学部/工学院研究科時代 ・金属材料系の学科に入学 ・大学院に進学し磁性材料(磁石のようなもの)の  研究に没頭 ◆三菱重工株式会社入社 ・1年目 合理的思考に揉まれる ・2年目 研究成果で国内外特許取得、その後転職へ

    ◆ユニラボ入社からの変遷 ・1年目 カスタマーサクセスチーム立上げに従事 ・2年目 カスタマーサクセスチームリーダー ・3年目 アイミツ事業部副部長/マーケティング部副部長     2022年1月から執行役員に就任 執行役員プラットフォーム推進室長
  18. まとめ 社会的意義と成長環境を両立 市場の面白さや社会的意義 未開拓 市場規模大 市場規模小 開拓済 成長環境 オペレーション的な 組織

    経営陣との距離 近 未開拓領域であり、 300兆円という市場規模 故にインパクト大 経営陣との距離 遠 少数精鋭 難易度の高い業務を 経営陣の近くで実践できる 故に成長スピード◎