$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

株式会社ユニラボ会社概要

unilabo
February 04, 2022

 株式会社ユニラボ会社概要

株式会社ユニラボ会社概要資料(2022年10月更新)

unilabo

February 04, 2022
Tweet

More Decks by unilabo

Other Decks in Business

Transcript

  1. 株式会社ユニラボ会社概要 -受発注を変革するインフラを創る- 2022年度版 株式会社ユニラボ 1

  2. アジェンダ ①会社概要 ②事業概要(Vision) ③成長戦略 ④ユニラボ組織について ⑤Value&Culture 2

  3. ①会社概要 3

  4. 株式会社ユニラボ 会社概要 設立年月日 事業概要 本店所在地 従業員数 資本金 経営理念 主要株主 2012年10月1日

    (アイミツ事業の開始は 2014年2月~) ビジョン :受発注を変革するインフラを創る ミッション:すべては「便利」のために バリュー :「まっすぐ」 (顧客にまっすぐ向き合う、チーム全員にまっすぐ向き合う、成すべきことにまっすぐ向き合う) B2B受発注プラットフォーム「アイミツ」の運営 東京都品川区三丁目20番14号 住友不動産高輪パークタワー 12F 188名(内正社員94名)※2022年10月現在 1億円 経営陣、ニッセイ・キャピタル、日本郵政キャピタル、 SpiralCapital他 代表者 代表取締役CEO 栗山 規夫 / 代表取締役 COO 柴田 大介 4
  5. 経営者のご紹介 5 栗山 規夫 代表取締役CEO Founder 2003年に三菱商事株式会社を経て、 2004年株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)に 入社。

    Eコマース営業部長、 ECビジネス部長を歴任後、 2009年最年少で同社執行役員に 就任。2011年からマーケティング統括執行役員として全社のマーケティングプロ モーションを担当。EコマースやSNSなど、数多くの新規事業立ち上げに関与した経 験を持つ。 2012年にインターネットメディアサービスを運営する株式会社ユニラボを創業。「受 発注を変革するインフラを創る」をビジョンに掲げ、ベンチャーキャピタルから出資を 受けず、サービス開始からわずか 1年半で単月黒字化、 3年目に通期黒字化を果た した。 柴田 大介 代表取締役 COO   2003年に三井住友銀行を経て、株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)に入社。DeNA ではEC事業のマネージメント、新規事業( BtoBサービス)の立ち上げを行い、 2009 年より執行役員として広告事業、ゲーム 3rdパーティー事業など事業部門を歴任。 2014年からはコーポレート部門に異動し、 HR本部長、経営企画本部長、マーケティ ング本部長、社長室長などを歴任。合計 15年間をDeNAで過ごし、内9年間を執行 役員として重要な役割を果たした。 2018年よりユニラボに入社し、 2020年より共同代表として代表取締役 COOに就 任。
  6. 経営チームのご紹介 6 工藤 嘉也 取締役CRO アイミツ事業部 部長 中村 哲朗 取締役CPO

    CPO室 室長 2007年に株式会社カカクコムへ入社。グルメサイト「食べログ」の初期に参画し事業 化を推進。飲食店販促支援、ネット予約ビジネスを中心に拡大。 2013年より食べロ グ本部長。2014年よりカカクコム執行役員。食べログの事業拡大を実現した後、 2019年より飲食領域の中長期の成長戦略策定と新規事業を担当し複数事業を立 ち上げる。2021年にユニラボに入社。取締役 CPO 兼 CPO室 室長を務める。 2007年に伊藤忠商事株式会社に入社。オリエント・コーポレーション、ファミマ・ドット・コム (現:ファミマデジタルワン)への出向など、入社から一貫して事業開発に携わる一方、マー ケティング、経営企画、投資分野など幅広い業務経験を持つ。ファミマ・ドットコム在籍中に はFamiポート関連や、大手インターネット企業とのアライアンス等インターネットビジネスの 事業開発全般にも従事。 2014年から米国シリコンバレーにてスタートアップ企業のビジネスソーシング、出資、及び 投資管理を担当。帰国後は伊藤忠商事本体にて事業開発、M&A等を担当し、その後ウイ ングアーク1stへの出向を経て、2020年にユニラボに入社。アイミツ事業部の統括並びに 取締役COO室長を務める。 西野 孝明 執行役員CFO 今泉 陽登 執行役員 IC事業企画室 室長 執行役員 取締役 2007年に銀行に入行し、資金証券部門で資金運用・調達業務を担当。2008年にモ ルガン・スタンレー証券の東京拠点に入社。株式調査部門のシニア・アナリストとし て、企業分析、国内外機関投資家とのミーティング、PO/IPO、発行体の中期経営計 画の策定等に関わる。2015年にトレーディング部門に異動。ファンダメンタル・リ サーチに基づくリスクトレーディング業務に従事。2017年にUBSアセット・マネジメン トのシンガポール拠点に入社。グローバル・ファンドにおける日本株式投資責任者兼 ポートフォリオ・マネージャーとして、大企業からスタートアップまで、数多くの投資を 担当。2021年にユニラボに入社。執行役員CFOを務める。 2017年に三菱重工業株式会社に入社。研究開発職として基礎研究や製造ライ ンの生産性向上に取り組む。2019年にユニラボに入社して以降は、サプライ ヤー向けカスタマーサクセスチームの立ち上げに従事。同チームリーダー、アイ ミツ事業部副部長を経て、マーケティング部副部長に就任。コンテンツマーケ ティング、データ分析基盤構築に取り組む。2022年より、執行役員へ就任。 2022年6月より成長事業であるアイミツCLOUD事業の企画を担うIC事業企画 室室長を兼任。
  7. ②事業概要 7

  8. 目指すビジョン 「 受発注を変革するインフラを創る 」 8 役務サービスの受発注領域において、 IT技術とヒトの力でイノベーションを起こし、 企業経営の生産性/DX改善に繋げることで、日本社会の「不」を解消する。 中小企業が、本業に集中する為、 経営に必要なパーツ(人・物・金・情報・ノウハウ等)を適切に外注すべき。

    課題意識 あるべき姿 外注パートナーの最適な選定、費用感の透明化を図る必要がある。 (どこに、どんな外注を、いくらでできる?他社はどうやっている?) BtoBの総合受発注プラットフォーム「アイミツ」を通じて、 発注者側には、調達・購買の新しい外注のあり方を 受注者側には、営業・マーケティングの新しい受注のあり方を BtoB受発注の新しい在り方を提案し、インフラとなるサービスを創ります。 ユニラボが 成し遂げた いこと 参考) 役務サービス業界の「不」とは ①参入と撤退が激しく、取引ベンダーの探索ニーズが定期的に訪れるが、どの業者が良いか分かりにくい ➁代理店、下請け構造が一般的で、その分マージンが乗り、価格体系が不透明になりがちである ③どの会社でも継続発注するものが多く、スポット発注だとしても単価が高く、失敗できない
  9. なぜ、やるのか? 「 中小企業の生産性向上から、日本経済に貢献する 」 9 日本経済における中小企業、および地方企業の割合は大きく、経済復活に向けた ポテンシャルを秘めていながらも、その解決策は見い出せずに格差は広がっている。 現状の中小企業実態 ✓99.7%を占める中小企業 ✓労働人口ベースでは約

    7割を   占める ✓大企業と中小企業の差は 2倍以上 ✓構造的に労働生産性が低い状況 出所:2020年中小企業白書、2016年経済センサス活動調査、労働生産性国際比較(日本生産性本部) 単位:万円 中小企業の課題は 労働生産性 日本の労働生産性は 先進主要国で最下位 ✓OECD加盟37か国中でも21位 ✓国際比較においても課題
  10. B2B受発注の市場規模 「 数兆円を目線(対象)としたインフラを創りたい 」 ・B2B受発注プラットフォームとは、日本経済そのものとも言えるほど巨大である ・一方で、そのやり方に何十年もイノベーションが起こっておらず旧態依然である ・相見積もり(新規発注先の検討)の実施頻度は統計にはないが、月 100万回以上と推定 ※経済産業省「電子商取引実態調査」 平成30年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)

    市場規模は344.2兆円(前年318.2兆円、前年比8.1%増) 10
  11. ビジネスモデル 「 あなたの発注コンシェルジュ 」 ・発注者と受注者を最適な形でマッチングさせるプラットフォーム ・IT(テクノロジー)と人(ヒューマン)が融合した究極のパーソナルサービス 発 注 者 受

    注 者 集 客 力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 ・相場を知りたい ・優良業者を知りたい ・評判を知りたい ・相見積もりが面倒 ・得意な領域でマッチ  したリードを取りたい ・自社で集客工数が取れ  ない(ノウハウもない) 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済 アイミツコンシェルジュと受発注データ が最適なマッチングを担う 11 累計17万件の 受発注データ 発注者課題 受注者課題
  12. アイミツ事業のサービスフロー 「 成約率の最大化に向けたマッチングフロー 」 ・発注者が自分で発注先候補を見つける作業に比べて、工数削減になる( 1/3以下) ・受注者の挙手制により対応可能 /不可を判断、より精度の高いマッチングに 発注者 受注者

    コンシェルジュ 4社業者と会いたい ヒアリング&業者選定 10社が対応可能と 挙手をする 挙手した受注者 から4社を当選 当選4社が 発注者に連絡する 4社と会い 見積もりを入手する 20社に 案件募集 当選連絡 電話にてコンタクト 超積極・積極・普通・消極・対応 不可から選択 12
  13. ③成長戦略 13

  14. ビジョン実現に向けた山の登り方 14 14 「 中長期のプロダクトロードマップ(3つの課題)」 課題① 現在展開できていないカテゴリーを拡張し、 真の総合カテゴリーサービスになる 課題② 発注会員のメインユーザを、中小企業、個人事業主に加えて、 中堅・大企業に     昇華させる

        合わせて、企業内個人の利用から、 企業内チーム(又は全社導入)に踏み込む 課題③ SEM経由ではなく、アイミツが指名利用されることで、定常利用(リピート)を促進 課題①カテゴリー拡張 課題②企業規模/利用用途の拡大 課題③指名利用化の促進 IT制作 販売促進 SaaS HR総務 直近3か年は「DX化」を中心に品揃えを拡大 個人事業主 中小企業 中堅企業 大企業 指名利用 SEM経由 チーム導入 全社導入
  15. 物流倉庫:2兆円 産業廃棄物:5兆円 電気工事:4.4兆円 Road① カテゴリー拡張 15 「 総合カテゴリー化で “相見積もりならアイミツ” の認知形成」 ・豊富なTAMを、年々攻略していき、役務サービスを網羅的に取り揃えた

     総合プラットフォームサービスに昇華させる。 例:Amazonで買えないものはない(本だけではない) ・役務サービス業界は「多数乱戦業界」であり、かつ、「価格体系が不透明」という  解消すべき問題点を抱えている 得 意 領 域 成 長 注 力 領 域 IT制作系 販売促進系 SaaS HR(採用労務)系 オフィス総務系 8兆円 20兆円 1兆円 10兆円 18兆円 Web制作/開発:1,200億円 システム開発:7兆円 ネット広告代理店:1.5兆円 リスティング代行:7兆円 DM発送代行:3,600億円 PR:1,000億円 コールセンター:9,000億円 イベント企画:17兆円 CRM:3,200億円 グループウェア:2,000億円 Web会議:300億円 人材サービス:8兆円 社員研修:5,000億円 コンサル:7,500億円 税理士:500億円 通訳:2,700億円 オフィス清掃:3.8兆円 店舗内装:2兆円 解体工事:1兆円 ジャンル TAM カテゴリー例 勤怠管理:300億円 経費精算:300億円 ビジネスチャット:200億円 アプリ開発 100億円 映像制作 100億円 ECサイト構築200億
  16. Road② 企業規模の拡大 16 16 「 発注頻度/金額/担当者数の多い、中堅大企業への挑戦 」 ・過去7年間で、4割の上場企業が一度はアイミツを利用している状態。  ・今後は後述するアイミツCLOUDを通じて、中堅・大企業を攻略していく。 大企業 中堅企業

    中小企業 個人・個人事業主 年商5億未満 年50億未満 年500億未満 年商500億以上 これまでのターゲット (個人・個人事業主 ・中小企業) ※引き続き拡大 3,500社 (内、上場2,000社) 25,000社 (内、上場2,500社) 18,000社 (内、上場700社) 400万社 中期的な注力ターゲット (中堅・大企業) ※アイミツCLOUDで展開
  17. Road③ 指名利用化(定常/リピート利用へ) 17 17 「 SEM経由のスポット利用から、定常利用化を促進」 ・ロングテールキーワードのSEMから、アイミツで検索される状態へ ・企業内個人の利用から、企業内チーム、全社導入に挑戦 アイミツ利用の4段階 SEM経由 指名利用

    チーム利用 全社導入 Step.1 Step.2 Step.3 Step.4 ✓コンテンツ   マーケティング ✓コンシェルジュ強化 ✓PR、ポイント等 ✓オンボーディング による導入 ✓エンタープライズ セールス 推進施策 競合サービスと獲得によるTAMの広がり こ れ ま で こ れ か ら ・検索上の競合サービス (HPならWEB幹事、SaaSならボクシル等) ・各業界の代理店や商社等のプレイヤー (制作なら電通、消費財なら大塚商会等) ・SlackやTrello等のチームコラボレーション  SaaSのような位置づけで導入 ・購買管理SaaSのSAP Aribaや、Coupa  等の全社導入システムに昇華
  18. アイミツCLOUDの展開 18 18 「 既存のアイミツユーザーを定常利用させる仕組み 」 マーケットプレイス型 一元ユーザー向け Webサイト(誰でも閲覧) コンシェルジュからの 業者紹介サービス

    企業内個人用 受注者課金 法人導入のクラウドサービス型 リピートユーザー向け マイページ(会員制) 概算見積もりや クイックリサーチ等 企業内チーム向け 受注者課金 +将来的に発注者課金を検討 (検索ユーザー向け) 定常利用化
  19. アイミツCLOUDの展開 19 19 「 会員制プラットフォームとして、2021年4月にローンチ 」 ①企業DBから条件に合う   企業をピックアップ ②要件を見積りシートに

      入力し一括依頼 ③翌日までに最大10社の   見積り受領 ベンダーDBを活用して、 これまで以上にカンタンに相見積もりが取れる!
  20. 強み(ユニークなポジショニング) 20 20 ホリゾンタル (総合型) CtoB (クラウドソーシング) BtoB (法人マッチング) 個人・個人事業主

    今後の 拡大領域 バーティカル (特化型) 中小企業 中堅・大企業 「 総合型BtoBでは業界NO.1の売上実績を誇る 」 IPO、M&A、シリーズA以上の資金調達実績のあるビジネスマッチングプラットフォーム一覧 対象カテゴリー ・受注者が個人ないしは個人事業主であるクラウドソーシング PFとは一線を画し、  法人格を前提とした真のBtoBプラットフォーム(コンシェルジュサービス)は当社のみ
  21. ファイナンス事業 (アイミツPAYMENT) 海外展開 (アイミツGLOBAL) 中小企業向けのマーケットプレイス( アイミツコンシェルジュ) 法人向け受発注プラットフォーム( アイミツCLOUD) 地方創生事業 (アイミツLOCAL)

    2030年 マッチング数 (取引流通量) 上場後のストーリー 「ビジョン達成に向けて、上場後も非連続な成長を続ける」
  22. ④ユニラボの組織について 22

  23. 23 アイミツ事業統括本部 経営企画部 マーケティング部 HR システム部 パートナーセールス部 カスタマーサクセス部 コンシェルジュ部 発注コンサルティング部

    ビジネス プロダクト コーポレート CPO室 事業企画室 プラットフォーム推進室 アイミツCLOUD企画室 組織図 代表取締役CEO/COO
  24. 部署・ポジション例 新規営業 カスタマーサクセス 発注コンシェルジュ マーケティング 経営企画 人事/HR 集客・リード提供でお客様の事業拡大に貢 献 受注企業様に対し、①リードを提供する「紹介プラン」、②

    弊社メディアに広告掲載をする「掲載プラン」を提案しま す。 データを活用して受発注の案件成約に 貢献 アイミツを今度さらに成約につながるプラットフォームにす るため、受発注データを活用して既存顧客を成功に導き ます。 お客様の発注を成功に導くスペシャリスト 発注者様のお悩みをヒアリングから業者紹介まで発注案件を サポート。蓄積データを元にエコノミクスを解明します。 仮説検証でアイミツサイトをグロースハック アイミツサイトの SEM(サーチエンジンマーケティング)の 推進や、新規プロジェクトの企画・実施をします。 ユニラボの急成長に向けた経営課題を解消 経営企画立案・策定から管理会計まで、会社の成長過程 で立ちはだかる経営に関する課題を解決する役割を担いま す。 ユニラボの急拡大を人 /組織の観点で下支え より働きやすい環境を実現するため、採用、研修企画、制度 設計、労務管理まで人事に関するあらゆる課題を解消しま す。
  25. フロントエンジニア サーバーサイドエンジニア UI/UXデザイナー 25 部署・ポジション例 アイミツサイトのフロントエンド設計・構築 マーケティングと協業でユーザビリティ観点や SEO観点でサイトを改善。フ ロントエンドの設計や構築を担います。 スクラム体制でサイトや業務システムを開発

    アイミツサイトや業務システムに対する開発ニーズに対し、現場やデザイ ナーなどと協業しながら開発・改善を進めます。 デザインの力でアイミツサービスの成長に貢献 お客様の課題を解決する UIデザインや、アイミツサービスにおける効果的 なデザイン戦略の立案・実行をします。
  26. アイミツ事業部各グループの役割 26 受注者新規営業 KPI:新規獲得社数(売上額) 新規受注企業様の契約獲得を目指す カスタマーサクセス KPI:受注者サービス継続率 受注企業様に継続的に活用いただける ようサポートを行う 発注コンシェルジュ

    =発注者カスタマーサクセス KPI:率挙手発生案件化率 =対応を希望する受注者が 1社でもいる 案件数/発注者からの相談案件数 発注企業様の相談を案件化して マッチする受注企業様を紹介する 発 注 者 受 注 者 集 客 力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済
  27. ⑤Value&Culture 27

  28. 「まっすぐ」 28 ユニラボのバリュー 〜私たちが大切にする価値観〜

  29. 29 ユニラボ社員データ ※2021年データ

  30. 30 ユニラボ社員データ ※2021年データ